島倉原 さん プロフィール

  •  
島倉原さん: 経済とは経世済民なり(島倉原ブログ)
ハンドル名島倉原 さん
ブログタイトル経済とは経世済民なり(島倉原ブログ)
ブログURLhttp://keiseisaimin4096.blog.fc2.com/
サイト紹介文経済評論家・島倉原のブログです。積極財政政策の提言、グローバル金融市場の分析などを行っています。
自由文インターネットテレビ「チャンネルAJER」に出演し、経済政策やグローバル経済について発言しています。日本経済の低迷、国の借金問題、年金問題・・・全ての原因は政府の誤った経済政策、すなわち緊縮財政であることを、具体的なデータも交えながら解説しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/06/12 08:18

島倉原 さんのブログ記事

  • 米国発株価急落の行方
  • 10月10日・11日と米国株式市場が大幅に下落し、その影響は世界の金融市場に波及した。12日は反発したが、この先はどうなるのだろうか。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。https://foomii.com/00092/2018101400385249034【2018年10月のメルマガ記事一覧】「米国発株価急落の行方」(2018年10月14日号、本稿)「ロシアとサウジの増産報道で下落した原油価格」(2018年10月7日号)※メルマガ [続きを読む]
  • ロシアとサウジの増産報道で下落した原油価格
  • 10月4日、ニューヨークの原油先物価格は前日の4年ぶり高値から一転、2.7%も下落した。前日のロイターによる、ロシアとサウジアラビアが増産で内密に合意していたとの報道が影響したと言われている。今回はこうした密約の背景や、それに伴う今後の原油価格、あるいは金融市場全体の行方について考察してみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。https://foomii.com/00092/2018100700000 [続きを読む]
  • 中国の過剰債務問題を再考する
  • 先々週の9月16日号では「中国の過剰債務問題をどう考えるべきか」というタイトルで、中国経済の不安定要素として新聞報道などでもしばしば取り上げられる、中国国内の非政府部門が抱える過剰債務の問題について考察した。しかしながら、その際の考察は少し踏み込み不足だったかもしれない。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。https://foomii.com/00092/2018093000000048723【2018年9月の [続きを読む]
  • 新興国経済をめぐる気になるニュース
  • トルコ、アルゼンチン、ベネズエラなど、新興国での経済危機や通貨暴落が最近一段と取りざたされているが、その背景にはクズネッツ循環と呼ばれる約20年周期の金融循環が存在している、というのがこれまで再三述べてきた筆者の見解である。そうした観点から気になるニュースが、この1週間ほどでも相次いだ。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。https://foomii.com/00092/20180923000000485 [続きを読む]
  • 中国の過剰債務問題をどう考えるべきか
  • 中国発の金融危機が生じる可能性を論じる際に、筆者の知る限り少なくとも5年以上指摘されているのが、非政府部門が抱える過剰債務の問題である。このテーマについてどう考えるべきか、過去の金融危機の事例も振り返りながら改めて考えてみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。https://foomii.com/00092/2018091600000048440【2018年9月のメルマガ記事一覧】「中国の過剰債務問題を再 [続きを読む]
  • IT関連銘柄の下落が示唆する今後の金融経済動向
  • どちらかといえば上昇基調の先々週から一転、先週の各国株式市場は総じて弱含んだ。米国ではとりわけ、ナスダック市場に象徴されるIT関連銘柄の値下がりが目立っている。今後の金融市場や世界経済の動向を探るため、中期的な観点から今日に至る過程を改めて確認してみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。https://foomii.com/00092/2018090900000048288【2018年9月のメルマガ記事一覧 [続きを読む]
  • 半導体業界の動向と世界経済
  • ITが牽引する世界経済の下で、そのエンジン役ともいえるのが半導体である。今回は、半導体業界の動向を示す指標と株式市場との関係を確認しながら、世界経済の現状と今後について考察してみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。https://foomii.com/00092/2018090200000048143【2018年9月のメルマガ記事一覧】「中国の過剰債務問題をどう考えるべきか」(2018年9月23日号)「中国の過 [続きを読む]
  • エヌビディアの決算と金融市場の今後
  • 先々週の8月16日、現在のITバブル局面における中核銘柄の1つとして本メルマガでも取り上げた米国半導体メーカー、エヌビディアの2018年5−7月期決算発表があった。その内容も踏まえた同社の株価、及び金融市場全体の今後の動向について考察してみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。https://foomii.com/00092/2018082600000048005【2018年8月のメルマガ記事一覧】「エヌビディアの決 [続きを読む]
  • 株価下落が続くスタートトゥデイの今後
  • 衣料通販サイトのゾゾタウンを運営するスタートトゥデイの株価が下落を続けている。きっかけは7月31日に発表された2018年4−6月期決算が投資家の失望を招いたことで、翌8月1日から下落が始まり、以降13営業日で11営業日がマイナス、先週末時点で累計20.8%下落している。その業績動向から同社株に下落リスクがあることは、本メルマガでは2017年度通期決算発表時点(2018年4月29日号)で既に指摘していた(下記URL参照)が、今回の [続きを読む]
  • 注目IT銘柄の業績が示唆する?マクロ経済動向
  • 先々週の話になってしまい恐縮だが、注目IT銘柄として以前取り上げた、とある米国企業の決算発表があった。経済全体の動向とも関連していそうな、やや気になる結果だったこともあり、遅ればせながら取り上げておきたいと思う。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。http://foomii.com/00092/2018081200000047709【2018年8月のメルマガ記事一覧】「エヌビディアの決算と金融市場の今後」(201 [続きを読む]
  • 続・注目IT銘柄の決算発表
  • 先週号でも述べた通り、先々週の株式市場では、フェイスブックとツイッターの株価がいずれも決算発表翌日に20%前後急落し、大きな話題となった。今週号では、両株価急落の背景と先行きについて考察してみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。http://foomii.com/00092/2018080500000047558【2018年8月のメルマガ記事一覧】「エヌビディアの決算と金融市場の今後」(2018年8月26日号) [続きを読む]
  • 注目IT銘柄の決算発表
  • 今年1月下旬以降、株式市場全体としては上値の重い状態が続いている。米国のナスダック指数が先週も史上最高値を更新したように、ITセクターの株価は好調に推移してきたが、その後フェイスブックとツイッターの株価がいずれも決算発表翌日に20%前後急落しているように、こちらも決して盤石ではない。そんな中、以前も取り上げた米国IT企業の株価が、好調な決算発表を受けて急上昇した。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」 [続きを読む]
  • コンドラチェフの波に乗っている日本企業
  • 本メルマガでは折に触れ、金利や物価の長期的な上下、そして産業構造の革新に連動した50〜60年周期のコンドラチェフ循環について、株式市場との関連も含めて考察してきた。考察対象は多くの場合米国企業であったが、今回は典型的なコンドラチェフ循環銘柄と目され、長期にわたって株式市場をアウトパフォームしている、とある日本企業を取り上げてみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧くださ [続きを読む]
  • FANG銘柄に匹敵する? オールド・エコノミー銘柄
  • AI、IoT、フィンテックなど、現在はクズネッツ循環を背景とした周期的なITブームの最中にあるというのが、筆者がこれまで述べてきた見解である。そして、そうした動きをリードしてきたのが、FANG(フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグルことアルファベット)と呼ばれる大手IT企業である。今回は、業種としてはオールド・エコノミーに属しながらも、そうしたFANG銘柄に匹敵する株価パフォーマンスを続けている企業 [続きを読む]
  • 株式市場の値動きに見る既視感
  • 先週は、TOPIXや日経平均のような日本の主要株価指数が下落する一方で、S&P500やダウ工業平均のような米国の主要株価指数は上昇した。それらの値動きや関連指標を眺めているうちに、ある既視感に襲われた。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。http://foomii.com/00092/2018070800000047012【2018年7月のメルマガ記事一覧】「注目IT銘柄の決算発表」(2018年7月29日号)「コンドラチェフの [続きを読む]
  • 米国のイラン外交と金融市場
  • 6月26日、米国のトランプ大統領はイランに対する経済制裁の復活に向け、11月4日までにイラン産原油の輸入を停止するよう各国に要請する方針を明らかにした。当日のニューヨーク市場のWTI原油先物価格は1バレル70ドルを突破し、その後も年初来高値水準で推移している。こうした動きにまつわる国際情勢と金融市場の現状と今後について、考察してみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。h [続きを読む]
  • 投資対象としてのムーディーズ株
  • 6月3日号では、いわゆる「バフェット銘柄」である米国の大手格付け会社ムーディーズ(ティッカーコード:MCO)の株価変動メカニズムについて、経済の長期循環の観点から考察した。今回は投資対象としての同社株について、同業・類似企業との比較という観点からさらに考察してみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。http://foomii.com/00092/2018062400000046731【2018年6月のメルマガ [続きを読む]
  • ツイッター株高騰の背景
  • 全体としての株式市場は、1月下旬にピークアウトして以降停滞局面にある。他方で、米国のナスダック指数が先週も史上最高値を更新していることにも示されているように、一部のハイテク/IT銘柄には資金が流入している。その中でもとりわけ目を引く銘柄の1つが、米国のSNS大手で日本でもお馴染みのツイッターである。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。http://foomii.com/00092/2018061700 [続きを読む]
  • 好決算で急騰した米国小売企業
  • 「アマゾン・エフェクト」という表現に象徴されるように、多くの店舗型小売業の苦戦がしばしば話題となっている。そんな中で先週、本メルマガで以前紹介したこともある米国の「店舗型」小売企業の株価が、四半期決算の発表を受けて1日で20%以上も上昇した。その内容を振り返り、改めて今後の株価動向を展望してみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。http://foomii.com/00092/201806 [続きを読む]
  • ムーディーズの株価に見る金融市場の動向
  • 本メルマガで何度も取り上げている、世界最高の株式投資家とされるウォーレン・バフェット。彼が経営するバークシャー・ハザウェイが大量保有する株式銘柄の1つが、米国の大手格付け会社ムーディーズ(ティッカーコード:MCO)である。その株価変動メカニズムを経済の長期循環の観点から考察しつつ、金融市場全体の動向と共にその先行きを展望してみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧くださ [続きを読む]
  • 成長サイクルから見たスターバックス株の行方
  • 2018年4月8日号では、米国マクドナルドの業績と株価について、小売業の長期成長サイクルの観点から分析した。今回は、米国の外食企業としては日本でもお馴染のコーヒーショップ・チェーン、スターバックスを取り上げてみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。http://foomii.com/00092/2018052005150846035【2018年5月のメルマガ記事一覧】「Eコマースとグローバル化、そしてコンドラチ [続きを読む]
  • アルゼンチン経済の行方
  • 先週は、アルゼンチン通貨ペソが対米ドルで安値を更新しているという報道が目についた。既に同国政府は先週8日、IMFに支援を要請すると発表している。果たして同国経済は今後どうなるのだろうか。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。http://foomii.com/00092/2018051304230145893【2018年5月のメルマガ記事一覧】「Eコマースとグローバル化、そしてコンドラチェフ循環」(2018年5月27日号 [続きを読む]
  • 株価が急落した米国IT企業の今後
  • 先週の火曜日、本メルマガでも注目企業として取り上げた米国IT企業の株価が急落した。その背景を確認しつつ、今後の動向について考察してみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー」(下記URL参照)にてご覧ください。http://foomii.com/00092/2018050602233645746【2018年5月のメルマガ記事一覧】「Eコマースとグローバル化、そしてコンドラチェフ循環」(2018年5月27日号)「成長サイクルから見たスターバックス株の行方 [続きを読む]
  • ドル高とスタートトゥデイの決算を考察する
  • 先週の金融市場で筆者の目を引いたのは、1ドル=107円台から109円台まで大きく円安ドル高に振れたことと、以前本メルマガで取り上げたこともある、オンライン衣料通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイの2017年度通期決算発表であった。前者についてはその背景となっているグローバルマネーの動向、後者については決算内容を踏まえた同社の株価見通しについて述べてみたい。↓続きはメルマガ配信サービス「フーミー [続きを読む]