ソルトマスター さん プロフィール

  •  
ソルトマスターさん: メバル狂いソルトマスターのメバリング日記
ハンドル名ソルトマスター さん
ブログタイトルメバル狂いソルトマスターのメバリング日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/dj-0w0ag0w0/
サイト紹介文メバリングに狂ってしまいプラグ、フライ、フロートまで自作してしまうアングラーの奮闘記です
自由文福岡沿岸でメバルを追いかけ夏にはアジング、秋にはエギングもメインはメバリング
努力は惜しまず睡眠時間を削ってでも海に通っています
他人の真似が嫌いでオリジナルに拘った小道具も自作したりしています
オリジナルルアー
*ユーリ
*バタバタアンジェリカ
*SNSD
*マリコデラックス
オリジナルフロート
*ドリームライナー
*ドリームライナーセクシーダイナマイト
などなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/06/12 08:56

ソルトマスター さんのブログ記事

  • HISTORY OF YURI(ユーリ開発までの軌跡)VOL.5
  • 方向性は定まった!何種類かのベースを作り、リップを大まかに5mmずつずらして取り付ける。が、アクションが大きく求めていたメバル用のそれとは違う。 次に各プロトのリップを削りながら折り合いをつける。もっと滑らかに、ナチュラルに、メバルという魚に合わせた物を・・・ 簡単には上手くいかず根本から作り直す必要があった。いっそのこと、ボディにリップを組み込むくらいの気持ちでRを付けたマイナーチェンジ。削って [続きを読む]
  • HISTORY OF YURI(ユーリ開発までの軌跡)VOL.3
  • 「もっと沢山のメバルに出会えるルアー」、「メバリングにイノベーションを起こすルアー」、「初心者でも釣りやすく中級・上級者には操る愉しみを与えれるルアー」、「誰のボックスにも1つは入っているスタンダード」何よりも、胸を張ってオリジナルである!と言いたい。 これほどの想いを詰め込むためには、道は険しい・・・ ・ポイントまで届く・あらゆる天候で投げやすい・レンジを1cm単位で刻みやすい そして、潮の当たる [続きを読む]
  • HISTORY OF YURI(ユーリ開発までの軌跡)VOL.2
  • ちょうどそのころ、「大型のメバルは漁港より外洋に面した磯の方が出逢える確率が高い」と囁かれていた。 ご多分に漏れず、私もポイント開拓に励み大型メバルをコンスタントに釣れるようになり北部九州の磯を渡り歩いていた。 HISTORY OF YURI (ユーリ開発の軌跡VOL.1)はコチラ 西に行けば日本海のような荒波、東に行けば海峡部の激流。様々なロケーションの交錯する土地でありとあらゆるメバリングを経 [続きを読む]
  • HISTORY OF YURI(ユーリ開発までの軌跡)VOL.1
  • 投げれば魚が付いてきて、巻けばヤツラにやる気を起こさせる。使えば使うほど面白みを感じ、そのうち使っている本人がメチャメチャ釣りが上手くなる。 夢みたいな話。 限界を超える可能性を秘めた一つの樹脂のかたまりこれは、そんなルアーの幕開け前夜からの歴史の物語。 メバルは1gのジグヘッドにピンテールワームで狙うべき・・・が、広く行き渡り浸透してきたころの話。私は、多い時は週に5日はメバリングに通っていた。 [続きを読む]
  • メバルシーズン開幕直前マリコ百花繚乱
  • マリコDX今回のカラーです ・クリアグリーン昨シーズンSNSDスーパーBIGで3投にして尺メバルを仕留めたカラー。マリコロングでもTシャツ購入の方にプレゼントでお配りしましたが安定していつでも釣れるスタメンのイケメンカラー! ・バチリアクションニュータイプシャッドカラーのようですが、イメージはバチ。手に取って見ると分かると思います。 ・クリアオレンジラメこちらは厳寒期に向けてのカラー頭側からも良くみ [続きを読む]
  • 北部九州のアオリイカは今がピーク
  • オリジナルルアーの製作もブランク工程は終了し研磨、塗装に入ってきました。塗装い入ると、スペースと乾燥時間の関係で少し時間が出来るので台風あけから気になっていたメバルの様子を他魚種で考えよう・・・とエギングタックルとフライタックルを詰め込んでいざ海へ! 今がピークな感じで300gアベレージでアホみたいに釣れてます。 シャクリ後のちょっとしたテクでクイーンと抱いてきます。このソルマス流のテクの [続きを読む]
  • 烏賊デカくなってます!とフライアジングのススメ
  • アオリイカ、9月も中旬ですから、例年通り300〜500gサイズの溜まるポイントには入ってますね。 昨夜はタコの方が数が釣れましたがはい、エギングの話・・・おしまい! で、磯も見に行ってきたのだけどメバルがメッチャ浮いてました! 今年は大当たり年の予感しかしません。 すでにプロトを何種類か作っていますが(言いたくてたまらないけど我慢・・・w)今季のメバリングはやりたい事が多すぎて体が4つや5つじゃ足り [続きを読む]
  • YOUTUBEちゃんねる!メバル爆釣動画配信の為に準備中
  • SMF2ホームページ インフォメーションこちらからとぶ事が出来るようにしています。 アクションから実釣まで、楽しいコンテンツを増やしていければと考えています。 さて、秋の長夜に皆様は何をしてすごされるのでしょうか? わたしは、今シーズンにジャングルジム様より量産されるYURIの為STORY OF YURIを粛々と書いております。すでに4パート中、3パートまで書き上げて修正をしているところです。 YUR [続きを読む]
  • 秋に向けてロングTシャツを考えてます。
  • 前回、ドライTシャツが好評過ぎたのだが・・・発注したサイズがM,Lのみでサイズが合わない方に大変多くのクレームを頂いた。 今回は、秋に向けて「ドライ素材のロングTシャツ」を、前回、涙をのんだ方の為に同デザインにて 完全オーダー制!受注生産にて受付ようと思います。 ・ブラック・ネイビー・ブルー・イエロー・ピンク・レッド・ダークグレーの7色展開に加え、 S、M、L、LL、3Lの5サイズのうちから選んで頂く [続きを読む]
  • TOPでブラックバスは面白い!を再認識
  • ラッシュガードを着込み、4ピースのスコット6番、サーカスバッグには、小さなFLYボックスが6〜7個リールもライン番手ごとに5個くらいは詰め込んでいる。さらに、ポケットにはリーダーやティペット、偏光、デジカメ、等々・・・小物もコレ一つにガッポリ収納。 ちょっとした藪コギもタタムブーツで楽々?17時からの盆休み恒例行事になりつつあるFLYでBASS。ゴールデンウィークはTOPに反応しにくかったバスも、7月を過ぎて [続きを読む]
  • 真夏のテレストリアルパターンFLYdeブラックバス
  • 暑い暑いサマーシーズン、蟲たちが水面を騒がし、その翅をばたつかせる。真夏のトップウォーターテレストリアルパターンのブラックバス。落ちパク、ガボッ、当たり前の最もエキサイティングな季節であるからしてそりゃもう水面至上主義!高浮力なフォームをベースとしたミノーやポッパーを正確にストラクチャー周辺に撃ち込むと水面爆発しまくるよ!このフォームマテリアルなFLIESの着水音はペシャっという感じで、それだけで [続きを読む]
  • ラインシステムの使い分けと危険なアイツ
  • ロッドから伝わる生命感は確かにあった。なんだ?この重さ・・・がちょーん。夏だねえ(^_^;) まさか、フライに抱きついてくるとは(笑) しかし、コレフローティングラインで1m前後の底スレスレをトレースしている証拠ですね。めっちゃ重かった。 相変わらず、キャサリン?は丸のみされています。 このフライは以前に巻きためていたスナモグリくん。フナムシみたいなフライですが、良く釣れます。扁平なフォルムにゴムのレッグ [続きを読む]
  • フライのカサゴゲームはシャローのブラインドの釣りを極める
  • 福岡の爆釣アラカブのポイントあるある。一定のカケアガリになってなく、クラブキャサリンのような扁平カニフォルムでスライドさせたり、シモリを超えてコロンとフォールさせたり出来ないと全く釣果が伸びない。 ボトムを釣るロックフィッシュゲームは算数だとつくづく思う。ゆっくり見せるフライで釣るなら尚更シビアだ。そして、この釣りはメバルに活かせるテクニックが多すぎる。 ボトムをきっちりと、しかも舐めるようにト [続きを読む]
  • カサゴのフライフィッシングはシャロースローの理念
  • カサゴは、九州ではアラカブ、関西ではガシラと呼ばれソルトライトゲームにおいて馴染み深い魚である。顔つきは、どこかカエルのようで愛らしく、元祖根魚といったところだろう。性格も、根回りやテトラから離れる事は稀で移動距離も少ない魚である。 クリアなスレッドは、透明感を活かしたクレイジーチャーリー向き。 以前、ご紹介したかな? レッドアイのヘビーウェイト仕様のクラウザーミノーを、水深50cm位で早く動かし [続きを読む]
  • テキサスリグで狙えない水深のカサゴを釣りまくる方法(解説編)
  • ハタを狙うアングラーが増えすぎて、今やカサゴが激減絶滅状態なのだけど、たった3つのキーワードを理解しさえすればカサゴ入れ食いでした。 1.狙うのはテキサス、ジグヘッド等で根掛かりしまくる場所。2.時間帯は朝マヅメ。3.長く見せて、寄せて釣る。 以上! タックルデータとしては、スコットの4ピース6番ロッドに6FラインWF。フライタックルです。フライはカニフライ(FBページにて友人枠にて名前募集中)この [続きを読む]
  • フォールの制御が上手くいけば、こんなに魚が残っている。
  • 早くもカワハギ部解散の危機!カニフライで釣るカサゴがめっちゃ楽しい!磯カサゴ入れ食いでした。ね?ふざけてないでしょ?ウエイトを最小限にして水平フォールするようにしたバージョンが大活躍!膝下くらいの水深のシャローゴロタを如何に効率良く流せるか?コレがやりたかったんです。ドンピシャハマるとほぼ入れ食いでした。目の前で泳がせてみたけど、本物そっくり‼?こりゃ釣れて当然だと。ラインバスケットを新調したので [続きを読む]
  • フライでカワハギ釣りプロジェクト!肝パンへの道
  • カワハギは、日本全国の海岸で見られ、特に海藻や船のロープの交差する場所、岩礁帯、テトラポット付近なと入り組んだストラクチャー付近で砂地の交じる場所がポイントとなる。マゴチと並んで夏が旬の魚であり、夏は身、晩秋からは肝に脂を蓄えるため美味で餌取り名人として餌釣りでは大変ポピュラーな魚である。 また、フグと近い種類で弾力ある白身や歯の鋭さなど類似点も多い。 体型は上下に扁平な菱形で泳ぎが速い魚ではないが [続きを読む]
  • 適材適所のリグを使い分けるから釣れるんです
  • 最近、初心者さんからオーダーを頂く事が多々ありました。 NJフライ用 リグ一覧表 ココに、基本のリグを図解しています。魚種によってメバル、アジ等ライトゲーム・・・フロート、F−SYSTEM、スプリットハタ、マゴチ・・・直リグ、テキサス、PLDSリグ などで使い分けて下さい。 また、フライの種類によって適正表もNJフライのトップぺージに記載しています。 [続きを読む]
  • モヒカン君?縦と横の動きでシルエットが全く違うフライ!
  • キラッキラなボディにスキンの付いた鬼ヤワなフェザーとトリガーマテリアルとなるフラッシャーをバランス良く巻き留め、メバルを始めとしたイーター族の捕食スイッチを入れまくるフライ。フォールとスイミングでシルエットが違うので、アクションの変化の時にアタリが出ます。 先ずは、動画をご覧ください。 smf2movieさん(@smf2movie)がシェアした投稿 - 2017年 9月月21日午後11時02分PDT フライタックルでバランスやラインシ [続きを読む]