前川みやこ さん プロフィール

  •  
前川みやこさん: みやこのこのみ
ハンドル名前川みやこ さん
ブログタイトルみやこのこのみ
ブログURLhttps://ameblo.jp/miyakomaekawa/
サイト紹介文気になる出来事、人、コスメ・健康・テレビ・食べ物・ファッション・インテリアについて書いています。
自由文コラムニストでライフスタイルアドバイザーの前川みやこです。フランスのインテリアブランド『リーン・ロゼ』のブランドアンバサダーもやっています。日々の生活の中で心にピピッと響いたもの、出来事、人、などについて書き綴ります。食べ物やお気に入りのレストラン、スイーツはもちろん、コスメやインテリア、テレビ、映画、読書、CMの情報、雑誌、新聞ネタ、音楽やスポーツなどジャンルは全方位!最新情報満載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/06/12 16:13

前川みやこ さんのブログ記事

  • 庄内ミステリーツアー『魚を食す編』
  • 鶴岡が産んだ天才食人・奥田政行が案内する食の『庄内ミステリーツアー』。 早朝から鶴岡の『善寶寺』で漁師たちが、獲った魚立ちの供養のために建てたという立派な五重塔に手を合わせ加茂水族館で、魚の生態と美味しさの講義を受けるという、殺生への懺悔と食欲という煩悩が入り混じって……いったいどっちなのよ ま、だから『ミステリーツアー』なのよってことで、ランチはさっそくライブイベントの中で絶妙の握りを食すること [続きを読む]
  • 庄内ミステリーツアー『魚を学ぶ編』
  • 11月もこの時期になると、既に気持ちは年末。11月中に片付けてしまいたい仕事に追われ、私の周辺の方々は、揃って目がつり上がってきている。 それなのに、だ。わざわざこの時期を選んで『食の都・庄内』を体験するツアーが企画された。案内人は、鶴岡が産んだ天才食人の奥田政行シェフ。そう、予約が取れないイタリアンレストラン鶴岡の『アルケッチァーノ』のオーナーである。 日本中を飛び回り、毎週、豪華列車『四季島』に乗 [続きを読む]
  • 神田末広町の絶品うなぎ
  • 「おいしい鰻屋さんがありますよ」御徒町にあるだしの老舗『伊勢音』の社長から聞いてずっと気になっていた鰻屋さんがある。 神田末広町にある『久保田』創業は1897年(明治30年)で、もともとは川魚の卸問屋からスタートしている。 地下鉄銀座線、末広町の駅からすぐのなのだが、秋葉原や御徒町からブラブラ歩いても行ける距離だ。 店を入ると、気っぷのいい美人女将が素敵な笑顔でお出迎え。日本ならではのおもてなしの心意気 [続きを読む]
  • リーン・ロゼ東京10周年!!『創造と革新と』
  • 六本木にある『ligne roset(リーン・ロゼ)』のショールーム『リーン・ロゼ東京』がオープンして10周年。 TOGO、CONFLUENCES、PLOUMのようにオープン当初からのお馴染みの作品から、毎年行われる『ケルン国際家具見本市』やパリで開催される『メゾン・エ・オブジェ』で注目を浴びたその年の新作の数々が勢揃いして今では、六本木の名所のようになっている。 10月25日に開催された10周年記念パーティにはロゼ社のミッシェル・ロゼ [続きを読む]
  • リーン・ロゼ東京10周年!!『ロゼ社の秘密』
  • 毎年秋に開催される六本木『リーン・ロゼ東京』のオープン記念パーティ。なんと今年はショールームがオープンして10周年! ということで、10月25日、いつも以上に盛大に開催された。 入荷したばかりの新作が並ぶショールームはインテリア関係、プレス関係のゲストで大賑わい。 フランスのインテリアブランド『ligne roset(リーン・ロゼ)』といえば、世界中のデザイナーとのコラボ作品をロゼ社ならではやり方で作り上げている [続きを読む]
  • モートン病ってなに?
  • 2週間ほど前から、足の中指と人差し指のあたりがな〜んとなくおかしい。 痛いとか、歩けないとかそういうリアルな不具合はないのだが、なんとなく指が重なってるような感じ……というか指に何やらピピピピっという感覚が走る……というか。 指を曲げたり、指の間を開いたりするのは全く問題なくできるし指を引っ張ってもなんともない。なんだろうなあ? と思いながら足の裏をあちこち揉んでいたら、人差し指と中指の根本の少し下 [続きを読む]
  • 日本三大まんじゅう
  • 百貨店の一角にある『地方銘菓』のコーナー。その場所に行かないと買うことが出来ないお土産品のお菓子がいろいろあるのでときどきのぞいてみる。 おっ! 柏屋の『薄皮饅頭』がある!福島の温泉に行くと必ず買って帰る我が家の定番だ。 各地で『温泉饅頭』などと呼ばれている茶色い皮のおまんじゅうだ。ここの薄皮饅頭は、皮が香ばしく十勝産の小豆で作った餡も優しい甘さで絶品だ。こしあん、つぶあんの二種類あるが絶対につぶ [続きを読む]
  • ファブリックの進化
  • 我が家のソファに最近、かすかな汚れが目立ち始めた。コーヒーをこぼしたとか、口紅をつけたとかそんな致命的な汚れではないのだが、知らず知らずの内に、汚れはあちこちに現れてくる。 このソファは、カバーリングタイプなので、カバーを剥がしてクリーニングに出せばよく取り敢えず問題はない。ものによっては、家でお洗濯できるものもあるのでこういった購入後のケアについては購入時にはよ〜く検討するべきだろう。 カバーを [続きを読む]
  • オギノパンの『丹沢あんぱん』
  • 最近、木曜日の度に田無の『ザ・ガーデン自由が丘』で我が妹があんぱんを買ってくる。『丹沢あんぱん』という摩訶不思議なネーミングのあんぱんだ。 小ぶりでこんもりと盛り上がった形が可愛く、しかも、かなり美味しいときてるので母親などは、毎週心待ちするようになっている。 つぶあん、こしあんの定番品の他に胡麻、ゆず、かぼちゃ、くり、玉露、紫芋など、季節によるバリエーションがあるのだそうだが、妹が仕事帰りに寄 [続きを読む]
  • クロアチアのお土産
  • 私が今行きたい国、ベスト3に入る東ヨーロッパ、バルカン半島のクロアチア共和国。アドリア海に面して、イタリアと向かい合っている国だ。 首都はザグレブなのだが、最南部に飛び地となっているドゥブロヴニクという街の旧市街が世界遺産に登録されていて『アドリア海の真珠』と呼ばれている。 赤い屋根と石畳が美しく、ジブリの『紅の豚』『魔女の宅急便』の舞台のモデルになった街としても有名だ。 アフリカやアイスランドなど [続きを読む]
  • 素材と新しい感性
  • 日本列島を縦断した台風に引っ張られるかのように駆け足で秋がやってきました。 秋は大好きな季節だ。山の上の方では既に紅葉も始まりファッションもインテリアもすっかり秋色。街を歩いているだけでワクワクしてくる。 フランスのインテリアブランド『ligne roset(リーン・ロゼ)』の六本木ショールーム『リーン・ロゼ東京』にも、今年の新作が続々入荷。 ロゼ社ではお馴染みの有名デザイナーの作品はもちろん新しい才能を感じ [続きを読む]
  • 女神の教え
  • 数日前のことだ。仕事を終えて家に帰るとリビングのソファに母親がへたり込んでいた。 泣きそうな顔で「左足の付け根が痛くて、歩けない。足も曲がらない」 えええええ〜っ階段から落ちた?庭で無理して草取りでもした?張り切って体操し過ぎた?いろいろ聞いてみたが、何も心当たりがないと言う。昼寝して目が覚めたら、歩けなくなっていたのだそうだ。 骨折、神経痛、肉離れ、何かの病気。いろいろ考えられるが、取り敢えずは整 [続きを読む]
  • 秋の空
  • 秋になったかなあと思ったら先週の連休には台風18号が九州、四国、本州、北海道全てに上陸し風は強いは、大雨は降るはでいやはや、日本列島は大荒れだった。 そして、台風一過の翌日の東京は見事に秋晴れ 『女心と秋の空』とはよく言ったもので前日のあのどんよりした空がウソのようだ。 夏の空は、水蒸気を多く含んだ太平洋高気圧に覆われているため太陽の光が乱反射して、白っぽく霞んでいる。それに対して秋の空は乾燥した移 [続きを読む]
  • 美しいものは正しい!
  • これまでに何度か、紹介してきたフランスのインテリアブランド『lignr roset(リーン・ロゼ)』の広告写真。 いずれも、ビジュアル的にはもちろんのことその発想やテーマ全体にはときにはドキッと、ときにはニヤッとしてしまう深い哲学があって、世界的にも評価が高い。 その広告画像を使ったTwitterキャンペーンが9月7日からリーン・ロゼの公式サイトでスタートしたので今回は、そこで扱われている広告をご紹介しよう。 『ligne [続きを読む]
  • 紫野和久傳の『西湖(せいこ)』
  • 久しぶりに新宿伊勢丹に用事があったのでデパ地下をうろうろ。 ふと目についた『紫野和久傳(むらさきのわくでん)』で蓮根もちの『西湖』を買ってきた。この時期、冷やして食べると美味しい和菓子のひとつだ。 『西湖』……「さいこ」ではなく「せいこ」と読む。中国の世界遺産にも認定された美しい湖杭州の『西湖』にちなんで付けられた名前だ。 西湖はあの『白蛇伝』の舞台になった湖で夏場になると100種類以上の蓮が咲き乱 [続きを読む]
  • アルチンボルド展
  • 眞子さまのご婚約内定明けの今日秋篠宮ご夫妻が、国立西洋美術館で開催中の『アルチンボルド展』を鑑賞されたというニュースが流れた。 私も8月末に行ってきましたよ『アルチンボルド展』 『アルチンボルド展』公式ホームページより ジュゼッペ・アルチンボルドは16世紀後半にハプスブルク家で活躍したイタリアはミラノ生まれの宮廷画家だ。 彼の作品はひと目でわかるように果物や野菜、花、鳥、魚などを組み上げて描かれた虚構 [続きを読む]
  • ligne rosetの広告・人間と家具の同化
  • いきなり暑くなったりかと思えば、今日のように涼しくなったりゲリラ豪雨で電車が止まったり…… とにかく、季節感の薄かった夏もそろそろ終わり着実に秋になりつつあるようです。 フランスのインテリアブランド『ligne roset(リーン・ロゼ)』でもショールームに新作が続々届き、衣替えが始まってる様子。その辺の情報は、まとめて後日ご紹介するとして、季節のはざま、夏休み最後のお楽しみとしてまたまた、ロゼ社のセンス溢れ [続きを読む]
  • 食の都庄内をたずねて・絶品『奥田寿司』
  • 食の都と呼ばれる山形県庄内地方。そのど真ん中にある鶴岡市の駅前にできたつるおか食文化市場『FOODEVER(フーデェヴァー)』のワクワク感は、前回書いたが、今回は、その中にある『魚バル』について。 『FOODEVER』には『魚バル』『肉バル』があり、その名の通り、地元のうまい魚と肉を最高に美味しい形で食べることができる。 中でも、今や日本だけでなく世界でも有名な地元鶴岡のイタリアンレストラン『アルケッチァーノ』の [続きを読む]
  • 食の都庄内をたずねて・『FOODEVER』
  • 日本は、四季に恵まれ周囲を海に囲まれた山国……ということで世界一自然の食材が豊富な国である。 その日本の中でも、地形や気候に特に恵まれ海や山の恵みの宝庫と言われているのが山形県の庄内地方だ。 鳥海山、出羽三山(月山・羽黒山・湯殿山)と日本海に抱かれる庄内平野は日本有数の米どころ。日本海の海の幸やたくさんの在来野菜などその食材の豊かさは、まさに食の理想郷だ。 日本で初めて『ユネスコ食文化創造都市』に認 [続きを読む]
  • Manarola(マナローラ)に魅せられて
  • 突然ですが、イタリアにある『Manarola(マナローラ)』という小さな集落をご存知ですか? イタリア半島の北、ちょうどブーツ型の半島の付け根のあたりにある、チンクエ・テッレという景勝地にある集落の1つで、ユネスコの世界遺産にも登録されている。 ちなみに、『チンクエ・テッレ』とは『5つの土地』という意味で、5つの集落が地中海のリグーリア海岸の断崖絶壁に集まっていてその東から2番目が『Manarola』なのだそうだ。 こ [続きを読む]
  • 我が妹、ベッドから落ちるの巻
  • 8月10日の明け方『ドン!!』という重たい音で目が覚めた。 ン?母親が壁にでも激突したのか?妹がベッドから落下したのか?不審者が玄関から侵入したのか? 寝ぼけた頭にその3つの選択肢が浮かび、しばし神経を聴覚に集中して耳をすましてみる。 シ〜〜〜〜〜ン…… 近所で車のドアを締めたときの音だったのかな?起きて、母親と妹の部屋と玄関を確認しようかとも思ったが睡魔に引き戻され、そのまままた眠ってしまった。 普通な [続きを読む]
  • チーズ&発酵バターのスイーツ
  • 麻布十番の暗闇坂あたりを友達とブラブラ歩いていたら、何やら、スッキリとした佇まいのお店を発見した。 「あら? ここって前は何だったっけ?」店が入れ替わるといつも思うのだが前そこに何があったのか、すぐに思い出せない。 去るべきものは追わず……とはよく言ったものでこの手の変化に対して人間はすぐに順応してしまう。 好奇心といえば聞こえがいいが、ついでに、すぐに飛びついてしまうミーハーさ。いや、申し訳ない [続きを読む]
  • プールとマリリン・モンロー
  • 今年は6月から猛暑で夏になったらどうなっちゃうんだろう?と思っていたのに、ここ数日のこの涼しさ……わけわかりません。 それでも、いつものように夏休みが始まり、各地でプールが大賑わい。 西武線沿線居住者にはお馴染みの『としまえん』のプールのポスターでは、マリリン・モンローがセクシーポーズで誘っている。 ▲『としまえん』ポスターより 毎年、ギャグっぽいポスターで話題をとっていた『としまえん』のプールだが、 [続きを読む]
  • 縁側で夕涼み
  • 夕涼み……という言葉がある。いや、あった。 真夏、日中の強い日差しが夕方になって緩み、涼しい風が吹き始めた頃、縁側に座って、うちわでパタパタあおぎながらスイカやかき氷を頬張る。なんていう、いかにも「昭和」な風情日本らしい情緒あふれる言葉だ。 今はどうだろう? 夕方になって日が傾いても蒸し暑さはいっこうにおさまらない。縁側はベランダに変わり、昼間の灼熱の太陽にさらさてタップリと熱を溜め込んでいる。 だ [続きを読む]
  • 『スイーツなかき氷』に驚く!
  • 気象庁言うところの「梅雨の戻り」とかでここ数日、過ごしやすい気温でホッとしている。 先週の連休は、本当に地獄のような暑さだった。窓の近くにいるだけで外の焼けるような日差しを感じ思わず、エアコンの温度を2℃ぐらい下げて、夜中もエアコンつけっぱなし。 体に良くないとは思いつつ……だって、暑いんだも〜〜〜ん 我慢できずに買い込んだのがアイスである。私は日頃から、「MOW」「やわもちアイス」ファンで冬でも冷蔵庫 [続きを読む]