前川みやこ さん プロフィール

  •  
前川みやこさん: みやこのこのみ
ハンドル名前川みやこ さん
ブログタイトルみやこのこのみ
ブログURLhttps://ameblo.jp/miyakomaekawa/
サイト紹介文気になる出来事、人、コスメ・健康・テレビ・食べ物・ファッション・インテリアについて書いています。
自由文コラムニストでライフスタイルアドバイザーの前川みやこです。フランスのインテリアブランド『リーン・ロゼ』のブランドアンバサダーもやっています。日々の生活の中で心にピピッと響いたもの、出来事、人、などについて書き綴ります。食べ物やお気に入りのレストラン、スイーツはもちろん、コスメやインテリア、テレビ、映画、読書、CMの情報、雑誌、新聞ネタ、音楽やスポーツなどジャンルは全方位!最新情報満載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/06/12 16:13

前川みやこ さんのブログ記事

  • 45年のロングセラー『TOGO』
  • フランスのインテリアブランド『ligne roset(リーン・ロゼ)』を代表するソファ『TOGO(トーゴ)』が、今年でデビュー45周年を迎える。 『TOGO』は、ロゼ社の看板とも言えるソファだ。密度の違う4種類の高密度ウレタンフォームを使い力強い蜂の腹の部分をイメージした斬新なデザインとしっかりしたキルトのカバーで全体を包むという画期的なアイデアは1973年のデビューと同時に話題になり、45年たった今でも、ロゼ社の大人気商品 [続きを読む]
  • 柑橘類バトルと『河内晩柑』
  • 我が妹は、無類のみかん好き……と言うより柑橘類マニアである。 毎年2月には屋久島から「たんかん」をお取り寄せ。採れる期間の短いたんかんが打ち止めになると、今度は、「文旦」「清見」「せとか」「はるか」「日向夏」「マーコット」「セミノール」などなど様々な名前の柑橘類を買い込んでくる。ハッキリ言って、どれがどれやらわからない状態。オレンジ色だったり、黄色っぽかったりそれぞれ微妙に違うのであるが、全部並べ [続きを読む]
  • 野菜たっぷりランチブーム
  • 最近の麻布十番周辺は野菜をタップリ食べさせてくれるお店がやたらと増えている。 たまたま店長が、友人の知り合いということで商店街にオープンした当初から気に入って通っているのがここ『WE ARE THE FARM 麻布十番』だ。 千葉県佐倉市にある自社オーガニック農園で在来の固定種の野菜を栽培していて朝採れの新鮮な野菜をランチでも山盛り食べることができる。 代々木上原に本店があり、次に恵比寿そして、ここ麻布十番店がで [続きを読む]
  • 咲けよ、実れよ!
  • ついこの間、雪かきで右往左往したかと思ったらもうゴールデンウイークですよ。いきなり半袖のTシャツを着たりしてなんだか季節が三段跳びで来たような感じ。 庭の梅も桜もあれよあれよと言う間に咲いて、散って……気がついたら、みかんの木にたくさんつぼみが付いていた。 このみかん、実がなる年は大きな段ボール箱4個分ぐらいなるのだが、翌年は、ウソみたいに実がつかない。 一昨年は、食べきれなくて人にあげるほどだった [続きを読む]
  • ピエール・ポランの究極の復刻版『CM131』
  • フランスのインテリアブランド『ligne roset(リーン・ロゼ)』には時代を越えて蘇った、復刻版の名作が数々ある。中でも多いのが、フランスのインテリア界の巨匠Pierre Paulin(ピエール・ポラン)の作品だ。 お馴染みなのが、このソファ『PUMPKIN』(パンプキン)。 1971年に当時のフランスの大統領ジョルジョ・ポンピドー大統領のためにデザインされたもので、パリにある大統領の官邸『エリゼ宮殿』に長く保管展示されていた [続きを読む]
  • 村田諒太のIt's show time!
  • ちょっと出遅れの話題であるが、4月15日、ミドル級のボクサー村田諒太がイタリアのネマヌエーレ・ブランダムラを8ラウンドTKOで破って、初防衛を果たした。 私は、特にボクシングファンというわけではないのだが、ロンドンオリンピックで金メダルを獲って以来、彼を密かに応援しているのだ。 その理由は、とにかく強いこと。例えば、マイク・タイソンやモハメッド・アリのように相手を威嚇し、圧倒するような迫力はないが堂々た [続きを読む]
  • 世界一のフレンチトースト
  • 今、この本がすごく売れているそうだ。 『夫はホテルオークラの元総料理長、妻は料理家 ふたりのごはん』タイトルの通り、元ホテルオークラの総料理長、根岸規雄さん料理家の石原洋子さんご夫妻が共著で出された家庭で作れる絶品レシピ50品とお二人の日常を綴った本である。 根岸規雄さんといえば、ホテルオークラ開業から50年間に渡り腕を振るい2001年〜2009年には第四代総料理長を務めた日本の洋食界の先駆者とも言える方だ [続きを読む]
  • 思いがけないソファとの出会い
  • 突然ですが、思いがけないデザインの家具と出会いたいなら『ligne roset(リーン・ロゼ)』のショールームをのぞいてみましょう! 「ええっ! すごいね、このデザイン!」と、まるでオブジェのようなデザインに目が釘付けになったり、「この発想って、どこから来たの?」と、デザイナーのアイデアに驚かされたり、「これ、最高に座り心地いいんですけど」と、その機能性にうっとりしたり……。 今まで私は何度もこの「思いがけな [続きを読む]
  • 心ときめく手みやげ② :よねむらの絶品クッキー
  • 仕事でお世話になっている某ミュージシャンのマネージャー嬢から素敵な手みやげをいただいた。 小ぶりの包みを開いたら、まずは、こんなかわいい缶が姿を表した。 『米』の文字をデザインしたマークと、カウンターに並ぶお客様を描いた、かわいいイラスト。蓋を開けると、中にまたこんなかわいいカードが入ってる。 何? 何? 何が入ってるの〜?と、ワクワク感が高まって、カードを取り出してみると、きゃああ すごくきれい [続きを読む]
  • ジェラートの季節になりました
  • 桜の開花を機に、一気に暖かくなった。……というか、ちょっと暑い……。 仕事でよく行く六本木や麻布十番あたりは既に半袖短パンの外人もチラホラ。まあ、そこまでやらなくても、と思うのだが気持ちはわからなくもない。 で、ついつい素通りできずに寄ってしまった。ジェラートのお店『GELATERIA MARGHERA(ジェラテリア・マルゲラ)』 イタリアはミラノで、1日最大3,000人も来店するという人気のジェラート屋さんだ。2013年に [続きを読む]
  • 3月24日『ligne roset GINZA』オープン!
  • 今日、3月24日フランスのインテリアブランド『logne roset(リーン・ロゼ)』の日本国内5店舗目となるショールーム『ligne roset GINZA』がグランドオープンした。 そう、GINZAです、銀座『ligne roset ROPPONGI』(六本木店)『ligne roset IKEBUKURO』(池袋店)に続いて、都内では3 店舗目となる。 場所は、東銀座。あの歌舞伎座からすぐだ。 昭和通りに面したガラス張りのショールームは六本木に比べて間口が狭いかな?と [続きを読む]
  • ピエール・ポランの復刻版ソファ
  • 1月にドイツのケルンで開催された世界最大のインテリア展示会『ケルン国際家具見本市』。 フランスのインテリアブランド『ligne roset(リーン・ロゼ)』のブースは、今回も大盛況だったそうだが、中でも話題になったのが、フランスインテリアデザイン界の巨匠Pierre Paulin(ピエール・ポラン)の作品の復刻版のコーナーだ。 Pierre Paulinは1927年にフランスはパリで生まれた。大叔父が彫刻家、叔父が自動車のデザイナーという [続きを読む]
  • 拝島ライナー
  • 3月10日、西武新宿線で『拝島ライナー』が運行を開始した。西武新宿駅ー拝島駅間という、非常にローカルでマイナーな話なのでみな様には「なんじゃいそりゃ?」という話だが私は、そこにどっぷりハマった場所に住んでいる。 一応説明しておきましょう。 西武鉄道の運営する西武新宿線は、正式には西武新宿駅ー本川越駅を結ぶ線だ。小平駅で拝島方向に行く『拝島線』と分かれていて、私は、小平駅から二つ先の拝島線『小川駅』に [続きを読む]
  • 新宿中村屋の中華まん90周年
  • 我が妹はこの冬、やけに肉饅に凝っていた。 神楽坂五十番のビッグな『五目まん』から始まり大阪は蓬莱の『豚まん』、そして新宿中村屋の『天成肉饅』。どれも個性が違っっていて、それなりにうまいが、特に気に入っているのが、新宿中村屋の『天成肉饅』と『天成餡饅』だ。 新宿中村屋といえば、何と言ってもカレーだ。創業者の相馬愛蔵・黒光夫妻がインド独立運動の志士、ラス・ビハス・ボースをかくまい後に、娘の俊子とボース [続きを読む]
  • 氷上のダルタニアン
  • 平昌冬季オリンピックも無事に終了した。開催前は、やれ現地の準備が間に合わないだのアメリカが不参加だったら中止になるだのロシアのドーピング問題だの……盛り下がる噂満載だったが、蓋を開ければ、日本の若い選手が大活躍して日本は歴代最高のメダル数を獲得。 やっぱりスポーツはいいなあと再確認させられた。 スノボの平野歩夢くん、女子スピードスケートの小平奈緒さんや、高橋菜那・美帆姉妹など、新たなスターが登場し [続きを読む]
  • リーン・ロゼ 2018年の新作
  • 『ケルン国際家具見本市』『メゾン・エ・オブジェ』など毎年1月に行われる世界的な家具の祭典が終わりワクワクシながら待っていた今年の新作情報。 フランスのインテリアブランド『ligne roset(リーン・ロゼ)』からやっと第一報が届いた。あ、そうそう、これこれネットで検索して画像が出てきた途端ものすごく気になっていたのがこれだ。 『PAIPAI』 大胆に広がった……というより「開いた」と表現したくなる背もたれと肘当て [続きを読む]
  • 冬のさくらんぼディナー①
  • 1月に、スカイツリーの横にそびえる『ソラマチ』にある『ラ・ソラシド』で開催された奥田政行シェフと山形YAMANOBEブランドのさくらんぼ『佐藤錦』のコラボディナー。 奇跡の『冬のさくらんぼ』の正体はリキッド冷凍のマシン『凍眠』だったということはブログで紹介しました。 では、いったい、さくらんぼのフルコースって?参加する前、私も全く想像できなかっったのだが、前菜から、パスタ、肉料理に至るまでさくらんぼがいい仕 [続きを読む]
  • ソファベッド進化系
  • 最近、ソファベッドが欲しいという話をよく耳にする。 仕事部屋とベッドルームを一緒にしたいからベッドがスペースを取りすぎるから頻度は少ないけど、ゲスト用のベッドが必要だから などなど、理由はいろいろなのだが確かにベッドは、睡眠という、1日の内かなりの時間を費やすためのものだし家具の中では収納に次いで大きい。そんな中で誕生したのがソファであり、ベッドにもなるハイブリッド家具ソファベッドだ。 フランスのイ [続きを読む]
  • リキッド冷凍の『凍眠』
  • イタリアンの天才料理人、奥田政行シェフから昨年の12月、『CHERRY DINNER PARTY』のお誘いがあった。開催日は1月19日、早い話が『さくらんぼの会』。さくらんぼを使った料理のフルコースである。 へえ〜〜さくらんぼを使った料理かあ……ん?ん?ん?ん? さくらんぼの季節って6月ぐらいじゃなかったっけ?今、さくらんぼなんてまだなってないし……。なんで1月にわざわざ『さくらんぼの会』? よくわけがわからないので、参加 [続きを読む]
  • 雪かきの友『ママさんダンプ』
  • 先週の大雪の残りがまだたくさんあるのにまた、東京に雪この時期にこれだから、3月まで気が抜けない今年の冬、である。 しかし……前回の、雪かき全力投球で私は学びました。雪かきは、道具ありきなのだ。体力も、コツもあるけど、何よりも、道具なのだ 先が細くなった、普通の鉄製スコップじゃ重いし、雪があまりすくえないことはわかっていたので先が四角くなった、雪かきスコップぐらいはさすがに常備してある。 しかし、大量 [続きを読む]
  • ケルン国際家具見本市・受賞作品オンパレード
  • インテリア業界にとって、1月といえばこれ!『ケルン国際家具見本市(imm)』 ドイツのケルンで開催される世界最大級の家具見本市である。今年も1月15日(月)〜21日(日)の1週間に渡って盛大に開催された。 フランスのインテリアブランド『ligne roset(リーン・ロゼ)』も毎年大きなブースに、魅力的な作品を数多く展示し世界中から注目を浴びている。今年もそろそろ、展示の様子やワクワクする新作情報が届く頃だ。 このブロ [続きを読む]
  • 雪かきアドベンチャー
  • 1月22日、気象庁の予報が的中して東京もものすごい大雪となった。 私は数年前に、恵比寿から実家の小平に引っ越して来たのだが、それ以前に大雪が降ったときの苦労は妹から耳が痛くなるほど聞いていた。 「夜中までガレージの屋根の雪かきしたんだよ」「家の周囲も早く雪かきしないと翌日はガリガリで無理だからね!」 その時は、妹が夜中まで奮闘してもガレージとテラスの屋根は、支えの鉄骨が歪んでしまい結局大掛かりな修理と [続きを読む]
  • 都会のスケートリンク
  • 2月に始まる平昌冬季オリンピックの影響だろうか?最近、スケートリンクがブームのようだ。久しぶりに、数年前まで住んでいた恵比寿に行ったら恵比寿ガーデンプレイスのジョエル・ロブションのシャトー真ん前にこんなスケートリンクができていた。 正式名称『YEBISU GARDEN RINK』恵比寿ガーデンプレイスの冬といえばクリスマスシーズンに登場するバカラの大きなシャンデリアが定番だが、昨年の12月からこのスケートリンクが初お [続きを読む]
  • セールを楽しもう!
  • 世の中、どこもかしこもセールで盛り上がっている。「NEW YEAR SALE」「WINTER SALE」早い話が、冬物総ざらいということだ。 シーズンに関係のない商品は展示品の入れ替えや、春に出る新商品の前の在庫の処分という名目でこのセールの盛り上がりに便乗する。 こういうものは、いわゆる「旬」があるわけではないので消費者にとってはとってもお買い得。特に、買おうか買うまいか迷っていた人は「やった!」「ラッキー!」というこ [続きを読む]
  • おいしびっくりの新年会・続編
  • 5日の『山形サンダンデロ』新年会。新年早々、奥田政行シェフのおいしびっくり満載で、食の奥深さを堪能しました……ということでメニューの続きを紹介します。 静岡の桑高農園産、バカウマのキャベツを堪能したあと、同じ葉物続きで、白菜の生ハム巻きが出てきた。 くるくると巻いた白菜の葉っぱの中には生ハムが巻き込んであり、ゴルゴンゾーラチーズのソースがかかっている。 トッピングは、ナッツと細かく折ったグリッシーニ [続きを読む]