hassy さん プロフィール

  •  
hassyさん: 男子母&映像翻訳者のうろうろ日記
ハンドル名hassy さん
ブログタイトル男子母&映像翻訳者のうろうろ日記
ブログURLhttp://yaplog.jp/hassy1029/
サイト紹介文子育てをしながら映像翻訳者をやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/06/14 15:38

hassy さんのブログ記事

  • 失敗してもいいのだ!
  • 先日、息子の小学校の学習発表会を見に行きました。息子たちは合唱と音楽劇を披露したのですが、今回は感動もひとしおでした。何が感動って、別に息子が主役をやったとかではなくて、あれだけ練習が嫌だ嫌だと言いながらも見事にやりきったことです。本番前に何度も学校で練習をしたようですが、息子は泣きながら「学校なんてなくなればいいのに!」と言うほど練習をイヤがっていました。「そこまでイヤか?」と思い、よくよく息子 [続きを読む]
  • 交渉成功??
  • 新しいクライアントさんと取引をする時に、作品の尺10分あたりの翻訳料はどれぐらいかを聞かれることがあります。今、主に取引をしているクライアントさんは、まだ吹替翻訳を始めたばかりの頃、初めて仕事を受ける時にその質問をされましたが、当時の私は自信のなさから料金を相場よりも安めに設定してしまいました。しかし、それなりに経験も積んできた今、「ちょっと安く設定しすぎたかな…」と若干後悔することに。でも、一度料 [続きを読む]
  • されど翻訳料2018
  • 先日のブログで「スケジュール以外の理由で仕事は断らない」と書きましたが、もう1つ断る理由がありました。それは「翻訳料が安すぎる場合」。でも、今まではっきりとその旨をクライアントに伝えたことはなくて、「スケジュールがちょっと〜」とかなんとか濁してやんわりとお断わりしていました。しかし、今年の目標は「交渉できる人になる」。昨日は勇気を出して初めてはっきりと翻訳料を理由に断ってみました。そのクライアント [続きを読む]
  • これぞ主婦の応援歌
  • 今、絵本作家ののぶみさんが作詞した「あたしおかあさんだから」という歌に批判が殺到してるみたいですね。どんな歌かというと、ざっくり言えば「昔は好きなようにいろいろやってたけど、母親になったらこんなんなりました〜」って歌なんですが、これが「子育てを最優先にする献身的なお母さん像を押し付けてる」と批判されてるとか。歌詞の一部はこんな感じあたし おかあさんだから眠いまま朝5時に起きるのあたし おかあさんだ [続きを読む]
  • ホラー映画の楽しみ方を知りたい
  • 次にとりかかるお仕事はゾンビ映画の吹替です。私はホラーものが大のニガテなので、まず作品を通して観るのにかなりの覚悟がいりました。意を決して昨日観てみたんですが、おそらく今までの仕事で最もキモチワルイ映画…。以前もこんなことを書いた記憶があるんですが、確実に記録更新です。だってゾンビが人間を…(以下自粛)。「ひいいい…」と心の中で悲鳴を上げながらなんとか最後まで頑張って観ました。私は子供の頃からテレ [続きを読む]
  • フリーランスあるある〜暇ができると病気になる
  • 「今年やりたいことを100個書く」という、やる気満々のブログを書いた直後にインフルエンザを息子からもらってしまい、ようやく完治しました。「週1回ブログ更新」とか書いてたのに、いきなり挫折するという…。ちょうど年末年始がめちゃくちゃ忙しかったので、ひと段落したら休もう!と、ちょうどこの時期に1週間のお休みをいただいていました。あれもやろう、これもやろうといろいろ考えていたのに、結局息子の看病と自分が寝 [続きを読む]
  • やりたいことを100個書いてみる
  • 先日ブログ書いた「今年やりたいこと」を考えるのが想像以上に楽しかったので、以前から気になっていた「100いいね」をやってみることにしました。「100いいね」とは、作家の藤沢あゆみさんが考案した、1年間でこれができたらいいねと思えるものを100個書き出して、それを楽しくかなえていくというメソッド。(詳しくはこちら)100個も考えられるかな?と思いましたが、意外といろいろ出てくるものです。私の場合、「○○する」と [続きを読む]
  • 今年の抱負??
  • 本当は「新年、あけましておめでとうございます」という書き出しにしたかったのですが、気づけば年が明けて早くも10日も経ってしまいました…。今年は年明け早々に納品が2本重なってしまったので、1月2日からぼちぼち仕事をしていました。年末はもう15年以上毎年やっている恒例の友人たちとの家族ぐるみの忘年会、年始は両家の実家へ行ったり、「スター・ウォーズ」と「妖怪ウォッチ」を1日で2本続けて見たり、その合間に仕事 [続きを読む]
  • 今年を振り返る
  • ようやく昨日、今年最後の納品が終わって実家で少しのんびりしてから今日帰ってきました。まだ大掃除とか何もやってないですが…。ひとまず今年を振り返ってみたいと思います。先日テレビで「今年を表す漢字は何か」というのを話していて、息子にも聞いてみました。まだ小学2年生なのでそれほど漢字も習っていないなかでどんな字を選ぶんだろうと思っていたら「前」とのこと。理由は「いつも前に進みたいから」だそう。今年を表す [続きを読む]
  • お笑い英才教育??
  • 先月の話になりますが、家族旅行で大阪に吉本新喜劇を見に行きました。私は新喜劇で出てくる「すち子」が大好きなので生すち子が見られて感激でした。やっとこういう笑いが理解できる歳になった息子も笑い転げていました。(お土産に、写真の「すち子のねぶり飴」を買いました。この人がすち子。え?気持ち悪い?新喜劇ではすごく面白いんです!)関西では日常的にテレビで吉本新喜劇が放送されていて、子供たちは小さい頃から新喜 [続きを読む]
  • 吹替作品の楽しみ方
  • 「今年は10月ってあったっけ?」というぐらい、あっという間に過ぎた10月でしたが、気づけば11月も終わり12月に突入していました…。現在、毎週1〜2本締切がある状態がずっと続いているので、恐ろしいほど時が立つのが速いです。最近ちょっとPTAの話が続いていたので、久々に翻訳の話に戻ろうと思います。最近はもっぱらドラマシリーズや映画の吹替翻訳がメインのお仕事になっています。映画を観るなら絶対字幕派!という人も多 [続きを読む]
  • 恩送り
  • ここのところ、PTAの役員の仕事についてのボヤキが続きましたが、発想を変えて役員仕事を思いっきりポジティブに考えてみたいと思います。うちは息子が1年生になるタイミングで今住んでいるところに引っ越してきたので、周りに誰一人知り合いのいない状況でした。でも、役員をやったおかげで知り合いが増えて、いろんな情報が入ってくるようになったのは大きなメリットです。そして役員を引き受けて何よりよかったと思うのは、 [続きを読む]
  • やりたくないことは無理にやらない勇気 後編
  • 「苦手なことは人にお願いする」ということの他に悟ったのは、「やらなきゃいけない!という思い込みを外す」ことです。今年はPTAの役員を引き受けて、その会合があるたびにムダな時間を過ごしているようでモヤモヤした気分になっていました。以前、「自分のご機嫌をうかがう」というテーマでブログにも書いたんですが、それについてもう一度考えてみました。どうしてPTAの活動にイラつかせられるのか?と考えたんですが、別 [続きを読む]
  • やりたくないことは無理にやらない勇気
  • ここのところ仕事以外のPTA活動や、息子のサッカーチームの仕事など親活動に時間を取られて仕事が進まないことが多く、時間の使い方について考えてみました。周りには子供が2人、3人いるなかでスケジュール管理をし、仕事もして、というスゴい人もいて心底尊敬します。しかし、余裕がないとアワアワしてしまう私には全部に全力投球するのはとてもムリ…。ということでとにかく優先順位をつけよう!とあらためて決心しました。 [続きを読む]
  • 怒涛の1カ月
  • 久しぶりに更新が2週間以上開いてしまいました…。素材の到着が遅れてシリーズものが2本同時進行になってしまったところに長尺のお仕事が入り、さらに小学校PTAの広報委員の取材の仕事やら、息子のサッカーチームの懇親会の幹事やらをやっていたので、なんだか気づいたら10月が終わっていたという感じです。10月は結婚記念日やら自分の誕生日やらお祝い事が続く月でもあるんですが、ステキなディナーというよりも、近所の焼肉屋 [続きを読む]
  • 友人が主催の勉強会へ
  • 私の友人で、ものすごく腕の良い整体師がいます。「身体の不調は身体だけでなく心からも影響してきている」と言う彼女は、月1回、心や体の健康をテーマにした勉強会を開催しているので、先日はその勉強会に参加してきました。その日のテーマは「自分のご機嫌をうかがう」でした。心の健康を保つにはいつも良い気分でいることが必要、そのためにはどうしたら自分が心地よいかを考える、ということです。自分はどういう時に心地いい [続きを読む]
  • 息子と横浜デート
  • 先日は息子の小学校の運動会でした。運動会はお弁当作りとかいろいろ大変ですが、毎年、子供の成長が見られて楽しいですね。自称「運動神経万能」の息子は徒競走で1位だったわけでもなく、リレーで選手に選ばれたわけでもありませんでしたが、徒競走は自己ベストの2位、ダンスもノリノリで踊っていたし、何より友達とものすごく楽しそうにしている姿を見てとても幸せな気分にさせてもらいました。昨日は代休で小学校が休みだった [続きを読む]
  • 8歳になりました。
  • ブログを始めた頃は0歳だった息子も先日8歳になりました。今年の誕生日は、夫と私の親を招いてみんなでスパリゾートハワイアンズに一泊してお祝いしました。先日のブログで「家族旅行なんてイヤだ」と言っていた息子ですが、行ってみればめちゃくちゃ楽しんでいたのでひと安心です。ただ、昔は喜んで観ていたフラダンスのショーを見ながら「こんなの男が見るもんじゃない」なんてつまらなそうにしてました。これも成長の証でしょ [続きを読む]
  • 心境の変化
  • 私は自分で映画を観るなら絶対に字幕派で、お仕事も吹き替えより字幕が好き!とちょっと前のブログにも書きましたが、最近、ちょっと心境が変化しています。最近、受けている仕事は8割ぐらいが吹き替えです。今まで「字幕の仕事がやりたーい!」と強く思っていたんですが、近ごろはネット配信などの普及で吹替えの翻訳者が圧倒的に足りないとか。字幕翻訳ができる人はたくさんいるし、吹替えの人手が足りないというならば、世の中 [続きを読む]
  • ダンケルク
  • 9月9日から公開の話題の映画、「ダンケルク」を観てきました。子供の頃、「戦艦武蔵の最後」という本を読んで、すさまじい戦闘の描写が強烈すぎて眠れなくなって以来トラウマになったのか、本も映画も「戦争ものは苦手!」と思ってきました。そういうわけで今まで戦争映画はほとんど観ていないのですが、「ダンケルク」は翻訳の師匠が字幕を手掛けていることと、何人もの人が絶賛していたので「これは観ておかなければ!」と勇気 [続きを読む]
  • ついにこの日が来たか…
  • 先日、家族旅行に行く話をしている時、突然息子が「友達がいないとつまらない」と言いだしました。今までそんなこと言ったことはなかったのに…。今年の夏休みは友達とプールに行ったり、家に泊まりに行ったりして休みの日にも友達と遊ぶ楽しさに目覚めてしまったようです。うちは一人っ子なので今まで旅行や外にでかけた時などには、なるべく子供と遊ぶようにしていたのに、「つまらない」と言われ、心底悲しくなってしまいました [続きを読む]
  • 世界一優雅な野獣
  • 見たかった映画を見るキャンペーン、第2弾は「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」を劇場で見て来ました。これからは劇場で見たい映画があったら、とにかく行っちゃう。今まで「仕事が〜」とか「子供の予定が〜」とか思うと躊躇してなかなか行けませんでしたが、思いきって行ってしまうとなんとかなるものですね。この映画は英国ロイヤル・バレエ団で史上最年少のプリンシパルになりながら突然退団してしまった天才 [続きを読む]
  • 「ワンダーウーマン」で夏バテ解消
  • 夏バテなのか、なんだか体がだるくて仕事もいまひとつやる気がでなかったので、先日、突然思い立って映画「ワンダーウーマン」を見に行ってきました。見たい映画があっても、仕事の状況や子供が学校から帰ってくる時間のかねあいを見計らっているとなかなか映画館に行けない。そうこうしているうちに上映が終わってしまう…というパターンがここのところ何度もあったので、「とにかく今日は行ってやる!」と決めました。近場の映画 [続きを読む]
  • 「言葉」が人生を変えるしくみ その最終結論。
  • 「「言葉」が人生を変えるしくみ その最終結論。」を読みました。著者は石田久二さん。「思い込み」だけでニートから年収2000万までになったというすごい人です。「思い込みだけで」と言いながら、実は年間100日ペースで滝行をしたり、自転車で福岡から東京まで移動して講演をしたりとものすごい行動力の持ち主。「88歳まで毎日更新する」と宣言しているその方のブログ「宇宙となかよし」に数年前に出会ってから、勝手に自分のメ [続きを読む]
  • 後日談。
  • 昨日のブログの後日談です。夏休みの宿題で手抜き感満載の防災ポスターを描きあげて学校に持っていた息子。学校から帰った息子に「みんなのポスターどうだった?」と聞くと、案の定、「けっこううまかった。負けたって感じ」との答え。そうでしょうとも。ここぞとばかりに「みんな丁寧に時間をかけて描いてるんだよ。来年は見返してやりな」と言うと、「くっそー!来年はスゴいのを描いて、みんなをびっくりさせてやる!」と闘志を [続きを読む]