jf0rak さん プロフィール

  •  
jf0rakさん: 旅と歴史
ハンドル名jf0rak さん
ブログタイトル旅と歴史
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ogino_2006
サイト紹介文全国各地の遺跡を神社仏閣を中心にご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供348回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2013/06/15 12:30

jf0rak さんのブログ記事

  • 聖護院
  •  京都府京都市左京区聖護院中町に聖護院(しょうごいん)があります。  聖護院は本山修験宗の総本山です。開基は園城寺7世の増誉(ぞうよ)です。増誉は師である円珍の後を継ぎ、熊野での大峰修行を行い、修験僧として有名でした。寛治4年(1090)、白河上皇の熊野詣の先達(案内役)を務め、初代の熊野三山検校(熊野三山霊場の統括責任者)に任じられ、常光寺を下賜されました。  これが聖護院の創建になり、「聖体護持」の [続きを読む]
  • 旧三井家下鴨別邸茶室
  •  京都府京都市左京区下鴨宮河町に旧三井家下鴨別邸があります。 旧三井家下鴨別邸の茶室は主屋を移築する前からこの地にあった建物です。建築面積35.59平方m、木造、切妻造り、桟瓦葺き及び銅板葺きで、西面に渡廊下が付いています。四畳半は簡素な造りですが、三畳の次の間は円窓を開けた奇抜な構成です。平成23年(2011)に国の重要文化財に指定されました。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne. [続きを読む]
  • 旧三井家下鴨別邸主屋
  •  京都府京都市左京区下鴨宮河町に旧三井家下鴨別邸があります。  旧三井家下鴨別邸の主屋は明治13年(1880)に建てられ、大正14年(1925)にこの地に移築された建物です。建築面積230.02平方m、木造3階建て、入母屋造り及び宝形造り、桟瓦葺き及び銅板葺き、北と東面に塀が付いています。3階に望楼をもつなど開放的な造りで、全体としては簡素な意匠でまとめられています。平成23年(2011)に国の重要文化財に指 [続きを読む]
  • 旧三井家下鴨別邸玄関棟
  •  京都府京都市左京区下鴨宮河町に旧三井家下鴨別邸があります。 旧三井家下鴨別邸の玄関棟は大正14年(1925)に移築した主屋の玄関部分として建てられました。建築面積105.89平方m、木造、入母屋造り、桟瓦葺きで、南西隅袖塀が付いています。車寄を構えた式台付の表玄関で、主屋とは廊下で繋ぐ、一般用の入口として使われていました。平成23年(2011)に国の重要文化財に指定されました。 下記のサイトにもお立ち [続きを読む]
  • 旧三井家下鴨別邸
  •  京都府京都市左京区下鴨宮河町に旧三井家下鴨別邸があります。  下鴨神社(賀茂御祖神社)の糺の森の南に旧三井家下鴨別邸があります。「主屋」「玄関棟」「茶室」の3棟から構成されています。明治13年(1880)に建てられていた木屋(きや)町別邸の主屋を、大正14年(1925)に、ここに移築、増築し、玄関棟を新築したものです。平成23年(2011)に3棟ともに国の重要文化財に指定されています。  三井家は京都で養蚕の神 [続きを読む]
  • 下鴨神社橋殿
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の橋殿(はしどの)は舞殿と細殿の間の、境内を流れる御手洗川の上に建てられています。間口4間、奥行3間、単層、入母屋造り、妻入、檜皮(ひわだ)葺きの建物で、寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建されています。御蔭祭のときご神宝を奉安するのに使われる社殿です。  葵祭(賀茂祭)の神事のとき、ここで神楽や倭舞が奉納されます。また天 [続きを読む]
  • 下鴨神社楼門
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の楼門は南の入口に建てられています。入母屋造り、檜皮(ひわだ)葺きの三間一戸の楼門です。高さが13mある朱塗りの堂々とした門で、寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物です。東西に回廊が接続し、西回廊の剣の間は、葵祭の時、勅使が剣を解く所です。楼門、回廊ともに明治34年(1901)に国の重要文化財に指定されています。 下 [続きを読む]
  • 下鴨神社細殿
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の細殿(ほそどの)は橋殿の東隣りにあります。間口5間、奥行2間、単層、入母屋造り、檜皮(ひわだ)葺きで、1間の向拝が付けられています。寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物で、歌会、茶会などが行われる社殿です。  平安時代の下鴨神社の「神殿記」に「細殿」の記述があり、歴代天皇の行幸、上皇、法皇、院、関白などの賀茂詣 [続きを読む]
  • 下鴨神社舞殿
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の舞殿(まいどの)は、楼門と中門の間に建てられています。間口4間、奥行3間、単層、入母屋造り、妻入、檜皮(ひわだ)葺きの建物で、寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建されています。御所が災害に遭われたとき、臨時の内侍所と定められている建物です。  葵祭(賀茂祭)の当日、ここ舞殿で勅使が祭文を神に捧げるほか、日本最古の歌舞とい [続きを読む]
  • 下鴨神社神服殿
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。  下鴨神社の神服殿はもとは御神服の奉製をする御殿でした。天皇の行幸の時には玉座となり、御所被災の時は、臨時の御座所になります。間口5間、奥行4間、単層、入母屋造り、檜皮(ひわだ)葺きの建物で、寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建されています。明治36年(1903)に国の重要文化財に指定されています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!h [続きを読む]
  • 下鴨神社摂社・出雲井於神社本殿
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。  下鴨神社の摂社・出雲井於神社(いずもいのうへのじんじゃ)は延喜式内に「愛宕郡 出雲井於神社」として名を連ねる古社です。神武天皇2年に「葛野主殿県主部」とある氏族が祖神として奉斎した社で、地主神である須佐之男命を祀っています。井於(いのへ)とは、川のほとりのことで、出雲郷の鴨川のほとりに坐す神社という意味です。  出雲井於神社本殿は [続きを読む]
  • 下鴨神社供御所
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。  下鴨神社の供御所(くごしょ)は西鳥居と出雲井於神社の間に建てられています。間口9間、奥行3間、単層、入母屋造り、檜皮(ひわだ)葺きの建物で、寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物です。明治36年(1903)に国の重要文化財に指定されています。  供御所の内部は東、中、西の三間に分かれています。東の間は神饌を調理する間、贄殿(中 [続きを読む]
  • 下鴨神社言社
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の中門を入った弊殿前に「言社(ことしゃ)」とよばれる7つの小祠が鎮座しています。「大国さん」「えとの守り神」と呼ばれ、7つのお社が十二支の生まれ年の守護神を祀っています。一言社2社、二言社2社、三言社3社が鎮座し、一言社前の透塀も含め、本社の附(つけたり)で、昭和42年(1967)に国の重要文化財に指定されています。 下記の [続きを読む]
  • 下鴨神社西唐門
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。  下鴨神社の西唐門は檜皮(ひわだ)葺きの一間一戸向唐門です。欄間にぶどうの紋様が彫刻されているところから「葡萄門」とも呼ばれ、寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物です。附指定の左右の透塀を含め、明治34年(1901)に国の重要文化財に指定されています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本 [続きを読む]
  • 下鴨神社御料屋
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の御料屋(ごりょうや)は幣殿を入った東端と、西端に2つあります。神饌の準備や盛り付けを行う社殿で、2つの社殿とも間口4間、奥行3間、単層、入母屋造り、檜皮(ひわだ)葺きです。寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物で、明治34年(1901)に国の重要文化財に指定されています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://ww [続きを読む]
  • 下鴨神社叉蔵
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。  下鴨神社の叉蔵 (またぐら)は西本殿の西側に建てられています。間口3間、奥行3間、入母屋造り、妻入、本瓦葺きの校倉で、社宝を安置しています。寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物で、昭和42年(1967)に国の重要文化財に指定されています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログラ [続きを読む]
  • 下鴨神社印璽社
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の西本殿と叉蔵の間に印璽(いんじ)社が建てられています。印璽とは、印鑑、判子のことで、印鑑・契約守護の神様として信仰されています。古くから祀られている社殿で、本社の附(つけたり)で、国の重要文化財に指定されています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほん [続きを読む]
  • 下鴨神社幣殿・東本殿・西本殿
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の幣殿は玉依媛命、賀茂建角身命に供物を捧げる場所で、奥にあるふたつの本殿と渡り廊下で結ばれています。間口7間、奥行2間、単層、入母屋造り、檜皮葺きで、正面中央に軒唐破風が付けられています。寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物で、明治34年(1901)に国の重要文化財に指定されています。  幣殿の奥に国宝の東西の2つの [続きを読む]
  • 下鴨神社預り屋
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。  下鴨神社の預り屋(あずかりや)は、葵生殿(あおいでん)という結婚式を挙げることができる建物になっています。間口5間、奥行3間、単層、入母屋造り、檜皮(ひわだ)葺きで、寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物です。預り屋として、明治34年(1901)に国の重要文化財に指定されています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://ww [続きを読む]
  • 下鴨神社楽屋
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の中門の東側に東楽屋(がくや)があり、西に西楽屋があります。間口3間、奥行1間、単層、切妻造り、檜皮(ひわだ)葺きで寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物です。楽屋は行事の際に雅楽を演奏する場として使われました。2つの楽屋とも、明治34年(1901)に国の重要文化財に指定されています。 下記のサイトにもお立ち寄りくださ [続きを読む]
  • お白石
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。  古来、下鴨神社の社有地に住む人々は糺の森に面した鴨川の河原にに出向き、神々の降臨を仰ぐに相応しい石を見つけ、式年遷宮が行われる度に石を取り替えていました。その後、21年の遷宮ごとに御垣内の石を一旦持ち出し、3年のお清めを終えた後に御垣内に戻すようになりました。清めを終えた石はお白石と呼ばれます。 下記のサイトにもお立ち寄りくださ [続きを読む]
  • 下鴨神社中門、廻廊
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の中門は本殿、弊殿に入るための門です。切妻造り、檜皮(ひわだ)葺きの四脚門で、寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物です。東側に東楽屋、西側に西楽屋があり中門の廻廊が接続しています。廻廊は東西にあり、間口折曲り14間、奥行1間、両下造り、檜皮葺きで、 中門・廻廊ともに明治34年(1901)に国の重要文化財に指定されていま [続きを読む]
  • 下鴨神社摂社三井神社本殿
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の三井神社の摂社である三井神社の本殿は3殿あり、東社は伊賀古夜日売命(いかこやひめのみこと)、中社は賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)、西社は玉依日売命(たまよりひめのみこと)を祀っています。  本殿は3殿ともに檜皮葺きの一間社流造りで、寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物です。延喜式内に「愛宕郡 三井神社」 [続きを読む]
  • 下鴨神社摂社三井神社拝殿
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。  下鴨神社の摂社である三井神社の拝殿は間口2間、奥行1間、単層、入母屋造り、妻入、檜皮(ひわだ)葺きで寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物です。正面には本殿の東社、中社、西社があり、東には西唐門、西には三井神社境内社の諏訪社、小杜社、白鬚社が鎮座しています。3つの境内社と拝殿は昭和42年(1967)に国の重要文化財に指定されて [続きを読む]
  • 下鴨神社摂社三井神社棟門
  • 京都府京都市左京区下鴨泉川町に下鴨神社(賀茂御祖神社)があります。 下鴨神社の摂社である三井神社の棟門は寛永5年(1628)頃、式年遷宮で再建された建物です。切妻造り、檜皮(ひわだ)葺きの一間薬医門で、東西にある廊下(間口4間、奥行1間、単層、両下造り、檜皮葺き)とともに、昭和42年(1967)に国の重要文化財に指定されています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/ [続きを読む]