jf0rak さん プロフィール

  •  
jf0rakさん: 旅と歴史
ハンドル名jf0rak さん
ブログタイトル旅と歴史
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ogino_2006
サイト紹介文全国各地の遺跡を神社仏閣を中心にご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2013/06/15 12:30

jf0rak さんのブログ記事

  • 東寺(教王護国寺)
  •  京都府京都市南区九条町に東寺(教王護国寺)があります。  東寺は東寺真言宗の総本山のお寺で、現在の宗教法人名は教王護国寺です。延暦13年(794)、桓武天皇は平安京遷都を行い、都を鎮護する官立寺院として平安京の正門にあたる羅城門の東西に東寺と西寺という2つのお寺を配置しました。  2年後の延暦15年(796)、朱雀大路の羅城門の東に東寺が建立されました。西には西寺が建てられましたが、西寺は戦国時代の中頃 [続きを読む]
  • 長福寺仏殿
  •  京都府京都市右京区梅津中村町に長福寺があります。 長福寺の仏殿は境内の中央に建てられています。元禄8年(1695)に中井家配下の棟梁によって建立されました。間口3間、奥行3間、本瓦葺きで、身舎の四周にもこしを回した本格的なもので、近世中期における京都の禅宗様三間仏殿を代表する建築です。平成4年(1992)に京都市の有形文化財に指定されています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ [続きを読む]
  • 長福寺
  •  京都府京都市右京区梅津中村町に長福寺があります。  大梅山長福寺は臨済宗南禅寺派のお寺です。仁安4年(1169)に領主だった梅津氏によって創建されました。最初は天台宗でしたが、後に禅宗に改められ、観応元年(1350)には勅願寺となって繁栄しました。文禄元年(1592)に諸山に列せられ、江戸時代は御朱印寺として350石を受けました。  享保17年(1732)の「大梅山長福寺全盛古大図」で、山門・仏殿・法堂・方丈が描 [続きを読む]
  • 旧二条駅舎
  • 京都府京都市下京区歓喜寺町に京都鉄道博物館があります。  館内にある旧二条駅舎は明治37年(1904)、京都鉄道(現JR山陰本線)二条駅の駅舎及び京都鉄道本社屋として建てられました。現役時代は日本最古級の木造駅舎といわれました。京都鉄道は明治26年(1893)に設立され、明治40年(1907)の国有化まで存在した私鉄です。  駅舎は梅小路蒸気機関車館敷地内に移築され、同館のエントランス兼展示棟として再利用されま [続きを読む]
  • 梅小路機関車庫
  • 京都府京都市下京区歓喜寺町に京都鉄道博物館があります。  館内にある梅小路機関車庫は京都停車場改良工事の一環として、鉄道院西部鉄道管理局の設計によって大正3年(1914)に竣工されました。鉄筋コンクリート造りで、前面にある転車台を中心とした扇形の車庫で、建築面積は3870.57平方mもあります。  大正、昭和を代表する機関車庫で、わが国に現存する最古の鉄筋コンクリート造りの機関車庫として高い価値があり [続きを読む]
  • 京都鉄道博物館
  • 京都府京都市下京区歓喜寺町に京都鉄道博物館があります。  JR京都駅から約1.5km西方に国内最大級の鉄道博物館「京都鉄道博物館」が平成28年(2016)4月29日にオープンしました。梅小路蒸気機関車館が平成27年(2015)8月30日に閉館し、総面積約3万平方mに拡張、リニューアルされて生まれかわったものです。  梅小路蒸気機関車館は梅小路機関車庫を中心に、昭和47年(1972)、鉄道開通100年を記念して造 [続きを読む]
  • 松尾大社の椋(むく)の霊樹
  •  京都府京都市西京区嵐山宮町に松尾大社があります。 松尾大社の椋(むく)の霊樹は京都の名木として樹齢800年を数えていましたが、平成5年(1993)の大雨で朽ち果てました。大椋の幹を以って造形し、往時の名残りを残しています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブログ村http://blog.fc2.com/ [続きを読む]
  • 松尾大社カギカズラ
  •  京都府京都市西京区嵐山宮町に松尾大社があります。  松尾大社本殿裏にカギカズラが野生しています。亜熱帯から暖温帯にかけて分布する南方系の植物で、松尾大社が北限といわれています。松尾大社のカギカズラ野生地は昭和59年(1984)に京都市の天然記念物に指定されています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブログ村http://blog.fc2.com/ [続きを読む]
  • 撫で亀
  •  京都府京都市西京区嵐山宮町に松尾大社があります。 撫で亀に直接触って霊威をあやかることができます。松尾山の谷から不思議な亀が現れ、天皇は元号を「和銅」から「霊亀」へ改めたと伝えられています。亀は鯉とともに松尾大社の神使とされています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブログ村http://blog.fc2.com/ [続きを読む]
  • 相生の松
  •  京都府京都市西京区嵐山宮町に松尾大社があります。  相生の松は本殿の近くにあり、雌雄根を同じくしていたことから夫婦和合・恋愛成就のご利益があるといわれています。樹齢は350年ありましたが、昭和31年(1956)、32年にそれぞれ天寿を全うしました。現在は名松の大株を見ることができます。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブログ村http [続きを読む]
  • 松尾大社楼門
  •  京都府京都市西京区嵐山宮町に松尾大社があります。 松尾大社の楼門は高さは11mあるそうです。三間一戸楼門形式で、入母屋造り、檜皮葺(ひわだぶき)、縁付きの建物です。正面の柱間3つの内、中央が扉のない出入口となっていて、左右に随神が安置されています。楼門は江戸時代初期に建てられています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブロ [続きを読む]
  • 松尾大社拝殿
  •  京都府京都市西京区嵐山宮町に松尾大社があります。  松尾大社の拝殿は江戸時代初期に建てられたようです。間口3間、奥行3間の三間社流造りで、単層、入母屋造り、妻入り、檜皮(ひわだ)葺きの建物です。神幸祭の時は本殿のご分霊を受けた神輿がこの拝殿を3回廻ってから(拝殿廻し)出発します。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブログ村http:/ [続きを読む]
  • 松尾大社の本殿
  •  京都府京都市西京区嵐山宮町に松尾大社があります。  松尾大社の本殿は大宝元年(701)、秦忌寸都理のより創建され、現在の社殿は室町初期の応永4年(1397)の建立で、天文11年(1542)に大修理を施したものです。本殿は松尾造りともいわれる両流造り(りょうながれづくり)と呼ばれる独特の建築です。宗像大社と厳島神社がこの造りですが、松尾大社はその中でも最古の社殿です。  本殿は間口3間、奥行4間、単層、両流造り、檜 [続きを読む]
  • 松尾大社
  •  京都府京都市西京区嵐山宮町に松尾大社があります。  松尾大社は四条通の西端に位置し、阪急嵐山線松尾駅近くにあります。大宝元年(701)秦忌寸都理(はたのいみきとり)が秦一族の氏神として松尾山大杉谷の 磐座の神霊を勧請したのがはじまりと伝えられています。延喜式神名帳に名を残し、貞観8年(866)には正一位を授かっています。  大山咋神(おおやまぐいのかみ)と市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)の2神が主祭神 [続きを読む]
  • 桂離宮御輿寄
  • 京都府京都市西京区桂御園に桂離宮があります。 御輿寄(みこしよせ)は書院の玄関で、前庭は杉苔で覆われています。中門から切り石を敷き詰めた延段が御輿寄に向けて延びています。切り石の堅さのある構成で「真の飛石」と呼ばれています。石段を4段上がると一枚石の大きな沓脱(くつぬぎ)があります。6人の沓を並べられることから「六つ沓脱」と呼ばれています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.j [続きを読む]
  • 桂離宮月波楼
  • 京都府京都市西京区桂御園に桂離宮があります。  月波楼(げっぱろう)は古書院に近い池辺の高みに建つ茶亭です。寄棟造り、こけら葺きで、床や長押(なげし)もない簡素な建物です。化粧屋根裏の竹の垂木が舟の底のような形に組んであります。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブログ村http://blog.fc2.com/ [続きを読む]
  • 桂離宮月見台
  • 京都府京都市西京区桂御園に桂離宮があります。 月見台は月を鑑賞するために古書院ニの間の正面、広縁から池に突き出すように竹簀子(たけすのこ)で作られています。月だけでなく、苑内の主要な景観が一望できます。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブログ村http://blog.fc2.com/ [続きを読む]
  • 桂離宮書院
  • 京都府京都市西京区桂御園に桂離宮があります。  桂離宮の書院は、東から古書院、中書院、楽器の間、新御殿と、雁行形に連なっています。古書院には、池に面して月見台が設けられています。智仁親王が実際に建設されたのは古書院だけだったそうです。智忠親王により中書院、新御殿が建てられました。中書院は、一の間、ニの間、三の間からなり、楽器の間は楽器などを格納していたところです。新御殿は後水尾上皇をお迎えするため [続きを読む]
  • 桂離宮笑意軒
  • + 京都府京都市西京区桂御園に桂離宮があります。 笑意軒(しょういけん)は、池の南岸、離宮敷地の南端近くにある茶屋です。池に面した北側を正面とした寄棟造り、茅葺きの建物で、北、東、西の三方にこけら葺きの庇をめぐらしています。笑意軒という名は李白の「山中問答歌」からつけられています。「問余何意栖碧山 笑而不答心自閑」(余に問ふ何の意ありて碧山に栖むと 笑ひて答えず心自ら閑かなり)   内部は襖で区切ら [続きを読む]
  • 桂離宮園林堂
  • 京都府京都市西京区桂御園に桂離宮があります。  園林堂(おんりんどう)は本瓦葺き、宝形(ほうぎょう)造りで、正面に唐破風の向拝をつけた小堂です。池の南側にある大きな島の西端に建てられています。智仁親王と、彼から始まる「桂宮家」代々の位牌を置いていた持仏堂です。現在は安置されているものはなく建物だけが残っています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブロ [続きを読む]
  • 桂離宮土橋
  • 京都府京都市西京区桂御園に桂離宮があります。  賞花亭から古書院や中書院の中間に「土橋」が架けられています。優美な丸みを帯びた橋です。土橋から池に浮かぶ二つの小島や、橋、池の水面や対岸の木々の緑など広く見通せます。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブログ村http://blog.fc2.com/ [続きを読む]
  • 桂離宮松琴亭
  • 京都府京都市西京区桂御園に桂離宮があります。  松琴亭(しょうきんてい)は池の東岸、間に小島を挟んで対岸の古書院と向かい合う位置にあります。桂離宮の中で最も格の高い入母屋造り、茅葺きの田舎風の母屋にこけら葺きの茶室を持つ建物です。屋根の妻に「松琴」の扁額が掲げてあります。後陽成天皇の筆で拾遺集の「琴の音に峯の松風通ふらし・・」から命名されています。  松琴亭は、北に正面を向けた建物ですが、その南側 [続きを読む]
  • 桂離宮洲浜
  • 京都府京都市西京区桂御園に桂離宮があります。 外腰掛から松琴亭の間に洲浜(すはま)があります。黒く扁平な石が敷き詰められ、池に突き出しています。その先にある中島と石橋のつながりは天橋立に見立てたものです。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブログ村http://blog.fc2.com/ [続きを読む]
  • 桂離宮蘇鉄山
  • 京都府京都市西京区桂御園に桂離宮があります。  外腰掛の向いの小山には蘇鉄が植えられている「蘇鉄山」があります。薩摩島津家から献上されたと伝えられています。 下記のサイトにもお立ち寄りください!http://www.ueda.ne.jp/~ogino/japan/日本一周 ブログランキングへにほんブログ村http://blog.fc2.com/ [続きを読む]
  • 桂離宮外腰掛
  • 京都府京都市西京区桂御園に桂離宮があります。  外腰掛(そとこしかけ)は松琴亭で茶会が催される時の待合になります。間口3間、奥行1間、寄棟造り、茅葺きの建物です。深々とした屋根を皮付丸太で支えているだけの吹き放しの腰掛で、屋根裏は葭(ヨシ)を竹垂木で押さえています。北端には雪隠が付いています。  外腰掛前には延段(敷石道)が池の方向へ向かって長く伸びています。自然石と切り石を巧みに混ぜたもので、古 [続きを読む]