海砂 南夏 さん プロフィール

  •  
海砂 南夏さん: バラスト水。
ハンドル名海砂 南夏 さん
ブログタイトルバラスト水。
ブログURLhttps://ameblo.jp/minaka-misuna/
サイト紹介文日常、事件簿、ふと思うこと、考えること、外食の記録、DIYや自由研究、本づくりについて書いています。
自由文公式サイト
http://minaka-misuna.com/

作品一覧・著者略歴
http://www.amazon.co.jp/-/e/B00DTRKV78/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2013/06/15 21:21

海砂 南夏 さんのブログ記事

  • 続・みなかさんとレトルトカレー2/2
  • ステマかガチか分かりませんが、ネットで軒並み「おいしい」と評判だったのは銀座カリーとセブンプレミアムの金のビーフカレーで、 後者は2〜3軒セブンイレブンを回ってレトルト売り場を探したけどなくて、もしやと思ってお総菜売り場に行ったらあって(みなかさんのリサーチ不足なだけで、レトルトのやつもあるのかもしれません)、 それはなんかレトルトカレーとは違う気がするし(たぶん要冷蔵)、みなかさん冷蔵設備がないので [続きを読む]
  • みなかさんとやるべきこと1/6
  • やるべきことをすっ飛ばして怠惰な日々を送るみなかさん、「新世界より」というアニメを見ていたのですが、 なんかこう、コンテンツ過多というか、「サイコバスター(笑)」というのは置いておくとしても、 厨二+お色気+おぞましい設定&歴史+問いかけエンド(だいたいラストは子供が産まれて新しい命、新しい未来を連想させる)、というのはなんか、テンプレ感があるなと思いました。 でもサイコバスターに関しては世代により [続きを読む]
  • みなかさんとやるべきこと2/6
  • それはさておき、やるべきことの件ですが、好き嫌い(やりやすい/手間がかかる・面倒と感じる)はもちろんあるとして、 単発の用事は進んでやるが、こなしてもまた出てくるようなリピート系の用事は後回しになる場合が多いとか、そういう要素もあるような気がしました。 美容院とかは苦手なうえに切ってもまた生えてくるリピート系の用事のため、最悪ですし、あとはたとえばメールの返事なんかも、みなかさん職業柄、言葉に関して [続きを読む]
  • みなかさんとやるべきこと3/6
  • リピート系の用事に関しては、先のことを考える人ほどやらなくなりそうというか(こなしてもまた出てくる→やる意味ない、と思ってしまう)、 目の前の用事すらこなせない人にそもそも先なんてないわ、と自分で自分に思うのですが(毎日コツコツが絶大な存在感を持つことがさすがに分かってきているのに)、 なのでリピート系の用事(掃除とか洗濯とかもそっち系)を、「また汚れるし今やらなくてもいいや」とか思わずにサクサクと [続きを読む]
  • みなかさんとやるべきこと4/6
  • また話が変わりますがそういう、物事うんぬんについて、「なりゆきに任せていると『楽だけど最悪な選択肢』しか残らない」というのを最近なんとなく思い、 それは仕事帰りに持ち帰りごはんを買う際、バスに乗る前に職場周辺で買えば、松屋やマックという鉄板ラインナップなのですが、「バスまで時間ない(わけではないのですが、特に松屋は微妙に混んでいることがあって、 時間に余裕ある、と思っていてもバスの時間までに受け取れ [続きを読む]
  • みなかさんとやるべきこと5/6
  • つまりある程度「ここ」と思ったところでエントリーしていかないと、「あとでいいや」と決断を先送りするとかなりの確率で残念な選択肢を選ばざるをえない結果になるというか、 あれですよ、ドライブ中にごはんを食べるところを探しながら走っている感じというか、「まだこの先にあるかも」といってガストとかをスルーしていくと、最終的にはお店全然ないゾーンにきちゃって、やたら高くておいしくないそば屋さんとかに入るはめに [続きを読む]
  • みなかさんとやるべきこと6/6
  • 他にも、「やらなきゃ!」という意思のこもったノルマが、ずっと放置しておいて、気持ちがなくなり、「ただの作業」になったときのほうがこなしやすかったりとか、 あとは言い訳というか、たとえば今メール返信とブログ更新をやらなければならないとして、メールの返信をなかなかできないのはどうしてかと考えた際に、 メールを返してしまうと、「メールを返さないのにブログ更新するのは失礼(だからメールを返していない今、ブロ [続きを読む]
  • みなかさんと穴あけパンチ1/2
  • みなかさん個人事業主で、いろいろファイリングするので穴あけパンチをよく使うのですが、 最初100均で買ったらすごい早さで壊れ、屋根裏から、確か小学校とかの社会科見学か、消防署か警察署の人が学校に来て話を聞くかなんかのイベントの際にもらった、 穴あけパンチを引っ張り出してきて、それをずっと使っていたのですが、パンチ後の丸い小さい紙(なんと呼ぶのが正しいのか分からない)、 をためておくところ(ではないのだが [続きを読む]
  • みなかさんと穴あけパンチ2/2
  • 色は黒がよかったので、カール事務器(?)みたいなメーカーのと迷いましたが、20数年オーバー経過しても実用に耐えうるという驚異のKOKUYOスペック、がやはり印象的で、 KOKUYO製のものをチョイス。紙を折って中心に目印をつけなくてもいいというガイドメジャーとか、ハンドルロック(ハンドルを下げた状態で固定して、コンパクトに収納できる)とか、 そういうギミックがちょっと、壊れやすさをアップさせてしまうのではという心 [続きを読む]
  • みなかさんと刑事ドラマ
  • みなかさん行きつけの吉野家、テレビがついていていつもなんか番組が流れているのですが、今日は刑事ドラマっぽいものがやっていたのですが、 探偵事務所経験者のみなかさんに言わせると、「15年前に使われた爆弾と一致した!」とかは一切なくて、 その何百倍も調べて、「似てるといえば似てるけどなんか違う気もする」くらいの結果しか出てこないのが普通で、ドラマだなーと思うのでした、みなかさんです。 警察からも協力を依頼 [続きを読む]
  • みなかさんと細い人1/3
  • みなかさんも体型的にはそっちですし、人のこと言えないのですが、すらっと細い感じのおじさんって怖くないですか、みなかさんです。 理由は分かりませんがなんか、犯罪臭がするというか、漫画とかアニメとかの影響なのかもしれませんが。 あと前にも書いたかもしれませんが、得体の知れなさが恐怖を助長するというか、日中に犬を散歩させているおばちゃんは「犬好き」という属性が付与されるので安心しますが、 明け方に手ぶらで [続きを読む]
  • みなかさんと細い人2/3
  • たとえばたぶん喫煙所でたばこを吸っている人を見て、「あの人は得体が知れない、怖い」と思う人って少ないと思うんですよ、それって、「たばこが好き、喫煙者」というのが、その人の中身が、外見から垣間見れるからで、 しかしまったく同じ容姿の人でも手ぶらでぼーっと道端に突っ立っていたらそうはいかないというか、要はあまり知らない人のことを「あの人は何を考えているか分からない、怖い」としちゃうような感じで、 そうい [続きを読む]
  • みなかさんと細い人3/3
  • 属性は分かりやすいので怖いとかではないのですが、弊社の周辺でよく目撃される(する)名物てきな人としては、いつも軍服を着て歩いている小太りなおじさんと、 「日光浴びて平気なの?」というくらいまったく色素のない少年(アルビノ?もとが白人か日本人かも分からないくらい、驚きの白さ)で、職場でも定期的に目撃情報が出るのですが、 なんて言っているみなかさんも上履きをはいていたり(今はサンダルだが)、手袋(手荒れ [続きを読む]
  • みなかさんとねぎキムチ牛丼
  • 盛ってるんじゃないんですよ、話に躍動感つけてるだけなんですよ、と必死に言い訳しているサラリーマンがいました、みなかさんです。 みなかさんいつも不思議に思うのは、ローソンストアに行く途中の通り、年頃な感じの女子が立ってスマホをいじっているのを見かけるのですが、 彼女らはなんなんだろうということで、キャバクラの客引きにしては通りすがる男性に声をかけている様子がないし、 ナンパ待ちにしてはスタッフ感の強い [続きを読む]
  • みなかさんと最終兵器
  • 最終兵器彼女という作品があるのですが、みなかさん以前に一度アニメを見て、かなり鬱な気分になった覚えがあり、でもまたちょっと見たくなって(なんか、そういう未来が遠くない気もして、心構えのために)、 途中まで見たのですが、案の定、「これはこのまま最後まで見たらダメージを負いそうな感じがする」という状態になり、時間を空けて二回に分けて見ました、みなかさんです。 感想としては、高校生のメンタルでよくあんなの [続きを読む]
  • みなかさんと電子レンジ
  • 職場のお局様(自称・悪妻)が、「夫に保険金をかけて毎朝電子レンジで温めたコーヒーを飲ませるといいって保険屋さんが言ってた」と話しており、旦那様の安否が気になりました、みなかさんです。 電子レンジ有害説は、時期によっては多用することがあるみなかさんも気になるところではありますが、 まず外に漏れてるのやばい、というのは、さすがにそんな電磁波だだ漏れな構造のは日本で販売されないでしょうし、ちょっとだけ漏れ [続きを読む]
  • みなかさんとラバーソールの死1/4
  • みなかさんのラバーソールは安物なので、ソール部分が一体ではなく、たぶんすごい安い素材に周りだけ、ハンバーグにベーコンを巻きつけたやつみたいに、ちゃんとしたゴムが巻かれているという造りで、 老朽化によりベーコンに相当する部分がはがれてビロビロしだしていたのを、みなかさん何かの拍子にうっかりもう片方の足で踏んでしまって、「ビローン!」とはがしてしまって(とどめをさした)、 「あーあ」と思いながら、それで [続きを読む]
  • みなかさんとラバーソールの死2/4
  • みなかさんが引きこもりがちな理由として、ひとつ言い訳しておくと、スウェットにボサボサ頭、みたいな状態で外出するのが無理なので(そんな人がいるのかは分からないが)、出かけるにはお風呂に入らねばならず、外出ハードルが高いというか、 宅配便の受け取りも、最近は部屋着で出てしまっていますが、以前はそのために外出用の服を着て、身支度を整えていたこともあるぐらいで、皆さんそのあたりどうされているのでしょうね、 [続きを読む]
  • みなかさんとラバーソールの死3/4
  • で恒例のパワープレイで、ビロンチョしてしまったベーコン部分をソール本体にねじ止めした様子がこちらです。 ビロンチョ気味だった期間が長かった影響か、靴底は削れているのにビロンチョ部分がそこまで磨耗していず(ビロンチョ部分はフリーになっており、地面との接触が甘かったため)、このままだとビロンチョ部分に負担がかかり、 せっかくのねじ止めが外れてしまうかもしれない、と思い、バス停でバスを待っている間とか、 [続きを読む]
  • みなかさんとラバーソールの死4/4
  • で、みなかさん靴を一足しか持っていないので、次の靴を買うまでの間、外にはいていく靴がないという状態で、どうしたものかと思っていたのですが、 ランニング用に買って使ってない靴あったじゃないですか、あれをせっかくだからつなぎとして利用しようと、履いてみているのですが、 みなかさんと運動1/2|バラスト水。https://ameblo.jp/minaka-misuna/entry-12132659533.html クッション性のよさと歩きやすさ(なんか、靴を履い [続きを読む]
  • みなかさんとまぜ辛めん
  • 感情が死に、廃人のようになっているみなかさんですが、「今日はなんとなく吉野家じゃなくてリンガーな気分」くらいの起伏はあり、まだ平気な気もするみなかさんですごきげんよう。 ということでリンガーでまぜ辛めん(おそらくあの、カップ麺にもなっているやつ)を食べたのですが、わりとおいしかったです。 飛び散りを気にしてあまり混ぜなかったら、タレが底のほうにあったらしく、後半やたらしょっぱくなってしまいましたが、 [続きを読む]
  • みなかさんとお返し1/2
  • 今年は運よく二日間でホワイトデーお返しの配布が完了し、ほっとひと息ついているみなかさんですごきげんよう。 お返し以外にあげたのは、総務っぽい部屋の人たちに、大きめサイズの詰め合わせを置いてきたのですが(でも意外と人がいるようで足りたか微妙)、 それはみなかさん、手荒れで指紋認証式のタイムカードが押せず、毎月毎月紙を作ってもらって、そこに自分で時間を記入して、総務の人にタイムカードに打ち込んでもらうと [続きを読む]
  • みなかさんとお返し2/2
  • お返し配布完了、と言いましたが、実は一人だけ渡せていない女子がいて、それは彼女がバレンタイン後に会社を辞めてしまったからなのですが、 その子はわりと何かをあげると喜んでくれる子で(たぶん単純に貧乏)、同じ職場のその子の彼氏、とみなかさんはわりと話したりする仲なので(※非常に珍しい、みなかさんに友達がいそうな感じの描写)、 「これ渡しといてって言ったら怒ります?(笑)」という感じで彼氏さんに託そうと思 [続きを読む]
  • みなかさんとホワイトデー1/3
  • みなかさんは女子の多い職場にいるため、バレンタインは義理チョコラッシュに襲われ、ホワイトデーのお返しがハードモードになりがちなのですが、 本年もそんな感じで、しかも忙しさのあまりネットで注文するタイミングを逃し、余裕ができたときにはもう今から注文しても14日に間に合わない、という状態で、 「俺はチョコなんて嫌いだが、仕方なく受け取った。返す義理はない」というキャラを気取り、ホワイトデー放棄しようかとも [続きを読む]
  • みなかさんとホワイトデー2/3
  • 目的地は東大島(ひがしおおじま)、おばあちゃんの家に公共交通機関を使って行く際に、家からバスで東大島に行き、そこから電車で、という方法で昔行っていた覚えがあるのと、 みなかさんの住んでいる区内で中古マンションを探そうとすると、必ず出てくる売れ残り物件(借地権だから?)、が東大島にあるのでよく名前は見かける、わりとなじみのある場所です。 方向音痴に定評のあるみなかさん、プリントアウトした地図を持参した [続きを読む]