JE2LUZ さん プロフィール

  •  
JE2LUZさん: LUZの熊野古道案内
ハンドル名JE2LUZ さん
ブログタイトルLUZの熊野古道案内
ブログURLhttp://je2luz.exblog.jp/
サイト紹介文熊野古道・浜街道の脇に住む、JE2LUZの目で見た熊野を綴ったブログです。
自由文 単なる宣伝では無く、少し皮肉れていたり、舞台裏を書いたりしています。
 同じ物もこうした見方もあると言うことを少し知らせたいのです。
 その後で歩く熊野路は少し変わって見えるかも知れません。
 9年ほど続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2013/06/15 21:31

JE2LUZ さんのブログ記事

  • 紀勢西線ー紀勢東線  紀勢本線
  •  私が高校の時、紀勢線の西と東がつながりました。 それまでは紀伊木本駅(現熊野市駅)と尾鷲駅の間は国鉄の連絡バス路線「国鉄紀南線」が結んでいたのです。 国道42号線で佐田坂を登り屋の子峠を越え、42Kmを二時間四十分で走りました。 難所の矢の川峠は海抜808mもあったのです。 その矢ノ川(やのこ)峠は紀勢線全通後も国道として使われていましたが、昭和43年かな?42号線の改修で今の矢ノ川(やのこ)トンネルと大又 [続きを読む]
  • 金属疲労?===組織疲労?
  •  金属が破断ずるのは、短時間に力がかかるせん断応力による場合や、比較的長い時間がそんなの大きな力ではなくても同じ部分にかかり続けてその結果は段に至る「金属疲労」と言うものの場合があります。 「金属疲労」は昔から素人でも応用してきています。 針金を切るときにペンチで切るのは「せん断」ですが、もっと原始的にクキクキと何度も折り曲げて切るのは「金属疲労」を利用しているのです。 「金属疲労」と言う概念を私 [続きを読む]
  • 止めたくても今は止められないのかな?
  •  今の私は、「一市民」です。 見方によっては一市民以下かもしれません。 私一人の力では元々何もできないのですが… 長年、異議を申し立てて事業が中断されていたものがどうやら息を吹き返しそうです。 「費用対効果」が非常に悪いし、効能の面でも疑問符のつく事業ですが… 駅前からきれい橋までを5年以上かけてやった、「電線地中化」というやつです。 記念道理の入り口で止まっていたのですが、上木本まで延長するのを [続きを読む]
  • 色々・・・
  •  議員でなくなったので議員年金が復活することになりました。 復帰してすぐにこの共済制度はなくなったのですが、前回在籍したときの制度が生きているのです。 手続きは議会事務局がやってくれるて、新しい「共済年金証書」が来ました。 それと一緒に「マイナンバーを使うようになります」と言う通知も来ました。 今までも何か所かで「マイナンバー」を要求されました。 給料もらうとかのときには必要ですね。 私はまだ「マ [続きを読む]
  • 木本のお年寄り写真展示始まりました。
  •  木本の敬老顔の写真と木本祭りのスナップ写真の展示が「お休み処おかもと」で始まりました。 「お休み処おかもと」は本町。石畳通り。関船町…「おもてなし館」の斜め前にあります。 昔、家具屋をやっていた岡本さんのおばやんがやっているもので、年中、七日の展示をやっているし、それよりも、木本のおばやん連中のたまり場です。 それに、市木などから持ってくる野菜も少し売っていますね。 ここで、毎年、敬老会の写真を [続きを読む]
  • 12月14日とは…
  •  明日の12月14日は「赤穂浪士討ち入り」の日ですね。 昔はこの時期になると映画とかで「忠臣蔵」がやられていましたね。 近年は受けないのか見かけないように思います。 長谷川和夫・宇野重吉なんて配役のNHKのもありましたね。 時代によって受ける話も変わるのでしょう。 高輪の泉岳寺も参拝者が減ったのでしょうか? もうすぐクリスマスですね。 こちらはどうなのでしょう? 以前はこんな田舎でも「クリスマスケーキ」 [続きを読む]
  • 熊野の旅 カレンダー
  •  年末ですね。 年末になると気になるのが来年のカレンダーです。 昔は色んな店や業者さんからカレンダーが来たものです。 生活形態が変わって専門店との付き合いが減りましたし、個人の商店でカレンダーを作るところも減りました。 だからでしょうか? ダイソーなどでカレンダーが一杯売っていますね。 ダイソーさんは売れないものは売らないでしょうからね。 私は近年カレンダーは集めに行きます。 好みのやつを手に入れ [続きを読む]
  • 時代ですね。
  •  下の雑誌、「写真工業」は2008年12月号です。 この号をもって廃刊になったものです。 「写真雑誌」では無く「写真機雑誌」だったのです。 1952年6月号からですから戦後の混乱期には発行はじめたのですね。 まだまだ日本の写真機は一人前では無く、町工場で二眼レフを作って進駐軍の兵隊さんのお土産用や輸出用に作られていた時代ですね。 二眼レフは作りよいと言うこともあり、まさに町工場で手内職的に作られたものを含め [続きを読む]
  • 熊野の旅 昔からの名勝
  •  土曜日… 久しぶりに国道42号線を南下してゆきました。 なんとなく走って串本まで… 橋杭岩で車を停め… カメラを積んでいたし、干潮時間だったので岩場まで… レンズはいろいろ車には載って居ましたが普段通り12−24ワイドズームのままで… レンズがワイド一本なら構図は限られます。 水の中まで入るファイトもないし… と、言うことで… ここの写真を撮るのも何年ぶりでしょう? 結構たくさんの観光客が居ました。  [続きを読む]
  • 熊野の旅 昔からの名勝
  •  土曜日… 久しぶりに国道42号線を南下してゆきました。 なんとなく走って串本まで… 橋杭岩で車を停め… カメラを積んでいたし、干潮時間だったので岩場まで… レンズはいろいろ車には載って居ましたが普段通り12−24ワイドズームのままで… レンズがワイド一本なら構図は限られます。 水の中まで入るファイトもないし… と、言うことで… ここの写真を撮るのも何年ぶりでしょう? 結構たくさんの観光客が居ました。  [続きを読む]
  • 熊野市議会基本条例
  •  私が在職中にずいぶん長く検討され、市長選に出馬することになったころに形が整い、この12月議会に議員提出議案として上程し、可決後は平成30年1月1日から施行することを決めていたものです。 この条例を作るときには「全会一致で成立させられるもの」と言うのが条件でした。 こうしたものでもそれぞれ色んな意見、基本姿勢があるので、すんなりと進んだわけでもありません。 私は、「作っても良いけど、議員・議会の根本を定 [続きを読む]
  • 熊野の旅 月例 広報くまの12月号より
  •   12月7日は「大雪」だったのですね。 このところ、冷え込んでいるのでこの「大雪・だいせつ」と言う言葉がぴったりですね。 いつもより早めに季節が進みますからね。  広報誌の12月号が来ました。 そんなには面白い記事もないのですが… 管区用対策課からのお知らせでは…ごみ収集カレンダーの訂正が出ていました。 木本・久生屋・金山・五郷の替えアンダーでは、「埋められないゴミ」を平成30年1月3日水曜日と載せたよ [続きを読む]
  • 年賀状
  •  年賀状にシーズンです。 年々減ってきている郵便による年賀状ですが、日本で長年培われてきた良い習慣だったのです。 当たりくじも日本人の好みに合っていました。 戦後のもののない時代には日本中の人が楽しみにしたものです。 それに、「寄付金付き」と言うのも国民みんなの助け合い精神をはぐくんだ面もあっまでしょう。 しかし、人間関係が薄れてきたこと以上にインターネットの普及が「年賀状」を追い出しにかかってい [続きを読む]
  • 鹿で良かった?
  • 昨日は京都でイノシシが大暴れ。 ずっと前から神戸では町中でイノシシが人を噛んだり… 長野や岐阜では熊が… 東京では猿が… 近年の日本は獣にかき回されています。 山が人工林になったという説明では納得できませんね。 人工造林は大昔から始まって、大きく伸びたのは戦後でしょう。 戦後10年ほど経ってから進みだにしてももう60年です。 杉桧の山が広がった年月と獣が暴れだす時期が少しずれますね。 戦後の頃は田舎の [続きを読む]
  • 2017年10月22日で止まってる?
  •  私が立候補した熊野市長選挙の投票日、そして私が落選した日は2017年10月22日でした。 結果はご存知の通りです。 皆様のご期待には応えられませんでしたが、乱立選挙にもかかわらず次点になり2,270票と言う多くの票をいただきました。 この票数は公職選挙法の法定得票数を大きく超えており、公営選挙と言われる部分のポスター制作費や選挙カーの費用も支払われることになりました。 そして、「供託金」も返還されるはずでし [続きを読む]
  • 今年も駄目?
  •  去年のサンマ(さいれ)漁は事実上ゼロでした。 「いこらい市」で行われる「さんま祭」の丸干しも熊野・遊木で水揚げされたものではありませんでした。 そして、浜に作られた「丸干し干場」もそのイベント用のを干しただけで使われない・・・?・・・使えませんでした。 今年も11月中頃に例年通り「干場」が作られています。 「干場」と言っても、浜に杭を打ち、竿を一杯掛けられるようにし、トンビやカラスから魚を守るためにす [続きを読む]
  • 2018年〜2019年
  •  皇室会議が終わってからは、2019年のスケジュールが大きな話題ですね。 2019年5月1日からは新しい元号になるのですからね。 そして、もうすぐ始まる2018年はそれ向かう準備であれこれありそうです。 すでに来年に入ったら再来年のカレンダーを作らなくてはならないし、元号も祭日も確定しないので困るのだとか… 昭和の時はいやもおうもなく昭和天皇の崩御で動いちゃいましたけどね。 にしても… 2019年に10日を越す連休が [続きを読む]
  • 熊野の旅 旅に出たくなってきました
  •  平成もあと一年半ほどで終わりますね。 次は何になるのやら・・・ 元号は続けて使うようですからね。 近代でも、明・治・大・正・昭・和・平・成 と、漢字が使われています。 その前の元号の慶・応とか安・政なんて漢字も避けるのだとか・・・ ややこしくない漢字で意味の悪くない、読み間違われないなどと言う規定に合う字って何があるでしょうね? 平成の時には小渕さんが「平成」と書いた紙を広げて見せましたね。 岐阜県に [続きを読む]
  • 師走です。 お空とお祭りと
  •  12月と言えば「ふたご座流星群」なのですが、今年はあまり期待できないようです。 月齢25くらいで月が少しあるようです。 13日夜から14日明け方までだそうです。 寒いですね。 22日ごろの「こぐま座」は今年は期待できないそうです。 寒くても、肩を寄せ合って星空を見上げるのってなかなかロマンティックなのですが… 暮れになると祭りやイベントは少ないのですが、金山の「しめかけ」が11日にあるのではないかと思います [続きを読む]
  • 三の酉
  •  今日、11月30日は「かのと・とり」です。 今年は11月に酉の日が三回あり、今日が「三の酉」です。 江戸と違いこの辺では「お酉様」では騒ぎませんが・・・ 「三の酉のある年は火事が多い」などと言われてきたようです。 ふと思い出して、検索したら、やっぱりそうらしいです。 熊手を買いに行った記憶もないのですがどうしてこの言い伝えを覚えているのでしょう? と言うことで・・・ 11月も終わりですね。 明日からは「師走」 [続きを読む]
  • 今の若いものは・・・
  •  「今の若いものは…」と言う言葉はいつの時代も良く使われてきたようです。 これを口にすると言うことは自分が「大人になった」と、自覚してしたと言うことかと思います。 私は自分が「大人」になれていないと思いますから、この言葉は使いませんね。 だいたい、私かこの言葉の対象にされることが多かったと思いますし、今も良く似たものかと思います。 まあ、「大人」になりたいと思いませんね。 でも、時代の流れで今の人 [続きを読む]
  • 11月議会が開会したようです
  •  私は10月15日以降は市議会議員ではありません。 昨日、11月27日から熊野市議会平成29年11月定例会が開会したようですが、自宅でテレビを通して見ていました。 市長選後の議会と言うことで河上市長が所信表明演説をしていました。 風邪気味??? いつも議場に居るのでこうしてテレビで見るのは初めてです。 出されている議案は「総合計画」や「補正予算」など16件かな? はじめて耳にする議案は無いようです。 紀和の道の [続きを読む]
  • 数字が語ること…
  •  少し寂しい話になりますが… 統計とかに出てくる「数字」って、現実や将来をはっきり示すことが多いです。 見たくない、知りたくないこともそこには示されています。 時々触れることです。 そして、多くの場合が「寂しい話」になるのです。 「人口」と言うやつ… 太平洋戦争と言う特殊な時期を除いて日本国は千年も二千年も人は増えてきました。 私が生まれてすぐの頃に「日本人」は減ったのですが、「復員」「引き上げ」 [続きを読む]
  • 猫・犬・鳥・爬虫類まで…
  •  なんだか世の中が裕福になったのか… やたらと、人間以外の生物と同居するようになったようですね。 ひょっとすると、「ビジター」なんてのと同居始めていて、気が付かないでいるのかも… 「猿の惑星」では「犬猫」が疫病でいなくなって「猿」をペットとして飼いだしたというのが話の入り口でしたね。 今のところはそんな話にはなっていませんが… いつからなんでしょう? 食堂などで猫や犬がうろついても良くなったのは? [続きを読む]
  • Thanksgiving Day & Black Friday
  •  前の記事に続きますが・・・ アメリカのThanksgiving Dayは11月第4木曜日だそうですね。 この日は七面鳥にとっては厄日です。 何しろ「丸焼きにして食べられちゃう」という日らしいですから・・・ 始まりは、開拓民が収穫に感謝して始めたのだそうです。 日本の鎮守様の秋祭り・新嘗祭とかと同じですね。 そして、次の金曜日がBlack Fridayだそうです。 年末商戦の始まりなんだそうです。 クリスマス前の大売り出しに繋がるん [続きを読む]