WINDTALKER2008 さん プロフィール

  •  
WINDTALKER2008さん: 風歩記
ハンドル名WINDTALKER2008 さん
ブログタイトル風歩記
ブログURLhttp://windtalker.exblog.jp/
サイト紹介文バレエに関する雑記帳も含めた、日常です。おとなになりすぎて始めたバレエのレッスンが大切な時間です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/06/16 10:18

WINDTALKER2008 さんのブログ記事

  • 半年のブランク
  • 再発見するからだじつに半年。やっと古巣の地元のオープンクラスに週末、顔を出しました。先生やクラスでご一緒の皆みなさまから「あーやっときた。仕事落ち着いた〜?」と声をかけていただきそっと隅っこのバーにつきます。この半年間で、体脂肪がなんとン%もアップしてしまい本人は焦りまくっているという暗い秘密を縫い目が広がったレオタの奥に秘めて一番のプリエから。バーやセンタ... [続きを読む]
  • 9月の読書録
  • 9月の読書録引き続きジュリアン・バーンズまつりたいせつなひとをうしなったときの真空なかなしみ人生の段階 (新潮クレスト・ブックス)ジュリアン バーンズ/新潮社undefined再読バレンボイム/サイード 音楽と社会A・グゼリミアン,中野 真紀子,ダニエル・バレンボイム,エドワード・W・サイード/みすず書房undefined [続きを読む]
  • 映画『ドリーム』
  • Hidden Figures冷戦下のアメリカ。国家威信を賭けた宇宙開発競争。アポロ計画で、アポロ11号の月面探査と帰還を可能にしたひとりの女性プログラマの存在をあるとき偶然に知りました。こつこつと手書きされた、彼女の身長と同じ高さに積み上がったプログラム。TV画面に当時映ったコンソールパネルを前に、いかめしく働く男性たちの影に、表には出てくることなく技術開発を支え... [続きを読む]
  • 映画『パッション・フラメンコ』
  • 泉のようにこんこんと溢れ出る才能。数秒の動画に「彼女の踊りを見たい」とがしっと心を掴まれてしまった。サラ・バレス。スペイン カディス出身のフラメンコ・ダンサー。彼女がレジェンドたちへのリスペクトをモチーフに作り上げた作品のツアーを撮ったドキュメンタリー。たったひとりで舞踊団を運営しながら振付構成、音楽、照明、衣装に美術や装置自身で踊りながら矢継早に出て... [続きを読む]
  • 全ての道は
  • バレエに通ずローマじゃなくて。およそ西洋で、「ダンス」と呼ばれるもののすべてについて昔から言われてきたことですがあるダンス・フォトグラファの記事でも述べられていました。©AFP/Timothy A. Claryこのフォトグラファの魅力はダンスのどちらかというと「光」にフォーカスしているところだと思います。とても明るいうきうきとした生命力の瞬間をフレームいっぱ... [続きを読む]
  • ROHシネマ・シーズン『トリプル・ビル』
  • ゼナイダの引退の舞台台風の進路先を心配しながら映画館へ。なぜか友人と出かける予定をたてると台風や、雨や、雪になる???そしてなぜか、たいていはおおごとにならずに無事に済みます^^週末のまだ朝が早い時間で映画館も空いていました。アシュトン豪華3本立てを満喫♪©Financial Times高田茜さんのタイターニアデビュー。スティーブン・マクレーとも息の合った... [続きを読む]
  • それぞれ
  • メールのマナー電子メールをやりとりする際のマナーは、いろいろ説も理由もある。実はある送信した一通のメールでお叱りを受けてしまった。私は以前、一日に平均して500~600通のメールを業務上さばかなくてはならない上司のもとで仕事をしていた。全てに眼を通すのは物理的に不可能だ。だから、一行のSubjectを読めば事足りるという書き方を必然的に求められた。特にアポイント... [続きを読む]
  • エコな工夫の電車
  • 小さな努力も...塵もつもれば山となる。真実なり。週末にひさしぶりに西武新宿線に乗車した。各駅停車はやや夜も遅い時間で車内はひとかげもまばらでエアコンがほどよくきいているので蒸し暑い晩のこととてすやすや眠りこけているひとばかり。確か、中井あたりで少し長めに通過電車を待っていた。あれ?!とびっくりしたのは通過待ちのアナウンスの後に車両の開いていたドア4つのう... [続きを読む]
  • 8月の読書録
  • 引き続きジュリアン・バーンズまつりすっかりとハマっております。傑作101/2章で書かれた世界の歴史 (白水Uブックス)ジュリアン バーンズ/白水社undefinedふふふ 日本の作家や脚本家が思わずパクってるかも。【ハ゛ーケ゛ンフ゛ック】 ここだけの話ジュリアン・バーンズ/白水社undefined最後の数十ページを3回繰り返して読む。太陽をみつめて (新しいイギ... [続きを読む]
  • 基礎は本当に美しい
  • 完成しているかたちひとつひとつはいつものレッスンでいつもいっしょうけんめいにやろうとしていること。似ても似つかないことも思い知る。うつくしいからだとすばらしい音楽とシンクロさせた5倍速の表現はすでにひとつの踊りになり完成している美に変容する。バレエの基礎はなんてうつくしいのだろうとほっとためいきをつく。 [続きを読む]
  • 4か月ぶり
  • 体力と筋力はつかわなければ落ちる。と当たり前のことをわが身で思い知らされる。4カ月ぶりにオープンクラスに行ってポアントまでのレッスンを受けた。きゅぅ...もう声も出なかった(笑)わらわらとしながらそんな自分をこころから笑っている。ずっとこんな汗を流していなかったなあと懐かしさと心地よさですっかり気分が舞い上がる。単純な自分。ストレスを自分でうまく... [続きを読む]
  • 後ろからの景色
  • 知る人、知らないひと全幕バレエの中でコール・ドの見せ場の二大名場面は通称「ジゼルのズモズモ」「バヤの行列アラベスクの後にとどめのデヴェロッペ」20人以上のダンサーたちが呼吸を揃えてアラベスクソッテの連続で舞台を交差したりフォーメーションで同じ動きをシンクロさせる場面は客席が思わず拍手を送ってしまいます。先日知人とご飯を食べていたときに「コンクールでバリエーシ... [続きを読む]
  • 洗濯機の買い替え
  • 家電の寿命しょっちゅう使うものであればあるほど全てのものは消耗する。やがて寿命が来て、壊れる。たいていの場合それはある日突然で、予告や予兆は見えないことが多いのが困ってしまう。16年つかった洗濯機がある朝「ごぉおお〜ん」と一回勢いよく回ったあとぷすん...力尽きたように動かなくなった。電源は入るが、どこかパーツが寿命を迎えたか接触が悪くなっているのか念のため、... [続きを読む]
  • 7月の読書録
  • ジュリアン・バーンズまつり満喫!海峡を越えてジュリアン バーンズ/白水社undefinedいまどきの老人柴田 元幸(翻訳),畔柳 和代(翻訳)/朝日新聞社undefined終わりの感覚 (新潮クレスト・ブックス)ジュリアン バーンズ/新潮社undefinedフロベールの鸚鵡 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)ジュリアン バーンズ/白水社undefined [続きを読む]
  • 口裂け女
  • 数十年前の都市伝説「あたしきれい?」とふりかえった女の人の口が深々と裂けていたーっ!と、小学生たちが本気で怖がって大ブームだったことがある口裂け女。「きれい?」なんぞと振り返ったりしないけれどリアルに口裂け女はいる!今の私です(とほほ...)生まれて初めて口角炎になってしまい唇の両端が切れている状態。別に大口をかぱっと開きすぎたのではありません。なん... [続きを読む]
  • 思い出の空
  • 今まで見た中で一番美しかった夕焼け2008年7月28日の六本木の高台から四谷方向を見たときの空。私の当時の携帯の画素数のスペックは本当に低く残念だったがどうしても記憶にとどめたくて撮った1枚。記憶の空の色はもっとデリケートで美し過ぎた。今だに私の目の裏に焼きつけられたままだから。あれから後にも先にもこの空模様を超える空に出逢っていない。私が撮っていた... [続きを読む]
  • 6月の読書録
  • なぜ生きるかという問いというよりも、なぜ生きねばならない生きぬいていく日々を進むのかとふっと自分にきいてみたくなるとき。つい最近、7歳のお子さんがいる友人が「ママ、なんで人は生きるの?」と問われたと聞いてその子の聡明さと、ひとことではとてもこたえようのない問いにもし私が聞かれたらどうこたえただろうかと想定問答に悩んだ。年齢には関係のない疑問なのだなと。ストー... [続きを読む]
  • Fingers Dance
  • 万華鏡人が「美」を認識するときパターンとして、「対称性」は有名で、たとえば美しい顔とされる左右があるパーツはいわゆる美男・美女ほど対称性が高いと言われている。この動画は友人がシェアしていた人の指先で豊かにつくりだされる万華鏡の世界。対称の美がさまざまに織りなすパターンでかたちづくられ表現の多様さに思わず魅入られてしまった。音楽もとてもすてき。対称は、... [続きを読む]
  • 忙中に閑はつくるもの
  • いそがしいときほどにある現場に入り3カ月が経過。タスクが多く、追われるように一日が終わりベッドに倒れ込むまでとりあえずいろいろ「次は何をして...」「あ、まずい。直しておかなくちゃ。」「どれだったかな」次々と頭の中はぐるぐるとかかりっぱなしのミキサーのような状態になって週末はくったりとなる。最低限やっておかなければならないことをなんとか済ませると、もう日曜日の夜... [続きを読む]