ノアのパン教室 さん プロフィール

  •  
ノアのパン教室さん: 手作りパンの魅力
ハンドル名ノアのパン教室 さん
ブログタイトル手作りパンの魅力
ブログURLhttp://homemadenoah.blogspot.jp/
サイト紹介文大分県大分市にてパン教室と洋菓子器具・材料の店を経営。30年間で45名の講師が誕生し、各地で活躍中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/06/17 10:01

ノアのパン教室 さんのブログ記事

  • ミニクロワッサン
  • パイやデニッシュ系を作る時には、パイ用の「パイバター」が重宝します。ここ数十年間使い通して来ましたが入手し難く、今日は市販の食塩不使用のバターで作りました。パイバターは35℃前後まで溶け難い故、美しい層もほぼ完ぺきに出来上がります。でも、まあ〜手作りですから、スーパーにも置いてある材料で作る事に。 200℃で15分焼成。しっかり焼きますと冷めてもカリッとしています。大小共に高さ12?、底面8?にカ [続きを読む]
  • お供えパン
  • お正月にはこのようなパンがあっても良いなあ〜。主食にもなるパンですから・・・。息子から広島のサービスエリアで見かけたという「パン」をスマホで見せてもらいました。白パンで、クリスマスグッズが施されていました。それを参考に、今日は、とりあえず自宅庭の柿をトッピング。 日持ちをさせたいので、ライ麦生地でクラストを固めに作ってみました。ドライフルーツ生地を包み込んで、カットした時の小さな喜こびも楽しみたい [続きを読む]
  • 雑穀米 角食1.5斤
  • 健康志向の方から喜ばれそうな香ばしいパン。いつもの15雑穀米に加え、ひまわりシード、かぼちゃシードをたっぷり加えてみました。山食も生地量は同じ、折半して作ったものです(全粒粉など粉950g)。雑穀米は、前日に仕込み水から100gほど取り分け湿とらせて置きます。シード類は130℃のオーブンで5分前後焼成冷まします。パチパチと跳ねるような時は、クッキングシートを被せたり、ファンをソフト機能に。新しいパ [続きを読む]
  • パネトーネ
  • 3年ぶりに作ったイタリアのパネトーネ。焼きたても美味しい!600gの粉でパネケース〈大)5個できます。ノアのパン教室のレシピに於いて、生地の柔らかさではダントツ一番。ベンチタイムは在りませんが、一次発酵に長めの時間を要します。その点耐糖性イーストを使用しますと幾分緩和されますが〜。 今回は従来のレシピを大きく変更、まずカロリーを低めにとりました。又、ドレンチェリーの赤、緑はカラフルで良いのですが、 [続きを読む]
  • ほぼ人参パン
  • 人参は6月が一番美味しいと信じていましたが、今では1年中美味。今日は人参の葉をあれこれ変えてみましたが・・・。やはりパセリは添えるものであって、美味しく頂くまでには程遠いかもしれません。左はブロッコリーとパセリ。下はブロッコリーの葉と、いんげんの固ゆでを縦にカットしたもの。少々塩を振って、頂く寸前にセットします。オレンジ系のママレードなどをサンドしてお召し上がり下さいませ。8本の中には、パン1本よ [続きを読む]
  • 研究科生徒作品
  • ノアのパン教室、第34期研究科生2名〈9か月経過)一昨日の作品です。38gのパン生地を70?以上に伸ばし、5本で編んでいきます。3つ編みと違って伸ばすだけでも大変な作業ですのに、これほど上手く出来上がるとは想像もしておりませんでした。まして初めての作業ですのに・・・。ベンチで丸めた生地を単に伸ばしていくだけでなく、中央を片手で押さえ中心を上に向かって巻き込み俵型にて休ませます。次に俵型を再度中央を [続きを読む]
  • 5本編みのリース
  • 10月も下旬を迎えました。南国九州でも早や冬支度の準備に。ドイツでは10月初旬からXmasの準備に走り、各店舗が賑わいをみせるそうです。イタリアのパネトーネや、ドイツのシュトーレン等々、ノアのパン教室でもクリスマスにちなんだパンやケーキのレッスンが続きます。数日前から5本編みのリースの試作を。ライ麦、フランスパン粉、S・カメリアなど粉を変えてみたり、オーバーナイトを試みたり一番作り易く出来上がるも [続きを読む]
  • 青りんごパン(2)
  • 抹茶の爽やかな色合いを生地に見立て、「青りんご」と命名しました。りんごの美味しい季節です。アップルプレザーブを作り冷まし、ラムレーズンにシナモンも加え香りを閉じ込めてたっぷり包み込みました。 小枝の部分は30gほど取り分けて、細いポッキー風に数本焼きます。(仕上げ発酵は、室温にて短時間)頂く時には、それぞれのりんごに表情を持たせながら小枝をさしてみて!もぎたての素朴なりんごの出来上がりです。 [続きを読む]
  • 思い立ってすぐ・・・
  • 思い立ってすぐパン作りが出来るって、何て幸せな事でしょう〜。最近つくづくそう思うようになりました。50年もの間作り続けるとは、若かりし頃考えてもみませんでしたが・・・・。 やはり「食べる事が好き」に尽きるかしら? 伸ばした生地に黒こしょうを振り、ミックスチーズ、ベーコンと重ねて巻き込みます。今日は、全粒粉入りエッピ2単位、2時間半で焼き上がりました。このパンはこまめに焼きますから、レシピ見ずともOK [続きを読む]
  • メークインパン
  • じゃがいものメークインは、イギリス原産 May Queen から。舌触りが滑らかで甘味がありますね〜。男爵もホクホク感があって美味、負けず劣らずと言うところでしょうか。今日はメークインの横長ころりスタイルをとって、ネーミングを付けました。 フィーリングは中心にクリームチーズ。ポテトサラダで包み、パン生地で覆っています。サラダは水分の多いものは省きます。彩りに人参とインゲンを少量、弱火で固くならない [続きを読む]
  • カスクート
  • 残念ながら私が作ったものではありません。コンビニ 「セブンイレブン」で販売されているものです。昨日ランチにと購入しました。あまり期待はしていませんでしたが、驚きです!ハムと2種のチーズ、濃厚なソースなどがサンドされていました。何よりサンドしているフランスパンが見事でした。「あっぱれ」を差し上げたい気分です。歯ごたえが固すぎてちぎれなかったり、柔らか過ぎてサンドした食材と一体化してしまったり・・・・ [続きを読む]
  • 1Kgの粉で・・・
  • いつもお届けしている角食1.5斤×2個のライ麦パンは1000gの粉を要します。今日はコルプ型で、丸を1個、楕円型大、小各1個 計3個を作りました。と言いますのは、スライサーが破損しまして、角食の15mm厚さにカット出来なくなってしまいましたからで。コルプ型ですと幾分柔らかめに出来上がりますから、厚さもそれなりに厚め・・・・私でもスライス可能です。3個を一度には焼けませんから、 時間差を取りながら発 [続きを読む]
  • やわやわ食パン(2)
  • 今日の「やわパン」は、蓋付きの角食にしてみました。出来上がりはそれなりのスタイル。ホワイトラインも少々残り、形成も簡単。コールドスタートではありませんでしたが。冷めてからスライスしましたが・・・こちらが問題!中の層がやわやわですから、側面の生地が内側に折れやすく、いつものパンナイフでは上手くいきません。                                  やはりコールドスタートで側面 [続きを読む]
  • やわやわ食パン
  • ふんわり、やんわり・・・何と申したら良いのかしら、ここまで柔らかく仕上げた食パンは今日が始めてのような気がします。小麦粉の香りが漂うハード系食パンが好みであったからでもありますが、今日は知人の要望でやわやわ食パンを試作しました。バタートップの生地をアレンジしました。粉を増やし、砂糖を減らし、塩をやや多めに、スキムミルクをやや少なめに、形成は長めに伸ばし三つ折りし、側面から巻き閉じる。焼成はコールド [続きを読む]
  • ブリオッシュ
  • ブリオッシュは油脂が多いので、手早く作業を進めなければなりません。今日は真夏でも作り易い新レシピ・・・・冷蔵発酵で焼いて見ました。このパンはフランスのノルマンディー地方が発祥との事ですが、さすがバター、チーズの生産地だけあって惜しみなくバターを使っています。ブリオッシュは地方によってさまざまな形をしています。ウイーンではリング型ですが、共通点は生地がリッチである事のようだけで・・・。この形は僧侶の [続きを読む]
  • ライ麦エッピ
  • このパンは事あるごとに焼いています。お土産やちょっとしたプレゼントにも。一度に2単位作るのもそう苦になりません。焼き立てはチーズとベーコンの香りがたまりません!「味見」と称して在宅者には必ず折って配り、私も含めてカリカリ度合いを確かめたりします。「もう少し、もう少し〜」と必ず言いあい、1本分はすぐ無くなります。以前は強力粉やフランスパン粉を使用していましたが、ライ麦(中あらびき)をお奨めします。外 [続きを読む]
  • 特濃豆乳クッキーパン
  • 今日は紀文ではなく、キッコーマンの「特濃豆乳」でクッキーパンを作ってみました。やはりこちらを仕込み水として使いますと、こね上がりの艶といい、滑らかな手触りが異なります。読みかけていた志賀勝栄氏「酵母から考えるパン作り」の豆乳ブレッドの項にも、バターや牛乳などの乳脂肪分を加えずともソフトで美味しいパンが出来ると記載されていました。 夏休みを迎え、娘達がやって来ました。1年生の孫が、クロワッサンとプレ [続きを読む]
  • 枝豆パン
  • 冷凍の枝豆をだし巻卵に使用し、その残りをパン生地に使ってみました。持っちり感はポン粉を使用、夏向きのあっさりした食事パンです。棒状のこの形は時間を掛けずに手早く出来上がるのが何より、スライスしてママレードを薄めに塗ったり、チーズをサンドしたり、ハムやベーコン類も良く合います。       ポイントは、枝豆が表面に飛び出ないようゆっくり伸ばすことでしょうか〜。       その為には柔らかめの生地に [続きを読む]
  • 金時豆パン(2)
  • 3年以上も前に、金時豆パンを書き連ねた事がありました。今回は稀に見る柔らかい生地で仕上げてみようと。と言いますのはテレビの県民ショウという番組で、北海道の金時豆パンが凄まじい人気を博していたからです。猛暑の時期に甘い豆パン・・・気乗りしませんでしたが豆を煮、作ってみました。薄力粉も入りますが、70%の仕込み水。打ち粉無しでは扱えないほどですが、何とか丸め、焼き上がりは外皮が張っていました。改めてテ [続きを読む]
  • 豆乳クッキーパン(2)
  • 豆乳クッキーは、ずいぶん前になりますが作った事があります。美味しかったのを記憶していましたが、紀文の「特濃豆乳」を使用したのをすっかり忘れてしまって・・・。今日使用したものは一般的な調整豆乳でした。出来上がって口にしまして、その味わいの大差に思い出した次第です〜。何と情けない事でしょう! 作業時間が無駄になってしまったような気分に〜〜。 丸型でも抜いてみましたが、少々時間を要しますから、私のレシピ [続きを読む]
  • Mixフルーツパン
  • 初めての人に差し上げるパンは?このミックスフルーツパンが、第一位を占めています。クリームチーズが少しばかり入っているからでしょうか?それともマンゴーやパイン、クランベリー、サルタナレーズン等のドライフルーツの酸味が心地よいのかしら?卵白を外し、8%にも満たないブラウンシュガーが功を奏した生地を作り出しているのかもしれません。今日はS・カメリアが不足気味でしたので、フランスパン粉とS・キングを2割づ [続きを読む]
  • かぼちゃのシードパン
  • 全粒粉とポンデ・ケージョの粉を入手、グラノーラ用のかぼちゃやひまわりシードもストックしてあります。思い立って夕方からシードパンを焼きました。「パンを焼く」・・・予定なしの午前中に焼くのが我が家の習わしですが、今日はパンの在庫ゼロ。夕飯の準備をしながら、キッチンと教室を行ったり来たり、タイマー片手に走り回っての焼き上がりでした!パンのストックゼロ、こんな日は年に1〜2度ありますが、寂しくてたまりませ [続きを読む]
  • 全粒粉のエッピ
  • 最近、コンビニのパンやサンドウィッチに、全粒粉が使われているのをよく見かけるようになりました。すぐさま購入して頂くのですが、柔らか過ぎて歯に纏わりつくようでもあり・・・どうしてここまでふわふわに作るのかなあ?と疑問にさえ感じてしまいます。パンに於けるふわふわ感は、日本人が好む特有の食感であると書物に書かれておりました。パンを主食にする国では真似て作ろうとしないそうです。好みの問題であり、それはどち [続きを読む]
  • クランベリークッキーパン
  • クッキーパンには白餡が入ります。白餡のメーカーにより甘さが異なります。少量ですからクッキーの出来上がりに大差ないものと勝手に思い込んでいましたら・・・おお間違いでした!今日はクランベリーをみじん切りにし生地に加え、甘酸っぱさを楽しもうという根端です。 前回のごま入りクッキーパンが、やや薄目でしたので、今回は 周囲の切れ端を少なくし、より多くの生地を使って厚みを出してみました。麺棒掛けも少ない回数で、 [続きを読む]
  • ライ麦1.5斤
  • このパンを月2回ほど焼き続けて1年以上になります。依頼された方に、当初はケース入りより外皮が美味なのでコルプ型かバタール型をお奨めしました。しかし、海外で召し上がった食パン型のものが食べやすかったそうで・・・・。最近になって自己中心の奨め方だったと反省しました。ケース入りでは外皮の部分が少なく、その分ふんわりしたクラムの部分がほとんどを占めます。今では私自身このクラムのとりこになってしまいました! [続きを読む]