ねこはんにゃん さん プロフィール

  •  
ねこはんにゃんさん: 湘南のそよ風♪
ハンドル名ねこはんにゃん さん
ブログタイトル湘南のそよ風♪
ブログURLhttp://kh1360030924.blog.fc2.com/
サイト紹介文神奈川県 小学生 バレーボールチーム 藤沢市 長後 大和市 綾瀬市
自由文神奈川県藤沢市で、産声を上げた小学生バレーボールチームのサイトです。その名も「湘南フェニックス・フェアリーズ」藤沢市の北部。小田急江ノ島線も長後駅にほど近い、富士見台小学校を根城に活動しています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/06/17 23:21

ねこはんにゃん さんのブログ記事

  • 頂の景色
  • チームの目標はひとつ目指す、場所は同じなのではないか?でも、どんな山でも山頂へのアタックルートはさまざまである少し遠回りでも、安全なルートを選ぶものちょっと危険だが、最短のルートを選ぶものガレ場もある雪渓や雪庇もある人それぞれ、考え方は違えども、目指す場所が同じならルートなんてどこでもいいじゃないかその、山の頂の景色を、共有できればそれは、幸せといえる [続きを読む]
  • 夢を紡ぐもの・そして未来(明日)へ
  •  こうした活動をする意義というか、何のためにしているかということを、自問自答することが最近多くなってきた。 自分の人生が折り返しを過ぎて「終わり」というものが架空のことではなく、現実に直面するシーンが多くなっているためかもしれない。           そも、人生にどのような意義があるのか。                   「人は何のために生まれてきて、何を残こせるのか」  この湘南フェアリー [続きを読む]
  • ちょっと脱線。。。(みなさんに一言)
  • いろいろご意見があろうかと思いますが、このブログはあくまでも私見であり、つぶやきです。チームの紹介、活動内容、管理者の考え方などを紹介し、よりよいチームを作っていきたいという志からです。「異論・反論」がある方は、直接コメントをお寄せください。(管理者のみ閲覧のチェックがあります。それで公開はされませんから) [続きを読む]
  • それぞれのスタート(その二)
  •  こんどは、合宿です! このところ、毎年卒団前に合宿を挙行するのが、恒例になってきた湘南フェアリーズ。今回のゲストは昨年、JA杯・三觜杯でフェアリーズと激闘を演じた、室田ジュニアさんと、横須賀南部さんの2チームをお招きし、男子フェニックスと、女子フェアリーズの4チームでした。      場所は、昨年同様「富士箱根ランド」天候にも恵まれました〜 室田ジュニアさんと、湘南フェアリーズの6年生にとっては [続きを読む]
  • それぞれのスタート(その壱)
  • 2月から、早々に藤沢地域新人戦、藤沢市新人戦、合宿、卒団式・・・などなどイベントが盛り沢山な1ヶ月でした。 その新人戦ですが、新生2018年版湘南ファリーズの緒戦でした。 結果から言うと、なかなかの内容でした。結果でこそ地域はブロック3位、市ではブロック準優勝でしたが、一筋の道は見えたかなと。これから、プレーの精度・戦術を向上していくこととなると思います。なかなか面白い世代になりそうだが、他のチー [続きを読む]
  • Last chapter(最後のかがやき)
  • 新年恒例のNSK杯小学生バレーボール新春大会が開催されました。 市内の主要なチームが参加する、新年初めての大きな大会で、藤沢市にある日本精工株式会社の冠  の大会である。豪華賞品もつくいい大会である。毎年参加しているが、例年確たる戦績はこれまで収めてこなかった大会でもあり、これまでなら参加することに意義があるイベント的な大会との認識が強かった。(実際、ほとんどが1回戦負けして、最後まで暇なことが [続きを読む]
  • それぞれの明日へ
  •  先週、藤沢地域大会のフィナーレを飾る伝統ある「三觜杯」がありました。この大会は、湘南フェアリーズとしての因縁のある大会で、結成から5年を経たわがチームとしての公式戦初勝利がこの三觜杯でした。その因縁の大会で「優勝」を目指す。これが、最終的な目標となった。また、前回大会の好成績が優位に働きブロックの第一シード発進となる。これまた、あまり無い経験。その緒戦、善行大越FROGS戦。1セット目は危なげなく勝利 [続きを読む]
  • Over the limit
  • 今年の年初の湘南フェアリーズのスローガンは           「Over the limit :限界を超えろ!」でした。この一年間を振り返れば、その限界(これまでの実績という意味で)を次々と塗り替えっていった。         そもそも、限界てなんなのだろうと思うことがある。       限界とは、「自分が作ってしまうもの」なのではないか?            かの、本田総一郎はこう言っています。「失敗とは [続きを読む]
  • 忘れ物と、落とし物〜兵どもが夢の跡〜(最終章)
  •  さて、10.15から次の週に一人寂しく。。。県大会2日目に、今回も!競技役員として会場となる、相模原北総合体育館に行ってきました。 正直、朝から憂欝でした。。。みなさん知らないでしょうけど、これって結構きついんですよ〜自分のチームがいない大会に行くのって・・・(^_^.)(本当に一緒に行きたかった〜(;一_一)) しかしながら、これも勉強と割り切って、行ってまいりました。 そして、先にも書きましたが、やはり [続きを読む]
  • 忘れ物と、落し物 ぱーと3
  •  さて、続く2回戦は、超強豪の神田ジュニアさん。先日の、練習試合では、こてんぱにやられている…しかしその練習試合の、時間切れぎりぎりで最後にお願いしたセットでは、なんと21-18で勝利したのである。 まぁとはいえ、ラストの1セットをいただいたとはいえ、本番の短期決戦ではあまり参考にならないかなとは感じていた。ただ、一縷の望みは持っていたが、チーム自体の経験、指揮官としての経験の差は如何ともし難い(^_^.) [続きを読む]
  • 忘れ物と、落し物 ぱーと2
  •  さて、続く2セット目。引き続き、硬さの抜けない状況で、一方的にリードされる展開。確か0-6。。。。で、たまらずタイムアウト。そこでカツを入れる「また、一回戦で負けて帰るのか?これまでやってきたことを無駄にするのか!」と。 これに応えてか、それに、フェアリーズ史上かつてない大応援団に後押しされて、一時0-7まで引き離されるも、キャプテンちぐさのジャンピングフローターが、ようやく火を噴いた。連続得点で、よ [続きを読む]
  • 忘れ物と、落し物(前篇)
  • 昨日、神奈川県JA共済杯関東予選会の1日目が行われました。 心配された、運動会とのダブルブッキングも回避され(ものすごい執念だと、感嘆しました^_^;)なんせ、運動会と天気を変えてしまうんですから。。。 さて、いよいよ始まりました。大会当日。みな、元気に集合。いざ、会場へ乗り込み、程よい緊張の中、多くのチームがすでに会場に集まっていました。  昨年、初参加した時とはやや違い、自分自身も大会の雰囲気という [続きを読む]
  • 正兵と奇兵
  •  去年の湘南フェアリーズが「正兵」なら、今年の湘南フェアリーズは「奇兵」である。私が、チームの編成の際によく用いる考えは、兵站的な(平たく言えば、軍事的な戦略)考え方である。それは、もともとの生まれが会津若松という、今から150年前の幕末時代に戊辰戦争最大の激戦地の出身だからかもしれない。 それは、古豪の強いチームが「正兵」であり、絶対的な権威と圧倒的な戦力を持ち合わせている。対して、我が湘南フェ [続きを読む]
  • 胎動
  • 湘南フェニックスというチームがあります。 これは、我がチームの男子チームの名前です。(県小連のHPに登録してあります。しかしながら、フェアリーズとなっていますが。。。間違いです) 団代表である、自分の大きな野望の一つ。          男・女 正式に、2チームを持つこと。  男子は、今 5人集まってる。 もう少しで、単独チームが作れるところまで、保護者の皆さんの努力で集まってきた。 どのチームもそ [続きを読む]
  • Blue Thunder
  •  激戦だった、JA共済杯藤沢地域大会も終わり、新たなる目標に向けての課題を克服。さらに、技に磨きをかけるために、今年の課題であった「実戦経験」を多く積むこと。 もちろん課題など、数え上げたらきりが無い。また、時間も限られている。他の強豪チームとは違い、我が湘南フェアリーズは毎週数えるほどの練習回数と、時間がそう多くはないのも事実だ。このハンディキャップを克服するには、やはり対外試合を含む、外での活動 [続きを読む]
  • もうひとつの主役たち
  • 女子Aチームの活躍の陰で、着々と力をつけてきている、フェアリーズU-4女子と、フェニックス男子! これも、JA杯混合の部に参加している。今回は、会場が別になってしまい、詳しい大会の雰囲気はわからないが、報告や結果をみて思うこと。。。    伸びしろという観点からみると、ある意味、Aチーム以上に伸びていると思います。 現在のフェアリーズとて、こういう時代があったのだ。 かくいう、キャプテン千草とて [続きを読む]
  • 人事を尽くして天命を待つ
  •  さる9月3日決戦に備えて、わが湘南フェアリーズは、最後の総仕上げとして、自分の師匠である、小金原ジュニアの本拠地、千葉県松戸市へ遠征してきました。 このチームは、それこそ自分が駆け出しのころから世話になっているチームで、監督さんの人徳も素晴らしい方のチームである。そして強い。 今回も、決戦前の最終調整として遠征の申し出を快く引き受けていただき、さらに驚くことに、近隣の埼玉県や千葉県の強豪チーム合わ [続きを読む]
  • 追うものと、追われるもの
  •  今、湘南フェアリーズの立場としては、「追われるもの」と、なるかも知れない。過去にない経験であり、ある意味そうは思いたくない、思えないのも事実だ。。。 「追う」ほうが楽なのかもしれない。一か八かの勝負ができるからである。失うものが無い・・・しかし、今回は違う。どういう経緯であり、「守る」ものができてしまったからだ。        これは、一方で厄介な存在で、「攻めは易し、守りは難し」 これまで湘南 [続きを読む]
  • 前半戦考察(後編)
  •  さて、チーム発足以来、初めてのファミリーマートカップ県大会へ進出したわけですが、相手はやはり平塚地域のみならず、常に県でも上位常連の緑台VBC。当然、相手チームのデータがない・・・ 対戦も、試合も見たことがないチームであるから仕方がないのですが、それは相手も同じこと。と、は思ったものの、実際の試合が始まってみると現実の重さを実感しました。 それは、経験が足りない。。。技術が足りない。。。武器が足り [続きを読む]