もにふ さん プロフィール

  •  
もにふさん: こひつじと旅するブログ
ハンドル名もにふ さん
ブログタイトルこひつじと旅するブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sugipomilky
サイト紹介文こひつじと旅した日本全国の足跡。時に都内や、西武ドームも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/06/18 21:55

もにふ さんのブログ記事

  • プレミアムライオンズバーガーと千葉ロッテ15回戦(2018/7/11)
  • 60日めのこゆき(アアガオ)。柚子(ミニトマト)が思いのほか伸びてきて、日当たりは悪くなるけどスペースのある家側に移した。花が咲く兆候は両者ともまだないね。 普通に仕事を終わって駆け付けたので、西武球場前到着は19時半前。入場すると試合はまだ3回裏攻撃中で、スコアは6-0とか…。この三連戦ほんとバカ試合。 3回裏 ロッテは先発の有吉から、チェンに代わったところ。秋山が内野安打で二死1,3塁の場面、ここで源田が [続きを読む]
  • 山川のあぐーまぜソバと千葉ロッテ13回戦とヤマノススメ(2018/7/9)
  • 58日目のこゆき(アサガオ)。9株の蔓をそれぞれ9本の糸に絡ませて、何となくグリーンカーテンの原型が見えてきた? 柚子(ミニトマト)も大きくなって窮屈になってきたので、室外機対策をしたうえで配置変更してる。 イベントデーたったので、1時間休を取って18時過ぎに西武球場前へ。月曜日だというのに、ヤマノススメグッズが順調に売り切れてるのがすごい(笑 とりま残ってるのを購入。 一塁側に入場してみると、西武先発 [続きを読む]
  • 若獅子カレーと東北楽天10回戦(2018/6/30)
  • 種を蒔いて49日めの朝。ツイッターで公募の結果、アサガオは「こゆき」、奥のミニトマトは「柚子」と名前が決まりました。てか「ミニトマトの柚子」ってわかりづらっ。ちょっと出遅れて西武球場前着は19時半過ぎ。急いで入場しようと思うも、「Lions KITCHEN」のワゴンを見つけ寄り道。聞こえてくる歓声はどっちだろうと思いながらゲートをくぐると、どうやら楽天の攻撃だった模様。4回表で0-6、そして打線は無安打…? 席につい [続きを読む]
  • ねぎマヨ丼とオリックス10回戦(2018/6/28)
  • 今週から暖かくなって、バルコニーのアサガオとミニトマトも一気に繁茂してきた。支柱とか立てないといけないんだけど、生長が早すぎて対策が追い付いてない。 定時ダッシュに成功して、西武球場前到着は19時ごろ。グルメワゴンで夕食を調達してから1塁側に入場すると、試合は4回表オリックスに2点を先制され、なおも一死満塁といきなりの正念場。しかしこの場面は、ウルフが何とか踏ん張った。 ドームの中はもわっと蒸し暑く、 [続きを読む]
  • 皆野 天空のポピー、お試し版(2018/5/27)
  • 青空が広がる東京地方。バルコニーのアサガオも、双葉の間から本葉が顔を覗かせてきた! 自宅出発はのんびり11時半。清瀬から各駅停車で2駅、所沢で後続の特急「ちちぶ13号」に乗り換える。芝桜のシーズンをはじめ、ここのところ満席が多いレッドアローも、今日は5割そこそこの乗車率。このぐらいがゆっくりできて、客としては良いけどね。 持ってきた本を読んでいるうち、列車は正丸峠を越え秩父盆地へ。12時48分に終点の西武秩 [続きを読む]
  • 嵐げんこつチャーシューメンと中日1回戦(2018/6/15)
  • 出張先から直行(直帰?)したため、18時ちょい過ぎに西武球場前着。小雨の落ちる極寒の中、チケットを引き換えて一塁側へ入場。ドームの外周通路は中途半端に屋根がかかっていないため、雨の日はほんとツラい。試合は始まっていたものの、暖を取るため「らあめん花月嵐」へ。モニター観戦しながら、「嵐げんこつチャーシューメン」(1,050円)の夕食。花月嵐自体は家の近くにもあって、当たり前だけどおんなじ味だった(笑 ドー [続きを読む]
  • 外崎のにんにく塩豚カルビ丼と東京ヤクルト2回戦(2018/6/13)
  • 西武球場前駅到着は19時15分ごろ。電車の中で見ていた途中経過は0-1でリードを許す展開。夕食調達のためグルメワゴンに並んでいる間に、外崎応援歌から大歓声、メヒア応援歌から大歓声…何があった?1塁側に入場し、スコアボードを見上げると…。どうも連続ホームランが飛び出して、2-1と逆転を果たした様子。今日は風邪っぴきでビールを見るのもイヤな感じなので(笑、お弁当だけ持って内野指定席へ。売り子さんに見つからないよ [続きを読む]
  • 妙見島(2018/5/19)
  • 千葉県に来たの久しぶり! 東京から一歩出た程度だけど、北多摩からこのあたりはひどく遠く感じる。 今日の目的地は、「東京23区唯一の島」と言われる妙見島。都県界の旧江戸川に浮かぶ中州で、行政区的には東京都江戸川区に含まれる。1947年の空中写真。旧江戸川をはさむこのあたりはもともと、水耕と漁業の町だった。右岸側は水運の要衝として市街化されており、浦安橋で地続きとなっていた妙見島も同じような土地利用がされて [続きを読む]
  • 羊山公園芝桜の丘、初夏モード(2018/4/23) その2(終)
  • はたして今年は、春に咲く花たちにとっては過酷な気候だったみたいだ。 駅の案内ではまだ「見頃」だったと思うけれど、例年であれば連休明けぐらいの状態かな。大げさじゃなくこれは、「芝桜の丘」と言うより「スギナの丘」。 日射し照りつける園内をうろうろ。花は7割方終わってる感じだけど、場所や品種によってはまとまって残っているところも無くはなく。日陰になっているこのあたりは、花にとっても人にとってもオアシスに [続きを読む]
  • 若獅子カレーと千葉ロッテ7回戦(2018/5/11)
  • 仕事終わって即逃げしても、西武球場前に来れるのは19時15分ごろ。ダイヤ改悪の影響受けてるみたいだし、こんなじゃ平日は足が遠のいちゃうなぁ。 一塁側ゲートから入場すると、試合はもう5回表。スコアは遠目には3-0に見えるんだけど、よくよく見たら3-8だった。翌日大事な用事もあるので、どこまで見て早撤収するかなぁとか、早くも考え始めたり。5回表 西武は先発の佐野を継いだ伊藤。二死から、ドミンゲスのレフト前へのフラ [続きを読む]
  • 羊山公園芝桜の丘、初夏モード(2018/4/23) その1
  • 今日は真夏日になるらしい。今年は季節が1〜2週間ぐらい前に倒れてきてる感じで、例年連休前に見ごろを迎える芝桜の状態が気がかりではあった。 10時半ごろ家を出て、所沢で満席の特急「ちちぶ11号」に乗り換え。特急券売機の前には、30分後の臨時便に期待する列ができていたけれど…。芝桜シーズンに予約なしは無謀だと思うし、こういう時ほどネット特急券活用したほうがいいよ。大きな窓から降り注ぐジリジリした日射しをカーテ [続きを読む]
  • 獅子リアンライスと東北楽天4回戦(2018/4/28)
  • いやなにこの、夏真っ盛り感。 西武球場前到着は14時半ごろ。なんかのんびりしちゃったのと、乗り継ぎに時間がかかりすぎたことで結局試合開始に間に合ってない。それにしてもこの暑さで「着る毛布引換」とか、皮肉としか言いようがない。 試合はとりあえず、2回裏攻撃中で2-0とリード。雄星先発で、先制できてるってのは期待できる展開。あとは雄星がエースのピッチングをしてくれるかどうか。2回裏 楽天は則本。無死1,2塁から [続きを読む]
  • 外崎のにんにく塩豚カルビ丼と千葉ロッテ4回戦(2018/4/20)
  • 久っ々っ! 試合前の西武球場前。 運転免許更新のために早退して、所用完遂後ドーム前広場到着は17時半。こんな活気ある光景見られるのは、シーズン何度もないので超貴重(笑ワゴンは駅前で目に入ったこれで。今日のMOURAは、この一品しか売ってないらしい。 てか今年は、「春のあったかグルメ」ないのね。今日は雄星先発で、1番から6番までは豪華打撃陣。あとは個人的に好きな中村剛也に、どうにかして1本出ればなぁと思うけど [続きを読む]
  • 西武安比奈線…跡(2018/3/21)
  • 11年ぶりに訪れたここだけど、それも今日で最後かな。 南大塚は、西武新宿線の終点本川越のひとつ手前の駅。朝からの雪に期待して出かけたものの、昼過ぎからすっかり雨模様に。15時という時刻も相まって光量が気になるけれど、思い立ったが吉日というのかな…。昨年5月31日付で廃止された西武安比奈線、駅前の案内板ではまるで現役のよう。 ネットを探すといくらでも出てくるわけだけど、西武安比奈線は入間川の川砂利輸送を目的 [続きを読む]
  • 担々餃子セットとオリックス2回戦(2018/4/7)
  • 昨夜、急遽参戦を決めたものの、土曜日らしく安定の二度寝(笑 西武球場前到着は15時半で、試合は5回表終わって6-0でリードと、勝負は決していた…。西安餃子で昼食を調達してから、指定席の端っこで今日は観戦。それにしても今年から始まったスマホチケット、手数料取られるけどかなり便利。 5回裏 オリックスは、先発の田嶋から代わった吉田一。中村ライトフライ、外崎ショートフライ、メヒアが内野安打で出塁するも金子侑は空 [続きを読む]
  • 獅子リアンライスとオリックス1回戦(2018/4/6)
  • 今季初参戦ということで時間休or定時ダッシュを狙っていたものの、いろいろと組織の都合で叶わず。遅延常習の西武電車にも悩まされ、西武球場前到着は19時15分。球場の大規模工事が始まった関係で直営以外のグルメワゴンは県道側に移され、ガラガラのスタンドとあわせすっきりとした印象。 試合は5回表、オリックス攻撃中で1対1と、今日もいい展開。ちょいちょいグラウンドを気にしつつ、L’s Cafeで夕食とビールを購入。自分的に [続きを読む]
  • 坂戸 北浅羽の安行寒桜(2018/3/18)
  • 川越市から東上線に揺られること約15分、いかにも閑散とした北坂戸駅に降り立ったのは13時すぎのこと。西口のシャトルバス乗り場に降りると、40分間隔がちょうど出たところみたいで…。徒歩を考えるも、初めて行くところなので次のバスを待つことに。 人影がほとんどないわりに、無駄にデザインセンスの働いた駅前風景。 北坂戸は1973年に、公団住宅の整備に伴い開設された駅。しかし建物の見た目にも高齢化が進んでいて、駅前か [続きを読む]
  • 浜離宮恩賜庭園(2018/3/11)
  • 東日本大震災から7年目のこの日。7年かぁ…。新橋駅を降りて、駅で見た地図を頼りにリバーサイドへ。道路が広く横断歩道が少なくて、歩道橋上がらないと行き止まりだとかいろいろとトラップが…。 汐留再開発エリア。汐留貨物駅と、運輸会社が集まるコンクリート色の目立つ場所だった。大手門橋を渡り窓口で少し並んで、入園料300円を支払う。天気は晴れ時々曇り、日射しは強いんだけど風があって暖かさはそれほど感じない。 園内 [続きを読む]
  • 長瀞・宝登山 蝋梅と雪解けの空中散歩(2018/2/11) その2(終)
  • 宝登山のロウバイ園は東と西の2園あって、公式だと東園が3〜4分咲き、西園が見頃とのこと。今年は開花が遅れているとのことだけど、東園も蕾がふくらんでいて、間もなく訪れる春を感じさせるには十分だ。 ロウバイは中国原産の落葉樹で、江戸時代に朝鮮から持ち込まれ、以降観賞用として栽培されてきたもの。品種によって、12月から2月ごろに花をつける。 学名のキモナンサスはそのまんま「冬の花」という意味で、寒い時期に咲 [続きを読む]
  • 長瀞・宝登山 蝋梅と雪解けの空中散歩(2018/2/11) その1
  • この真っ黒な山。10日前の雪が、まだこんなに残ってる。 例年、この時期の特急が混むことはなかったんだけど、所沢まで出てみると入間市以遠は満席とのこと。祭の湯、三峯神社、あしがくぼ氷柱あたりの宣伝が成功したか、昨夜のうちに予約しておいて正解だった。 特急「ちちぶ11号」に乗車。家に転がっていた「ほろよい」を持ってきたので、午前中ということも忘れてアルコール注入(笑 秩父方面が盛り上がってるのは喜ばしいこ [続きを読む]
  • 作成中
  • 宝登山のロウバイ園は東と西の2園あって、公式だと東園が3〜4分咲き、西園が見頃とのこと。今年は開花が遅れているとのことだけど、東園も蕾がふくらんでいて春の訪れを感じさせるには十分な景色だ。 <0088> ロウバイは中国原産の落葉樹で、江戸時代に朝鮮から持ち込まれ、以降観賞用として栽培されてきたもの。品種によって、12月から2月ごろに花をつける。 <5498> 学名のキモナンサスは「冬の花」という意味で、寒い [続きを読む]
  • 清瀬の雪(2018/1/22〜24)
  • 昨年から空振り続きで、もはや雪の予報なんてオオカミ少年程度にしか思ってなかったんだけど…。 危機感のないまま新宿駅に出ると、ホームドアの故障やら何やらでまともに動いてないJR線。池袋方面のホームは階段上まで並んでいたので、逆行きで代々木まで移動する。こんな本格的な雪は、2年ぶりかなぁ。 JRの余波で大混雑の大江戸線に乗って、練馬からはまた混乱を極める西武線。ようやくたどり着いた清瀬駅は、すっかり雪国の [続きを読む]
  • FC特典、届く(2018/1/30)
  • 公私ともにめちゃくちゃ忙しくて、気づいたらもうそんな時期かよ、という感じで。いやこれ、段ボールに入ってくる必要全くなかったんじゃないか?(注:写真右上) 特典は自動的に選ばれてしまったが、タオルセットということでモノはなかなかいいかな。あとは内野指定席引換券2枚、その他例年どおり。(←手抜き) カレンダーのラインナップは源田/秋山/浅村/菊池/炭谷/中村/栗山/森/山川/メヒア/金子/高橋光。ピッ [続きを読む]
  • 立川諏訪神社(2018/1/11)
  • 都内でも立川まで来ると、富士山がずいぶん近づいたように見える。 大規模開発が続く駅北側と違って、南側は駅前を離れれば静かなもの。風が強いのを除けばポカポカ陽気、こんな日に外出とはしめたもの。 商店の見当たらない「諏訪通り商店街」を抜けて、立川諏訪神社までは徒歩10分ほど。西暦811年に創建された古刹で、鳥居をくぐった境内はなかなか雰囲気がある。 とは言え、建築物がどれも新しいのがここの特徴。江戸期の」野火 [続きを読む]