PACO さん プロフィール

  •  
PACOさん: PACOのJOURNAL
ハンドル名PACO さん
ブログタイトルPACOのJOURNAL
ブログURLhttp://primavela.blog67.fc2.com/
サイト紹介文音楽、作曲、フランス語学習などの雑記です。時々手作りも。
自由文ピアノ教室をやりながら、好きなフランス語の勉強を続けています。手作りも大好き!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/06/19 16:38

PACO さんのブログ記事

  • 華頂宮邸と浄妙寺
  • 快晴の連休の一日 鎌倉にひょこっと行ってきました。目的は友人たちとのランチでしたが、その時に訪れた華頂宮邸と浄妙寺の石窯ガーデンテラスをご紹介いたします。華頂宮邸は、鎌倉駅から徒歩約20分ほどの報国寺の程近くにあります。ほとんどの人は竹林で有名な報国寺をめざすのですが、今回はスルー。というか、最近このお寺もかなりの大人気で連休中ということもあってか入り口は凄い人だかりでした。紅葉シーズンの嵐山を思い [続きを読む]
  • 仏検一級への道-18-
  • 今年も仏検一級エントリーの季節がやってきました。なんと、もう6回目になってしまいます。はい、つまり5回受けて5回だめだった、という事でございますね。在仏経験がないから…とか、言い訳がましいことは言いません。やはり努力が足りなかった、の一言につきます。ですので、昨年以上に努力したいところでしたが、此の所仕事が増えて午後はあまり集中して勉強することができなくなってしまいました。午前中に「フランス2」 視聴 [続きを読む]
  • Pont-Aven ポンタヴェン
  • 前回に引き続き、フランス旅行のひとこまをご紹介いたします。私はブルターニュ地方に同い年の友人がいて、旅行のたびにお宅におじゃまになってあちこちプチ旅行に連れて行ってもらっています。今まで訪れたのは、モン・サン・ミッシェル(ノルマンディですが…)、カンカル、カンペール、ギャシリー、ロシュフォールアンテール、ヴァンヌ、モルヴィアン、サングスタン、カルナック、フォジェール、そしてレンヌ。今回は3回目の旅 [続きを読む]
  • Chateau de Vaux-le-Vicomte ヴォー=ル=ヴィコント城!
  • この3月末、10日間だけですが2年ぶりにフランスへプチバカンスに行って来ました。期間中訪れた中でまずは、パリ郊外にあるヴォールヴィコント城をご紹介いたします。行き方は、パリからのツアーバスは四月からという事で、地力で行く必要がありました。パリの東駅からローカル線Provin行きに乗り、30分ほどでVerneuil l’Etang駅へ。もしもパリ市内の交通パスnavigo を持っていれば、お金はかかりません。駅に着くと、ロータリーに [続きを読む]
  • パリ・作曲家お墓巡り
  • 3月の中旬〜末にかけてフランスへプチ旅行に行ってきましたが、ちょうど日本ではお彼岸シーズンということもあり、パリに点在する墓地にある作曲家たちのお墓参りをしてきました。前回の旅行の時にペール=ラシェーズ墓地のショパンとビゼーのお墓を訪ねましたので今回はモンパルナス、パッシー、ルヴァロワ・ペレの3カ所へ。それぞれ特徴がある墓地で興味深かったです。まずはモンパルナス墓地。最寄りのメトロ駅はRaspail、Edg [続きを読む]
  • 仏人アテンド 八方園 & 庭園美術館
  • 良く晴れた一日、日本で日本語を勉強しているフランス人の友人を半日白金界隈に案内しました。まずは、白金八方園。かつての大名屋敷跡だけあって、庭園が見事なのです。高級マンションに囲まれた都会のオアシス。無料で見られるというのがまた嬉しい。樹齢500年の盆栽春にはきっと見事な桜が。友人も桜の季節に来たい、と力説していました。八方園内のカフェでお庭を見ながらティータイム。金柑のシロップ漬けをそえたシフォンケ [続きを読む]
  • 開運温泉旅
  • 今年度最初の小旅行は、栃木の喜連川に行ってきました。昨年暮れに暇つぶしにと買った「開運おでかけ手帖」をペラペラめくっていたら、28日の日曜日、いつも出かけている栃木〜北方面〜へのおでかけが大吉なのだとか。友達に伝えたら、開運旅行こう!ということになり、車を出してくれました。しかし、前週に降った雪が溶けず、山の方では新たに積雪があったようで当初予定していた那須方面はあきらめて、少し手前の喜連川温泉(き [続きを読む]
  • トートバッグ型2wayリュック
  • 長い間ネットショップの写真を観ながら悩みまくりましたが、(だって、結構私としてはよい値段のものだったから)やっと思い切って買いました。ホワイ(why)の2wayトートバッグ。ホワイは、馬の鐙と銜(はみ)のパターン模様が特徴のブランドです。ぱっと見、普通のトートバッグのようですが、ショルダーのひもをずずっと引っ張るとあっという間にリュックになります。普通の2wayバッグと違い、ひもが1つですむ、というのがポイ [続きを読む]
  • 通訳案内士セミナー参加
  • 今日は、通訳案内士学校主催の無料セミナーに行ってて来ました。セミナー参加は2度目。今回は、昨年合格発表の後、また新制度が始動する年ということもあり受験前に少しでも情報収集出来れば…という気持ちで参加しました。(無料ですしね^^;)会場は満席。全体的に年配者が多い感じ。今年度新たに加わる科目(実務)の情報が欲しかったのですが、まだガイドラインはハッキリしていないとのこと。しかし、新年度(四月)に入っ [続きを読む]
  • フランス人アテンド〜柴又〜
  • 今回は、リヨンから3度目の来日の仏人に「あまり知られていない観光地に行きたい」と頼まれて、葛飾 柴又へ行って来ました。アテンドとは書きましたが、仕事ではないのでふつうに観光にお付き合いした、という感じです。私は柴又は2度目。交通アクセスがちょっと不便ということで、近郊からも観光に行く人はあまりいないようですが、なかなか魅力ある街ですよ!!駅前広場に鎮座まします寅さん像と…昨年完成したというさくら像。 [続きを読む]
  • フランス風味のブックカバー
  • お天気の悪い祝日は手作り日和。2月にフランスに旅行に行く友達にこんなプレゼントを作りました。文庫本カバーです。生地はトゥーロンで購入した生地(ヨガマットカバーの余り)に、アイロンでラミネートシートをつけました。栞がわりのチャームのエッフェル塔は、日暮里繊維街で50円で買いました。バッグの中できちんとページが閉じられているように、ゴムのベルトもつけてあります。(私は、手帳にも自分でベルトをつけています [続きを読む]
  • 通訳案内士の今後
  • 今年度より、通訳ガイドの仕事は、原則通訳案内士の資格のない人でもできるように法律が改正になりました。昨年度までは、無資格のガイドは報酬を得てはいけなかった(ボランティアとしては可能)のですが、来日外国人の急増に伴うガイド不足の現状に適応させるため…(実際はモグリのガイドが横行していたらしい)だそうです。そうすると、難関資格のひとつである通訳案内士資格の方が薄れてしまうのでは、という懸念があちこちか [続きを読む]
  • おめでとうございます!
  • 2018年明けましておめでとうございます戌年の今年の目標は????仏検1級合格!????そして、(あわよくば?)通訳案内士試験合格!今年も元日から名詞化辞典だけはやりましたよ。何かの啓発本で読んだ「三日坊主も50回やれば年間150日分」の勉強…に、成る程なぁ、と思うこの頃です。とりあえず、意欲だけは?維持できている事に感謝!!にほんブログ村 [続きを読む]
  • フランス人アテンド浅草&日光 partⅡ
  • 仏人ご夫婦を半日+一日観光案内したという体験。前回の続きを書こうと思っていたら、あっという間に二週間以上経過してしまいました!(^▽^;)東照宮観光を楽しんだあと向かったのは、田母沢御用邸記念公園。大正天皇の皇太子時代からの旧御用邸です。古くは紀州徳川家の屋敷を移築したものだとか。紅葉シーズンを終え、静寂の中に佇む広々とした屋敷…って、めっちゃ寒かった((((~~▽~~ ;)))!!!ところどころにヒーターが置いて [続きを読む]
  • フランス人アテンド 浅草&日光 part1
  • 知人の紹介により、グルノーブルから来日したフランス人ご夫婦に2日間(正確には1日半)観光のお共をすることになりました。通訳案内士を目指す私にはまたとないチャンス!ということで、初日は浅草(この写真は夏に別のアテンドをした時のものですが^^;)地下鉄出入口で待ち合わせ、仲見世、浅草寺、浅草神社、裏通りなど散策の後お好み焼きをたべ、隅田川ぞいを散策…と、ベタなコースでしたが^^;喜んでいただけたみたいで [続きを読む]
  • 平林寺@新座
  • もうかれこれ10年以上前から週に一度、用事で新座に行っているのですが、新座にこんな紅葉の名所があるということを最近まで知りませんでした!先日帰りがけに時間があったので立ち寄ってみました。総門平林寺は開山が南北朝時代と古く、新座の寺が建立されたのは江戸初期ということです。山門 金剛力士像がまつられています。載渓堂鐘塔寺の風格もさることながら、境内いたるところに植えられているもみじと天然記念物に指定され [続きを読む]
  • まいにちフランス語
  • 10月から久しぶりに、まいにちフランス語応用編を聞き始めました!最初に聞き始めたのは2011年頃かな?ドラ・トーザンさんが仏人講師で、日本文化や慣習に関する印象、感想や疑問を述べて日本人講師と討論débat する、というとても勉強になるとシリーズでした。当時の私には、ちょっと難しめの時もありましたが、何度も繰り返し聞いて勉強し、ボキャブラリーを増やす事もできました。ドラ先生がイカ、タコ大の苦手、という事が妙 [続きを読む]
  • 赤坂迎賓館
  • 某真珠会社主催の1日バスツアーで、念願の赤坂迎賓館へ行って来ました。翌日からは、トランプ大統領来日の準備のため、しばらく見学できなくなるとか。ラッキーでした。西門から入り、館内を見学。ベルサイユ宮殿を彷彿とさせるルネッサンス様式で、壁や天井などの装飾がきらびやか、かつ日本人職人のなせる技精巧さ。素晴らしかったです。特に、花鳥の間にある涛川惣助の七宝焼きの花鳥画。テレビ番組で見て興味を持ったのですが [続きを読む]
  • 革のペンケース
  • 先日手作りヨガマットケースをご披露したので続けざまに手作り作品をご披露したくなってきました^^;とは言っても、こちらの作品はだいぶ前(今年の初め頃)に作成したものです。このころ、レザークラフトが何となくマイブームで、日暮里のレザーショップに行っては革の端切れや糸、ミシン針などの小物を色々買って帰っていたものでした。…で、作ったのが結局これだけで^^; ペンケース4つです。フフ、でもそれなりによくできて [続きを読む]
  • 手作りヨガマットケース
  • 最近…といっても3ヶ月前からですが、ジムに通い始めました。??週2〜3回のペースでマシントレーニング&ウォーキング又はバイク、そして週一でヨガ、時々エアロビも。スタジオレッスンはまだまだドッタンバッタンと初心者レベルですが、徐々に慣れて来ましたよ〜〜。体力維持は、記憶力ややる気の維持にも繋がるかと思うので、勉強したことがスムーズに頭に入っていくといいなぁ…ところで、始めて3ヶ月、ついに?マイヨガマット [続きを読む]
  • 通訳案内士
  • ワタクシめ、今年度で5回連続して仏検1級不合格となり、まあ、仕方ないといえば仕方ないのですが、ふと、この先ずっと年に一度きりの試験だけを目指して勉強を続けていくのにモチベーションが保てるものなのか、と思ってしまいました。じわりじわりと合格点に近づいてはいますが、その合格を勝ち取るために、本来の(実践的な)フランス語の勉強とは違った「試験対策」のための勉強、いってみたら重箱の隅をつつくような文法や語 [続きを読む]
  • Wikipédia & Wictionnaire をマイ単語帳に!
  • 最近、フランス語の単語に限らず、いろいろな名前の度忘れが多くて、本当に年齢による衰えを感じてしまいます。(ーー;)例えば、俳優さん、歌手などの名前がパッと出てこない。会話をしていて名前が出てこないとイライラするのでこっそりとスマホで検索して調べたりして…フランス語の単語はいわんや、なっかなか身につかないですよね。よく使う単語だって偶にど忘れする。フランス人との会話の途中で生じる度忘れがの歯がゆい事とい [続きを読む]
  • 仏検結果!
  • 6日は仏検の結果発表でした。インターネット発表を恐る恐る…残念ながら、今年も不合格でした(T^T)ついに、5度目のチャレンジもむなしく…。点数は、昨年からやや↑して、74点。あ、あと1点でようやく半分…!?合格最低点まであと13点でした。詳細がわからないのでどこをどう間違えたのかが残念ながら不明なため次回に向けての対策が立てづらいのですが、自分としては「名詞化」はもう、やるだけのことはやっているのでこれ [続きを読む]
  • アルチンボルド展
  • 友人と夜待ち合わせする前に時間があったので、ひさしぶりに美術展に行ってきました。上野 西洋美術館で開催中のアルチンボルド展です。西洋美術館は2、3年振りですが…世界遺産指定になってから訪れるのは初めて。建物を改めてじっくり見るのも楽しみでした。アルチンボルドはミラノ出身でウィーンの宮廷画家だった人ですが、野菜や魚、動物を寄せ集めて人物像を作り上げるという手法で有名です。猫や人間で人の顔を形作った江戸 [続きを読む]
  • 音楽由来のフランス語
  • 以前、 「ラテン語由来のフランス語」というタイトルで記事を書かせていただきましたが、今回は時々目にする音楽用語や楽器など、音楽関連の用語をもちいた日常のフランス語をまとめてみようと思います。diapason 音叉のこと Nous sommes au diapason というと、「私たちは調子(気)が合っている」という意味になるようです。couac 吹奏楽器等の調子外れな音のこと。「クアック!」ってまさにガチョウのガーガーいう鳴き声に [続きを読む]