『オンリーワン』自分らしく生き抜く アサヤン さん プロフィール

  •  
『オンリーワン』自分らしく生き抜く アサヤンさん: 成功者から学ぶ、これからを生き抜く生き方
ハンドル名『オンリーワン』自分らしく生き抜く アサヤン さん
ブログタイトル成功者から学ぶ、これからを生き抜く生き方
ブログURLhttps://ameblo.jp/kawachi-hide/
サイト紹介文皆さんで色んなことを解決して、前向きに楽しく過ごしましょう!
自由文『自分なんて!』『私なんて!』と
自分を卑下していちゃだめなんだ!
心の持ち方一つでこんなにも人生が大きく変わるだということを老若男女を問わずお話ししたいですね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供643回 / 365日(平均12.3回/週) - 参加 2013/06/20 10:26

『オンリーワン』自分らしく生き抜く アサヤン さんのブログ記事

  • 遽伯玉使人於孔子、孔子與之坐而問焉、曰夫子何爲、・・・。 〜 孔子さん 
  • 遽伯玉使人於孔子、孔子與之坐而問焉、曰夫子何爲、對曰、夫子欲寡其過而未能也、使者出、子曰、使乎使乎。 遽伯玉(きょはくぎょく)、人を孔子に使いせしむ。孔子これに坐(ざ)を与えて問いて曰わく、夫子(ふうし)何をか為す。対(こた)えて曰わく、夫子は其の過(あやま)ち寡(すく)なからんことを欲して、未(いま)だ能(あた)わざるなり。使者出ず。子曰わく、使いなるかな、使いなるかな。 ≪解釈≫(衛の大夫である)遽伯玉(きょ [続きを読む]
  • 子曰、古之學者爲己、今之學者爲人・・・。 〜 孔子さん 
  • 子曰わく、古(いにしえ)の学者は己の為にし、今の学者は人の為にす。 ≪解釈≫孔子がおっしゃいました。「昔の人々は自分を向上させるために学んだ。今の人々は地位と名誉のために学んでいる。」 ≪後述≫  自己超越の欲求  (高階層)     ↑  自己実現欲求     ↑承認・自己承認の欲求     ↑社会的欲求と愛・所属の欲求     ↑   安全欲求     ↑ 生理的欲求    (低階層) (マズロ [続きを読む]
  • 全体で決まったことなので・・・などというのは、・・・。 〜 松下幸助さん
  • 全体で決まったことなので・・・などというのは、責任者として取るべき責任の自覚が欠けている。 ≪後述≫たとえ多数決で決まったことであったとしても、その責任者が「これは絶対に良くない。自分の責任において出来ることではない。」と判断した場合には、そのことをはっきりと明言してそれをやめさせるとか、それが出来なければ自ら責任者としての地位を潔く退くと云うことも考えられると思います。 責任ある姿勢、態度をとっ [続きを読む]
  • 子曰、君子上達、小人下達。 〜 孔子さん 
  • 子曰く、君子は上達し、小人は下達(かたつ)す。 ≪解釈≫孔子がおっしゃいました。「人格者は高尚な事柄に精通する。つまらない人間は下賎な事柄に精通する。」 ≪後述≫「好きこそものの上手なれ」という諺がある。得てして人は、興味あるものに無意識に惹かれているのである。 高尚であるか下賎であるかは別として、無意識に惹かれてしまっているのが実態なのである。その為にも、仁に基づいた信義礼智真を念頭に置いた言動 [続きを読む]
  • 子路問事君。子曰、勿欺也、而犯之。 〜 孔子さん 
  • 子路、君に事(つか)えんことを問う。子曰わく、欺くこと勿(な)かれ。而してこれを犯せ。 ≪解釈≫子路が主君に仕えることをお訊ねした。孔子はおっしゃった。「欺(あざむ)いてはいけない。そして逆らってでも諌(いさ)めよ。」 ≪後述≫「誠を尽くして仕え、過ちがあれば諫めよ」とは、仕える際の側近としての要諦だと云えます。幾ら諫めよと云ってみたところで、相手に信用されていなければ、諫めたところで有難迷惑で [続きを読む]
  • 陳成子弑簡公。・・・。 〜 孔子さん 
  • 陳成子弑簡公。孔子沐浴而朝、告於哀公曰、陳恆弑其君。請討之。公曰、告夫三子。孔子曰、以吾從大夫之後、不敢不告也。君曰、告夫三子者。之三子告。不可。孔子曰、以吾從大夫之後、不敢不告也。 陳成子(ちんせいし)、簡公を弑(しい)す。孔子、沐浴して朝(ちょう)し、哀公に告げて曰わく、陳恆(ちんこう)、其の君を弑す。請う、これを討たん。公の曰わく、夫(か)の三子に告げよ。孔子の曰わく、吾れ大夫の後(しりえ) [続きを読む]
  • 恵まれた生活も結構だし、恵まれない暮らしも結構、 〜 松下幸助さん
  • 恵まれた生活も結構だし、恵まれない暮らしも結構、何事も結構という気持が大切だと思います。 ≪後述≫健康であるために必要なことは、栄養であるとか、休養とかいろいろあるが、特に大切なのは心の持ち方なのです。 命をかけるというほどの熱意を持って打ち込んでいる人は少々忙しくても疲れもせず、病気もしないものです。 本日もあなたの貴重なお時間を頂戴し、ありがとうございます。 天才脳開発パーフェクトブレイン【東 [続きを読む]
  • 子曰、其言之不怍、則其爲之也難。 〜 孔子さん 
  • 子曰わく、其の言に怍(は)じざれば、則(すなわ)ちこれを為すこと難(かた)し。 ≪解釈≫孔子さんはおっしゃいました。「自分の言葉に恥を知らないようでは、その発言内容を実行することは難しい。」 ≪後述≫「有言実行」という言葉は、論語内において孔子がたびたびおっしゃっている事です。しかし、このような当たり前のことがなかなか実行するとなると難しいものです。 孔子は巧言令色や大言壮語を嫌っており、自ら語った理 [続きを読む]
  • 公叔文子之臣大夫僎、與文子同升諸公、子聞之曰、可以爲文矣。〜 孔子さん 
  • 公叔文子(こうしゅくぶんし)の臣、大夫僎(せん)、文子と同じく公(こう)に升(のぼ)る。子これを聞きて曰わく、以て文と為すべし。 ≪解釈≫公叔文子(こうしゅくぶんし)は家臣であった僎(せん)を文子の推薦で大臣となり昇殿を許された。孔子がこれを聞いておっしゃいました。「まさに “文” の名に相応しい人だな。」 ≪後述≫「文子(ぶんし)」なる諡号(しごう)は、当時死後に贈られる使者に対する最高の称号とされており、その [続きを読む]
  • 知識はなくてもいいんや・・・。 〜 松下幸之助さん
  • 知識はなくてもいいんや熱心ささえ誰にも負けなかったら必ず道は開ける ≪後述≫まず、物事に深く心を打ちこむこと。「必ずできる」という出来ている姿を考えて一心に打ち込む。 まず打ちこむこと。それが物事に対する意気込みへと変わるのです。 熱心さは自分自身の決意なのだが、そのあなたの強い熱意は自然と周辺の人に伝わるのです。 あなたの熱意が周辺の人に伝わるからこそ、あなたの周辺の人が集まってくるのである。 あ [続きを読む]
  • たとえ平凡で小さなことでも、・・・。 〜 松下幸之助さん
  • たとえ平凡で小さなことでも、それを自分なりに深く噛みしめ味わえば大きな体験に匹敵します。 本日も貴重なお時間を頂戴しまして有難うございます。今日という日があなたにとって最良の日でありますように!                                                          拝 天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】 [続きを読む]
  • どんなに悔いても過去は変わらない・・・。 〜 松下幸之助さん
  • どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。 本日も貴重なお時間を頂戴しまして有難うございます。今日という日があなたにとって最良の日でありますように!                                                          拝 天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】 [続きを読む]
  • 子路曰、桓公殺公子糾、召忽死之、管仲不死、曰未仁乎、・・・。〜 孔子さん 
  • 子路曰、桓公殺公子糾、召忽死之、管仲不死、曰未仁乎、子曰、桓公九合諸侯、不以兵車、管仲之力也、如其仁、如其仁。 子路(しろ)が曰わく、桓公(かんこう)、公子糾(こうしきゅう)を殺す。召忽(しょうこつ)これに死し、管仲(かんちゅう)は死せず。曰わく、未(いま)だ仁ならざるか。子曰わく、桓公、諸侯を九合(きゅうごう)して、兵車(へいしゃ)を以(もっ)てせざるは、管仲の力なり。其の仁に如(し)かんや、其の仁に如かんや。 ≪ [続きを読む]
  • 老いも若きも道は必ず開ける 〜 松下幸之助さん
  • 志を立てるのに、老いも若きもない。そして志あるところ、老いも若きも道は必ず開けるのである。 ≪後述≫人がこの世に生きていく限り、やはり何かの理想を持ちたい。希望を持ちたい。それも出来るだけ大きく、出来るだけ高く。 松下幸之助 本日も貴重なお時間を頂戴しまして有難うございます。今日という日があなたにとって最良の日でありますように!                                    [続きを読む]
  • 子曰、晋文公譎而不正、齊桓公正而不譎。〜 孔子さん 
  • 子曰わく、晋の文公は譎(いつわ)りて正しからず。斉の桓公は正しくして譎らず。 ≪解釈≫孔子はおっしゃいました。「晋の文公は策謀を用いて正道を踏まなかった。斉の桓公は正道を踏んで策謀を用いなかった。」 ≪後述≫晋の文公(ぶんこう:在位BC636-BC628年)と斉の桓公(かんこう:在位BC685-BC643年)は、春秋五覇(しゅんじゅうごは)と呼ばれており、中国の春秋時代に周王朝に代わって天下を取り仕切った覇者の内の2人で [続きを読む]
  • 子曰、臧武仲以防求爲後於魯、雖曰不要君、吾不信也。〜 孔子さん 
  • 子曰わく、臧武仲(ぞうぶちゅう)、防(ぼう)を以(もっ)て魯に後(のち)たらんことを求む。君を要せずと雖(いえど)も、吾(われ)は信ぜざるなり。 ≪解釈≫孔子はおっしゃいました。「(罪によって、魯から斉に亡命する際)臧武仲(ぞうぶちゅう)は、防に拠って後継ぎを立てたいと魯に要求した。臧武仲が魯公に(お願いしたことであって)決して強要したのではない。と言ったところで、私はそれを信用することは出来ない。」 ≪後述≫ [続きを読む]
  • 現在に最善を尽くすこと 〜 松下幸之助さん
  • どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。 ≪後述≫賢人たちは言います。 決めつけを手放し、おそれを手放し、勇気を出して心を大胆に開くと、自分を愛するため、誰かを愛するため、そして世界を愛するためだけ、気持ちを抱くようになります。 恐怖には二種類あります。「いわれのある恐怖」と「いわれのない恐怖」です。「いわれのある恐 [続きを読む]