巡 さん プロフィール

  •  
巡さん: めぐりあい
ハンドル名巡 さん
ブログタイトルめぐりあい
ブログURLhttp://musictherapy87.blog.fc2.com/
サイト紹介文LGBTかDIDか両方か
自由文Xジェンダーの謎と解離
もう一人の自分と同性愛
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/06/21 22:07

巡 さんのブログ記事

  • 短編作家
  • 昨日の私と 今日の私は 同じじゃない今日の私と 明日の私も 同じじゃないだから いいの 変わっても当たり前なの 変わるのは今日の自分を 生きて いいのコンクリートが固い 大地は柔らかいのにどうしてヒトは 地面を固くしたのだ 足が痛いじゃないか柔らかいままなら きっと 歩くことも立つことも もっと楽だったんじゃないだろうかとか言いつつ コンクリートの上を 颯爽と 自転車で走っているのだけれど便利は  [続きを読む]
  • 何もいらない 何もならない
  • 無添加 無添加になりたい 何もいらない もう何もいらない原稿用紙も嫌いかも 線はあってもいいかな規則的っていうのは綺麗だけど 美しくはないかも不自然じゃない?自然は自由 自由がいい無地 いいえ ほんとうは ノートすらほしくない 自由に書きたいノートに書けば怒られない 机や床や道に書いたら 怒られてしまうね書いて 何になる? 何もならないよ知ってるでしょう そのくらい それでも 書きたいんでしょうに [続きを読む]
  • 唄うたい
  • 僕は唄うたい春も夏も秋も冬も 一人か二人の客を前に うたってるテレビの中では きらやかな衣装をまとい 愛だの幸せだの 唄っている人たち僕もうたってみたいな 愛してくれてありがとうって涙をこぼしながら 僕がうたうのは愛でも幸せでもない 絶望と苦悩なんだにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 枯葉
  • 病室の窓から 一枚だけひらひらと揺れる枯葉が 見えたという有名な このシチュエーションに 少しセンチメンタルになる ほんの少しああ 秋は短い 風はすっかり冷たくなった年越しの頃には 皆で騒げるだろうかそれにしても なぜ あんな頼りない枯葉に己の命を重ねたのだろう死というものは 迫れば そんなに脆く感じるものなのだろうかあの一枚の枯葉がいとも簡単に落ちてしまうほどに命はあっけなく消えるのだろうか風に [続きを読む]
  • おやすみ
  • ねむい ねようか あおいろのせかいへ いこうかねむってるあいだは どこにいくの あいいろのせかいうみ? そら? どこだろううみで そらで どこだろうぼくだけの あおいせかいおやすみにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 『会いたい』スピンオフ『愛してる』
  • 【R18】【BL】――――――――――――生一はドライだ。スイッチが入るのに時間がかかる。とても時間がかかる。ベッドに寝転んで本を読んでいる生一にちょっかいをかけにいく。手が疲れるのだろう、横向きに寝て、ベッドに本を置けるようにしている。頬をつつくと、視線だけよこして、見逃してしまいそうなほど微かに笑う。最初は、あんまりスキンシップが好きじゃないのかなとか、高校時代の距離感を思い出し、でもあの甘えよう [続きを読む]
  • 洗脳
  • 僕たちは洗脳の中に暮らしている。それに気づいている人はチラホラ出てきている。今までは、気づいた人は消されるなりつぶされるなりしてきた時代だ。だか、これからはもう違う。Happyちゃんは、エイブラハムのCDを擦り切れるくらいに聴いたそうだ。山川夫妻だって長い人生経験があったからこそだろう。映像のザ・シークレットの人たちだってそうだ。斎藤一人さんもそう。どうすれば楽に生きられるかという問いに、こうすればいい [続きを読む]
  • 『しかたない』
  • 僕は幼い頃から、『しかたない』という言葉が嫌いだった。人事を尽くさずに諦めるような響きであるとか大人が子供に言い訳をするときに用いられる無言の制圧のような響きであるとかそんなこんなで僕はあらゆる現象を『しかたない』で片づけてしまうのが嫌だった。ところがそんな僕にも転機は訪れて『しかたない』で片づけていなければどうしようもないような出来事ばかりが起きた『しかたない』『どうしようもない』そんな僕が嫌い [続きを読む]
  • ハリボテの愛
  • 夜明けが好きだった自分と 鉢合わせをしないよう 早起きはしなくなった花が好きだった自分に出くわさないよう 木を選んだパステルカラーが好きだった自分を呼び起こさないよう 濃い色を身に着けた子どもだった自分を忘れようと 大人のフリをした女だった自分を忘れようと 男のフリをした自分が自分でなくなるよう 頑張ってしまったんだハリボテの自分 それでも 愛と呼べるのかにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 花になれ
  • 花が咲き 散るに舞い 僕に降り注ぐは 愛だろうか大切なものは いくらでも僕に降り注いでは 君を笑わすあたたかいこの気持ちが どうしてか 目からあふれて 熱く変わっていく熱さが哀しみや恐れに変わることのないよう 僕は大きく口をあけて笑ったしあわせなんだ とても君に贈る愛のうた 僕が歌うよ 愛のうた芽が出て 枝が伸び 花が咲くにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 再創造
  • さあ どれを選ぶ?目の前に 視界いっぱいにキラキラと光っているのは ガラスの破片そのひとつひとつは 「不幸」ださあ どの「不幸」を選ぶ?どの未来を選ぶ?「もしも」は無理だ来ることのない未来を体験することはできないさあ どれを選ぶ?キラキラと光る 無数の「不幸」を前に君は 今 どんな気持ち?事故 虐待 いじめ 病気 自殺どれがいいかな どんな人生がいいかなどうして僕はここにいるんだろういっそ すべて [続きを読む]
  • うつつ
  • 地面なんてくずれて 地球は水びたしよ大丈夫 はじめから 水びたしだったじゃないカラダなんて溶けて消えてしまうわ大丈夫 はじめには カタチなんてなかったじゃない風が時間をまわしているわ空は本当は何色なの?この目に映る世界がすべてじゃないそれなのに 私はこの世界しか見ないにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • もぐら
  • もぐら もぐら もぐらつちの中 いいよつちのうえ 出たいよもぐら いいよ出されたら いやだよ好きなときに 出るよもぐら もぐら もぐら好きなときに好きなことをするよにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 眩しくて
  • あの頃は 何も見えなかった優しい匂いがする 意識が浮上するや否や ほころんだ頬漂う香りに誘われて 足取り軽く向かうのは 君の隣あの頃は 何も見えなかっただけどね 今だって何も見えないんだ こんなに眩しくて柔らかい食パン 香ばしいベーコンエッグ 甘いココア緩やかな時の流れ 穏やかなぬくもり 静かな呼吸あの頃は 何もわからなかったなのにね 今はいろんなことがわかる こんなにもたくさんあの頃は 何も見え [続きを読む]
  • 砂の城
  • 波のかたち 残る砂浜 小さな粒 集めてつくる 砂の城ああ 流されるしみ込んだ汗も 詰め込んだ思いも 尖らせた塔も 固めた柱もああ 流されるもう一度 もう一度 波打ち際もう一度 もう一度 砂の城ああ 流される何度でもつくるよ だから 何度でも流して何度でもつくるよ いつも 新しい砂の城にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 音の無い声
  • 音の無い声で呼ぶ あなたの名前音の無い声で叫ぶ あなたの名前その手で 撫でてくれたら それでよかったその腕で 抱きしめてくれたら それだけでよかった音の無い声で呼ぶ あなたの名前音の無い声で叫ぶ あなたの名前涙をぬぐってくれたら それでよかった愛してる そう言ってくれたら それだけでよかった音の無い声で歌う あなたの名前にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 降り神
  • 降り 重ね 祈り 飛ぶ言葉をしたため 愛を唄う君の笑顔 咲く 隣に風でもいいから 見守ることができたら捧ぐだけの 名も無きこの想い 涙にはしない鶴に誤魔化して 大空に行け 僕の手など届かぬ所へ 飛んでいけにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 告白
  • 静かで 優しい恋がしたい強くて 安心する恋がしたい例えば 種から育てるように ふたりで育んでいきたいいつか大樹になって その木陰でまどろむような そんな恋がしたいその大樹を多少殴ったところで 僕の手が痛むだけの そんな安心を抱きたい泣くほど好きなのか 泣くほどつらいのか わかりませんがあなたのそばにいたいと思いました今から告白をしに行きますただ 「生きろ」と叱ってくれませんかただ 僕が生きることを [続きを読む]
  • Moon light
  • 空腹が邪魔で 生きていることを 嫌っていた眠気が邪魔で ひとであることを 嫌っていた重い肉体 軽い脳みそ 熱い目がしら 冷たい手月が溶け落ちたなめらかなそれを指に絡ませて そっと口づけるこのまま僕も溶けて流れて ひとではない何か 別のものになりたい雑踏が邪魔で ひとと笑うことは 面倒だった別れが邪魔で ひとと会うことは 面倒だった赤い肉体 青い脳みそ 黒い瞳 白い世界僕が溶け落ちたなめらかなそれを [続きを読む]
  • 移ろう
  • 一瞬たりとも 同じ色の空はない移ろいゆく空のごとく 時間も心も移ろいゆく刹那を生きることは こんなにも心震えるものなのにどうして同じ日々を繰り返してると思ってしまうのだろう移ろいゆく空のように 心を自由に色づけたい一瞬 一瞬 色を変えながら生きていたいとどまっていたくない光と影を感じながら カラフルな世界を旅したい移る空の色のままに ゆだねたいカラフルであることを 移ろうことをしっているのだから身 [続きを読む]
  • 感情
  • 全ての感情は 綺麗だと思う一見 嫌われるような どす黒いとさえ形容される感情も私は綺麗だと思う綺麗だと思い込むことで 己を救っているのかもしれないでも そうだとしても私の言葉に耳を傾けてくれるだろうか全ての感情は 綺麗だと思う自分が自分だから生まれる 唯一無二の尊いものだと思う感情が芽生えるという 己の活き活きとした様を愛おしく思う例えば どす黒いといわれる感情を持ち合わせていなければ私は欠陥人間 [続きを読む]
  • もう いいよ
  • 頑張ったね 今も頑張ってるよね君は決して うなずこうとしないけど素敵な夢 誇れる過去のためにいつだって「今」を苦しんできたもういいよ もういいんだよじゅうぶんだよ もう素晴らしい生きていれば それだけでいいってこと君は決して 認めようとしないけど素敵な人 強い人になるためにいつだって自分を苦しめてきたもういいよ もういいんだよじゅうぶんだよ もう素晴らしい頑張った 頑張ったんだよありがとう 君が好 [続きを読む]
  • 魂年齢が高くとも
  • 魂年齢が高くともそれ相応の人生であるのだから苦しいのである人の心では耐えられないからじかに経験する苦しみはこれでも最小限だからエンパスなんだろう他人の苦しみをエンパスとして感じることによって苦しみの経験値を積んでいるだけなのだこれでも相応の苦しみなんだよいくら魂年齢が高くとも苦しいんだよだからこそでしょう喜びに向かって生きるのはだからこそでしょう生きる勇気を出し続けるのはだからこそでしょう仲間とと [続きを読む]
  • 記録
  • 2017.7.18 記録自分分析に振り返り給えーーーーーーーー死にたい、と思うことは「あら、なぜそう思うのですか?」って自分と向き合うための合図結構大事な合図。ならば死にたいと思ったって良いんだむしろ「どうしたの?」ってちゃんと耳を傾けてあげた方がいい心の声なんだ「死にたいなんて言ってはいけない」という呪縛から解放されようこの呪縛は僕の社会生活やプライドを守ってきたけど目を背ける言い訳にもなっていた「なぜ [続きを読む]
  • 記録 えせ関西人
  • 自分で自分を守れるようになるまで解離して守ってきたんやねすごいやんかなんや!俺かなり順調に生きてきたんとちゃうか?!?!?!そんなの知ってたけど!こうも実感がわくもなんや!!!!!!まぁ〜、よかったんちゃうか?ヒーリングをたくさーん知った上で本来の自分に戻る準備ができたーってことやってな?うまいこと浄化やグラウンディングの方法知ってきたやないか〜あとはエネルギーフィールド?なんやったか自分のエネル [続きを読む]