ちょいよし専門家 みやちゃん さん プロフィール

  •  
ちょいよし専門家 みやちゃんさん: ちょいよし わ→るど
ハンドル名ちょいよし専門家 みやちゃん さん
ブログタイトルちょいよし わ→るど
ブログURLhttps://ameblo.jp/cyoiyoshi-miyacyan/
サイト紹介文「ちょいよし」であなたの成功のお助けをします(*^^*)
自由文「出版を実現する!」と決意して顔晴り中の“ちょいよし専門家”こと、みやちゃんです
「ちょいよし」とは、成功を引き寄せる「ちょっとしたよいこと」のこと
「ちょっとやってみよう」と思う、取り入れやすいものを毎日紹介しています(*^^*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供377回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2013/06/23 07:27

ちょいよし専門家 みやちゃん さんのブログ記事

  • ちょいよし No.2517 持続性のあるやる気は…
  • 今日の?ちょいよしワード?一瞬のやる気なら誰でも持てる。けれども持続性のあるやる気は深く認識したものだけに宿るのである 読者のみなさん、こんにちは。今日も名言の紹介です。 今日は「プロ野球ナイター記念日」だそうです。1948年のこの日、横浜ゲーリッグ球場で日本初のナイター・巨人対中部(現在の中日)戦が行われたのだそう。「ナイター」という言葉もこの時初めて使われたそうです。また、今日は「パイナップルの日」 [続きを読む]
  • ちょいよし No.2516 トロフィーワイフ
  • 今日の?ちょいよしワード? 私の成績は、私に『トロフィーワイフになれ』と言ってくる……でも私の容姿は、私に『必死に勉強しろ!』と言ってくる。 (トロフィーワイフとは、魅力的で若い自慢の妻のこと) 読者のみなさん、こんにちは。今日も名言のみの紹介です本の紹介、休みすぎっていうツッコミはなしでお願いします 今日は「女子大生の日」だそうです。1913年のこの日、東北帝国大学(現在の東北大学)が女子受験生3人の合 [続きを読む]
  • ちょいよし No.2516 トロフィーワイフ
  • 今日の?ちょいよしワード? 私の成績は、私に『トロフィーワイフになれ』と言ってくる……でも私の容姿は、私に『必死に勉強しろ!』と言ってくる。 (トロフィーワイフとは、魅力的で若い自慢の妻のこと) 読者のみなさん、こんにちは。今日も名言のみの紹介です本の紹介、休みすぎっていうツッコミはなしでお願いします 今日は「女子大生の日」だそうです。1913年のこの日、東北帝国大学(現在の東北大学)が女子受験生3人の合 [続きを読む]
  • ちょいよし No.2515 生き様は自分次第
  • 今日の?ちょいよしワード? 戦いは相手次第。生き様は自分次第 読者のみなさん、こんにちは。今日も名言のみの紹介です 今日は終戦の日ですね。掲出の言葉は小野田寛郎(おのだ ひろお)陸軍少尉の言葉。 氏は、日米開戦後の44年12月にフィリピン・ルバング島に派遣されました。以来、終戦を知らないまま30年間、任務解除の命令を受けられないまま島で戦闘を継続。74年3月、作戦任務解除令を受けて51歳で日本に帰還しました。 [続きを読む]
  • ちょいよし No.2514 専売特許の日
  • 今日の?ちょいよしワード? 組織に貢献してくれるのは優秀な者よりも能力は並の上だが、忠実な者の方だ 読者のみなさん、こんにちは。今日も名言のみの紹介です 今日は「専売特許の日」1885年のこの日、日本初の専売特許が交付されたのだそう。 歴史上、「既得権」と戦った人物は多い。その代表たる人物が織田信長です。彼は、既得権を守ろうとする寺社勢力と真っ向からやりあい、楽市楽座などを打ち出し自由市を創設したりしま [続きを読む]
  • ちょいよし No.2513 左利きの日
  • 今日の?ちょいよしワード? 日本人はよ天才と仕事するのに向いてねぇ出る杭にビビって、和を重んじるお国柄…クソ食らえだ日本で天才がなんて呼ばれているか知っているか?…"怪物"だあいつは天狗になってるあいつは仕事がやりづらいあいつはワガママだ全部能無しの言い訳だろうが 読者のみなさん、こんにちは。今日も名言のみの紹介です 今日は「左利きの日」だそうです。左利きに関する名言を探していたら、「左利きのエレン [続きを読む]
  • ちょいよし No.2512 君が代記念日
  • 今日の?ちょいよしワード?自分の国の国旗や国歌に敬意を表さない人が他国に対して敬意を表する事ができますか 読者のみなさん、こんばんは。この数日、中学校の同窓会の準備やら何やらで本が読めていなくて、今日も名言のみの紹介です 今日は「君が代記念日」だそうです。1893年のこの日、文部省が小学校の祝日・大祭日の唱歌に「君が代」「一月一日」などの8曲を定めたのだそう。そして、1999(平成11)年に「国旗国歌法」によ [続きを読む]
  • ちょいよし No.2510 ムーミンの日
  • 今日の?ちょいよしワード?逆よ、全く逆よ。自分と向き合うにはひとりになるんじゃないわ。いろんな人と関わりあうのよ。お友達とおままごとしろって言っているんじゃないの。自分の知らない、自分を知らない人たちと関わりあうのよ。見えてくるわよ、本当の自分が。 8月9日は「ムーミンの日」だそうだ。2005年のムーミン60周年を記念して、作者のトーベ・ヤンソンの誕生日を「ムーミンの日」としたのだそう。 [続きを読む]
  • ちょいよし No.2509 誤解
  • 今日の?ちょいよしワード?人間というのは、どうしてこんなに勘違いをするのだろう。何故、間違った捉え方をするのだろう。何故か、誤解が多い。誤解をするのは、理解力が足りないからではない。理解しようとしていない、自身の願望によって妨げられている、ということがよくわかる。ようするに、自分が解釈したいように認識してしまうから、見誤り、間違え、そして馬鹿な考えへと行き着いてしまうのだ 森博嗣の言葉。誤解する人 [続きを読む]
  • 繁盛したければ、一等地を借りるな!
  • ちょいよしNO.2508大切なのは過去の(常識だと思い続けている)成功体験ではなく、新しい価値観 今日のちょいよし本繁盛したければ、一等地を借りるな!―売れる店には、理由(ワケ)がある (ドリームスキル・クラブ)/学習研究社 Amazon紹介?伝説の本屋?の店長が明かす「繁盛の法則」 大学卒業後、10年間にわたって大手コンビニエンスストアの店長を勤めていたが、周囲の猛反対を押し切って書店「読書のすすめ」 [続きを読む]
  • 日本婦道記
  • ちょいよしNO.2507人間が大きく飛躍する機会はいつも生活の身近なことのなかにある。高度な理想にとりつくよりも実際にはひと皿の焼き味噌のなかに真実を噛み当てるものだ 今日のちょいよし本 小説日本婦道記 (新潮文庫)594円Amazon平成12年12月15日第79刷 Amazon紹介 千石どりの武家としての体面を保つために自分は極端につましい生活を送っていたやす女。彼女の死によって初めて明らかになるその生活を描いた『松の花』をはじ [続きを読む]
  • 司馬遼太郎。人間の大学②
  • ちょいよしNO.2506一番難しいのは、「成功」のその後です。(中略)成功すると、その成功に酔いしれるばかりでなく」、成功をいわば大前提に、次の行動に移るんです。成功をいつまでも続けようとして、かえって、次のステップへ向けての自己改革を怠るか、躊躇するんです。しかも、成功の中には、たくさんの錯誤や欠陥が存在しているのにもかかわらず、全部、成功という名前で覆い隠されてしまい、成功したものたちが、自分たちの [続きを読む]
  • 司馬遼太郎。人間の大学①
  • ちょいよしNO.2505司馬の作品に触れずに終わると、日本と日本人であることに何事かの欠陥が生じる、くらい大きな意味を持っている 今日のちょいよし本 司馬遼太郎。人間の大学 (PHP文庫) Amazon2004年10月20日第1版第1刷 Amazon紹介 『竜馬がゆく』『坂の上の雲』など、多くの人々の心を捉えて離さない司馬作品の数々―混迷の続く社会の中で、誇りを持って生きるために、今こそ日本と日本人を励ます司馬文学にその指針を求める必 [続きを読む]
  • 名城と合戦の日本史
  • ちょいよしNO.2504一般的には、籠城即敗北とみられがちである、しかし、そうした認識は、豊臣秀吉による城攻めの結果、籠城した側が負けるというパターンが定着したためであり、それ以前の城をめぐる戦いは、籠城した側がかえって勝ったという例が多い 今日のちょいよし本 名城と合戦の日本史 (新潮文庫)562円Amazon平成27年10月1日発行 Amazon紹介 名城には凄まじい人間ドラマがある。元就をして力攻めを回避させた月山富田城。 [続きを読む]
  • プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術
  • ちょいよしNO.2503プレゼンとは、話し手が聞き手に、何らかのアクションを起こしてもらうよう納得させる提案を行うこと 今日のちょいよし本 プレゼンがうまい人の「図解思考」の技術 (中経出版) Amazon2010年12月12日第1刷 Amazon紹介 「わかりやすい!」「具体的で納得する!」「面白くて感動する!」そんなプレゼン(説明)の秘密はコレ!ビジネスでのコミュニケーション=ほとんどがプレゼン!あなたの価値を劇的に高める1冊 目次 [続きを読む]
  • マンガ名ゼリフ大全⑤
  • ちょいよしNO.2502大丈夫―足りなければ増やせばいい くもっていれば磨けばいい 今日のちょいよし本 マンガ名ゼリフ大全 (宝島SUGOI文庫)555円Amazon2011年4月17日第2刷発行 Amazon紹介・目次 マンガ名ゼリフ大全①を参照ください。 生き様 本書、5日間も引っ張ってしまいました。ほんと、、、ネタが豊富 マンガの登場人物の言葉だけを本書から借りて、みやちゃんなりの説明と解釈とつけてきました。あまりにも引っ張り過ぎる [続きを読む]
  • マンガ名ゼリフ大全④
  • ちょいよしNO.2501つまり・・・・・「知らない」ということは実に恐ろしいことなんだ 今日のちょいよし本 マンガ名ゼリフ大全 (宝島SUGOI文庫)555円Amazon2011年4月17日第2刷発行 Amazon紹介・目次 マンガ名ゼリフ大全①を参照ください。 知らないということは ?つまり・・・・・「知らない」ということは実に恐ろしいことなんだ(P.55) ドラコン桜 桜木健二の言葉。 本当にその通りだ。人間は自分の経験にしたがって決断( [続きを読む]
  • マンガ名ゼリフ大全③
  • ちょいよしNO.2500 うろたえるな!思考を止めるな!生きることをあきらめるな! 今日のちょいよし本 マンガ名ゼリフ大全 (宝島SUGOI文庫)555円Amazon2011年4月17日第2刷発行 Amazon紹介・目次 マンガ名ゼリフ大全①を参照ください。 長い人生を生き抜く ?うろたえるな!思考を止めるな!生きることをあきらめるな!(P.14) 鋼の錬金術師 ロイ・マスタングの言葉。 予期しえない困難なことが起きた時、多くの人は狼狽しうろ [続きを読む]
  • マンガ名ゼリフ大全?
  • ちょいよしNO.2499敬遠は一度覚えるとクセになりそうで 今日のちょいよし本 マンガ名ゼリフ大全 (宝島SUGOI文庫)555円Amazon2011年4月17日第2刷発行 Amazon紹介・目次 マンガ名ゼリフ大全①を参照ください。 敬遠は… ?敬遠は一度覚えるとクセになりそうで(P.12) 『タッチ』の主人公 上杉達也の言葉。 甲子園を賭けた須見高との決勝戦。同店で迎えた8回裏、達也は8連続三振をとっていた。そこで迎えた9人目は新田! 柏葉監督 [続きを読む]
  • マンガ名ゼリフ大全①
  • ちょいよしNO.2498妥協してちゃ それなりのもんしか手に入んねーぜ 今日のちょいよし本 マンガ名ゼリフ大全 (宝島SUGOI文庫)555円Amazon2011年4月17日第2刷発行 Amazon紹介 僕たち、私たちの魂を揺さぶったマンガの「名ゼリフ」。その名ゼリフは、僕たち、私たちの、人生にさえ大きな影響を与えています。そんな「名ゼリフ」を満載。なつかしの『はじめの一歩』や『めぞん一刻』、もちろん『北斗の拳』や『ゴルゴ13』、そして『 [続きを読む]
  • 空海 今を生きる言葉
  • ちょいよしNO.2497密教を求める同志として出会えた喜びは深く、空に漂う霧もやがて峰に消えゆくように、この私も突然帰国することになりました。いまここで別れれば、再びこの世でお会いすることもできないでしょう。夢ではなく、心の中にいつも、あなたのことを何度も想い訪ねるでしょう 今日のちょいよし本 空海 今を生きる言葉 (ソフトバンク文庫)19,950円Amazon2011/7/25初版第1刷 Amazon紹介 空海の言葉には「今」を生きる [続きを読む]
  • オレたちバブル入行組
  • ちょいよしNO.2496夢を見続けるっていうのは、実は途轍もなく難しいことなんだよ。その難しさを知っている者だけが、夢を見続けることができる。そういうことなんじゃないのか 今日のちょいよし本 オレたちバブル入行組 (文春文庫)450円Amazon2013年7月25日第23刷 Amazon紹介 大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけよう [続きを読む]
  • 宇宙はささやく―現代宇宙論から人間を考える
  • ちょいよしNO.2495わたしがさびしいときに、佛さまはさびしいの 今日のちょいよし本 宇宙はささやく―現代宇宙論から人間を考える (PHP文庫) Amazon2000年2月15日第1版第1刷 Amazon紹介 澄みきった夜に、満天に輝く星々を眺めながら、ふと、不思議な気持ちになることはありませんか?「この宇宙にこうして我々のようなものが存在しているのは、地球だけなのだろうか」「宇宙にとって人間とは何なのだろうか」…と。本書は、とても [続きを読む]
  • ちょっと今から仕事やめてくる
  • ちょいよしNO.2494ちょっと今から仕事やめてくるわ 今日のちょいよし本 ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)572円Amazon2015年9月11日第11刷 Amazon紹介 ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここ [続きを読む]