aiko さん プロフィール

  •  
aikoさん: 職人の嫁/京都の大東漆木工
ハンドル名aiko さん
ブログタイトル職人の嫁/京都の大東漆木工
ブログURLhttps://ameblo.jp/gon10chan/
サイト紹介文京都の職人の嫁。桐箪笥や和家具製造が生業で、木工と漆塗りを手伝ってます。自然と生物、DIYが好き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/06/22 17:08

aiko さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 茶だんす 拭き漆 お直し仕上がりました
  •  茶だんす お直しが出来上がりました。 今回の仕上げは、”拭き漆です。 引出しや引戸の欅の木目がよく出ています。中段の引戸はガラスが入る前に写真を撮らせてもらいました。 茶だんすと言っても、ちょっと背が高くて水屋タンスでしょうか、たくさん収納出来て、幅もちょうどよく、使い勝手もとてもよさそうです。 [続きを読む]
  • あともう少し。。。。
  • 今日は、風もきつく寒いけれど、なんとなく穏やかな日です。新しい年が否応なく始まり、淡々と過ぎていきます。さて、今年はどんな一年になるのでしょうか。。。私の、がま口手作りは、いくつか途中もの(作りかけ)が多く、このバックも去年から作り始めたものですあともう少し。。。持ち手が思うようにいかない〜〜そもそも、自分で持ち手をバックに合うように作ろうとしたのが判断ミスでした。。。写真は、傷んだ持ち手の取り換 [続きを読む]
  • 幅、一間 黒柿たんす お直し
  •  幅、一間の、古い黒柿箪笥を修理していましたが、ようやく完成。。。。随分、長いことかかりました。  最後にはいつも主人らしい雰囲気の仕上げになってしまうのは、不思議です。 相当傷んでいた箪笥でしたが、手間を掛けて丁寧に手が加えられて、古い箪笥が新しく甦ってきました!  写真は、金具が付く前の本体色付けと、蝋引き作業をしています。 一段と黒柿の模様がはっきりとしてきました。  お届けした先で、撮らせて [続きを読む]
  • お盆に里帰りのウサちゃん
  •  今年のお正月に我が家にうさぎの赤ちゃんが生まれました。 結局、生まれた6羽(すべて男の子)のうさちゃんは、縁あって里子として育っています。 うち、2羽が2度目の里帰りをしてくれました。  マルちゃん(左)と、ヨシ君です。本当に仲の良い兄弟  ヨシ君は、パワー全開!走り回って、そのあと、バタン!お父さんのゾゾ丸にそっくりでした。  丸ちゃんは、毛がふさふさ、物怖じせずゆったりタイプ  そして、お母さん [続きを読む]
  • 京都木工芸展 無事終わりました
  •  京都木工芸展は、2日とも良い天気に恵まれて無事終了いたしました。 今回、初参加でもあり、周りの方々に助けていただきながらの二日間でした。 これほど「おかげさま」という言葉が身にしみて感じたことはありませんでした。  会場は、京都中心部で御池通りに面している、京都の伝統的町家空間で、もと酒屋、蔵や土間、クセのない美味しい井戸水が印象的です。 撮影禁止で載せる写真がなくて残念ですが、彫り物や、茶道指物 [続きを読む]
  • 京都木工芸展、5月21日までやっています
  • 京都木工芸展(しまだいギャラリーにて)https://www.facebook.com/events/2121761284717028/? しまだいギャラリー〒604-0844 京都市御池通東洞院西北角  「京都木工芸展」最終日は、5月21日17:00までやっています。  大東漆木工からは、普段からコツコツと仕上げてきた、「拭き漆仕上げ桐箪笥(3尺)」、「なぐり御膳」、「木地仕上げ桐小たんす」や「草木染小引出し(7段)」が並んでいます。  拭き漆のたんす?。。。 [続きを読む]
  • うさぎの赤ちゃん、元気に育っています
  •  「うさぎの赤ちゃん」は、生後、40日が経過しました。 みな仲良く、コロコロと部屋の中を走り回って遊んでいますよ〜  仲良し2匹が、里子として我が家から旅立っていきました。。。。 里親さんがお近くの方なので、嬉しくもあります。  引き続き、里親になっていただける方、どなたかいらっしゃたらメッセージいただけたら有り難いのですが。。。 よろしくお願いいたします。  子供たち、お昼ねタイムです^^  お母さ [続きを読む]
  • 「ウサギの赤ちゃん」生まれたよ!!
  •  「ウサギの赤ちゃん」の「里親になろう。」と、思われる方、おられたら、 「メッセージ」にて、お知らせ頂けたら幸いです。  生後、30日経ちました  ふわふわの毛で小柄で足が短いよ  お父さんとお母さん(左側)   「ウチの庭で放し飼い」になっている「ライオンウサギ」の「ゾゾ丸」がお父さん、手と足と耳が短くて、頭が大きく、モサモサしています。(体重2100g、体長30cm)https://www.facebook.com/nobuya.ohigash [続きを読む]
  • 名刺入れ、カードケース
  •  今日は、本当にいい天気です でも明日は雨のようですが 湿気がないと頭も体も軽く、あれ体重減った?あつかましい発想が浮かびます^^。。。。 ところで、今回、L型の口金金具を使って、名刺入れ、カードケースを作ってみました L型の金具は2個あって、はめ口が上(外側)からのと、いつもの口金の形がありますが、やっぱり、慣れているほうで。。。。なかなか冒険できません 芯を貼った表布と内布を裁断してをして、さっ [続きを読む]
  • ミニがま口財布、キーホルダーと深底タイプ
  •  今回は、自分用にちっちゃな財布を作ってみました 以前に、娘(小豆島にいた頃)から貰ったコカコーラのデニムのはぎれ。。。と言ってもまだ沢山残ってる 深底のミニミニ財布です 口元はギャザーを寄せて、まちはタックで全体をふっくらさせています。  思った以上にミニがま口小銭入れとしてはかなり入る^^ これは非売品なので、気を楽に自由に手作りガマ口が楽しめました(*^▽^*) 恥ずかしながら我流でテキトーに型紙 [続きを読む]
  • 京都の水屋箪笥と彦根城
  •  先月、桧と杉と時代金具でお造りした水屋箪笥を、名古屋のお客様のお宅にお届けしてきました。 上置き箪笥は、お客様がご用意されたガラスを使用した引き戸と、ご注文のデザインの透かし彫りの建具です。 四尺の京水屋箪笥に見合った引き出しの時代金具は、希少価値となりつつある時代金具です。何とかうまく揃えられて本当によかったです。 何よりお客様に喜んでいただいたことは、新品の京水屋箪笥を「この水屋箪笥が前から [続きを読む]
  • 京都の洛北、岩倉の自然と 
  •  その日の仕事は、お客様宅にお伺いすることです。 午前中は、京都洛北にある、岩倉に行きました。 行ってみると辺りは、とても懐かしい場所で、田んぼや山はそのまんま!ちょっと感動してしまいました。 子供たちを連れてカブト虫やクワガタ捕り、ヒキガエル、蛍。。。よく遊びに来たな〜 12年ぶりの岩倉。。。さすがに住宅地も随分増えていましたが少し奥までくると、昔のままの自然を味わってきました! 降り出した雨に、 [続きを読む]
  • 新品の水屋たんす、製作
  •  昔、そのままの趣のある水屋たんすです。    でも、うちでお造りした新品の水屋たんすです。 先日、写真なしで大東漆木工の作業場の仕事の状況(水屋箪笥の色付け)をちょこっと書かせてもらいました。 今回は、その時の様子や写真です。”ついに完成!京水屋タンス”をまたまたちょこっとだけどご紹介させていただきます。 刷毛を使って染料で色付けしているところ。。。なんだか真っ黒に見えますが〜。。。そのあと。。 [続きを読む]
  • 梅雨とがま口・財布とポーチと木工作業場
  •  朝は、とても良い天気でしたが、今は、天気予報どおりすっかり雨!です。  何とか洗濯物もとりよせてひと安心 作業場では、職人(主人)が水屋箪笥を作っています。今日は、その京水屋箪笥の仕上げ作業、”色付け”の仕事をしています。。。写真はもう少しあとで載せさせていただきますm(_ _ )m とても静かな時間が流れています。。。。 さて、がま口の口金をつけて、去年から作っていたデニムのがま口手提げポーチが仕上が [続きを読む]
  • 時代箪笥と京都伏見の酒蔵
  •  昨日、京都市伏見に仕事で午後から出かけました。 旧家で、時代箪笥などをいくつか見せていただきました。 偶然にも、以前に箪笥を納品させていただいたことのある場所と本当に近くで、ちょうど3年が経ちます。  ですので、帰りは今回もちょっと寄り道をと。。。。 京都伏見といえば”伏見の酒造り、酒蔵の町”買い物を期待して来たですが、お店の駐車場にはすでにクサリの柵が。。。残念でした! 以前来たときは、年明け [続きを読む]
  • サクラと材木
  •                                   今日は曇り空。。。。山や街は春の匂いがいっぱい 京都の町家、我が家の裏の小さな庭にも美しいサクラが咲いています。 庭の横には、材木が置いてあるので、ベランダからでもどこからでも良く見えます。 ひと足早く咲いたさくらの木の枝にはサクランボの小さな実の膨らみが出てきました! ことし新入りの”吉野桜”まだ鉢植えですががんばって咲いてくれ [続きを読む]
  • 雨に打たせてアク抜き無垢材 杉板や桧板
  •  ベランダの外には、少しばかりの杉や桧の板が並んでいます。 これは、雨に打たせて自然乾燥させている杉や桧の無垢材の板です。 アクもすっかり抜けて、あの重たくてアクでズズ黒かった板がずいぶん軽くきれいな色に変わってきました。 アクの抜けたあとは、雨のかからないところで乾かしておくのでしょうね。   ベランダではニホンサクラソウの花がかわいく咲いてくれています。 丈夫で育てやすくて、実生でしっかりした [続きを読む]
  • 過去の記事 …