尚さん さん プロフィール

  •  
尚さんさん: 尚さんのアウトドア・ライフ
ハンドル名尚さん さん
ブログタイトル尚さんのアウトドア・ライフ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/naosann70
サイト紹介文身の回りの自然に目を向けて、生きている至福の時間を過ごす
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2013/06/24 08:49

尚さん さんのブログ記事

  • クマタカ たった一度のチャンス
  • 今日は、何とか太陽が顔を見せてくれるそうだ。クマタカ山は、雲が多く 心配したが青空が見えだした。。遅刻気味に出陣したので、坊主覚悟でスタンバイ。案の定 現われない。 フォークシャベルとサーキット並みのバイクのけたたましい音に心穏やかでない。毎度のことだが!昼食休みで工事の音が止んで間もなく、クマタカが飛来した。遠くの稜線では無く グリーンバックが狙えた!もっと旋回して降りてこい! と願ったが、そう [続きを読む]
  • 曼殊沙華
  • NikonからCOOLPIX P1000が発売された。4K対応のビデオを3000mmで撮影できる。電子ズームでは6000mmと云う事だが、鮮明さは3000mmで我慢しよう。早速テストに近くの川原の彼岸花を撮影してみた。まだまだ 仕様書で設定の工夫が必要だが、野鳥撮影も視野に入れられそう。高倍率と4Kでは、三脚は必需品 手持ちでテストしたが、500mm以上は、手振れで満足ゆく画像は得られなかった。手振れ補正有るが、高倍率は難しい?10月 [続きを読む]
  • 懲りないクマタカ山
  • 何とかお気に入りを撮りたいと出陣した。薄曇りの涼しい陽気で、グリーンバックのクマタカ撮影には条件が良い。しかし、空抜けとなると青空が欲しい。今日も相変わらず、道路工事が続いて、大きな機械音が響く。クマタカは、工事音など気にせず 向かいの尾根に姿を現した。今日も遠い飛来だ。見る見るうちに昇天 西の彼方に飛んで行ってしまった。やれやれとカメラから離れた時にもう一羽 尾根に姿を現した。此方の方が、やや近 [続きを読む]
  • 不安定な天候 クマタカ山
  • 不安定な天候で、今週も雨模様か?今日は午前中は、何とか青空との事で、クマタカ山に再チャレンジ?行く道でお婆ちゃんの散歩に会うとクマタカに逢える?そんな自己暗示の縁起担ぎをしているが、お婆ちゃんに会ったがどうだろう?体調を考え 日陰のポイントにスタンバイ。セミの声も終わって静まり返った中で、道路工事の機械音が響き渡る。待てど暮らせどクマタカは姿を見せない。遠い山の上にも今日は見えない。段々と雲が厚く [続きを読む]
  • クマタカ山は秋の気配
  • 台風が去った好天気には、クマタカは飛来するだろうと未だ完治しない腰痛をかばい乍ら出陣。山の気温は19℃。 久しくご無沙汰だったポイントの手前に陣取る。風は涼しく 湿った山の地肌が台風の足跡を残している。静寂の中で心が癒される。たまの出陣 坊主でも仕方ないか?と目の前の濃い緑を伺いながら時が過ぎてゆく。遥か遠い山の頂にクマタカが姿を見せた。今までなら 証拠写真にもならない と双眼鏡を覗くだけだったが、 [続きを読む]
  • 平成 最後の夏の終焉
  • 台風21号は、最大級の台風だという。関東直撃では無いようですが、雨風が激しい明日の予報です。台風シーズンは9月の終わりから10月 二百十日頃と思っていましたが、有難くないオンパレード!日差しを避ける様に咲く芙蓉や夜なべの秋の虫が聞こえる様になりました。秋ですよ〜と云わんばかりにススキの穂が天に向かって勢ぞろい?ギラギラとエネルギッシュな盛夏から日に日に秋に向かう空気に、侘しささえ感じます。体調がすぐれ [続きを読む]
  • ヒマワリ
  • 歳を取る事に抵抗せず 気持ちだけは若さを持ち続けようと日々を過ごしてきた。残念ながら体の不調だけは、勝てない自分を再認識。長びいていた腰痛も少しは快方したので、体を動かそうと散歩の出かけた。猛暑の様な陽気では無く ツクツクボウシもどこか力なく鳴いていた。晩夏かぁ〜 と思いつつ ふと 黄色い畑が目に入った。ひまわり畑 未だ 生き生きと咲いている。めげてしまいそうな気持を奮い起こしてくれたヒマワリ!  [続きを読む]
  • お盆休み
  • 今朝は、セミの鳴声が聞こえなかった。朝晩は気温が下がったのだのでセミも敏感である。流石に10時を過ぎるとコーラスが始まった。ミンミンゼミ アブラゼミに混じってツクツクボウシの声も聞こえだした。そう言えば、今年はヒグラシの鳴声が少なかった。直ぐに猛暑で出番が無かったのかも?日中は、まだまだ 暑さが厳しい。少年時代の昆虫採集が懐かしく 訪れて写真撮影をしてみたいと思うが、人 人でお山も銀座通り並みとか? [続きを読む]
  • 久しぶりのクマタカ山
  • 下界から逃避を試みたが、クマタカ山の朝は風が無く湿度が高く蒸し暑い。それでも木陰は、オアシス?空には、アキアカネが飛び交い セミのアンカー ツクツクボウシが鳴き騒ぐ。明日は立秋 甲子園の高校野球大会が終わる頃は夏も終盤だ。そんな事を思いながらクマタカを待ち受けたが、猛禽!はトビばかり。結構お気に入りなポイントを飛び回ってくれる。クマタカが来てくれたら・・・と遥か尾根の上に姿を現した。普段なら見逃す [続きを読む]
  • 高原は季節の先取り
  • 8月も7日頃から立秋を迎えます。地球の異常気象にかかわらず、太陽は、北半球から間もなく南半球に向かって日に日に南下してゆきます。高原の植物の花々も季節の移ろいを敏感にとらえて 鮮やかな色とりどりの花を咲かせていました。現実は暑さに堪えますが、朝夕の風に、ほのかに秋の気配を感じる様になりました。ヤナギランマルハダケブキマツムシソウフシグロセンノウナデシコシシウドコオニユリオミナエシアサギマダラシシウド [続きを読む]
  • 高原のノスリ
  • 朝から日向でノビタキを撮影していたので、木陰での昼食は格別。雲の動きが速くなり、ひと降り来るかな?と空を見上げたら 黒い猛禽が旋回していた。慌てて手持ちでシャッターを押したが、100〜400mmのレンズでは、限界がある。それに猛禽はトビだろうと勝手に決めて食事をとる。帰宅後PCで現像中 これはノスリだな?と・・・。久しぶりの猛禽の撮影ができた。このポイントは、木道なので、以前 三脚で歩行者に迷惑かけ [続きを読む]
  • 涼を求めて
  • 八月を迎えました。相変わらず猛暑が続きます。野鳥撮影も鳥枯れか 何処もパッとせず悩みます。それではと、涼しい高原でブログのネタでもと遠征してきました。ヤナギランにノビタキ 一応目的もあります。流石に朝は23℃ 昼は太陽は強いが27℃ 涼しい風が吹き抜け凌ぎやすかった。しかし、ヤナギランにノビタキがなかなか飛来してくれません。昨夜から車中泊のカメラマンたちは、5時半からスタンバイだとか?それでも2〜3回飛 [続きを読む]
  • 高原の夏を彩る花々
  • ニッコウキスゲに留まるノビタキの撮影は残念ながら今年は果たせなかった。これから咲き誇る ヤナギランやシシウドに留まる野鳥の姿は・・・。そんな思いで、いくつかのポイントを散策してみました。既にヤナギランは咲き始め シシウドも立派な姿を見せています。例年より少し早い気もしますが、季節が早く回っているのでしょうか。それよりも年毎に減少する野鳥たちは、期待通りに演じてくれるのでしょうか?タイミング タイミ [続きを読む]
  • ヤマユリの里 涼を求めて
  • 連日の猛暑 山里の介護施設に出向いた折り 近くのヤマユリの里を訪れました。ヤマユリが大好きな吾輩にしては、自然のすべてが早い動きにヤマユリの開花も早いのでは・・・? 遅かったか?見事に的中 見頃を過ぎて 何とか数株 見事な花に逢うことが出来ました。少し離れた渓谷の流れは、水かさを増し 涼しさを満喫させてくれました。出来る事ならヤマユリがセットで撮りたいSituationが欲しいもの? [続きを読む]
  • ホオアカの楽園
  • 予定が一段落したので時期を逸したかもしれないがニッコウキスゲの花をと遠征しました。連日 猛暑の日が続き 涼を求めての遠征でもありました。清々しいヒンヤリした風が、窓を開けた車窓を通り抜けます。やはり高原は涼しい。ニッコウキスゲの群落は、年毎に減少して、寂しい限りです。そんなニッコウキスゲの群落を見物に 多くの人が訪れます。鳥撮りのチャンスは、午前の10時ぐらいまで。今日は、7時半ぐらいにスタンバイし [続きを読む]
  • ブッポウソウ パート 2
  • 帰りの時間を気にしながらの撮影でしたが、何とか満足した撮影が出来ました。今回の遠征では、午後9時出発から一睡もせずに車を走らせ 翌朝そのままスタンバイ。 夜中の12時までアカショウビンとオオコノハズクを撮る強硬なスケジュールを消化しました。コノハズクは、巣箱から1度しか飛ばず、夜間照明ではSS上がらず・雨にも祟られ 残念な結果。雨音が大きいが、若かりし頃 山小屋で経験したシラフで一泊を過す。2日間で爆睡5 [続きを読む]
  • ブッポウソウ パート ?
  • アカショウビンの森を下って、軽い朝食をとり ブッポウソウの里を目指す。天候もだいぶ回復して 時折 太陽が顔を出す。今日は、帰還予定 撮影できても 出来なくても撮影は正午と決めて車を走らせる。思いもよらない好条件で、ブッポウソウも子育てが始まり 盛んに飛び回ってくれた。今日の報告は、一羽ですが、明日のフィナーレには二羽の雌雄を報告します。雌雄の見比べ方は、小生には解りませんが、何でも白羽根の枚数で見 [続きを読む]
  • アカショウビン パート2
  • 夜間 寝ないで走り続け 早朝到着 直ぐにスタンバイ。太陽の望めない強風のフィールドで、それでも期待感は大きい。3日目を迎える先人のCマンは、シャッターを押す機会が無かったそうだ。暗闇の巣から、汚物を銜えて飛び出すやら卵の皮を運び出すやら慌ただしいアカショウビンの子育てが始まった。天候は芳しくないが、ラッキーな日にチャレンジできた。贅沢は限りがない。自分の感働きを信じてシャッターを押す。 [続きを読む]
  • アカショウビン パート ?
  • 危ぶまれる天候も何のその? 平成のヤジさん キタさん 遠征ドライブ。心掛けが良いのか、到着日に雛が孵化し、活発な飛翔が見られた。今回 飛びをテーマにシャッターを押したが、暗い状況で思うような画質が得られなかった。しかし、久しぶりのご対面に楽しい時間が過ぎ去りました。二羽の出会いも何年ぶりかの出来事です。 [続きを読む]
  • 高原のおまわりさん?
  • レンゲツツジが咲き誇る高原では、野鳥の子育てが盛ん。毎日 毎日 給餌が忙しい。飛び回るノビタキのオスは、まるで交通整理のおまわりさんの様に木々を飛び渡る。もちろん 天敵への注意も怠りない。我輩も天敵の一味とみられたか? 危険信号の標識で威嚇されたようだ!今年も何事もなく 二世誕生を願うだけ。 [続きを読む]
  • チョウゲンボウの飛翔
  • 早朝から繰り出して、陽が昇り コントラストが強くなる。望遠レンズカメラを三脚なしで撮るには、とても長続きは不可能。段々とファインダーが定まらず ぶるぶると手が震え出した。。肝心なフォーカス調整が、カメラとレンズを支えては、年寄りには限度がある。10時に撤収の予定だったが、9時半で引き上げを決断。この分だと腕の炎症はだいぶ時間が掛かりそうだ? [続きを読む]