KD さん プロフィール

  •  
KDさん: 城館探訪記
ハンドル名KD さん
ブログタイトル城館探訪記
ブログURLhttp://kdshiro.blog.fc2.com/
サイト紹介文城めぐり探訪記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2013/06/25 18:44

KD さんのブログ記事

  • 鹿田山城砦群攻略
  • 上州山城ベストシーズン 12月第2週目今年はこれまで異様に温暖な気候が続いていましたが、本日は空っ風が身に突き刺さるこの時期らしい天候となりました。遅ればせながらようやく晴天・乾燥・強風の三拍子のそろった上州の冬がやってきたようです。そんな本日狙いをつけたのは鹿田山城砦群!南から眺めた鹿田山これが鹿田山城砦群だ [続きを読む]
  • みなかみ探訪2018
  • 上州山城ベストシーズン(12月〜2月)開幕!プレシーズンである11月にウォーミングアップを済ませたので、ベストシーズンでは毎回そこそこキツめの山城を攻略していくことにします。毎週県内のどこぞの山城に出没予定なのでよろしくお願いいたします。ちなみに花粉と黄砂で一気に劣悪な環境となる3月になったら県内探訪活動を停止して、県外遠征の準備に取り掛かる予定です。第1陣である今週のメインターゲットは、味城山の砦(見 [続きを読む]
  • 松井田探訪2018part.2 / 榛名神社・榛名湖周遊
  • 11/23 松井田探訪2018part.2秋も深まり、上州山城ベストシーズン開幕前の最後の週末、坂本宿と松井田城の再探索へ。酒屋脇本陣永井脇本陣永楽屋脇本陣みよがや脇本陣佐藤本陣八郎兵エ脇本陣金井本陣横川茶屋本陣磔河原松井田城松井田古城(安中郭)浅間出丸高梨子代官所下増田内出小日向の砦12月も間近のこの時期にまだ浅間が白くなっていないなんて、私の記憶上はじめてのこと。10月中に真っ白になったこともあったものですが。 [続きを読む]
  • 安中・松井田探訪
  • 遺構が素晴らしい訪問済みの城と遺構皆無の未訪城館では後者のほうが探訪優先度が高いというのが当サイトの基本理念。ただし写真消滅などの憂き目にあっているところについては救済措置により再訪やむなしとなっています。本日の成果で旧安中地区において再訪箇所があるのはそういった理由から。本日の成果安中宿本陣旧碓氷郡役所安中藩郡奉行役宅(再)安中藩武家長屋(再)新島襄旧宅(再)五十貝家茶屋本陣八本木旧立場茶屋酒盛 [続きを読む]
  • 三国街道制覇計画 第1弾
  • 平地はくそ暑いので北毛の山の上に行こう!と思い立ち、2週連続で北毛の山奥へ向かうことに。具体的な探訪先として思いついたのが以前考えた三国街道宿本陣制覇計画。高崎から長岡までを結ぶ三国街道。そのうち、上越国境である三国峠以南の宿本陣を完全制覇するのがこの計画の趣旨。三国峠はまだ未踏だったのでちょうどいいです。ついでに街道沿いの未訪城館もつぶしていきましょう。三国街道には南から以下のような宿があったよ [続きを読む]
  • 渋川・利根沼田・前橋探訪
  • 11月に入り上州山城プレシーズン到来。・・・のはずですが、山城シーズンどころか普通に登山シーズン並みの暖かさです。車の中にいると暑い暑い。いくら上州の本格山城シーズンは12月からといっても、例年なら11月からでも十分山城めぐりに適した気候になっていたものでしたが。紅葉を見に片品の奥まで行ったのにまだまったく見ごろを迎えていないのにはびっくり。やはりまだ半月くらい寒さが追い付いてきていないという印象。とい [続きを読む]
  • 清王寺の寄居 〜清王寺新井入道の砦か〜
  • 2018年2月 前橋探訪part3上州の真冬に特有の雲一つない晴天、そして乾燥した冷たい強風が吹き荒れる日。先行公開では「いまいち記憶が定かでない」と書きましたが、写真を見返していて記憶がよみがえりました。この日は県立図書館に県内城館関連の資料を借りに来た日で、その際『群馬県の中世城館跡』(群馬県教育委員会著)に清王寺の寄居の記述を見つけたのでありました。いわく、県民会館周辺一帯がその跡地であるという。タブ [続きを読む]
  • 第16回箕輪城まつり 攻防戦
  • 前編からの続き。来賓の祝辞が終わっていよいよメインの攻防戦の開始・・・の前に、そうそうこれがありました、鎮魂祭。例によって完全にセレモニー以外の何物でもなく中だるみします。この時私の席の斜め後ろにやたら口の悪いねーちゃんが座っていたのですが、この鎮魂祭をやってる間「どうでもいいからはよ始めろ」だの「やる前から飽きた」だの言いたい放題。心情的には同意だが実際声に出して言うのはつえーなーと。本来であれ [続きを読む]
  • 第16回箕輪城まつり
  • 2018年10月28日 快晴やってきました箕輪城まつり。去年は台風直撃により中止となりましたが、今年は雲一つない秋晴れとなりました。というか日陰にいないと猛烈に暑いです。車の中なんて日差しの下で密閉してると暑さで死ねるレベルで、窓を開ければ大丈夫ではありますが窓を開けにくい状況(前の車がトラックとかの場合)では窓を閉めて冷房を入れなければならないほど。どうも近年山城シーズンの本格始動が年々遅くなっている気 [続きを読む]
  • 前橋探訪2018 part3・part4ほか
  • 2018年の写真フォルダをあさったところ、県内城館分でまだ本公開も先行公開もされていないものがあったので、ここでまとめて先行公開としてあげておきます。先行公開してる暇あったらさっさと在庫処理しろという意見は、在庫が100城や200城程度であればまさしく正論ですが、在庫が4桁を越えて久しい現状においては机上の空論にすぎません。目の前の1城を片づけている間に新規で20城追加しているペースの現状において、先行公開でメ [続きを読む]
  • 箕郷探訪ファイナル
  • 上州山城シーズン開幕前の前哨戦として、10月7日と10月21日に榛名南面を中心とした慣らし探訪を行いました。この探訪で現時点で判明している高崎市箕郷町の未訪城館の悉皆調査を完了したはず。時間を置くと写真を見てもどこに行ったか忘れるレベルの城館なので(当然表示物なし)、記憶があるうちにここで記録。10月7日(安中市)在家館(旧高崎市)石神の砦 井野屋敷(旧箕郷町)青柳屋敷 下芝の砦10月21日(旧高崎市)小八木新 [続きを読む]
  • 鹿児島遠征+α
  • 1日目今年最後の遠征(予定)として楽しみにしていた鹿児島遠征であったが、初日からつまずく成田までの道の至る所で低速トラックの妨害に合い、まさかのフライト時間に間に合わず夕食がおいしいと評判のホテルの予約をしていたのに、当日キャンセルで半額のキャンセル料を取られてしまった・・・これにより当初の予定を大幅に縮減しての探訪となるおまけに現金の持ち合わせが少ない状態で家を出てきたため、この後かなりギリギリ [続きを読む]
  • 北の大地の旅再び
  • 1日目きのこ王国白絹の床洞爺湖鷲ノ木史跡公園七稜郭(峠下台場)攻略失敗三稜郭(桔梗野台場)志苔館(再訪・スタンプ)その他いろいろ2日目函館山(御殿山第一砲台・御殿山第二砲台)勝山館(再訪・スタンプ)サラキ岬(咸臨丸終焉の地)親子熊岩太田山神社その他いろいろ3日目半日ニセコ観光有馬記念館半月湖ふきだし公園羊蹄山その他いろいろ [続きを読む]
  • 一支国博物館(後編)
  • 楽しかった1階ジオラマゾーンを退出。有料ゾーンは以上ですが、この建物はほかにも見所がありそうなので一通り見学するにはまだ時間がかかりそう。その前に、有料ゾーンの中で最初にスルーした「ビューシアター」に再度戻ってみます。再び階段をのぼり・・・階段上から眺めたエントランス「邪馬台国への道」エリアを抜け・・・魏志倭人伝の世界シアターに入ると誰もいない。と、急に周りが暗くなり映像が始まりそうな気配。ちょう [続きを読む]
  • 一支国博物館(前編)
  • 鬼の窟古墳からr172〜r23経由で一支国博物館へ。ここが本日のメインとなるかどうかは展示内容にかかっている。 特異な外観の博物館。かの黒川紀章設計の建物という。長崎県埋蔵文化財センターも併設されています。県の埋文センターが離島に設置されているのは全国でも初であるとのこと。入館料400円、JAF割で1割引(360円)。入場時に受付の女性から「服にゴミのようなものがついていますよ」と笑顔での指摘。見ると小さい葉っぱや [続きを読む]
  • 7日目
  • 吉岡彌生記念館 高天神城と六砦展諏訪原城興国寺城掛川市立大東図書館大東北公民館(高天神城スタンプ)ほかなんだかイマイチ気が乗らない一日日が沈むだいぶ前から三島のTSUTAYAでずっと本を読んで時間をつぶす始末 [続きを読む]
  • 5日目
  • 今回の遠征で一番印象に残るであろう1日大雨国道368号仁柿峠 通行止め県道29号清水峠 通行止め県道45号 通行止め県道666号 通行止め県道15号八知駅方面 通り抜け不可北畠氏城館 難攻不落花将軍 北畠顕家公雪姫伝説の地村山龍平記念館(田丸城スタンプ)清水峠雪姫亭六田館矢頭の大杉高山神社(津城スタンプ)ほか寿司でも喰わんとやってられんってなもんですよ [続きを読む]
  • 4日目
  • 赤木城・新宮城は登城済みなのでスタンプのみ続100に関してはこれまでもそうだったが今日以降はさらに登城済みの割合が高まるので、城の再訪は極力避けスタンプ回収に専念、その分未訪の場所を訪問する楽しみが倍増日本唯一の飛び地の村滝百選 布引の滝滝百選 桑ノ木の滝日本最古 花の窟神社ウミガメその他たくさん [続きを読む]