KD さん プロフィール

  •  
KDさん: 城館探訪記
ハンドル名KD さん
ブログタイトル城館探訪記
ブログURLhttp://kdshiro.blog.fc2.com/
サイト紹介文城めぐり探訪記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供262回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2013/06/25 18:44

KD さんのブログ記事

  • 北の大地の旅再び
  • 1日目きのこ王国白絹の床洞爺湖鷲ノ木史跡公園七稜郭(峠下台場)攻略失敗三稜郭(桔梗野台場)志苔館(再訪・スタンプ)その他いろいろ2日目函館山(御殿山第一砲台・御殿山第二砲台)勝山館(再訪・スタンプ)サラキ岬(咸臨丸終焉の地)親子熊岩太田山神社その他いろいろ3日目半日ニセコ観光有馬記念館半月湖ふきだし公園羊蹄山その他いろいろ [続きを読む]
  • 7日目
  • 吉岡彌生記念館 高天神城と六砦展諏訪原城興国寺城掛川市立大東図書館大東北公民館(高天神城スタンプ)ほかなんだかイマイチ気が乗らない一日日が沈むだいぶ前から三島のTSUTAYAでずっと本を読んで時間をつぶす始末 [続きを読む]
  • 5日目
  • 今回の遠征で一番印象に残るであろう1日大雨国道368号仁柿峠 通行止め県道29号清水峠 通行止め県道45号 通行止め県道666号 通行止め県道15号八知駅方面 通り抜け不可北畠氏城館 難攻不落花将軍 北畠顕家公雪姫伝説の地村山龍平記念館(田丸城スタンプ)清水峠雪姫亭六田館矢頭の大杉高山神社(津城スタンプ)ほか寿司でも喰わんとやってられんってなもんですよ [続きを読む]
  • 4日目
  • 赤木城・新宮城は登城済みなのでスタンプのみ続100に関してはこれまでもそうだったが今日以降はさらに登城済みの割合が高まるので、城の再訪は極力避けスタンプ回収に専念、その分未訪の場所を訪問する楽しみが倍増日本唯一の飛び地の村滝百選 布引の滝滝百選 桑ノ木の滝日本最古 花の窟神社ウミガメその他たくさん [続きを読む]
  • 2日目
  • 八幡山城〜北之庄城〜北之庄神社←最後の縦走区間で地獄を味わう芥川山城 倒木で主郭の説明板粉砕 飯盛城 スタンプだけでいいので大変ラクチン♪その他いろいろ [続きを読む]
  • 壱岐風土記の丘・掛木古墳
  • 本浦城にて勝本港周辺の探訪は切り上げ。近くには高津城や風早城などもありますが時間の関係で割愛します。ここから壱岐唯一の国道であるR382を南下。ここまでの移動でこの島は意外とアップダウンが多いということを認識し、レンタサイクルでなくレンタカーにしてよかったと実感。しばし南下すると道沿いに「壱岐風土記の丘」の表示。広い駐車場もあったので少し立ち寄ってみます。 壱岐風土記の丘                [続きを読む]
  • 勝本城 〜朝鮮出兵・壱岐拠点の城〜
  • 六郎瀬鼻から島の北部の勝本港へ向かい車を走らせると、港の手前で正面に小高い山が現れます。城山公園の表示この山に築かれたのが勝本城(別名風本城・武末城・雨瀬包城とも)で、秀吉の朝鮮出兵に際して兵站基地として築かれた城です。現在は城山公園として整備されており、山上まで車で登れます。頂上(本丸)下に駐車場も完備。4月上旬でも日が当たる場所はすでに暑いので、僅かな日陰の場所を探して駐車。 [続きを読む]
  • 太郎礫・次郎礫
  • 猿岩を後にし黒崎半島を回り込む形で先に進むと、道沿いに次の表示が現れます。観音(岩)和多230m 太郎礫・次郎礫170m興味がわいたので立ち寄ってみます。車は手前の道路の余白に停車可。 [続きを読む]
  • 黒崎砲台 〜東洋一の砲台〜
  • 鉢形城を後にして国道に復帰し、柳田の信号ですぐに左折。目指すは「猿岩」壱岐の有名観光スポットの一つである猿岩への表示は随所に示されているので、普通に走れば迷うことはありません。しばし車を走らせ、猿岩に到着かと思われたその直前、道沿いに「黒崎砲台跡」の表示が現れます。その入口。ちなみに駐車場はないので車は少し先にある猿岩の駐車場に止めるのが無難。何やらいろいろ表示がありますが・・・ [続きを読む]
  • 天手長男神社(壱岐国一宮)
  • 亀丘城の次に向かったのは壱岐国の一宮・天手長男神社。私の探訪裏メインの一つである一ノ宮探訪について、本編で掲載するのは土佐神社以来となります。実際はこの間に雄山神社三社をはじめ数ヶ所の一ノ宮を訪れていますが、掲載が全く追い付かずかなり順番飛ばしをしています。神社が鎮座する小山の麓に到着。道路沿いにある一つ目の鳥居。 [続きを読む]
  • 亀丘城 〜壱岐統治の拠点〜
  • 民宿滝の上を出発し、この日最初に訪れたのは郷ノ浦港からほど近い場所にある亀丘城。壱岐市役所の隣にある亀岡公園が城の跡地です。この公園は小山の山上にありますが、車で山上まで登れて駐車場もあるので安心。しかしレンタカーでなく当初の予定通りレンタサイクルを利用していたら、小山とは言え初っ端から軽い坂登りをする羽目になっていました。壱岐は坂道が多く、いくら電動アシスト付きといえど自転車ではなかなか大変な面 [続きを読む]
  • 民宿 滝の上(朝)
  • 翌朝。外が明るくなったので自然に目覚める。今日も晴れ本日は7時半から朝食なので、それまでに身支度を整える。昨夜腹がはち切れんばかりに食べた後なのに、一晩寝たらちゃんと空腹を覚えるようになっています。結構スゴイな自分の体。時間を見計らって1階の食事部屋へ。昨夜と同様、すでに食事が準備されていました。 [続きを読む]
  • 民宿 滝の上(夕)
  • 郷ノ浦港で待つことおよそ20分、本日の宿である「民宿 滝の上」からの迎えが到着。運転してきたおばちゃんが宿のおかみさんで、食事やお風呂の準備などをしていて時間がかかってしまったとのこと。ちょうど今は旦那さん(料理長を兼ねている)が数日間仕事で島の外に出て行ってしまっているため、一人でいろいろ準備しなければならず大変な様子。「それでも今日はお客さん一人だけだからまだ大丈夫。明日は複数のお客さんが来るか [続きを読む]
  • 壱岐に上陸!
  • お土産を購入してから厳原港ターミナルに到着すると駐車場が満車。裏にある第2駐車場みたいなところも満車となっており少し戸惑う。というのもこのレンタカーの返却場所を厳原港の駐車場に指定しており、返却手続きをスムーズに行えるかどうか心配になったため。と、どこからともなくおじさんが接近。よく見たら朝レンタカーの手続きをした人だった。満車の駐車場の空きスペースで無事返却手続き完了。 ターミナル内で15:25厳原発 [続きを読む]