司法書士にしお さん プロフィール

  •  
司法書士にしおさん: 本店移転登記に特化したブログ
ハンドル名司法書士にしお さん
ブログタイトル本店移転登記に特化したブログ
ブログURLhttps://honteniten.jimdo.com/
サイト紹介文株式会社、合同会社の本店移転登記手続きに特化したブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/06/26 16:08

司法書士にしお さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 商号変更して本店移転もすると…
  • 会社の商号(社名)を変更して、さらに管轄法務局も変わるような本店移転をすると… 変更登記は同時に申請できるのですが、変更したあとにとる登記簿謄本「履歴事項全部証明書」には、「登記記録に関する事項」欄に本店移転の履歴は記載されるのですが、商号変更の履歴が記載されていません。 だから、最新の履歴事項全部証明書だけとっても、過去からのつながりがわかりません。 役所や銀行などに [続きを読む]
  • 本店移転先の住所
  • 本店移転登記のご依頼をいただく際、 いつ、どこで、誰が決定したのかを聞くのと同時に、 どこへ移転するのか住所を聞かせていただきます。 その際、移転先の住所を、たとえば、 東京都中野区東中野1−2−3 と伝えられることが少なくありません。 この「1−2−3」の表記についてなのですが… 登記手続き上、それでも登記できないことはないとはいえ、通常は、 「◎丁目 [続きを読む]
  • 10月は本店移転が多いのか
  • 10月に入り、最近、なぜか本店移転登記のご依頼が集中しています。 多くは、代表取締役(株式会社)、代表社員(合同会社)の住所を本店の住所として登記されているため、引越しに伴って会社の本店も移転しなければならないというケースです。 会社設立時には、本店を移転する際には、変更登記が必要となり、管轄法務局が同じ場合には登録免許税が3万円(司法書士報酬を除く)、管轄法務局が変わる場合には6 [続きを読む]
  • 本店移転日と代表者の住所移転日が異なる場合
  • 小規模の会社は設立当初、会社の本店住所を代表者の自宅住所に設定していることがよくあります。 その後、代表者が引越しをする場合には、本店移転登記手続きをしなければなりません。 その際、本店移転登記と合わせて、代表者の住所変更もしなければならないという点はわりと知られていないという点に、何度かこのブログで触れたことがありますが、今回は、本店移転と住所変更をするということまでご存知の [続きを読む]
  • 数時間で完了した本店移転登記
  • 年明けに管轄法務局の同じ管轄内で本店移転をしたという会社からご依頼をいただき、昨日、本店移転登記を申請しました。 事務所からオンライン申請(インターネット上で登記を申請)し、その後、たまたま打ち合わせで近くに行く予定があったので、申請先の管轄法務局に書類を持ち込みました。 ちなみに、登記の申請はインターネットですることができますが、取締役の決定書などの押印いただいた書類は別途法 [続きを読む]
  • 本店移転で沖縄へ
  • 某所から沖縄県に会社の本店を移転するので登記手続きをして欲しいというご依頼をいただきました。 管轄法務局が変わる本店移転です。 → 管轄外本店移転 登記申請自体は、新旧の法務局宛に申請書を作成して、旧(現在)の管轄法務局に2件の申請を同時に行うので、新管轄法務局の沖縄には司法書士が足を運ぶわけではありません。 (もちろん、旧法務局へもインターネットを利用してオンライン申請方 [続きを読む]
  • 移転日前に本店移転の登記はできません。
  • 昨年、会社設立のサポートをさせていただいた会社さんから、今月末に今借りている事務所を解約して別の場所に引っ越すことになった。 そのため、今月末までに本店移転登記の手続きを終えてほしい、と数日前に連絡がありました。 「…」 そういわれても、移転日が到来する前に登記を終わらせることなど不可能です。 終わらせるどころか、登記の申請すら許されていません。 移転日を決定し、実 [続きを読む]
  • 本店移転登記を急いでくれといわれても…
  • 今月末に会社の本店を移転し、その後に許認可の更新手続きがあるので、登記を急いでほしい(本店移転後の登記簿謄本がすぐにほしい)、というご相談をいただきました。 と言われても… 本店を移転するのが今月末ということですから、実際に本店の移転作業が済むまではその登記を申請することができません。 将来の移転日に基づく本店移転登記はできないのです。 また、移転によって法務局 [続きを読む]
  • 本店住所は、1−2−3
  • 合同会社を株式会社に組織変更する登記手続きのご依頼をいただきました。 登記簿謄本を用意していただき、拝見したところ…本店住所は、「東京都新宿区新宿1−2−3(実際は異なります)」という書き方になっていました。 正確には、「東京都新宿区新宿一丁目2番3号」となるのですが…少なくとも司法書士などが関与すれば間違いなくそうするのですが…。 本人申請で会社を設立されたのかもしれません。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …