さくたろう さん プロフィール

  •  
さくたろうさん: さくたろうのサボテン栽培と日々の出来事ブログ
ハンドル名さくたろう さん
ブログタイトルさくたろうのサボテン栽培と日々の出来事ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/sakuta-saku/
サイト紹介文サボテン初心者のさくたろうが、サボテン栽培に挑戦するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/06/28 11:13

さくたろう さんのブログ記事

  • 金手毬綴化他、綴化種の成長 実生苗の植え替え
  • 群生株や綴化種はうまく成長すれば、すごい速度で大きくなります。去年位アインシュタインの脳とか言って、マミラリアの綴化種がちょっと話題になりました。 そこでマミラリア綴化種を何点か入手しました。 上は去年入手した金手毬綴化です。2019年9月22日。 上は90度向きは違いますが、今年5月に植え替えた時です。入手時と比べかなり成長してます。 上は10月4日現在です。同じ鉢に植えてます。もう鉢いっぱいになっ [続きを読む]
  • フェルニア属のゼブリナの花が大きくなった。露地植えの紅花団扇接ぎ
  • フェルニア属ゼブリナの花です。このゼブリナは5月くらいから途切れる暇がないくらい、花が咲き続けています。でも今咲いてる花が一番巨大です。花弁みたいなところが反っているので、そう大きくは見えないかも知れませんが、面積で今までの1.5倍くらいはありそうです。まだ次のつぼみが出来てきています。新芽も続々と出てきて、2倍以上になっています。 下は畑の露地植えの紅花団扇接ぎの花サボです。栄養がいいのか、子供 [続きを読む]
  • サボテンのつぼみがカキ子になった
  • サボテンのつぼみが、花が咲かずに落ちてしまうという事は時々あります。しかし今回は少し様子が違います。よくつぼみと思っていたが、実は子吹きだったという事はよくあります。ある程度大きくなってくると子ぶきの場合は刺が出てきたりと早い段階で区別できるようになります。 上は大豪丸です。これは台木に使っています。大豪丸は花付きがよく接ぎ木の台にして穂が上手く着いて成長していても、盛んに花を付け子吹きします。 [続きを読む]
  • マミラリア属実生白星の植え替え
  • 2015年実生の白星です。下は去年植え替えした物です。 秋になって成長が始まってきたようで、横がくっついてきてます。大きい物は単独植え、小さい物は寄せ植えにしたいと思います。抜き上げた所です。根張りはまぁまぁ良いようです。しかし花サボに比べると何とも頼りない感じです。 土を落として、根ジラミ対策に(根ジラミは見当たりませんが。)オルトラン溶液に根を漬けました。 小さい苗はすぐに寄せ植えしました。大き [続きを読む]
  • 銀冠玉実生苗の袖が浦接ぎ
  • 去年まで成功したことがなかった、袖ケ浦への実生苗接ぎの成果です。台木は実生の袖が浦で高さは15cm位です。去年失敗したものから出た脇芽に接いだものもあります。新しい順から 上は9月4日に接いだものです。穂が米粒ほどで非常に小さかったので、どうしようか迷ったのですが、まだ暑いうちにと思い接いで見ました。やはり乾燥がひどくシワシワになっていますが、新刺もあるようで(これは接いだ時にすでに出てたものかも [続きを読む]
  • 2年ぶりに根が出たサボテン 銀冠玉の花が咲いた
  • サボテンの中にはいじけてしまって、それからなかなか根が出ない物があります。下はロビビア属の花模様です。完全にいじけてしまって、もう2年くらい根が出ていません。もうこれだけ出ないとあきらめる所ですが、1か月ほどまえ、メネデールを塗りました。 今日見るとなんと根が出ています。早速植えこみました。 上はギムノカリキウム属の高木スーパー海王丸です。つぼみ付いてますが、これももう2年から3年根が出ていません。 [続きを読む]
  • 失敗した紅花団扇に接ぎなおし
  • 接ぎ木をしているとどうしても失敗するものが出来てきます。下の写真は親和力を見るために、左にヘキラン錦、右にロフォフォラ属を接いで見ましたが、見事に両方とも失敗しました。左に接いだヘキラン錦は早々に外れたので、すぐに花サボを接ぎなおしました。 右側のロフォフォラ属の方は、様子見をしていましたが、穂から根が出てきてやはり失敗でした。台の方はかなり傷んでいます。 でもここにまた接ぎなおしします。朝から水を [続きを読む]
  • もう限界になってきた。怪竜丸の植え替え
  • 今年植え替えてから急速に大きくなってきた、ギムノカリキウム属の怪竜丸です。これは班入りの種だったんですが、8本ほどで全て班無しです。1本だけごく小さく班入りかなと言うのはありますが。 もうそろそろ植え替えしないとだめです。丸い鉢が四角くなってきました。サボテン同士も押し合いへし合いで、四角くなってきています。上は今日8月26日です。4本とも微妙に刺の形などが違います。 急に大きくなってきた今年5月6 [続きを読む]
  • またまた腐ったエケベリア
  • この前暑さでエケベリア属のピンクザラゴーザが腐ったという日記を書きました。それに続いて今日もまた腐りが出ました。今度は発見が早かったので、完全に腐ることは無いと思います。 今年の夏は特に暑く、去年は同じ環境で夏を越せたのですが。今日は今年の夏で一番暑い36度の予想。実際は35度だったようですが。当地の実際は34度だったようです。ハウスは遮光はしていますが、今日は45度まで上がっていました。今までは [続きを読む]
  • かなり成長に差が出たガステリア属、臥牛
  • 2014年に実生した臥牛です。臥牛ばかり数種類撒きました。すべて超幅広とか何とかややこしい名前が付いていて、錦の種ばかりです。結構値段もたかったですが、結局班入りは皆無でした。サボテンでも多肉でも、〇〇錦とか言っても、班入りが出る確率は結構低い物です。3年たって何故か成長に大きな差が出ました。 上は一番大きなものです。なんと13cmになっています。すでにつぼみも付いています。 上の3枚はその他の臥牛 [続きを読む]
  • サボテンの実生苗、1回目の植え替え
  • サボテンの実生苗の植え替えを順次やっています。今回は銀紐・レブチア属の紫宝丸・ポラスキー(烏丸)・月世界です。 上は銀紐です。伸びているのは徒長ではありません。こんなサボテンです。 こんな感じでピンセットで挟んで植えこんでいきます。鉢底にバーク堆肥の乾燥させたものを引き上に、通常で使用しているサボテン用土を入れます。本当は実生小苗用にもっと細かい物の方が良いとは思いますが、今までこれでうまく行ってい [続きを読む]
  • ウオーキングシューズの靴底修理 ウレタン底
  • もう6年ほど前に購入したウオーキングシューズです。結構お気に入りです。 ところが歩いていると、何かを踏んだような・・・見ると黒い物が落ちている゜⌒(o・_・o)⌒゜ ん? なんと靴底が落ちている。 少し前にネットニュースでウレタン底のスニーカーの靴底が取れてケガをすることが増えてるって載ってたな。調べるとこれもウレタン底でした。 ウレタン底は空気中の水分を吸って5年ほどでボロボロになるらしい。雨の中を [続きを読む]
  • 袖が浦の実生苗接ぎ初めて成功 紅花団扇2個接ぎの結果 袖ヶ浦接ぎの準備
  • 今まで何度やっても成功しなかった袖が浦接ぎですが、やっと成功したようです。 ロホホラ属の銀冠玉です。新刺が出てきて色も黄緑色が頂上に出てきました。 上は6月17日に無理だと思いつつ紅花団扇に、ヘキラン錦と多毛デヒューサを接いだものです。包帯を外すと早々にヘキラン錦が落下。すぐに花サボを接ぎなおしました。 花サボは成長を開始しています。多毛デヒューサはどうやら付いていないようです。もう少し様子を見て外 [続きを読む]
  • 暑い中の花 サボテン実生苗植え替え 袖が浦実生苗接ぎ
  • 大阪では連日35度前後まで上がっています。さすがの花サボテンも花の季節は終わりました。 しかし紅花団扇接ぎの花サボテンはこの暑さでも時々花を咲かせます。初夏に一度花を咲かせていますが、それでも時々思い出したように花を咲かせます。 先日3度目の実生をしましたが、最初の実生苗がそろそろ植え替え時期かなという位に育ってきました。 抜いた苗は大体上のような大きさです。 とりあえず1鉢分植え替えです。用土は通常 [続きを読む]
  • サボテンの種の洗い方
  • 今年も10種類くらいの花サボテンの種を収穫しました。果包の中には種に混じって、実というかドロドロの物が入っています。ドラゴンフルーツで言えば果肉の部分です。花サボは果肉は要りません。 上は種を洗っているところですが、果肉がなかなか網から出ていきません。かなり時間をかけてもやはり残ります。 そこで今日になって初めていい方法を発見しました。諸先輩方は今頃気が付いたのか?(≧m≦)ぷっ!と思われる方もおら [続きを読む]
  • エケベリア ピンクザラゴーザが暑さで腐る
  • 大阪は連日の33度、34度、36度超えの厳しい暑さです。夕立も無くもう1か月ちかく雨らしい雨も降らずです。降ってるところはどうしようもない豪雨になってるのに。 畑のハウスは猛暑で連日43度、45度です。それでも何とかサボテンは育っていますが、エケベリア類も1部持って行ってます。 この前行った時は元気だったのに、昨日行ったらエケベリア属のピンクザラゴーザの色が変わっていました。写真ではよくわからいです [続きを読む]
  • 何故か実生苗はよく育つ
  • 今年も10種以上実生しました。発芽率は色々ですが、発芽した分は消えるものも無く、殆どが育ちます。その後の成長はいいのも悪い物もあります。 他の方のブログも色々みますが、結構溶けたとか消えたとかよくあります。 自分も何年か前2月に実生したサボテンのほとんどが解けたことがあります。その原因は実生ケースに保湿のためのガラスふたを、したまま直射日光に当てたためです。太陽光の角度を考えなかったためです。これ以 [続きを読む]
  • 三角袖の種? エケベリア セクンダ綴化の植え替え
  • 地植えの三角袖に花が咲きました。花は袖ケ浦と同じプシス系の白い大輪です。 なんやら種のようなものが出来ています。他に三角袖は咲いておらず、交配したこともありません。近くに花サボは植えていますが、同時に咲いていたかどうかは不明です。サボテンには自花だけで種が出来るものがありますが、他の花が無いと種が出来ないものが多いです。袖ケ浦は他の袖が浦があっても種は出来ません。袖が浦と言うのは全てクローン、つま [続きを読む]
  • サボテンの種の収穫
  • 花サボテンの種の収穫です。この前ナメクジに食べられたので、収穫できそうに柔らかくなってきている物、割れかけている物はナメクジのきそうにないところに上げておきました。アリに食べられることもあるのでこれにも注意ですが。 一つのサボテンの実がかなり柔らかくなり、グラグラでサボテンから取れそうだったので取りました。指で割ると上のようにいい具合です。 ダイソーで買った一番細かい茶こしです。細かいようでも少し大 [続きを読む]
  • 長子の悪いサボテン達
  • ブログでは調子の良いサボテンばかり紹介していますが、うまく育たないサボテンも結構あります。調子が悪いサボテンはほとんどが、業者からの購入品が多いです。自分で実生した物や、自分でカキコを取った物はほとんど順調に育っています。 上は海王丸です。つぼみが付いていますが、 上はその裏側です。根が全くありません。購入してもう4年くらいになりますが、いじけたまま一度も根が出ていません。4年も根無でつぼみが出ると [続きを読む]
  • ガガイモ フェルニア ゼブリナにまた花が咲いた
  • またまたガガイモ属のフェルニア ゼブリナに花が咲きました。 これで3個目です。裏側にはもう2個小さなつぼみが出来ています。 いつみても怪しい感じです。 新芽も次々出来てきていますが、最初からあっ方は相変わらず伸びる気配はありません。色はかなり緑が戻ってきていますが、まだ茶色い物もあります。元気はいいと思うけど本調子ではないのか?1回目の花が咲いてから植え替えをしました。ハウスには50%の遮光ねっと。 [続きを読む]
  • 紅花団扇に2個接ぎ、1個は失敗
  • 1週間ほど前に紅花団扇にヘキラン錦とロフォフォラ属の多毛デヒューサを、接いだのの包帯を取りました。多分2個とも失敗だろうと思っていました。 ヘキラン錦の方はもう包帯を外す前にグラグラでした。デヒューサの方は、ズレ防止のためのキリン団扇の刺を抜く際もきっちりくっついているようです。しかしまだ成功かどうかは全く判りません。 失敗した方に花サボを接ぎなおしました。もし2つとも成功したら、どちらか一方の紅花 [続きを読む]
  • 赤ダニにやられたサボに新芽 紫紅玉に剛刺 日の出丸・半島玉の新刺
  • 露地植えしていた花サボです。上部が悲惨なことになっています。これは多分赤ダニだと思います。赤ダニが這っていたのは見ています。しかし一緒に植えている、金盛丸は平気です。赤ダニに弱い物強い物があるのでしょう。 このままではいずれ枯れてしまうだろうと思い、鉢植えにしてみました。今日見るとなんと新しい芽が出てきています。サボテンはすごい生命力があります。 上はエキノケレウス属の紫紅玉です。今年花も咲きました [続きを読む]