ピッキオ さん プロフィール

  •  
ピッキオさん: 軽井沢野鳥の森ブログ
ハンドル名ピッキオ さん
ブログタイトル軽井沢野鳥の森ブログ
ブログURLhttp://nwpicchio.blog38.fc2.com
サイト紹介文軽井沢野鳥の森を毎日ガイドしているピッキオが、季節の自然情報や出会った生き物をご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/06/29 20:05

ピッキオ さんのブログ記事

  • もう、せっかちなんだから・・・
  • 今回の三連休は天候にも恵まれ、「野鳥の森ネイチャーウォッチング」にもたくさんの皆様にご参加頂きました。さて、ご参加頂いた皆様の中には、どんぐり池でカエルを見た方も多いのではないでしょうか?野鳥の森に棲むヤマアカガエルの一部は、秋になるとどんぐり池に集まり、ここで冬眠するのです。先日の巡回の時にも、どんぐり池の水面からヤマアカガエルのメスが顔を出していました。ヤマアカガエル♀オスもいましたよ。ヤマア [続きを読む]
  • スコットさんに会う
  • 今日の軽井沢は、良い天気でしたが冷え込みました。そんな中、また鳥獣保護区管理員の業務で、軽井沢野鳥の森を巡回しました。前回から1週間も経っていないので、開花植物はあまり変化がありませんでした。草の花:アカツメクサ、ユウガギク、シラネセンキュウ、ハキダメギク、ナギナタコウジュ、ヤクシソウ、イヌタデ、ヒメジョオン、アメリカセンダングサ、セキヤノアキチョウジ、トネアザミ、ヤマトリカブト、シロヨメナ、ダイ [続きを読む]
  • クマの好物?
  • 昨日の軽井沢野鳥の森の巡回では、森の至る所でイノシシの堀跡が見られました。イノシシは鼻先で地面を浅く掘りながら歩き回り、地中のミミズなどの小動物、植物の種子や根などを食べるのです。そして今は大量に落ちているクリの実を食べていて、あちらこちらに、食べられたクリの殻が落ちていました。まぁこれはイノシシの堀跡のまわりに殻が落ちているので、「イノシシの食痕だろう」と判断している訳ですが、もちろん他の動物た [続きを読む]
  • 今日の花とか実とか
  • 今朝の軽井沢は冷え込みました。幸い霜は降りませんでしたが、そろそろ花の季節は終わりを迎えます。そんな軽井沢野鳥の森を、また開花植物を記録しながら巡回しましたよ。本日、開花が確認された植物は以下の通りです。草の花:アキノキリンソウ、ヤマトリカブト、チヂミザサ、ダイコンソウ、トネアザミ、アカツメクサ、メマツヨイグサ、ハナタデ、ナギナタコウジュ、アメリカセンダングサ、セキヤノアキチョウジ、ユウガギク、コ [続きを読む]
  • 秋の虫たち
  • 9月も半ばを過ぎ、軽井沢は少しずつ秋めいてきました。オニヤンマの姿もいつのまにか見かけなくなり、虫の姿からも、秋を感じます。ケラ池のほとりでは、フキの葉の上にフキバッタが止まっていました。アオフキバッタ野鳥の森では見慣れたアオフキバッタです。翅がありませんが、これで立派に成虫。この種類は成虫になっても翅がないのです。一方でトクサには、翅が短い他のバッタが止まっていました。背中に筋が入っています。ど [続きを読む]
  • 野鳥調査情報(2017年9月14日)
  • 今朝は早朝は曇り空でしたが、次第に晴れ間が広がりました。日中はけっこう暑くなり、まだミンミンゼミの声が聞こえましたよ。朝のまだ涼しい時間帯、毎月恒例の鳥類調査を実施しました。本日、確認した野鳥は以下の通りです。キジバト(声)、コゲラ、ハシブトガラス(声)、コガラ(声)、ヤマガラ、ヒガラ(声)、シジュウカラ、ヒヨドリ(声)、ウグイス(声)、メジロ(声)、ゴジュウカラ(声)、キビタキ、オオルリ、キセキ [続きを読む]
  • 渡りの季節
  • 先日の野鳥の森の巡回では、昆虫の写真も撮っていました。トラマルハナバチ今の季節、ツリフネソウやキバナアキギリ、コバギボウシなど、主にトラマルハナバチに訪花してもらうことで授粉しようという花が咲いていて、実際にトラマルハナバチが訪れている姿をよく観察します。しかしハチの方は、蜜と花粉が集められれば良い訳で、それらが豊富であれば、「専用の花」意外にも訪れるのです。アザミの仲間には、様々なチョウやハチが [続きを読む]
  • 遊歩道の補修工事が入ります
  • 前回の野鳥の森巡回から1週間しか経っていないのですが、昨日再び、鳥獣保護区管理員の業務で野鳥の森を巡回しました。一昨日までの落枝対策の作業結果も確認しながら、例によって開花植物を記録しましたよ。昨日、開花が確認された植物は以下の通りです。草の花:ミズヒキ、キバナアキギリ、チヂミザサ、ノブキ、ハナタデ、ユウガギク、ダイコンソウ、ツユクサ、ツリフネソウ、キツリフネ、ヤブマメ、ナンテンハギ、ヒメジョオン [続きを読む]
  • 落枝対策
  • 森の木々は、上へ上へと枝を伸ばし、葉を広げて日光を浴びようとします。すると低い場所にある古い枝は、日当たりが悪くなって枯れ、折れて地上に落下し、土へと還っていきます。これは自然界では普通に起きる現象なのですが、もし、その枯枝が人に直撃したら・・・。小枝なら良いですが、大きな枝だと命に関わる怪我になりかねません。今年の夏、ピッキオがガイドしているすぐ近くでけっこう大きな落枝がありました。その件を「国 [続きを読む]
  • もう秋雨?
  • 長雨が終わって天気の良い日が続いていたと思ったら、もう天気図には秋雨前線が現れ、昨日の夕方からは雨が降り始めました。雨が降る前にと、昨日のうちに野鳥の森を巡回しました。遊歩道のゴミを拾いながら、いつものように開花植物を記録しましたよ。昨日、咲いていたのが確認された植物は以下の通りです。草の花:ノブキ、ミズヒキ、キツリフネ、イヌトウバナ、ハナタデ、フシグロセンノウ、キンミズヒキ、ホソバガンクビソウ、 [続きを読む]
  • 長〜い口吻
  • ピッキオのツアーの受付場所となるビジターセンターは、国道146号線から星野温泉の看板を右折してP1駐車場に車を停め、村民食堂やトンボの湯の前を通り過ぎて湯川に掛かる「赤岩橋」を渡り、湯川沿いに降りる遊歩道を歩いた先に見えてくる、軽井沢野鳥の森の看板右側の1段高い場所に建っています。今朝、その湯川沿いの遊歩道を歩いてビジターセンターに向かっていると、遊歩道沿いの外灯の上を、小さな虫が歩いているのが目 [続きを読む]
  • ケラ池のトンボたち
  • 軽井沢は相変わらず不安定な天気が続いていますが、今日の日中は日が差して良い天気でした。ケラ池では今日も、トンボの姿が見られましたよ。アオイトトンボ♂以前はウジャウジャといたアオイトトンボ。まだ数は少ないですが、姿を見る事ができました。岸辺の植物が増えてくれば、草の茎に産卵するこのトンボも増えてくるでしょう。ナツアカネ♂まだ赤くなっていない若いナツアカネのオスです。こちらは恐らく、どこかの水田で羽化 [続きを読む]
  • 羽化初確認!
  • 今朝、ケラ池のほとりで、羽化直後のマユタテアカネを見つけました。ちょうど「野鳥の森ネイチャーウォッチング」の出発時だったので、参加した皆さんと眺めていると、ヒラヒラと初飛行して梢の方へと飛んでいきました。午後、残された羽化殻を撮影しましたよ。ビジターセンターを背景にもう1枚。マユタテアカネは秋に産卵し、そのまま卵越冬。春に孵化した幼虫(ヤゴ)が夏に羽化するという生活環をもっています。つまり冬場、ス [続きを読む]
  • 野鳥調査情報(2017年8月16日)
  • 8月に入ってから、軽井沢は雨ばかりです。今朝も強めの雨が降っていて、予定より1時間以上遅れての調査開始となりました。本日、確認した野鳥は以下の通りです。キジバト、コゲラ、アオゲラ(声)、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ(声)、シジュウカラ、ヒヨドリ(声)、エナガ(声)、メジロ、ゴジュウカラ(声)、キバシリ(声)、カワガラス、イカル(声)、ホオジロ(声)、計17種霧雨が降り続いていま [続きを読む]
  • 夏の出産ラッシュ?
  • 毎朝恒例のムササビ巣箱チェック。巣箱に設置された隠しカメラから伸びたコードに、電池とモニターを接続して、中の様子を確認します。頻繁に引越しするムササビを「空飛ぶムササビウォッチング」で観察するには、巣箱チェックは欠かせない作業です。今朝は私がチェックに行きましたが、気配に反応して、巣箱から顔を出した子がいましたよ。口角が上がって見えて、なかなか可愛く撮れましたね。他にもこの数日の巣箱内の様子をご紹 [続きを読む]
  • ケラ池完成から1年経ちました
  • 台風5号は日本海へ抜け、軽井沢野鳥の森には、大きな被害は確認されませんでした。雨も午前中には上がり、時々晴れ間も見えていました。そして湿った南風のせいでムシムシ。爽やかな軽井沢は、今日は何処かへ行ってしまったようです。さて、晴れ間も出て、気温も上がったので、ケラ池ではトンボの姿が目に付きました。ケラ池が完成して1年。まだまだ、以前のトンボ池の頃に比較すると少ないのですが、今日はオオルリボシヤンマに [続きを読む]
  • 夏の花が咲き始めています
  • 今日も軽井沢はどんよりとした曇り空でしたが、いつものように、軽井沢野鳥の森の遊歩道を巡回しましたよ。本日、開花が確認された植物は以下の通りです。草の花:ダイコンソウ、キツネノボタン、クサコアカソ、ミツバ、エゾハタザオ、キツリフネ、イヌトウバナ、クサアジサイ、ハエドクソウ、ヌスビトハギ、ヒメジョオン、オトコエシ、オカトラノオ、タケニグサ、チダケサシ、クルマバナ、ウバユリ、キンミズヒキ、キオン、ヤマニ [続きを読む]
  • へんなイモムシ
  • 梅雨が明けたというのに、軽井沢は連日雨模様の天気が続いています。それでも夏休みですから、連日、たくさんのご家族連れが、ピッキオのネイチャーツアーにご参加頂いています。今日も「野鳥の森ネイチャーウォッチング」で森をご案内していると、見たことも無いイモムシが、地面に落ちていました。名前を調べようと、ピッキオビジターセンターまで連れて帰ってきましたよ。図鑑を見ると「ハンノケンモン」という種類の蛾の幼虫で [続きを読む]
  • 梅雨明けの虫たち
  • 梅雨が開けたこともあって、夏の虫たちが目に付くようになってきました。ケラ池にはシオカラトンボやネキトンボ、オニヤンマなどが飛来しています。でも写真が撮れたのはこれ・・・アキアカネまだ若いメスのアキアカネです。どこかの田んぼで生まれて、これからもっと高い山に移動するのでしょう。秋になると赤く色付き、繁殖のため山から降りてきます。野鳥の森では、ミヤマカラスアゲハが遊歩道に降りて、吸水する姿を見るように [続きを読む]
  • 地味なラン
  • 長野県にも梅雨明け宣言が出たようです。今年の梅雨は雨の降る日が少なかった気がしますが、降る時には大雨になっていましたから、降水量は特別少ないという訳ではなかったようです。先日18日も、梅雨とは思えない強い日射しでしたが、いつものように、開花植物を記録しながら遊歩道を巡回しました。18日に開花を確認した植物は以下の通りです。草の花:ダイコンソウ、キツネノボタン、ミツバ、ウマノミツバ、キツリフネ、ミヤ [続きを読む]
  • シナノキ満開
  • ピッキオビジターセンターの目の前、ケラ池をはさんだ向かい側に、今、たくさんの花を咲かせている大きな木があります。信濃の国の名前の由来になったとも言われている「シナノキ」です。シナノキ(白っぽいのがすべて花)シナノキの花は蜜が豊富なようで、大きなアゲハチョウたちも含め、たくさんの虫を引き寄せます。今日も低い枝を見ていると、チョウやハチがやってきていました。オオマルハナバチスジグロシロチョウ花をよく見 [続きを読む]
  • 野鳥調査情報(2017年7月11日)
  • 軽井沢は梅雨らしくない暑い日が続いています。今朝も朝から快晴。しかしエゾハルゼミはもう、わずかな生き残りしか鳴いていません。そのためでしょうか?繁殖期もそろそろ終わりのはずですが、野鳥たちは良くさえずっていました。本日確認した野鳥は以下の通りです。カルガモ、キジバト(声)、アオバト(声)、コゲラ、アカゲラ、サンショウクイ(声)、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨド [続きを読む]
  • 昨日の虫いろいろ
  • 昨日の巡回では、昆虫の写真もいくつか撮影していました。まずはゼフィルスと呼ばれるグループの、ちょっと大きなシジミチョウから。ウラゴマダラシジミ翅の裏が白く、黒いまだら模様があることから、裏胡麻斑小灰蝶と呼ばれています。「ゴマダラ」と付く虫はいろいろありますが、漢字をそのまま読むと「ゴママダラ」。読みにくいから「マ」が省略されたんでしょうか?ウラゴマダラシジミの表側翅を開いて表面も見せてくれました。 [続きを読む]
  • クリの花の匂い
  • 軽井沢野鳥の森では、今、クリの花が満開です。満開のクリの木この季節になると、森は青臭いような独特な匂いで満たされます。それが何の匂いに似ているかは置いておくとして・・・白い房状に咲いているのは雄花です。クリの雄花そしてクリの実になる雌花はというと・・・こんな姿をしています。クリの雌花花弁も無く、めしべだけが束になって伸びていますが、根元の辺りはちゃんとイガっぽくなっているんですね。さて、そんな青臭 [続きを読む]
  • 葉上の小さい甲虫たち
  • 今日の軽井沢は午前中、どんよりとした曇り空で、小雨がぱらつく天気でした。そんな薄暗い森の中、鳥獣保護区管理員の業務で遊歩道を巡回しましたよ。森の入口では、先日オオルリのメスが口にくわえていた、ジョウカイボンがとまっていました。ジョウカイボンカミキリムシのような姿ですが、実は肉食で、他の虫を捕まえてムシャムシャと食べてしまいます。しばらく歩くと、今度はハナムグリの仲間を見つけました。アオアシナガハナ [続きを読む]