Serendipity さん プロフィール

  •  
Serendipityさん: Viva la Vida ‐ Serendipityな日々のあれこれ
ハンドル名Serendipity さん
ブログタイトルViva la Vida ‐ Serendipityな日々のあれこれ
ブログURLhttp://serendipity2006.blog88.fc2.com/
サイト紹介文英語講師の綴るアメリカ生活記、日々の出来事から英語の話、アクセサリー制作、映画や読書と話題満載。
自由文日々の出来事、子育て、英語情報、手作りアクセサリーからPTAと、話題満載のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供279回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2013/07/01 10:14

Serendipity さんのブログ記事

  •   ツクハリ診療所&ツクハリ同窓会
  • 12月2日にスタートしていた、弟分・純也君の作品展、ツクハリ診療所&ツクハリ同窓会今日は最終日。過去にツクハリこと純也君が制作・販売したぬいぐるみたちが玉造のアートボックス・はこぶねに集結。ツクハリファンにはたまらないイベント。年を重ねるごとにますますその活動の世界を広げていく純也君。ぬいぐるみたちが、購入者の協力を得て一同にかいした今回の作品展はただただ圧巻。彼の独特の世界観と鮮やかな色の世界に [続きを読む]
  •   「やる気が出ない」を英語で?
  • ネットフリックスで配信中のアメリカのドラマ、ビリオンズホームランドで主演俳優を演じたひとり、ダミアン・ルイスと、味のある俳優、ポール・ジアマッティが共演している、ヘッジファンドをめぐる争いを描いたドラマ。ちなみにポール・ジアマッティ主演の「サイドウェイ」はカリフォルニア・ナパ・バレーを舞台にした映画で、私のお気に入り映画のひとつ。☆過去のおススメ映画記事はこちら今日は「ビリオンズ」の中のセリフから [続きを読む]
  •   一休み
  • 前回の作品展終了後の体調不良を反省し、今回は徹夜もせず、身体第一に制作していたので、土日の作品展が終わったあともかなり身体は楽。数か月にわたり、相当数制作していたので、制作スペースはパーツや道具の山。ボチボチ片付けて・・・・・・中間試験の採点も・・・・・・ま、のんびりとやろう。久しぶりにのんびりとうちごはん。今日は昨晩の残りものの、レモンバターソースのチキンとこれまたレモンとハーブのキヌア。それと [続きを読む]
  •   Atelier C. Palette X Serendipity 2人展、無事終了。
  • 土日に開催した、Atelier C. Paletteの曽田久美子さんとのコラボは無事終了。2日目の今日、開場前に準備に行くと、階下のCOCHICAから美味しそうな焼き菓子のニオイ。土日ともにお天気にも恵まれ、いつもの常連さんや、前回の一畑百貨店で初めてご購入いただいた方々が再度来てくださったり、数年ぶりに会う人たちも。そして今回もまた、ブログを読んでます・・・と、初対面の方々がきてくださったり。今回、声をかけていただいた [続きを読む]
  •   消しカス
  • 現在、大学は中間試験期間中。私の試験問題は記述部分が多いので、試験が終わると教室の机の上は消しゴムのカスだらけ。これ、観察していると面白い。次にその席に座るであろう学生のことを考えず、大量の消しゴムのカスを机に残したまま、教室を後にする学生もいれば、手ではたいて、床に落とす学生も。そして、注目すべきは、自分の出した消しゴムカスを手のひらをちり取り代わりにして丁寧に寄せ集め、そのまま手を握って、教室 [続きを読む]
  •   新作リングネックレス
  • ブログを読んだ職場のお仲間から、グリーン・スムージー用にどうぞ・・・と庭で栽培しているケールを頂いた。いかにも身体によさそうな色。もちろん無農薬。彼女の庭ではいろんな野菜が元気に育つらしく、毎年たくさんのパクチーも頂く。頂いたときには、トムヤムクンやパッタイヌードル、サンドイッチ・・・と、毎日おいしいパクチーが続く。グリーンスムージーは定着したものの、血圧が安定してきて身体が楽になると、やっぱり水 [続きを読む]
  •   叱咤と激励
  • また中間試験のこの時期がやってきた。今回は、作品展と、答案用紙の採点の時期が重なるというハードなスケジュール。今日の試験、ぎりぎりまで教室に残って粘っていた学生たちと、帰り際に立ち話。私がそういうオーラを持っているのか、私のアンテナがキャッチするのか、あるいはそうした学生が多いのかは分からないけれど、仲良くなって話をする学生には、小学校で不登校になったとか、中学で保健室登校をしていた、あるいは全く [続きを読む]
  •   怒りと血圧の関係
  • 今日の大学の授業は、毎年恒例のランディ・パウシュ教授の「最後の授業」のDVD鑑賞。若い彼らに、今だからこそ、パウシュ教授の亡くなる直前のメッセージを伝えたい・・・と、DVDを観てもらうことにしている。半年前に別の授業でこのDVDを使った時は、何人かの男子学生たちが感動して家に帰ってからも何度もYou Tubeで観返したと言っていた。なのに。今日の学生、若干2名!そりゃね、みんながみんな、同じものを観たり、聴いたり [続きを読む]
  •   寂しさと嬉しさと
  • K1は、希望する大学の小論文試験と面接のため、昨日は一人でバスに乗って出発。この大学の小論文のテーマは「ホロコースト」。数か月前から、ドイツの第二次世界大戦に関する本を読みまくり、日経新聞にも毎日目を通していた。夕方、車で迎えに行った夫と一緒に帰ってきたK1、部屋に入るなり、バタンと床に寝転がった。まさに、力尽きた・・・という感じで。小論文は書けたらしいけど、面接はなかなか厳しかったらしい。結果はど [続きを読む]
  •   迷走中
  • 少し体調が良くなった・・・と思いきや、また血圧が180近くになり、ついに重い腰を上げて受診。さすがにこうも毎日頭が痛く、回りからも危ない、危ないと脅されたらだんだんと怖くなってきた。このままぽっくり死んでしまったらどうしようと思うと、これがまたストレスとなり、心臓バクバク。内科を受診し、心電図、レントゲン、血液検査と一通りの検査をしてもらった結果、特に異状なし。これだけでも一安心だったけど、医者か [続きを読む]
  •   紙芝居作家 白根園子  小林如泥
  • 「活動を再開したよ」と、友人から、新聞記事とともにラインが。*山陰中央新報 11月15日付過去に全国手作り紙芝居のコンクールで日本一に輝いた白根 園子は高校の同級生。2002年から紙芝居の読み語りを始めた彼女。2003年からは自作の紙芝居を読み語る活動をスタートし、2006年には前述のコンクールでグランプリに輝いた。2人の子どもを持つ彼女、子育てなどで紙芝居活動を一時中断していたけれど、この度、「小林 [続きを読む]
  •   Alana's
  • 地元情報誌、Lazudaの今月号。「忘年会ガイド」につられたわけじゃなく、今月は、歳の離れた友人、美帆ちゃんのお店が、「NEW SHOP」コーナーで1ページまるごと紹介されていたので。今年の5月にオープンしたばかりのアメリカン・スィーツ専門店。☆過去記事はこちらカラフルで、ポップで、食べるのがもったいないくらい可愛いデコレーションは美帆ちゃん担当。アメリカ人の旦那さん、アダムが作るスィーツはアメリカンな甘味を、 [続きを読む]
  •   和布のチョーカー
  • もう10年来、私のアクセサリーを使ってくれている方が、久しぶりに会う友人たちにプレゼントしたい・・と、お揃いで4セットをご注文いただいた。私にしては珍しい、和布を使ったチョーカー。 本日のスィーツ 手土産に頂いた、手作りのシフォンケーキ。抹茶と小豆の風味がきいていてふんわり、しっとり。美味しくいただきました。 [続きを読む]
  •   来月の作品展のお知らせ
  • 昨日までの頭痛も、ぐっすり寝たおかげですっかりと消えて、血圧も下がり、身体がスッキリ。やはりね、身体が整っていないと、いい作品もできるわけがなくて。心を込めて作りたいので、ここ数日はアクセサリー制作を休んでいた。元気になったら、俄然制作意欲が湧いてきた。つい2週間前に展示会を終えたばかりなのだけど、来月早々、今度は2人展を開催。実は今年の春に声をかけていただいていたけれど、お店の都合や私のスケジュ [続きを読む]
  •   気配り店員さん
  • 夕方。近所のドラッグストア・ウェルネスへ買い物に行こうと歩き出し、店の入り口に到着したところ携帯電話が鳴り。おしゃべりをし出したら止まらなくなる友人からの電話で、結局店の前で寒空の下、1時間も長電話。身体中が冷え切り、ぶるぶるしながら店内に入り、買いに来た風邪薬のコーナーを物色していると・・・・・・以前から親切に質問などに答えてくれていた可愛らしい女性店員さんが近づいて来た。「寒かったですね。お風 [続きを読む]
  •   人生いろいろあるわ。
  • 作品展が終わり、疲れがどど〜っと出て、やっと回復してきたみたい・・・と書いていた矢先。なんでこういう展開になるのか。さて、これから心身共に休んだ後はまた制作に力を入れて・・・というときに・・・事故っちゃったんだなぁ。去年は被害者。今回は加害者。やだわ・・・この響き。加害者。前方不注意で・・・前の車にコツンと。ほんの一瞬の出来事なんだけど、気づいたら前の車はブレーキかけてて。でもって、車間距離が短す [続きを読む]
  •   嵐が過ぎて。
  • 作品展終了後の数日間は慌ただしく過ぎていき・・・。会場から持ち帰った什器やアクセサリーを片付ける間もなく、不在中にたまった我が家の男子3人分の1週間分のアイロンがけから始まり、トイレ掃除、台所・・・なんてやっていたら、あっという間に1日が過ぎていき。来場していただいた方々へお礼メールを送り、個々でしばらくメールのやりとりをしていると、これまたあっという間にもう1日過ぎていき・・・。さすがに数週間の [続きを読む]
  •   作品展示会無事終了 感謝・感謝の6日間
  • 今まで経験したことのない、6日間という長い開催期間だった、一畑百貨店・クラフト展が昨日、無事終了。長い開催期間中、本当にたくさんの方々にお越しいただいた。その多くがいつも私のアクセサリーを使ってくれている人たちやその知人、友人、そして私の大事な友人たち。他にも、新聞の広告を見て、カラフルなアクセサリーが欲しかったと、遠方から足を運んでくださった新規の方や、ここ数年お会いしていなかった方々、息子たち [続きを読む]