サスケハナ さん プロフィール

  •  
サスケハナさん: 発達障害児支援
ハンドル名サスケハナ さん
ブログタイトル発達障害児支援
ブログURLhttps://ameblo.jp/susquehanna-kariya/
サイト紹介文学習障害、注意欠陥多動性障害、ダウン症、自閉症などの子どもたちの基礎学習支援を行っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/07/01 12:41

サスケハナ さんのブログ記事

  • カブト虫の幼虫堀り体験 
  • 愛知県江南市の放課後等デイサービス「ひかり学園江南教室」、愛知県一宮市の放課後等デイサービス「どんぐり教室一宮」共通イベントです。11月3日文化の日 午前中は、子ども達と一緒に美濃加茂市の椎茸農家さんへ向かいます。カブトムシの幼虫堀り体験に行ってきます。ひかり学園では本物体験学習を定期的に行っています。本物で直接的な体験には多くの学びがあると思います。愛知県知立市の放課後等デイサービス「どんぐり教室 [続きを読む]
  • 体験的学習を終えて 岐阜県各務ヶ原市 自然遺産の森
  • 秋の体験的学習の目的東山動物園にて、本物の動物を見たり、触れたり、動物お絵かきラリー等をして楽しみながら言葉とイメージを自在に操ることを学びます。体験的学習を終えて当初の予定では、昔遊びのプログラムをいくつか準備していました。自然遺産の森へ到着すると自然の多い自由な雰囲気からか、子ども達は皆、広大な緑地へと走り出して各々に興味や関心のある事を楽しみ出しました。カマキリやバッタを追いかけたり、小川 [続きを読む]
  • 秋の体験的学習イベント② 東山動物園「ケイジ君に会いに行こう!」
  • 秋の体験的学習の目的東山動物園にて、本物の動物を見たり、触れたり、動物お絵かきラリー等をして楽しみながら言葉とイメージを自在に操ることを学びます。糸山泰造先生著書「思考の臨界期」より抜粋体験的学習には、説明できないほどの複雑な情報が含まれています。一方、知的系統的学習は、単純で簡単で受動的で限定されています。例えば、「写真と文字を見て海を知る場合」と「海に行って海を知る場合」では、どちらが高度な [続きを読む]
  • 秋の体験的学習イベント① 岐阜県各務原市「自然遺産の森」
  • 秋の体験的学習の目的緑地を散策して本物の植物や生き物を見たり、触れたり、広大な草原でオニごっこやポコペン等の昔遊びをしたりして、たくさんの驚きや感動、不思議を体験してほしいと思います。糸山泰造先生著書「思考の臨界期」より抜粋体験的学習には、説明できないほどの複雑な情報が含まれています。一方、知的系統的学習は、単純で簡単で受動的で限定されています。例えば、「写真と文字を見て海を知る場合」と「海に行 [続きを読む]
  • イメージする力が弱い子ども達
  • イメージする力が弱い子ども達             ひかり学園 長谷川博之私は長年、学習困難に陥っている子ども達や発達障害と言われる子ども達の学習指導に携わってきました。その中にイメージする力が弱い子ども達が非常にたくさんいることが分かりました。当時は学習へのモチベーションの低さが原因にあると考え、マンツーマン指導やスモールステップ指導により子どもに自信を身に付けさせようとしていました。しかし [続きを読む]
  • 書字障害??漢字を書かずに覚える
  • 漢字を一度も書かずに覚える「イメージフィックス法」→ 「ユーチューブ解説動画」 「教室での漢字の覚えさせ方」「はい、今日の漢字いきま〜す。」1 黒板いっぱいに大きく漢字一文字(たとえば「初」)を、筆順を唱えながら書く。「いち、に〜い、さん。しい、ご。ろく〜、しち」※生徒たちは、すでに目に焼きつけるように見ている。※生徒たちは声を出してはいけません。2 漢字の説明を言葉だけでする。書かない。「初め [続きを読む]
  • ザリガニ釣り!「外遊びの大切さ」
  • 外遊びには、子ども達の学びがたくさんあります。・5人のお友達で、自分がオニになったら、あと何人つかまえればよいのか。・途中でお友達が2人増えて何人になったのか。その後、4人が帰って何人になったのか。・6人のお友だちがいて、ドッジボールで2チームに分かれる時、何人ずつになるのか。・アメを10こもらって、お友達3人で分ける時、なんこずつにして、なんこあまるのか。・60円もらった時に、お友達3人で山分けするなら、 [続きを読む]
  • 「数の合成と分解」を感覚的に学ぶ体感
  • 数の学習のはじまりは、「10を指で感じる体感計算」  糸山泰造先生の「体感計算」の解説動画ユーチューブ版です。とても大切。ご家庭でも実践できます。数の合成や分解につまずいたら、お子さんの「数の体感」を見直しましょう。是非ご覧ください。↓「体感計算」 ★発達障害児の「イメージする力の養成」については、こちら→0587−53−5176★ひかり学園ホームページ(PC版)★ひかり学園スマホサイト(SP版)★h [続きを読む]
  • 金森明先生 愛知県と岐阜県のワークショップ
  • 本物の学力”ってなんだろう?それは自分自身の人生を楽しむために必要な“力”。そのためにこそ、子どもたちに“考える力”を身につけてほしい。小4の頃から勉強につまづく子、中学校に上がったら勉強がわからなくなって塾に通いだす子が多い中、習ったことがない難しい文章問題でも楽しく自分で考えて解く新しい漢字もパッと見るだけで覚えてしまう中学から塾に行かなくても困らないそんな子ども達がいます。どうしたらそういう [続きを読む]
  • 放課後等デイサービス 小学校との連携
  • 小学校との連携現在、学校の宿題に苦しむたくさんの子ども達がいます。お子さんの状態に合っていない宿題は、過度の学習ストレスを与え、考えない姿勢を強化していきます。当学園では、個々のお子さんの状態に合わせた適切な宿題の提案をすることで、小学校との連携を図っています。いつでもご相談下さい。 ★発達障害児の「イメージする力の養成」については、こちら→0587−53−5176★ひかり学園ホームページ(PC版)★ひ [続きを読む]
  • 算数文章問題の解き方
  • 学習障害(LD)の診断を受けていた小学4年生 支援学級在籍答えは 4 で不正解。しかし、絵図は、文章内容に沿って描けていました。青いお魚の数も正しく描かれていました。「イメージする力が弱く、文章問題が理解出来ない」とのことで、通所していた子でした。半年前は非常に苦戦していた問題が、左の通り絵図化できるようになりました。特別に先生が褒めたわけではないけれど、描き終えた時、子どもがとても良い表情をしていた [続きを読む]
  • 小学4年生 グレーゾーン どんぐり式 良質の算数文章問題
  • グレーゾーンと言われた小学4年生算数文章問題の指導をはじめてから、半年程がたちました。通所を始めた当初は、勉強の部屋から休憩部屋にこっそり行こうとしたり、机の下に隠れたり、椅子の上に立ったり、目を離すとウロウロしだしたり等、落ち着きない様子が非常に目立っていました。どんぐり問題をしていても、数字合わせの式ばかりを書いて「分からん〜〜」という感じでした。そのあと、毎回嫌々行っていた習い事をやめまし [続きを読む]
  • 間違えたときに、すぐに答えを教えること
  • 子ども:間違えた大人:すぐに答を教えた=「君は考える力がない」=You(あなたは) are not OK.  I(私は) am OK.子ども:「ぼくはダメな子だなぁ」=I(ぼくは) am not OK.  You(あなたは) are OK.  上記交流は、「君は考える力がない」という内容を、子どもに伝えてしまうことがあります。これを低学年の頃から、毎日、何年も繰り返していけば、学ぶ意欲をなくした考えない子どもが出来上がってしま [続きを読む]
  • 「数の合成と分解」を感覚的に学ぶ
  • 「数の合成と分解」については、「指」を通して感覚的に学びます。両手指を使って、5を「2本と3本」で出したり、「1本と4本」で出したりします。発達障害と診断されていて「数の理解が・・・」という子ども達も、スムーズに出来るようになっていく場合が多いです。はじめは、自分の指を見ながら数えていても、そのうちに指を見なくても出せるようになっていきました。子ども達の「分かった」という表情がとても印象的です。 [続きを読む]
  • 本物の学力を育てる方法2017 IN愛知7月2日(日曜日) IN岐阜7月3日(月曜日)
  • 本物の学力”ってなんだろう?それは自分自身の人生を楽しむために必要な“力”。そのためにこそ、子どもたちに“考える力”を身につけてほしい。小4の頃から勉強につまづく子、中学校に上がったら勉強がわからなくなって塾に通いだす子が多い中、習ったことがない難しい文章問題でも楽しく自分で考えて解く新しい漢字もパッと見るだけで覚えてしまう中学から塾に行かなくても困らないそんな子ども達がいます。どうしたらそういう [続きを読む]
  • どんぐり式入門書 無料配布
  • 学校等の先生に無料配布!「最初に選びたい学習方法・上」を確実に読んで頂ける学校関係者(幼稚園・保育園・小学校・中学校・学習塾・学習教室)の方へ、無料で配布されるそうです。以前から私も読んで勉強しています。学校関係者の方の必読書です!この機会に是非読んで下さい!以下、糸山先生のFacebookより転載しました。 ◎学校等の先生に無料配布します。「最初に選びたい学習方法・上」(2000円)を「どんぐら〜」推薦で [続きを読む]
  • フィンガーイメージと体感計算
  • 「フィンガーイメージと体感計算」以下のような相談を受けることがあります。・足し算、引き算を、何度学習しても、忘れてしまう。・足し算と引き算の区別がつかない。・計算は出来るが、足し算や引き算の文章題が理解できていない。・数の合成や分解が理解出来ない。これは、指をいくつ曲げている、いくつ伸ばしている等、体の感覚としての「数」の理解が十分でないことが根本の原因にあると思います。子どもの中で数の理解の裏 [続きを読む]
  • 絵だけ日記 放課後等デイサービスの個別学習指導
  • 「絵だけ日記」楽しい出来事を、ひらがな、数字等がなしで、絵だけで描き表します。視考力を高めるために、日頃の放課後等デイサービスの支援の中に組み込みました。学習だと、つまらなそうにしていた子が、「絵だけ日記」では、イメージがどんどんあふれ出して、手が止まらなくなりました。びっくりです!何よりも自由に楽しく描けるよう、子ども達を見守っていきたいです。※参照:どんぐり倶楽部 糸山泰造先生ひかり学園 長 [続きを読む]
  • 危険な高速計算 放課後等デイサービスの個別学習指導
  • 高速計算や過度の反復学習、100マス計算などが、子どもの思考に害があることを実感するようになりました。これまで、ひかり学園の指導の中で行ったことはありません。何かおかしいと、避けてきた指導であるからです。しかし、それらの指導により振り回されている子ども達がいることをほっておけないと思いました。また、これは、自分の指導も見直す機会でもあるからだと思います。自分自身の指導理論、指導指針をより明確にする必 [続きを読む]
  • わり算の筆算 放課後等デイサービスの個別学習指導
  • わり算筆算のつまずき□わり算筆算には、小学1年生からそれまでに学習してきた基礎計算がつまっています。そのどこかにつまずきがあると、わり算筆算の取り組みが困難になります。その場合、いくらわり算筆算のやり方を教えても、子どもはなかなか吸収してくれません。だからこそ、先生の指導力が問われる課題でもあります。先生自身が子どもの習熟度をしっかりと確認でき、明確な指導ができるかが重要なポイントとなります。□ひ [続きを読む]