JyukuBlog さん プロフィール

  •  
JyukuBlogさん: 学習塾経営ブログ
ハンドル名JyukuBlog さん
ブログタイトル学習塾経営ブログ
ブログURLhttp://jyukuunei.blog.fc2.com/
サイト紹介文教材,生徒管理システム,ホームページ作成など,学習塾経営のお手伝いをさせていただきます。
自由文学習塾さんを中心に小中学生対象教材「トレナビ」を提供する株式会社エデュコムがお届けします。「トレナビ」は予習・復習、定期試験対策に最適の教材です。エデュコムはトレーニングペーパーの教育社の編集者が集まった会社です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/07/02 14:57

JyukuBlog さんのブログ記事

  • 9月第3週時事問題
  • 9月第3週時事問題 9月第3週の時事問題です。□10日 岐阜市の養豚場で、死んだ豚から豚コレラウイルスの陽性反応が出た問題で、岐阜県は発生した養豚場で飼育されていたすべての豚の殺処分を終えた。□10日 内閣府が発表した2018年4〜6月期の国内総生産改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.7%増、この成長ペースが1年続いた場合の年率換算では3.0%増となった。企業の設備投資の好調を受け、速報値から上方修 [続きを読む]
  • 9月第2週時事問題
  •  9月になっても残暑が続きますね。 9月第2週の時事問題です。□4日 国民民主党の代表選が開票され、玉木雄一郎共同代表が津村啓介元内閣府政務官を破り新代表に選出された。玉木氏の任期は2021年9月まで。□5日 台風21号が西日本を通過し、各地で爪痕が明らかになった。大阪、滋賀、愛知、三重で計11人が死亡。大阪や愛知など21府県で計292人が負傷し、住宅被害は、大阪をはじめ17府県で一部損壊や床下浸水 [続きを読む]
  • 8月第5週時事問題
  •  勢力が強い台風21号が近づいていますね。お気を付けください。 8月第5週の時事問題です。□27日 タクシー大手の日の丸交通と自動運転ベンチャーのZMPは、東京都内の公道で自動運転タクシーの実証実験を始めた。乗客を乗せたタクシーが公道を営業走行するのは世界で初めて。□28日 米国とカナダ、メキシコの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉で、米国とメキシコが2か国間で新たな合意に達したと発表した。2国間の新 [続きを読む]
  • 8月第4週時事問題
  •  8月も終わろうとしていますが,暑い日が続きますね。 8月第4週の時事問題です。□20日 米国がトルコ製の鉄鋼・アルミニウムへの輸入関税を引き上げたことに関し、トルコは世界貿易機関(WTO)での紛争処理手続きに入った。□21日 台湾の外交部(外務省)は、外交関係を結んでいた中米のエルサルバドルとの関係が断交となったと発表した。中国からの圧力が働いたとみられる。台湾と外交関係を残す国は17カ国になる。□ [続きを読む]
  • 8月第3週時事問題
  •  8月第3週の時事問題です。□13日 NASAは、太陽接近探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を打ち上げ、予定通りの軌道に投入され、成功した。□14日 地上と宇宙ステーションをケーブルで結び、人や物を運ぶ「宇宙エレベーター」の実現に向けた実験が、福島県南相馬市の大規模試験場「ロボットテストフィールド」で行われた。上空の気球からつり下げたケーブルを伝って、四つ足ロボットを載せたクライマーと呼ばれる昇降機が [続きを読む]
  • 8月第2週時事問題
  •  暑い日が続きますね。 では,8月第2週の時事問題です。□7日 トランプ米政権は、5月のイラン核合意離脱を受けて対イラン制裁の一部を再発動した。「前例のない圧力」で、核・ミサイル開発制限などを受け入れさせる方針だ。イランは反発を強めており、両国の対立がさらに激化するのは避けられない。□7日 厚生労働省が発表した6月の毎月勤労統計調査によると、名目賃金から物価変動の影響を差し引いた実質賃金は前年同月比2 [続きを読む]
  • 8月第1週時事問題
  •  暑い日が続きますね。 では,8月第1週の時事問題です。□30日 日本たばこ産業(JT)が発表した喫煙に関する調査によると、2018年5月時点の全国の喫煙者率は、前年から0.3ポイント低い17.9%となり、3年連続で過去最低を更新した。健康志向の高まりや喫煙に対する規制強化などが背景にあるとみられる。□8月1日 日本銀行は金融政策決定会合で、「0.2%」程度まで長期金利の上昇を容認するなど、これまでの大規模な金融緩和 [続きを読む]
  • 7月第4週時事問題
  •  夏休みの宿題が進んでいますか。 では,7月第4週の時事問題です。□23日 アルゼンチン・ブエノスアイレスでの主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は共同声明を採択して閉幕した。共同声明では、保護主義と対決し、自由貿易を尊重する従来の声明の表現をほぼ踏襲した。さらに貿易問題について「リスクを緩和し、信頼を高めるための対話や行動を強める必要性を認識する」との表現を新たに盛り込んだ。□23日 [続きを読む]
  • 7月第3週時事問題
  •  暑い日が続きますね。熱中症にかからないようにお気をつけください。 では、7月第3週の時事問題です。□16日 米国と北朝鮮は、軍事境界線のある板門店で、朝鮮戦争で行方不明になった米兵の遺骨返還をめぐり将官級協議を行い、現地での遺骨発掘調査再開で合意した。□16日 ナイジェリアの北東部ヨベ州にある軍の基地がイスラム過激派組織「ボコ・ハラム」に襲撃され、兵士ら数百人が行方不明になったと明らかにした。□17日 [続きを読む]
  • 7月第2週時事問題
  •  暑い日が続きますね。熱中症にかからないようにお気をつけください。 では、7月第2週の時事問題です。□10日 タイ北部チェンライの洞窟に閉じ込められた地元サッカーチームの少年らの救出を行っていた海軍特殊部隊は、少年12人とコーチ1人の全員を救出し、安全が確認されたと発表した。□11日 トランプ米政権は、中国から輸入する2000億ドル相当の製品に10%の関税を上乗せする追加制裁を行うと正式に発表した。米国は6 [続きを読む]
  • 『夏休みの自由研究』にはプログラミングを!
  • 楽しい夏休みが始まります。しかし,最後に『夏休みの自由研究』の宿題で追われないように,今から準備しておきましょう。2020年から小学校でも,プログラミング教育がスタートします。また,すべてのものがインターネットにつながるIOT時代はすぐに来ます。プログラミングの技術は,大人になったときのスキルとしても非常に役にたちます。「プログラミング初級編3冊セット」では,全14回で,パソコンの使い方から,スクラッ [続きを読む]
  • 7月第1週時事問題
  •  平成30年7月豪雨で被災された方々へのお見舞いを申し上げます。 では、7月第1週の時事問題です。□2日 日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など計16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の閣僚会合が東京都内で開かれ、年内の大筋合意を目標とする方針で一致した。□2日 平昌五輪のフィギュアスケート男子で連覇を達成した羽生結弦が、官邸で行われた国民栄誉賞授与式に出席し、安倍首相か [続きを読む]
  • 6月第5週時事問題
  •  関東甲信地方は29日に梅雨明けし、1951年の観測以降もっともっ早い梅雨明けとなりました。 暑い日が続きますが、6月第5週の時事問題です。□26日 2017年度の国の一般会計の税収が58兆円台後半となり、バブル期直後の1991年度の59.8兆円以来、26年ぶりの高水準になることがわかった。世界的な好景気で企業業績が上向き、所得税や法人税などが伸びた。□26日 政府の地震調査委員会は、2018年版の「全国地震動予測地図」を公表 [続きを読む]
  • 6月第4週時事問題
  •  久しぶりに今日はいい天気で,梅雨の中休みですね。 では、6月第4週の時事問題です。□18日 大阪北部で最大震度6弱、マグニチュード:6.1の地震があった。大阪府内で3人の死亡が確認され、負傷者は2府4県で計307人となった。□18日 南米コロンビアで大統領選の決選投票が実施され、左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」との和平合意の変更を訴えた右派のイバン・ドゥケ元上院議員が、合意維持を主張した左派のグスタボ・ペトロ前 [続きを読む]
  • 6月第3週時事問題
  •  今朝の地震により被害にあわれた皆さまには心よりお見舞い申し上げます。  さて、6月第3週の時事問題です。□12日 シンガポールで開かれた米朝首脳会談で、米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長が会談後、共同声明に署名した。米朝関係の正常化、朝鮮半島の平和体制保障、朝鮮半島の完全な非核化、朝鮮戦争の遺骸送還など4項目に合意した。□12日 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法は参院 [続きを読む]
  • 6月第2週時事問題
  •  6月第2週の時事問題です。□5日 関西電力は大飯原発4号機の営業運転を4年9カ月ぶりに始めた。関電の原発は大飯3号機と高浜3号機も営業運転しており、関電は7月1日からの電気料金を平均5.36%値下げする。□5日 女性の自動車運転解禁を数週間後に控えたサウジアラビアで、女性への運転免許証の交付が数十年ぶりに再開された。□6日 イランは国際原子力機関(IAEA)に対し、同国がウラン濃縮能力を拡大する計画に [続きを読む]
  • 6月第1週時事問題
  •  6月第1週の時事問題です。□29日 オランダの裁判所は、出生届に男性でも女性でもない性別を記載することを初めて認める判決を出した。議会に対し「第3の性別」を認定するよう法改正を促している。□30日 人口減と少子高齢化による人手不足を背景に、日本で働く外国人が増え続ける中、経済協力開発機構(OECD)加盟35カ国の最新(2015年)の外国人移住者統計で、日本への流入者は前年比約5万5千人増の約39万人となり、前年の5 [続きを読む]
  • 5月第4週時事問題
  •  5月第4週の時事問題です。□21日 国民が刑事裁判に参加する裁判員制度は、施行から9年を迎える。3月末までに8万3401人が裁判員や補充裁判員に選ばれた。制度が定着する一方、裁判員候補者の辞退率増加や選任手続きへの出席率低下が続いており、昨年1年間の辞退率は過去最高の66.0%、出席率は過去最低の63.9%となった。□24日 北朝鮮の豊渓里(プンゲリ)の核実験場で、3つの坑道と関連施設が5回に分けて爆破され、北朝 [続きを読む]
  • 5月第3週時事問題
  •  そろそろ中間試験の時期ですね。 では,5月第3週の時事問題です。□15日 米国は、イスラエルの建国70年に合わせて在イスラエル大使館を商都テルアビブからエルサレムに移転した。パレスチナ自治区ガザでは、4万人が抗議デモに参加。イスラエル軍との衝突で、少なくともパレスチナ人52人が死亡し、2000人以上が負傷した。□15日 スペイン東部カタルーニャ自治州の州議会は、キム・トラ州議会議員を新首相に選出した。スペイ [続きを読む]
  • 5月第2週時事問題
  • 5月第2週時事問題 5月第2週の時事問題です。□7日 民進党と希望の党が合流する新党「国民民主党」が結党した。新党には両党から62人(衆院39人、参院23人)が参加した。□7日 米ハワイ州ハワイ島で噴火したキラウエア火山は噴火活動が続き、溶岩が住居のある地域まで流れ2000人近くの住民が避難している。□8日 イランのロウハニ大統領は、トランプ米大統領による核合意離脱発表を受けてテレビ演説し、「(米国を除 [続きを読む]
  • 5月第1週時事問題
  •  ゴールデンウイークはいかがでしたか。 では,5月第1週の時事問題です。□5月2日 タイ軍事政権のソムキット副首相は茂木敏充経済再生担当相と会談し、環太平洋連携協定(TPP)の新協定「TPP11」に早期に参加する意向を正式に表明した。□5月2日 モロッコが領有権を主張する西サハラの独立派組織「ポリサリオ戦線」に対し、イランが軍事訓練や武器支援を行っているため、モロッコ政府はイランとの外交関係断絶を表明した。□ [続きを読む]
  • 4月第4週時事問題
  •  ゴールデンウイークはいかがお過ごしですか。 では,4月第4週の時事問題です。□24日 希望の党の玉木雄一郎、民進党の大塚耕平両代表は国会内で会談し、両党が結成する新党の名称を「国民民主党」(略称・国民)とすることを決めた。両代表が会談後に記者会見を開き発表した。□24日 スタジオジブリなどが、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園に整備計画を進めている「ジブリパーク」について、スタジオジブリと愛知県は20 [続きを読む]
  • 4月第3週時事問題
  •  昨日は初夏の陽気でしたね。気温の変動が大きいので体調をくずさないようにしてください。 では,4月第3週の時事問題です。□16日 政府の規制改革推進会議は、通信と放送が融合する時代の放送制度のあり方について議論の方向性を決めた。焦点だった放送番組の「政治的公平」などを定めた放送法4条の撤廃は明示しなかった。□17日 米報道界で最高の栄誉とされる2018年のピュリツァー賞が発表され、ハリウッドの大物プロデュ [続きを読む]
  • 4月第2週時事問題
  •  早いもので,新年度になって半月が過ぎました。 では,4月第2週の時事問題です。□9日 シリア中部の軍事空港にミサイルが数発撃ち込まれ、戦闘員少なくとも14人が死亡した。犠牲者にはシリア政府を支援するイランの部隊も含まれている。□10日 先月再稼働した関西電力大飯原発3号機が原子力規制委員会による最終検査に合格し、4年7カ月ぶりに営業運転に入った。□11日 シリアの首都ダマスカス近郊で毒ガス攻撃が行われ [続きを読む]
  • 4月第1週時事問題
  •  新年度スタートですね。 では,4月第1週の時事問題です。□2日 中国財務省は米国からの輸入品128項目に高関税をかける措置を始める。米トランプ政権が中国産の鉄鋼とアルミニウム製品に新たな関税をかける措置を発動したことへの報復措置で、果物など120項目に15%、豚肉など8項目に25%の関税をそれぞれ上乗せする。□2日 日銀が発表した3月の全国企業短期経済観測調査によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、 [続きを読む]