セラヴィ さん プロフィール

  •  
セラヴィさん: C’est La vie これが人生さ!
ハンドル名セラヴィ さん
ブログタイトルC’est La vie これが人生さ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/cestlavie1506/
サイト紹介文ノブレス・オブリージュ指導家(紳士淑女教育家)上月マリア先生の哲学をご紹介しています。
自由文人が幸福になる鍵は、自分自身の中に存在し、またそれを引き出す能力を、誰もが持ち得ること。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2013/07/02 22:01

セラヴィ さんのブログ記事

  • 好感をもたれる人を目指すことは自分の才能を目覚めさせること
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、好感をもたれる人を目指すとはどういうことか、上月マリア先生にお話ししていただきましょう。 自分が大きな宇宙の一部として生かされているということ……それを忘れずにいれば、傲慢になどなりようがないと思いませんか? 傲慢というのは、無知の証です。一流のセレブリティなら、必ずこういうでしょう。「常に自分が中心で、自分を守るためだけ、自分の欲求を満たすため [続きを読む]
  • 私たちの命は、大きな宇宙の一部として生かされている  その2
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、本当の謙虚な心はどのようにして生まれるのか、上月マリア先生にお話ししていただきましょう。 太古の昔から連綿と受け継がれてきた私たちの命は、大きな宇宙の一部として生かされているのです。私たちが今こうして生きているのは、周囲の助けがあったからこそであり、自分がたったひとりで成し遂げたことなど、何ひとつありません。 自分の命が、大いなるものに包まれ、生 [続きを読む]
  • 私たちの命は、大きな宇宙の一部として生かされている  その1
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、私たちの命と宇宙との関連性について、上月マリア先生にお話ししていただきましょう。 人はとっさの時に、本性が表れます。日頃から謙虚な心が身についている人は、とっさの時にも美しい言葉と振る舞いが自然に表れます。 では、世界共通のエレガンスである「自然ににじみ出る謙虚な心」……というのはというのは、どうしたら身につくのでしょうか。これは、自分とは何か、 [続きを読む]
  • 一流の人の「エチケット3原則」とは?
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、一流の人の「エチケット3原則」とは何かを、上月マリア先生にお話ししていただきましょう。 ・人に好感を与えること・人に迷惑をかけないこと・人を尊敬すること これは、プロトコールの「紳士淑女のエチケット3原則」です。世界に共通する普遍的な品性、いつの時代にも変わらない「人として望ましい人柄」のことで、「世界標準のエレガンス」の基本です。 一つめの「人 [続きを読む]
  • 一流・エレガンス・マナー・幸運……はいつでも一体 その2
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、一流・エレガンス・マナー・幸運について、上月マリア先生に具体的な例をもとにして、お話ししていただきましょう。 以前テレビで、うつみ宮土理さんがこんなお話をしていらっしゃいました。女優の森光子さんに、浮き沈みの激しい芸能界で第一線で活躍し続ける秘訣をお聞きしたところ、森さんは次のようにおっしゃったそうです。 何かをしていただいたら、お礼を3回申し上 [続きを読む]
  • 一流・エレガンス・マナー・幸運……はいつでも一体 その1
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、一流の人々の品性について、上月マリア先生にお話ししていただきましょう。 「本当にお育ちのよい人というのは、人の悪口を言ったり、その人のいないところで批判をしたりしないものよ。お口から宝石のような言葉がこぼれ落ちる女性になりましょうね……」私が幼い頃、今は亡き祖母から幾度となく教えられたこの言葉を、今も懐かしく思い出します。 「人の悪口を言わないこ [続きを読む]
  • 一流の人々の基本となっている考え方 その3
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、一流の人々の躾の軸になるものは何かについて、上月マリア先生に徳川元子氏のお言葉を紹介していただきながら、お話ししていただきましょう。 プレーン・リヴィング&ハイ・シンキングの対極にある生き方が、リッチ・リヴィング&プア・シンキング(Rich living &Poor thinking)で、欲求のおもむくままに次から次へと物を買い、しかもあまり大切にしない……というような生 [続きを読む]
  • 一流の人々の基本となっている考え方 その2
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、一流の人々の基本となっている躾の歴史について上月マリア先生にお話ししていただきましょう。 歴史の古い家は、その国や時代の中心的役割を担い、繁栄と衰退を繰り返してきた家でもあります。民衆が貧困にあえいでいるのに華美な生活を続けたルイ王朝の王侯貴族たちが人々の反感を買ってフランス革命が起きましたが、そのようなことはこの日本を含めて世界中で起きたこと [続きを読む]
  • 一流の人々の基本となっている考え方 その1
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、一流の人々の基本となっている本当の意味で豊かな生き方・暮らし方を上月マリア先生にお話ししていただきましょう。 プレーン・リヴィング&ハイ・シンキング(Plain living and Hight thinking)という言葉があります。これは、ノブレス・オブリージュや紳士淑女教育の中で基本となっている考え方で、「本当に必要なもの・欲しいものを厳選して買い、手入れをしながら大切 [続きを読む]
  • 感謝の気持を持つことは「世界標準のエレガンス」
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、「世界標準のエレガンス」とはどういうことなのか、格言や紳士淑女の方々のお言葉を、上月マリア先生に抜粋していただきましょう。 「自他への思いやり」が「世界標準のエレガンス」であるということを表す格言や、紳士淑女の方々の言葉をご紹介させていただきましょう。 人によって態度を変えるのは下品の証。本当に品の良い人とは、どこででも、どなたに対しても、態度 [続きを読む]
  • 本物のエレガンス。世界共通の判断基準とは?
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、上月マリア先生に本物の紳士淑女か否かの世界共通の判断基準のお話をしていただきましょう。 この世の生きとし生けるものは平等であり、すべての生命が大自然の恵みを受けて生きている。そこには差別も上下関係もなく、ひとつひとつの命が輝いている……。この真実がいつも心の中心にあれば、自分に対しても周囲の人に対しても思いやりや感謝の心が生まれ、自ずとやさしい [続きを読む]
  • 「3つの条件/出来事をありのままに受け入れる」その2
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、前回に引き続き上月マリア先生に「出来事をありのままに受け入れる」ためのお話ですが、具体的にその方法についてお話をしていただきましょう。 今以上の自分になるためには、感情をコントロールし、身の回りの出来事をあるがままに見る習慣を身につけましょう。 たとえば「Aさんがあなたを〇〇と言って怒っているわよ」と言われたとします。それを聞いた途端にカッとし [続きを読む]
  • 「3つの条件/出来事をありのままに受け入れる」その1
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、上月マリア先生に「出来事をありのままに受け入れる」大切さについてのお話をしていただきましょう。 これは、最初から自分の感情のままに出来事をとらえるのではなく、まずは目の前で起きていることを正確に見る習慣を持ちましょう……という意味です。人間関係や仕事のことなど、悩みやいらだちは誰にでもあります。ですが、いらだちや不安感が何日も何週間も続くような [続きを読む]
  • 「3つの条件/ものを賢く選ぶ」その3
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 前回は、上月マリア先生に物を賢く選ぶために見る目を養う必要性のお話をしていただきましたが、今回はそれに関連してヨーロッパの名家の家庭教育についてお話しをしていただきましょう。 ヨーロッパの名家では、物を見る目を養う……という考え方はごく普通のことで、値段の高低にかかわらず、本当に良いものが先祖代々、親から子どもへと受け継がれています。親が子に「節約は美 [続きを読む]
  • 「3つの条件/ものを賢く選ぶ」その2
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は前回に引き続き、上月マリア先生に一流の女性に備わっている3つの条件の中の「ものを賢く選ぶ」についてのお話をしていただきましょう。 「ミステリーの女王」と呼ばれるイギリスの女流作家、アガサ・クリスティは物を見る目を養うことについて、次のように語っています。 二十代で探し、三十代で間口を広げ、四十代で深く掘り下げる。 すべての物が大切なのは言うまでもあ [続きを読む]
  • 「3つの条件/ものを賢く選ぶ」その1
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、上月マリア先生に一流の女性に備わっている3つの条件の中の「ものを賢く選ぶ」についてのお話をしていただきましょう。 ものを賢く選ぶ習慣は、自然を大切にする心や、それを作った人への敬意から生まれた、世界共通の、一流の条件です。 あらゆる物は、自然を原材料にして出来ています。だから、「むやみにものを捨てることは自然への冒涜。服も食器もインテリアも全部 [続きを読む]
  • 「3つの条件/心を贅沢に使う」
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回から数回にわたり、上月マリア先生に一流の女性に備わっている3つの条件についてのお話をしていただきましょう。 心を贅沢に使える人……想像してみると、豊かでほがらかな美しい笑顔が思い浮かびませんか?いつも気持ちに余裕がある、エレガントな人です。心にゆとりがあると、とっさの判断が求められる時にも、相手の気持ちや出来事の背景や、この先に起こるかもしれない問 [続きを読む]
  • 一流の女性に備わっている「3つの条件」
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は、「一流の女性に備わっているものは何か」について上月マリア先生にお話していただきましょう。 「本物の」セレブリティやエグゼクティブにとって、「精神性を表す自分の顔」に責任を持つことは、紳士淑女としてのたしなみであり、仕事の一環です。では、精神性とは何でしょう?どうすれば日本人の、私たち日本女性の、本来持つ素晴らしい心が顔に表れるのでしょうか。 ヒ [続きを読む]
  • 本当に美しい顔とは? その2
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 前回に引き続き、本当に美しい顔とはどういう顔かについてのお話ですが、今回はもう一歩踏み込んだお話しを、上月マリア先生にしていただきましょう。 顔や振る舞いはいうまでもなく心の中身の表れで、欧米の紳士淑女教育では自分の顔に責任を持つこともエレガンスの一部とされています。その欧米から、日本女性はどのように見られているのでしょう?人間教育の大家である下村澄先 [続きを読む]
  • 本当に美しい顔とは? その1
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は上月マリア先生に、本当に美しい顔とはどういう顔かについてお話ししていただきましょう。 人生への美意識を持って毎日を大切に過ごす人は、例外なく美しいものです。イチロー選手は男性ですが、美しいと思いませんか?美智子皇后陛下はかつて、辛口で有名なフランスのメディアから「世界一エレガントな女性」と賞賛されました。 思わず振り返るほど魅力的な姿、いつの時代 [続きを読む]
  • いつも10年先の自分をイメージしましょう
  • Photo : Nanako Nishiyama       Japan 今回は上月マリア先生に、自分の一流としてのイメージの仕方についてお話ししていただきましょう。 あせって身に着く「本物」はありません。心も振る舞いも教養もマナーも、時間をかけて、少しずつじっくりと一流のものを身につけて、自分の中に秘められている一流を引き出してあげる……。そんな優雅な心で自分と向き合えば、心も外見も年齢を重ねるほどに美しさを増し、幸せな人 [続きを読む]