チャリダー詩人 さん プロフィール

  •  
チャリダー詩人さん: チャリダー詩人のブログ 冬まで訓子府編
ハンドル名チャリダー詩人 さん
ブログタイトルチャリダー詩人のブログ 冬まで訓子府編
ブログURLhttp://charida.seesaa.net/
サイト紹介文冬まで訓子府で過ごします、いつ帯広帰るかなあ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供325回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2013/07/02 19:07

チャリダー詩人 さんのブログ記事

  • ナイタイ高原 三国峠 ひとまず訓子府に帰ろうか
  • 今朝は6時半ごろ起きましたモーニングコーヒー飲んで9時前に帯広の借家を出ました最初に向かったのはナイタイ高原です上士幌に入って田舎道をずっと走ってゆくこの道中から見える景色も良かったナイタイ高原への上り道に入りました素晴らしい景色が見えてきた遥かなる高原の景色ですいいですねえ予想をはるかに超えるスケールでしたお天気にも感謝ですレストハウスに着きました展望台を新しく造ってましたここからの景色どこまでも [続きを読む]
  • 帯広でダラダラ タイヤ交換 昼からビール Amazonの映画
  • こんにちは帯広の借家(ゲスハじゃないのかい)で、のんびりというか、ダラダラ過ごしております一昨日は夕方ごろ着いて、晩飯はコンビニで買ったカップ焼きそば食った昨日は朝はちょっと降ってたが昼前にやんだので車で街をぶらぶらリサイクルショップに行ったりしたが、特になんも買わなかったそしてタイヤをスタッドレスに換えましたまだ早いかなと思ったけどタイヤはこの借家に置いてあるので、今交換しておかないと訓子府から [続きを読む]
  • 藻琴山の紅葉 多和平 シラルトロ湖でキャンプします
  • こんばんは今はシラルトロ湖にいますさっき隣の茅沼温泉に入ってすっきりしました昨日の呼人浦の夕焼けは美しかったなあ雨上がりのキャンプ場が光ってました真っ赤に染まった空と湖だんだんと暮れてゆく完全に暮れてしまう前にテント張って晩飯は釜揚げうどん作ったいい夜でした朝は6時ごろ起きたモーニングコーヒー飲みながら朝の湖畔でまったりしてましたカラス水鳥そしたら霧雨が降ってきましたまいったなあ〜って思いながら止 [続きを読む]
  • レンタママチャリでサロマ湖散策 網走湖呼人浦に来てます
  • 現在は網走湖呼人浦のキャンプ場にいますさっきまで霧雨が降ってましたが、今はやんでます昨日は雨だったので計呂地の駅長の家で宮城の青年バイカーと2人でボーッとしてました前日の祭りでもらった餅焼いたりして昼前に湧別に買い出しに行ったときに、青年バイカーに頼まれて買ってきたのはこれビスコ!ほんとにこれだけでいいのか?って何度も聞いたのですがこれだけでいいとのこと、お金をかなり節約しているようだだから私から [続きを読む]
  • 和琴半島満喫しました 計呂地の駅長の家にいます
  • おはようございます計呂地のライダーハウスにいます台風は温帯低気圧に変わったようですが雨が降ってますモーニングコーヒー飲んでまったりしてますが一昨日まで話を戻します弟子屈の街で買い物して帰って湖を眺めながらビール飲んでまったりしてからカップ焼きそばでお昼にしましたまぜそば、って初めて食いますキャンプ場で食うカップ焼きそばって美味いよねえこのマゼニボジャンボ、めちゃ美味かったよ午後の湖畔木とテント林カ [続きを読む]
  • 和琴の朝 素晴らしい屈斜路の眺め 連泊します
  • 昨日の4時ごろ和琴半島に着きました屈斜路湖畔のキャンプ場です10月なのにけっこう賑わってますビール飲んだりしてしばらくまったりしてたらすぐに日が暮れて晩飯になりましたまた野菜切って米炊いていつもの鉄板鍋出して今回はウィンナーです野菜と炒めて出来上がり今回はソースで作ったけどやっぱ味噌ダレの方が美味いね夜は天然の露天風呂に入りました芯から温まりました湯かげん最高の天然風呂ですそして今朝は7時ごろ起きまし [続きを読む]
  • オンネトーにさよなら 屈斜路和琴半島にいます
  • こんにちは今、屈斜路の和琴半島にいます昨日は夕方キャンプ場に戻りました帰ってすぐ焚き火しました火を見ながらビール飲んでまったり犬は?っていましたよ(笑)管理人さんに聞いたところ、この犬は近くの野中温泉が飼ってる犬だそうだ登山客についてきて、よくここに来るそうだしばらくしたら別のテントに行きました夕暮れ前の湖畔そして夕暮れ晩は米炊いて野菜切っていつもの鉄板鍋ででも今回は鶏肉肉と野菜炒めて味噌だれかけて [続きを読む]
  • 訓子府に戻った 色々と持って帰った
  • 9時半ごろ帯広を出ました何やら祭りをやってましたねえ都会よさらば、またわたしは田舎に帰る本別の「いちご」という店でお昼にしましたカツカレー食いました素朴な味で美味しかったよ帯広から約2時間半、のんびり走って訓子府に帰りました例の引っ越しする家の家財道具をたくさん積んで帰ったミニテーブル蓋付きゴミ容器ハンガー台収納ボックス毛布たくさん掛け鏡ミニ脚立傘立て&アウトドア用三脚チェアー電話台と灰皿イスにも [続きを読む]
  • 脱衣所のドア窓修理 スズメバチの巣を剥がした バモスくんが戻った 
  • ずっとほったらかしだった脱衣所のドア窓に塩ビボードをハメました以前に切った塩ビボードのフィルムを剥がしてハメてこれも以前に切って色を塗った木枠を番号通りにハメてゆくそして小釘を打って枠を留めるだけ出来ちゃいましたこれで脱衣所、冬も寒くないでしょう冬いないけどね、ここにはそれからスズメバチの巣を剥がしましたここにずっとあったら窓の掃除が出来ないからゆっくり剥がしたつもりですが予想通りバラバラになっち [続きを読む]
  • 続訓子府3日目 寒いね 便所にリスがいた どこから入ったかは不明
  • おはようございます今朝も寒いですストーブ点けております昼からは雨が降るようです今日は一日寒いんだろうなあ〜今朝はちょっとびっくりすることがありました早朝ガタンという音で目を覚まして便所の方から音がするので見てみたらなんとリスがいました便所のドアは閉まってたはずだし、どこにも穴はないしどうやって入ったのかが不明です便壺からはい出て来たとも思えない、それなら便まみれになってただろうから不思議だたぶん家 [続きを読む]
  • 続訓子府2日目 旅道具の片付け 草刈り 根室産生サンマ
  • おはようございます雲ひとつない快晴ですがかなり寒いです放射冷却というやつですな日が差してくるとめちゃ暑くなるこれが北海道です昨日はテント洗ったりテントはしばらく水に浸けておいて少しジャブジャブしたりして後は干すだけです洗剤は使いませんよ、撥水性が落ちるからってもう撥水性ないけどね(笑)旅で着た衣類を洗濯したりマットとピロー洗ったりこれは洗剤でゴシゴシしましたマットとピローもかなり汚れてるんだなあ草刈 [続きを読む]
  • 訓子府の我が家に着いた 帰ったら車が壊れてた
  • おはようございます訓子府の我が家でくつろいでおりますやっぱ布団はいいなあって、旅から帰った夜はいつもしみじみ思う数日経ったらテントがまた恋しくなるんだけど昨晩は大変だったんだけど・・・まず昨日の帰途から振り返る8時半ごろ白滝高原を出ました6日間お世話になった白滝さようなら、って国道まで坂を一気に下る白い雲が美しかったなあ国道333号線に入った遠軽まではずっと下りだから爽快に風を切ってゆく丸瀬布まで来て [続きを読む]
  • 旅41日目 白滝高原にて6日目の朝 ラストラン
  • おはようございます明け方は雨降ってました一時やんですごい雷雨がきた今日も不安定な天気になりそうだモーニングコーヒー飲みました即興的思春期の蝦夷しか美里ソング「盛りはじめたマイレボリューション」を歌いながら豆を挽く男今は雨もやんで日が差しておりますさあ、今日がラストランです訓子府までは105キロありますが爽快に駆け抜けてゆきます旅が終る寂しさはあるけどそれよりも今は、早く帰りたい(笑)気持ちが切れればそ [続きを読む]
  • 急な突風と雨 旅最後の夜は釧路産のサンマ いい旅だったよ
  • かなり強い雨が降ってきたでも数分でやんで雨雲過ぎたあとは一変して晴れた風呂を沸かすためにマキを割ったそして焚き付け入るのは夕方だけどね光が差す森テントの前室で酒飲んでました残り1本の煙草この直後に吸って無くなった酒も残りわずかまあ、明日出発するので丁度いいそれから焚き火してたらまた急に雨が降ってきた今日撤収するキャンパーさんからトマトをもらった洗って切って食った美味かったよ昼前にすごい突風がきた今 [続きを読む]
  • 旅40日目 白滝高原にて5日目の朝 寒いです
  • おはようございますいやあ、寒いです寒さで5時ごろ目が覚めました起きたときは空が少し朝焼けてましたモーニングコーヒー飲みました即興的白滝の森ラブポップス「白樺モードで抱きしめて」を歌いながら豆を挽く男雨が降ってきました朝はよく通り雨が降るさあ、旅もこのキャンプ場も今日で最後のんびり満喫しますではまたチャオ〜♪にほんブログ村 [続きを読む]
  • 朝風呂入った それからはまた焚き火と酒 明後日出て訓子府に帰ろう
  • キャンパーが一斉に引いたので風呂焚き付けました空が明るくなってきた風呂が沸くまでの間、酒飲んでまったり今日の白滝高原美しさは瞬間である楽しさも風呂が沸いたら朝風呂浴室の窓から洗濯しましたまばゆい日射しの森葉が光りを吸い込んで、また光るいい知れぬ想いが林のなかで笑うもう夏も終る今季初の中2病タープお昼はうどん食いました味噌と麺つゆを混ぜてつゆを作って酎ハイ飲みながら麺を茹でて出来上がり食後はまた焚き [続きを読む]