せんべぇ さん プロフィール

  •  
せんべぇさん: SENBEI-HAMLET
ハンドル名せんべぇ さん
ブログタイトルSENBEI-HAMLET
ブログURLhttps://senbei551.exblog.jp/
サイト紹介文主に関西でお祭りと子供を対象にした写真を撮っております。
自由文主に関西でお祭りと子供を対象にした写真を撮っております。お祭りが大好き!子どもの笑顔が大好き!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/07/02 23:18

せんべぇ さんのブログ記事

  • おわら風の盆2018⑪
  • 毎度おなじみ「ゲジデジ通信」dendoroubikさん、「旅と祭りのフォトログ」toraさん、「祭りバカとは俺のこと(確定)」のmatsuribakaさんの祭りバカ四人衆でお伺いした2018年の「おわら風の盆」。福島のおわらで心ほくほくになった後、目指す先は坂の上。対岸で下新町が町流しと花うち。あんなところも流すんだなぁって。観に行きたい!…さすがに川入って渡るわけにいかないよね... [続きを読む]
  • おわら風の盆2018⑩
  • 毎度おなじみ「ゲジデジ通信」dendoroubikさん、「旅と祭りのフォトログ」toraさん、「祭りバカとは俺のこと(確定)」のmatsuribakaさんの祭りバカ四人衆でお伺いした2018年の「おわら風の盆」。今年の参加は1日、2日の二日間。1日目だけでも十分に満たされた気持ちになる。だけど、まだ今日も観たい!!と思えてしまうのが「風の盆」。さてさてどこに行こうか!?おわらは... [続きを読む]
  • おわら風の盆2018⑨
  • 毎度おなじみ「ゲジデジ通信」dendoroubikさん、「旅と祭りのフォトログ」toraさん、「祭りバカとは俺のこと(確定)」のmatsuribakaさんの祭りバカ四人衆でお伺いした2018年の「おわら風の盆」。真骨頂、深夜のおわら風の盆。三日間行われますので、一日目は最終日のように朝方までされているということはなく、それなりの時間に切り上げられることが多いです。ただ、なんといいま... [続きを読む]
  • おわら風の盆2018⑧
  • 毎度おなじみ「ゲジデジ通信」dendoroubikさん、「旅と祭りのフォトログ」toraさん、「祭りバカとは俺のこと(確定)」のmatsuribakaさんの祭りバカ四人衆でお伺いした2018年の「おわら風の盆」。天満町で「隊形演舞」。下新町で、下新町・天満町・上新町の「三町交流会」というめっちゃ贅沢に「おわら」を楽しんだ後、ほくほく気分で坂の町八尾を上っていく。一度は下って、深夜の天... [続きを読む]
  • おわら風の盆⑦
  • 毎度おなじみ「ゲジデジ通信」dendoroubikさん、「旅と祭りのフォトログ」toraさん、「祭りバカとは俺のこと(確定)」のmatsuribakaさんの祭りバカ四人衆でお伺いした2018年の「おわら風の盆」。水が自然と流れつくように、いつも気が付けば行ってしまう天満町。ただし天満町に行った後に必ずついてくる課題!それはまた坂を上っていかないといけないということ。覚悟を決めて... [続きを読む]
  • おわら風の盆⑥
  • 毎度おなじみ「ゲジデジ通信」dendoroubikさん、「旅と祭りのフォトログ」toraさん、「祭りバカとは俺のこと(確定)」のmatsuribakaさんの祭りバカ四人衆でお伺いした2018年の「おわら風の盆」。毎年、水が流れるように自然と行きつく町、天満町。その名物、天満町「隊形演舞」の時間です。おわらに来たら浸りたい時間のひとつです。ここからはしばらくモノクロ写真になります... [続きを読む]
  • おわら風の盆2018⑤
  • 毎度おなじみ「ゲジデジ通信」dendoroubikさん、「旅と祭りのフォトログ」toraさん、「祭りバカとは俺のこと(確定)」のmatsuribakaさんの祭りバカ四人衆でお伺いした2018年の「おわら風の盆」。西新町でしびれる「おわら」を観た後、さてまだ時間があるぞ!どこへ行こうか…と考えた時、自然と足がむいたのが雰囲気最高の「天満町」。八尾の中心部はあまりに人が多いので、西町... [続きを読む]
  • おわら風の盆2018④
  • 毎度おなじみ「ゲジデジ通信」dendoroubikさん、「旅と祭りのフォトログ」toraさん、「祭りバカとは俺のこと(確定)」のmatsuribakaさんの祭りバカ四人衆でお伺いした2018年の「おわら風の盆」。鏡町での舞台演舞を観た後、さてどこへ行こうか…と考える。おわらでは、いつもついて回る次は、どこへ行こうか…という贅沢な悩み。選んだ先は西新町、東新町方面。まだ早乙女さん... [続きを読む]
  • おわら風の盆2018③
  • 毎度おなじみ「ゲジデジ通信」dendoroubikさん、「旅と祭りのフォトログ」toraさん、「祭りバカとは俺のこと(確定)」のmatsuribakaさんの祭りバカ四人衆でお伺いした2018年の「おわら風の盆」。天満町でのおわらを楽しませていただいた後、天満町の方が軒先でやっているお店でビール購入。おわらで心満たされ、日が暮れていく八尾の町をふらりふらりと歩くのは、めっちゃいい気持ち。... [続きを読む]
  • おわら風の盆2018②
  • 毎度おなじみ「ゲジデジ通信」dendoroubikさん、「旅と祭りのフォトログ」toraさん、「祭りバカとは俺のこと(確定)」のmatsuribakaさんの祭りバカ四人衆でお伺いした2018年の「おわら風の盆」。15時より各町の日中の時間が始まり、西町について禅寺橋の輪踊りを見せていただいたあと「さぁ!そろそろ踊らせてくれまいか!」と声が聞こえた(心の)少年は、あの後すばらしい踊りを... [続きを読む]
  • おわら風の盆2018①
  • 越中おわら風の盆。今年も行って参りました。毎度おなじみ「ゲジデジ通信」dendoroubikさん、「旅と祭りのフォトログ」toraさん、「祭りバカとは俺のこと(確定)」のmatsuribakaさんの祭りバカ四人衆で。現地では「一歩々々」のrinkatuuさんとお会いし、お会いできませんでしたが「ちょっとそこまで」のeiさんもブログ更新してます。今年の参戦は1日と2日の二日間。一... [続きを読む]
  • 太々御神楽祭2018②
  • 台風直撃予報の中開催されました「稚児の舞」。富士山を鎮めるため、稚児たちが思いを込めて舞を奉納してくれます。片手に鈴、片手に御幣を持ち、二人一組で場を清めます。どういう意味あいがあるのか気になるところですが、とても特徴的な足運びです。瓔珞を頭にいただき、緋色の陣羽織姿という装束がとてもかっこいいです。舞の最後には全員でお辞儀をします。稚児の舞では礼儀作法まで教えられ... [続きを読む]
  • 太々御神楽祭2018①
  • 昨年に引き続き山梨県富士河口湖町、河口浅間神社まで「太々御神楽祭」を観に行って来ました。かつて富士山の噴火を鎮められた木花咲耶姫(このはなさくやひめ)をお慰めするために始まった、通称オダイダイと呼ばれる稚児の舞が奉納されます。昨年は前日の準備から見させていただきましたが、今年は当日の朝着の夜行バスで行き、晩に夜行バスで帰る弾丸。河口浅間神社のもより「河口局前」に到着すると、今年も稚... [続きを読む]
  • 住吉祭2018
  • 「住吉祭」終了しました!バテた!!楽しかった!!体バッキバキ!!最初は写真を撮る祭り好きとして、次に供奴として、今年からは住吉踊としても参加です。一眼レフでなんて撮れませんので、スマホ写真や他の方から拝借した写真です。ちょいちょいブログ観てますよ〜!とか写真撮ってる方からもお声かけいただき、うれしかったです。 一日目の「住吉踊」。ついに教導師としてデビュー!!舐めてた!めっや難しい!!... [続きを読む]
  • 彌榮神社夏祭り2018②本宮
  • 彌榮神社夏祭り本宮です。お仕事の後合流させていただきました。この日は遠くの御旅所までお練りされた後です。お疲れ様です。今日も打ち込み!!一日何回やってるのかな!!大変!!がんばれ。こちらの御旅所?でも打ち込み。接待いただいたお礼に獅子頭全員での打ち込みです。ありがたさ効果抜群でしょうね!!一路、彌榮神社に続く道を進みます。パレードがなかった頃はこの通りが一番... [続きを読む]
  • 彌榮神社夏祭り2018①宵宮
  • 港住吉神社夏祭りの後、毎年観させていただいております生野区の彌榮神社夏祭りへ。地車(だんじり)にはすぐに遭遇!!するも、獅子舞になかなか出会えず。鶴橋方面もウロウロして、いつも打ち込みを行っているお店の方に聞きながら、ようやく発見!!!毎年の見知った顔です。「カメラマンやー」と(笑)めっちゃ暑い中がんばっていました。暑い中も笑顔だよ!!お花を出してくださったと... [続きを読む]
  • 港住吉神社夏祭り2018
  • 「住吉踊」をやっていると聞いて、昨年初めて観に行った「港住吉神社夏祭り」。昨年は本宮。今年は宵宮の14日にお邪魔させていただきました。住吉大社の末社「港住吉神社」。境内は緑豊かで落ち着いたいい雰囲気で好きです。人もたくさん!僕が制作させていただいたナンクン社さんの初辰リーフレットも貼られていました!うれし!住吉踊の子らも続々とやってきます。昨年書きましたが、大社さんの住吉踊... [続きを読む]
  • 住吉大社「御田植神事」2018
  • 住吉大社「御田植神事」。供奴として先導を務めさせていただくと共に、今年からは、ついにまぁ「住吉踊」の教導師さんもさせていただくことに。供奴が終わったらすぐに着替えて、住吉踊とのダブルヘッダーでした。服の仕立てやらまだ済んでないので、若干ダボダボ感が…とりあえずデビュー。本格的には夏の「住吉祭」からです。変な教導師めざしたいと思います(笑)供奴も!!こっちのがやっぱ似合ってるかな... [続きを読む]
  • 神戸まつり「サンバストリート」2018
  • 三回目の神戸まつり「サンバストリート」。今年も朝早くから行ったのですがすでに満席状態。去年もそうだったので覚悟はしていました。サンバストリートはそこそこ長さがあるのですが、どこで踊ってくれるかは運次第。一年目はほぼ目の前を通り過ぎるのみ。二年目の昨年は、5割くらいの当たり。三年目の今年は、3割といったところでした。高確率で当たる席の人たちは、始まるまで7時間くらい待たれていま... [続きを読む]
  • 彌榮神社夏祭り2017
  • はい〜!今更ですが。昨年7月の彌榮神社夏祭りです。今年は本宮の御旅所から参加。実はこちらに来るのは初めて。地車、獅子両方揃っての御旅所入りでした。子ども獅子舞。熱い中、今年もがんばってます。御旅所での打ち込み。彌榮神社と御旅所とけっこう離れています。毎度ながら、どちらが獅子舞の顔か分からない迫力です(笑)ところどころ休憩を挟みつつの... [続きを読む]
  • 港住吉神社夏祭り2018
  • 住吉大社の末社になるのかな?港住吉神社の夏祭り、住吉踊りが出てると最近知ったので行ってきました。男の子たちによる枕太鼓も!住吉祭の時に出ている枕太鼓はこちらから参加されているのかな?近くにある赤レンガ倉庫でも太鼓! クラシックカーなども並びいい雰囲気です。学校を回ったり。枕太鼓二台に分かれて、元気よく氏子域を巡回していきます。神社には住吉踊の子どもたちが... [続きを読む]
  • はねず踊り2018③
  • 「はねず踊り」おまけ写真。今年も少しだけ撮らせていただけました。本番も好きだし、こういう裏側もすごく好きです。表の厳格な雰囲気も素敵、裏側の笑顔あふれる雰囲気も素敵。いい雰囲気で「はねず踊り」「白拍子」と伝承されているのだと感じました。どうやってこういう装束が出来上がっていったのでしょうか。一度途絶えて復活した「はねず踊り」ですが、はるか昔の「はねず踊り」はどんなものだったので... [続きを読む]
  • はねず踊り2018②
  • 京都小野、隨心院で行われる「はねず踊り」。一日四回行われますが、同時に行われるのが「白拍子の舞」と、京都瓜生山舞子連中による「石見神楽」です。「白拍子の舞」は、はねず踊り卒業者たちによる大人な舞です。「はねず踊り」が子どもたちによる愛らしい「踊り」なのに対して、「白拍子の舞」は卒業生によるしっとり美しい「舞い」です。「白拍子の舞」も舞い手を変... [続きを読む]
  • はねず踊り2018①
  • なかなかブログ更新できません。たまにでも見てくださっている方おられましたら、ありがとうございます。ほぼ写真並べるだけになりますが、はねず踊り本番です。今年も一回目から見させていただきました。保存会の方がお餅やお善哉の準備中。この場で突き立てのお餅なので、本当にやわらかくておいしいです。はねずういろうと合わせて毎年楽しみ。はねず踊りが行われる隨心院には見事な梅園があります。毎... [続きを読む]
  • はねず踊り奉納法会
  • 今年も「はねず踊り」お邪魔させていただいてきました。まずは前日に行われます「奉納法会」。能の間にて一度だけ「はねず踊り」「今様」が奉納されます。能の間にある見事に美しい襖絵。「だるま商店」さんによる作品で、はねず踊りのことが描かれております。傑作。奉納法会が始まります。踊りの前に、法要が行われます。はねず踊りの女の子たちも数珠を持って。一人一人丁寧に手を合わせます。... [続きを読む]