いわき さん プロフィール

  •  
いわきさん: 勝手にいわきガイド/いわき観光・いわきグルメの情報
ハンドル名いわき さん
ブログタイトル勝手にいわきガイド/いわき観光・いわきグルメの情報
ブログURLhttp://iwaki-guide.com/
サイト紹介文福島県いわき市食べ歩き・いわきランチ、グルメ店のまかない料理、ゆるキャラ紹介、観光裏情報、イベント
自由文いわきのランチ情報、いわきグルメ情報、いわき有名店のマル秘まかない料理、いわき観光情報やスーパーひたち割引比較など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/07/03 21:49

いわき さんのブログ記事

  • 神秘的な美味しさ・不知火丼/寿司正(いわきFCパーク)
  • 不知火丼。はじめてきくメニューです。「不知火(しらぬい)」とは、旧暦8月1日(八朔の日)前後、一年に一回だけ九州・八代や有明の海に浮かび上がる神秘的な光のこと。蜃気楼の一種で漁火の反射が起こす現象ということらしくPは実際に見たことがないのですが、とっても幻想的な光景なのでしょうね。「不知火」は妖怪の名前にもなっていますよね。また大相撲の横綱土俵入りには「不知火型」という型がありますが、これは熊本県 [続きを読む]
  • 情報誌MIDETTE Neに勝手にいわきガイドの写真掲載
  • 東京・日本橋にあるアンテナショップ日本橋ふくしま館MIDETTE の情報誌「MIDETTE Ne」9月号の特集は「道の駅でふくしまを食べる」この中の道の駅よつくら港の紹介で、勝手にいわきガイドの写真を数枚掲載していただいてます。 日本橋ふくしま館お近くの方は是非ご覧になってくださいませ。 日本橋ふくしま館のイートインコーナーの現在のメニューには、福島の桃を使ったパフェもありますよ。700円とは思えない充実ぶり!日本橋ふく [続きを読む]
  • 第64回いわき花火大会2017 レポート
  •  管理人Fです。例年8月の第一土曜日はいわき花火大会!でございます。今年はいわきの梅雨明け宣言が大会3日前、宣言が出てからも曇りや雨が続き開催日8月5日昼過ぎギリギリで青空が覗くというなかなかにスリリングな?展開となりました。第64回目となる今年は1万2千発の花火が打ち上げられ、花火の美しさはもとより音楽とシンクロする創作花火も変わらぬ素晴らしさでした。ほんの一部ではありますが今年の花火をお届けしたいと思 [続きを読む]
  • スキヤキとサッカー、伝統と革新。/浅草今半 いわきFCパーク店
  • スキヤキといえば、全米チャート1位を獲得した坂本九の「上を向いて歩こう」。半世紀にわたり世界中で歌い継がれる名曲ですね。でもってすき焼きといえば、明治28年創業の「浅草今半」。厳選された黒毛和牛と秘伝の割り下で百有余年にわたり愛され続ける老舗中の老舗でございます。そいでもってサッカーで老舗といえば、1896年(明治29年)創部の「筑波大学蹴球部」。日本最古の歴史と輝かしい戦歴を誇るフットボールの名門ですね [続きを読む]
  • 薄磯海岸 七度目の夏
  • 7月15日に薄磯海岸が海開きを迎えます。何処までも広がるコバルトブルーの空アクアマリンとエメラルドグリーンが交じりあう潮目の海岬に凛とそびえる白亜の灯台太陽  潮騒  砂浜  風の匂いあれから七度目の夏がやってきます。(2017.7.11撮影)※この記事は2017.7.13にFacebookページに掲載したものです。(管理人P) [続きを読む]
  • 国宝白水阿弥陀堂の古代蓮が開花です!
  • 管理人Fです。 平年より10日前後遅れて6月21日に梅雨入りしたいわきですが、梅雨らしい空は長続きせず夏を感じる暑い日が続いております。  四季折々の装いを見せてくれる国宝白水阿弥陀堂はいま浄土池の古代蓮が見頃をむかえております。ずっと気になっていたものの実はまだ古代蓮をまとった阿弥陀堂を拝んだことの無かった管理人F、意を決して早起きして阿弥陀堂に行って参りました。早朝5時半前、早朝独特の空気の中開き始 [続きを読む]
  • 祝・オープン!いわきFCのクラブハウスに行ってみた。
  • こんにちは、いわきだるまの「お」です。みなさん、ボクのこと覚えてますか?いわきだるま「お」の過去記事はコチラさいきん、管理人Pさんがなかなかボクのことを遊びに連れていってくれなくて、ちょっとすねていたんです。ブログもさぼってるし、忙しいのかなぁ。でも、いわきFCっていうサッカーのチームができてから、もともとサッカー好きだったPさんにちょっと火がついてきたみたいなんです。去年は初代ファンクラブに入会した [続きを読む]
  • 【小名浜マリンブリッジ完成記念ウォーク/ライトアップ点灯】
  • 管理人Fです。 先にお届けした小名浜マリンブリッジ。4月23日に開催された完成記念ウォーク・ライトアップ点灯式に突撃して参りました。 13時からの完成記念ウォークは開場前から長蛇の列ができる大賑わいでした。サンシャインいわき!を地で行く晴天の下真新しい橋から眺める青い空と海、そして小名浜港の姿は小名浜育ちの管理人Fの目にもとても新鮮に映りました。橋そのものにしても5年半の間ずっと外から眺めるだけだっただ [続きを読む]
  • 小名浜マリンブリッジ完成!
  • 管理人Fです。 小名浜港湾内に整備が進められている東港(人工島)と3号埠頭を結ぶ道路橋の名称が昨年12月に「小名浜マリンブリッジ」と決まり、去る3月29日完成しました。 管理人Fがこの橋を撮影し始めたのは震災後の2011年10月頃から。以後毎年3/11には必ず、あとは折に触れて夕景・夜景を中心にその姿を収めてきました。撮るごとにその美しい容姿が明らかなる過程が楽しみな被写体でした。この度の完成を祝ってこれまで収め [続きを読む]
  • 【追記あり】浜風商店街 終了 からすや食堂も新店舗へ
  • 【追記】一部店舗は8月まで営業との情報も頂きましたので、確認でき次第、情報を加筆いたします。【追記2】問い合わせ先である久ノ浜町商工会に問い合わせしましたところ、浜風商店街としては3月31日で降幕式をおこなうとのことでした。ただし一部店舗に関しては夏まで残るところもあるようだけれど契約に関しての情報は出せないので、個々のお店に問い合わせいただくか、閉幕式以降に浜風商店街のホームページになんらかの情報は [続きを読む]
  • 2017年もふくしま手帳とともに
  • ふくしま手帳2017クリスマスも終わり新年までカウントダウンの状態になりました。新年にむけて今年もふくしま手帳を購入。毎年思うのですが、ふくしま手帳は本当によく出来ています。今年気になったふくしま手帳のコンテンツはこちら。福島双六。これ地味に楽しいです。すごろくにも福島情報あります。全体をお見せすることはできないので、いわきのところだけをちょっと。そして「静寂の時」というタイトルの特集ページでは、福島 [続きを読む]
  • 国宝白水阿弥陀堂 2016晩秋
  • 気がつけば今年もあとひと月半ほどを残すのみとなりました。今年の秋はホントに短くて、国宝白水阿弥陀堂の紅葉もあっと言う間にピークを越えてしまったようです。それでもたくさんの人たちが浄土庭園の紅葉を楽しんでいましたよ!毎年恒例、管理人Pの秋さんぽ。日ごと深まっていく浄土庭園の秋をお楽しみください。いわき市指定の天然記念物・白水阿弥陀堂の大イチョウは一足先に冬支度。日中は晴れていてマジックアワーを狙って [続きを読む]
  • 想い出のマリーナへ/旧いわきサンマリーナ
  • いわきサンマリーナといえば、平成7年(1995年)ふくしま国体でヨット競技会場になったり、東北最大級のビルフィッシュトーナメントが開催されるなど、いわき市内外から親しまれてきたマリーナですよね。管理人Pにとってはなんとなーく敷居が高いイメージの場所ではありました。だってなんたってマリーナですよー。いわきサンマリーナ、ウミウの飛来地として国の天然記念物に指定されている照島(てるしま)を臨む絶好のビュ [続きを読む]
  • 残念!白水阿弥陀堂紅葉ライトアップ、2016年は開催せず。
  • 管理人Fでございます。 2012年から毎年開催されていた国宝白水阿弥陀堂紅葉ライトアップ。2015年春には新緑ライトアップも行われました。回を重ねるごとに新たなライトアップの仕掛けがあったり、行くたびに違った視点を見つけたり?何度訪れても飽きることがなく、もとより美しい浄土庭園が夜の闇と光によってまた新たな美しさを見せてくれた素晴らしいひとときでした。もちろん写真を撮る身としてみればそれは極上の被写体。何 [続きを読む]
  • 第63回いわき花火大会2016 レポート
  •  管理人Fでございます。花火大会となると燃えるわたくし、例年有料観客席からギンギンにスタンバっていたのですが、今年は都合により会場に出撃できず、少し離れた場所からの撮影となりました。 今年の花火大会はいわき市誕生50周年ということで気合いたっぷり、打ち上げ数も例年の2倍となる20,000発!いやがおうにも期待は高まり、やはり有料観客席から創作花火を堪能したかったのですがぐっと抑えて撮影ポイントでスタンバイ [続きを読む]
  • 梅雨の合間の朝焼け@豊間海岸
  •  またまた御無沙汰でございました管理人Fです。いわきも梅雨まっただ中、すっきりしない日々が続いて「サンシャインいわき」も小休止といった感じです。それだけに梅雨空の合間に出会う晴れの空はとても貴重に思えます。 そんな中雨の上がった6月25日の夜、豊間海岸に出撃して夜の灯台の閃光を収めつつ、翌26日は晴れるとの予報に期待して早起き、豊間海岸の朝焼けを塩屋埼灯台と共に収めて参りました。前日が曇りだったので雲が [続きを読む]