みどりの木 さん プロフィール

  •  
みどりの木さん: 歴史大好きみどりの木
ハンドル名みどりの木 さん
ブログタイトル歴史大好きみどりの木
ブログURLhttps://ameblo.jp/idryou/
サイト紹介文現地に行った気分になれる城・神社・祭を 紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/07/06 11:56

みどりの木 さんのブログ記事

  • 住吉大社の紹介10 御田と石舞台
  • 昨日の続きです。今回は御田(おんだ)と石舞台の紹介です。 下絵図の①から見た御田です。右端の塀の屋根瓦が、台風で破損して応急処置されています。 解説板です。 境内案内図です。①の所には木原茂兵衛を顕彰する石碑があります。 木原茂兵衛の石碑です。 長門から来た植女は、お田植神事の後に堺のちもりで遊女となり、お田植神事にご奉仕していました。明治8年政府に召し上げられます。なので行事は中断しました。それを悲 [続きを読む]
  • 住吉大社の紹介9 大歳社
  • 昨日の続きです。今日は初辰参りの最後の社である、大歳社(おおとししゃ)の紹介です。大歳社はスサノウの命の子供大歳神を祀る神社です。歳は稲の実りのことで、もともとは穀物神です。本居宣長は「登志とは穀のことなり、其は神の御霊以て、田に成して、天皇に寄奉賜ふゆえに云り、田より寄すと云こころにて、穀を登志とはいうなり」と述べ、穀物、農耕神であるとしました。古代日本で農耕が発達するにつれて、年の始めにその年 [続きを読む]
  • 住吉大社の紹介7  楠珺(なんくん)社 と初辰まいり 
  • 昨日の続きです。今回は楠珺(なんくん)社と初辰まいりの紹介です。昨日の種貸社(一番参り)で、お祓い受けた「種銭」を授かり、次に、樹齢約1000年の楠が御神体の、 楠珺(なんくん)社にお参りします。ここが「初辰さん」の愛称で親しまれる社です。 楠珺(なんくん)社です。手前の拝殿奥に御神体の、樹齢約1000年の楠木が見えます。 中央上側に赤枠で囲ったところです。 種貸社から神宮寺跡を通り、さらに、この先に [続きを読む]
  • 住吉大社の紹介8 初辰参り浅沢社 
  • 昨日の続きです。今回は初辰参りの、番外三番参り浅沢社です。 浅沢社全景です。この辺りは昔沼地で、杜若(かきつばた)の名所でした。「浅沢小野の杜若」は万葉集でも詠まれています。また、前回の楠珺社で発達(上達)して、ここでは女性が作法と芸事を成就させるという社です。「弁天さん」として親しまれてきました。 赤枠が初辰まいりの社です。浅沢社と大歳社は右上にあります。(左が北) 解説板と万葉集の和歌です。意味 [続きを読む]
  • 住吉大社の紹介6 種貸社と一寸法師
  • 昨日の続きです。今回は末社の種貸社と一寸法師です。 種貸社の四角い鳥居です。祭神は倉稲魂命(ウカノミタマノミコト) です。 元々は大阪市住吉区中居町中2丁目にあり、「多米社」といいました。多米社は延喜式(10世紀の書物)に書かれている古い神社です。16世紀に火事で焼けたので、住吉大社に移設されました。住吉大社の神饌(神様のご飯)をこの神社が持っていた御縁からです。移転したときは「苗木社」といいました [続きを読む]
  • 住吉大社の紹介5 大海神社
  • 昨日の続きです。今日は住吉神社より前にあった、津守氏の氏神様を祀る大海神社の紹介です。 神宮寺跡から大海神社の入口門です。下図会の①から見たところです。ここでも外人の方がベンチで休憩していました。 宝永1710年頃の摂津名所図会です。もとは白黒ですがガイドさんの仲間が着色してます。大海神社の周囲は堀がありましたが、上の写真のように今はありません。 住吉大社の案内板です。(今回この図の①②は関係ありま [続きを読む]
  • 住吉大社の紹介4 侍者社から神宮寺跡まで
  • 昨日の続きです。前回は撫でウサギまででした。今回は侍者社から神宮寺跡までです。 末社の侍者社です。縁結びの神様『侍者社(おもとしゃ)』は 初代の神主「田裳見宿禰(たもみのすくね))とその姫神「市姫命」をまつり、縁結び・夫婦円満のご利益があります。その後末裔が、津守の氏を天皇から与えられて、代々住吉大社の神主となります。 侍者社は第四本宮の右上にあります。 前回の復習になりますが。なぜ筒男なのか考えてみま [続きを読む]
  • 住吉大社の紹介3 四つの国宝本宮とうさぎ
  • 昨日の続きです。今日は住吉大社の四つの国宝本宮です。御祭神は第一本宮に底筒男命・第二本宮に中筒男命・第三本宮に表筒男命・第四本宮に神功皇后が祀られています。日本神話に登場する航海の神で、住吉大神の伊弉諾尊(イザナギノミコト)が黄泉の国の穢れを清めるため、筑紫の日向の橘の小戸の檍原で禊をして、水底で身をすすいだときに底筒男命が現われます。このとき水中では中筒男命が、水上では表筒男命が現れました。この [続きを読む]
  • 住吉大社の紹介2 。汐掛道住吉鳥居前から手水舎まで
  • 昨日の続きです。住吉鳥居から西(海方向)にのびる参道からです。 下図の現在地から撮影した参道です。 下が北の住吉公園地図です。汐掛道とあるのが西(地図右)の海まで伸びる参道でした。 松尾芭蕉句碑です。上図現在地赤枠内にあります。 句碑の解説板です。1694年の月見の時期に詠んだ俳句です。この住吉詣でと宝の市は、松尾芭蕉最後のお出かけだったのですね。 現在地から住吉大社駅のあたりに進むと 駅の高架を抜けた [続きを読む]
  • 住吉大社の紹介1 歴史など
  • 今回から住吉大社の紹介をします。2018年9月24日に訪問しました。 住吉大社 古代〜平安時代主祭神の住吉三神は、『古事記』・『日本書紀』に記述された神々です。この住吉三神が祀られる以前に、ここに大海神社があり、昭和まで続く津守氏が代々宮司をしていました。現在は神社本庁より宮司が派遣されています。三神生誕の場面では、黄泉国から帰ったイザナギが穢れ祓いのため禊をすると、綿津見三神(海三神)と筒男三神( [続きを読む]
  • 絶景ツアー5 最終回  高ボッチ高原2 
  • 昨日の続きです。今日は高ボッチ高原の続きで、富士山方向です。 薄っすらですが、中央に富士山、右には雲の上に南アルプスの山、画面左端には八ヶ岳が見えています。 広角で撮影しています。手前が高ボッチ山頂です。 中央に諏訪湖があり、左端に富士山があります。富士山の右側には小さいけれど、南アルプスが見えます。拡大すると 高ボッチ高原の花と雲の上に南アルプスです。 南アルプスを拡大した写真です。 八ヶ岳を拡大 [続きを読む]
  • 絶景ツアー4 高ボッチ高原1
  • 昨日の続きです。高ボッチ高原からの富士山・諏訪湖の絶景です。以前に1枚だけUPしましたがそこの写真です。映画「君の名は」に似た風景で、聖地ともいわれています。高ボッチとは高いところにある窪んだ所という意味だそうです。 高ボッチ高原山頂からの眺めです。手前が諏訪湖で、富士山が見えます。この日は曇りで、富士山が見えただけで良かったという天候でした。雲にかすんで見えています。 この風景が映画アニメ「君の [続きを読む]
  • 絶景ツアー3 下栗の里(日本のチロル)
  • 昨日の続きです。今回は南アルプスを望む飯田市上村の下栗の里です。標高800m〜1000mにあります。最大傾斜38度の傾斜面に点在する耕地や家屋は、遠山郷を代表する景観を作りあげています。平成21年には「にほんの里100選」にも選ばれました。 景観の美しさが、オーストリア・チロル地方に似ていることから、東京学芸大学名誉教授で地理学者の市川健夫氏は下栗を「日本のチロル」と命名しました。下栗の里の歴史は、 [続きを読む]
  • 絶景ツアー2 日本一星空がきれいな長野県阿智村の紹介
  • 今回は日本一星空がきれいな長野県阿智村の紹介です。 環境省による全国星空継続観察で、「星が最も輝いて見える場所」第1位(平成18年)に認定された長野県阿智村。約人口6600人程の村で、美しい星空で「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」があります。この村は木曽の御嶽山の近くにある村です。私はかなり前に友人と濁河温泉に一泊して御嶽山に登りましたが、濁河温泉の露天風呂で見た、天の川がとても綺麗でした。そ [続きを読む]
  • 絶景ツアー1 付知峡(森林浴の森日本100選)の紹介
  • 今日から2018年8月18〜19日に、岐阜・長野絶景ツアー紹介です。住吉大社はこの後で紹介します。以前に富士山が見えた写真は1枚だけUPしてます。 今回は岐阜県中津川市付知町にある、付知峡(森林浴の森日本100選)の紹介です。 下図①の駐車場です。流しそうめんと書かれたところが入口です。 現在地にある案内板です。ピンクの線に沿って歩きました。 入口横の流しそうめん屋さんです。一番奥で絶景を見ながら、流 [続きを読む]
  • 住吉大社観月祭2018
  • 昨日の予告ではかかみがはら航空宇宙科学博物館の紹介でしたが、季節ものなので時期もあり、1回だけ住吉大社の観月祭をUPします。この日2018年9月24日は曇り空で、月が見えないと諦めていました。しかし、約10分程ですが月が見えたので感激でした。昨日は住吉大社を地元のボランティアガイドさんに紹介していただいたので、住吉大社の紹介は後程UPします。 住吉大社の反橋の上で舞うところです。 この日の月を60倍 [続きを読む]
  • 大垣城の紹介13  大垣まつりなど 最終回
  • 今日は住吉大社の観月祭を見に行き、更新が遅れました。すいません 大阪住吉大社の観月祭です。(2018年9月24日19時30分頃撮影) 昨日の続きです。今日が大垣城紹介の最終回です。 大垣市政100周年のポスターがありました。記念式典が2018年10月6日で、もうすぐですね。八幡神社大垣まつりの山車も13両全部出ます。このまつりは世界遺産だそうです。平成28年12月1日にエチオピアで開かれた政府間委員 [続きを読む]
  • 大垣城の紹介12    大垣宿と天守最上階からの眺め 
  • 昨日の続きです。今回は大垣宿と天守最上階からの眺めです。 大垣宿の展示は 大垣宿本陣の門古写真です。下図白抜き②にあった門です。 上が北の大垣案内マップです。(現代の大垣です)赤い道が東海道と中山道を繋ぐ美濃路街道でした。白抜き②が本陣跡です。白抜き③は竹島町です。下図では茶色の路です。これは1645年頃の大垣です。惣堀と外堀の間に美濃路が通り美濃路に沿って大垣宿がありました。 美濃路が大きく書かれた [続きを読む]
  • 大垣城の紹介11 天守内部3 平成改修工事とスタンプラリー
  • 昨日の続きです。今回は花の慶次スタンプラリーと平成改修工事とです。 前田利家の正室だった前田まつのイラストです。花の慶次イラストで大垣をめぐる、スマホスタンプラリー2018年のイベントです。 花の慶次に出てくるイラストが展示してありました。マンガの「花の慶次」はかぶきものの前田慶次の物語です。以前HNKのテレビドラマにもなりました。 次に平成21・22年の改修工事です。天守などが老朽化してので、補強 [続きを読む]