みかん さん プロフィール

  •  
みかんさん: ドレミファいい塩梅
ハンドル名みかん さん
ブログタイトルドレミファいい塩梅
ブログURLhttp://doremifaiianbai.blog.fc2.com/
サイト紹介文のんびりピアノを弾きながらいい塩梅に暮らしたい♪ 他、映画、読書、iPhone、文具、はんこなど
自由文耳コピ楽譜まとめ
http://doremifaiianbai.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/07/07 00:08

みかん さんのブログ記事

  • [万年筆INK] 杜の四季インク:文具の杜、煉瓦色の約束
  • 仙台のご当地インクを2色、友人のKMOKさん(ブログはこちら)から頂きました。 「文具の杜」と「煉瓦色の約束」の2色。 店頭販売のみで在庫状況も不安定という中、貴重なインクをありがたい限りです。 最近私が渋めの色が好みだってことをさりげなく確認してきたのはこのためだったか…心ニクいぜ! 箱からして情緒があっていいですね。 例によって手持ちインクの似た色と並べつつガラスペンで書いてみました。 文具の杜:エンパ [続きを読む]
  • [文具] STALOGYのマスキング丸シールを手帳や楽譜に導入
  • 365デイズノートですっかり愛着の湧いたニトムズのSTALOGY。 そのSTALOGYから出ているマスキング丸シールを購入しました。 マスキング丸シールとは、マスキングテープ素材の貼ってはがせる丸いシール。というとそのまんまですけど、それはつまり、商品名に情報が簡潔に詰まってるってことですね。 ほぼ日手帳カズンの月間カレンダーの日付部分に色分けして貼る、といういたってオーソドックスな目的のために導入しました。 今まで [続きを読む]
  • [読書][SF] 連環宇宙 〜時間封鎖 3部作(3)完結編〜
  • 「時間封鎖」3部作の完結編。 時間封鎖解除後から数十年後の、とある手記をめぐるお話。 その手記には、1万年後の世界でのできごとが語られていた。 地球と火星を含む12個の惑星が接続された「連環世界」。 その惑星間を移動する「ヴォックス」という巨大な群島が主な舞台。 ヴォックスの人々は仮定体を信奉し、仮定体との対話を求めて荒廃した地球を目指す。 SF要素は大満足!壮大なカタルシス。気の遠くなるすがすがしさ。 原題 [続きを読む]
  • [読書][SF] 無限記憶 〜時間封鎖 3部作(2)〜
  • 「時間封鎖」の続編。3部作の2作目です。 舞台は「時間封鎖」終了時から約30年後の新世界。 特殊な少年アイザックと、失踪した父を探す女性リーサ、そしてリーサと道中で知り合い行動をともにするパイロットのタークが主な登場人物。 新世界を襲う謎の降灰。アイザックの秘密。そして依然として謎のままである仮定体。 人間ドラマが良い味を出していた1作目に比べると、今回はむしろシュールでホラーな印象が強いです。 個人的には [続きを読む]
  • [読書][SF] 時間封鎖 〜時間封鎖 3部作(1)〜
  • ある晩、空から星が消えた。 地球は謎の膜で覆われ、地球での1年が外では1億年! このままでは数十年後には膨張した太陽に飲み込まれてしまう!? 膜をつくった存在「仮定体」の目的とは? 世紀末的なSF要素の中に人間模様が丁寧に織り込まれた、人間味のある面白いお話でした。 異常な状況下で生きる普通の人々のリアル。 小難しい説明はほとんどなく、詩的過ぎることもなく、叙情的だけれどもちゃんとSFしていて、ぐいぐい引き込 [続きを読む]
  • [万年筆] ペリカン スーベレーン M400 茶縞 M
  • 憧れのM400を買いました。 私の国産万年筆のラインナップを見た夫が「助っ人外国人がいないね」と言い放ったのがきっかけで。 いつか欲しいなぁとは漠然と思っていましたが、万年筆に特に興味のない夫がこのスーベレーンだけは妙に推してくるということもあり。 軸色は事前にさんざん迷った末ボルドーと決めてお店に行ったんですが、まさか数量限定の茶縞があるとは思いもよらず。いや、こういうのってすぐなくなるものだと思っ [続きを読む]
  • [文具] セリアのマステカッター便利なり
  • 先日セリアで見かけて買ったマスキングテープカッター。単品に装着するタイプ。ひとつ3個入り。 使ってみたら案の定便利だった。 切り口は細かいギザギザ。 ハサミでスパッと切った場合とは明らかに違う。「超」きれいとはいえないけど、きれい過ぎないというのは隙があるということでもあり、温かみがあっていいんじゃない。 それに何より小さくてかさばらないのがよい。楽にカットするための必要最小限のサイズ。 細幅のマステ [続きを読む]
  • [手帳] ほぼ日手帳7年生、初めてカバーごと買う
  • 2018年も引き続きほぼ日手帳カズンで参ります。 昨年と違って迷いはなく、カズン一択。 発売日当日にロフトで購入し、心穏やか。 今回は初めてカバーごと買いました。 鹿児島睦 / ネコスリー - ほぼ日手帳 2018 落ち着いた雰囲気と色味が素敵。くっきりめのオレンジ色に元気もらえそう。 好きですねー、この感じ。 ラインナッププレビューにも初めて足を運び、実物を見て触って確認してきました。 とうとうカバーにしてやられ 2 [続きを読む]
  • [ドラマ] SHERLOCK 4 ざっくり感想
  • SHERLOCKシーズン4を1周観終えたざっくり感想。 盛大にネタバレしてますのでご注意。 結論から言うと、衝撃的で心にくくて最高でした。 photo credit: Carlos Mata Photography 221B Baker Street: Sherlock Holmes via photopin (license) ざっくり感想(ネタバレ大あり) 6つのサッチャー(The Six Thatchers) 臥せる探偵(The Lying Detective) 最後の問題(The Final Problem) “The Dying Detective” [続きを読む]
  • [読書] シャーロック・ホームズの事件録 芸術家の血
  • 魅力的なキャラクター、ホム&ワトの友情、切れ味のある台詞、悪党を懲らしめるヒーローへの憧れ、謎が解き明かされるカタルシス、世界的名作、BBCドラマ「SHERLOCK」に触発されたミーハー魂 etc. ホームズを読む動機はいろいろありますが(最大のきっかけはミーハー魂ですすみません)、正典は、残酷で生々しい描写が少ない、という点も消極的理由ながら大事な要素。 もちろん主観ですけど。 パスティーシュとは本家を模倣したも [続きを読む]
  • [万年筆INK] 神戸インク物語 加納町ミッドナイト
  • 「夜色?深海があるから要らない」と言い聞かせて気を鎮めてきたけどまあ買いますよね。 深夜の歩道橋から見上げた夜空の深いブルーを表現したという加納町ミッドナイト。 個人的なイメージでは、夜空色といったら色彩雫の深海だったんですが、ふたを開けてみれば(←まさに)加納町ミッドナイトは深海とは似て非なる色でした。まあそりゃそうか〜。 ▲トモエリバーにガラスペンで(拡大) Kobe INK物語 No.51 加納町ミッドナ [続きを読む]
  • [万年筆INK] 色彩雫 露草
  • 色彩雫の露草を買いました。ミニボトル。 清涼感があって少し儚げな、みずみずしい青です! 色彩雫でいうと紫陽花と紺碧の間って感じかな。 想像したより濃いですが、淡さも感じられてたいへん美しいです。 色彩雫の名前って風情があってなかなか魅力的ですが、これほど名前とイメージが合致するものもないのでは? photo credit: ashitaka-f studio k2 Commelina communis ツユクサ via photopin(license) なんか田舎を [続きを読む]
  • [万年筆] #3776センチュリー細字の書き味がいい塩梅
  • プラチナの#3776センチュリーを買って半年。すこぶる書きやすくてどうしてくれよう。 私にとって大大大当たりの1本ではなかろうかと! 以前ペンクリニックで、筆圧の高さを指摘されると同時にセンチュリーを勧められたことがあり、なるほど自分向きなのねとは思ってたんですが、じわじわ実感してきた気がします。 特に近頃めっぽうお気に入りであるセーラーのブルーブラック(以下、セーラーBB)を入れてからのハマりようが尋常じ [続きを読む]
  • [万年筆INK] 銀座蔦屋書店 江戸納戸の色
  • 銀座蔦屋書店のオリジナルインク「江戸納戸の色」を勢い余って購入しました。 ▲グラフィーロにガラスペンで Twitterで既に購入された方の写真を見かけ、一晩頭を冷やした後、何食わぬ顔でお店に向かったそうな。 来てはみたものの躊躇していた私の耳に飛び込んできた「何色にされました?」という店員さんの言葉が、「買うかどうかではない、どれを買うかだ!そうだろう?」と変換され心地よく響いて駄目だこりゃ。 「江戸納 [続きを読む]
  • [万年筆INK] 神戸インク物語 岡本ピンク
  • ずっと在庫切れであきらめかけていた岡本ピンク、ようやく買えて歓喜です!! ▲GRAPHILOにガラスペンで ぱっと紙面が春めきます。嗚呼めんこい(∩´∀`)∩ 黄色味のある明るいピンク ▲もぎたてのみずみずしい瞬間 サーモンピンクというかコーラルピンクというか、黄色味のある華やかな明るいピンクですね。 ▲トモエリバーにkakuno(M)で ▲トモエリバーにセレモ(F)で 書いた直後は、蛍光レッドと蛍光オレンジ [続きを読む]
  • [文具] プチデコラッシュでほぼ日手帳に棒グラフ
  • ほぼ日手帳カズンの年間インデックスで、日々の歩数を棒グラフにしてます。 プチデコラッシュを使ってみたらけっこう気に入ったので、色鉛筆から変更してみました。 柄は、細幅の「色えんぴつピンク」です。 プチデコラッシュ 細幅 色えんぴつピンク Posted with Amakuri プラス ほぼ日手帳カズンの方眼は3.7mm、プチデコラッシュの細幅は4.2mmですが、柄自体は罫線内に収まります。むしろ余白がちょうどいい具合になる。 [続きを読む]
  • [万年筆INK] 梅田スカイブルー
  • 「スモーキーな水色」というのにびびびと惹かれて購入。 梅田 蔦屋書店オリジナルインク 全4色 販売 梅田 蔦屋書店(オンラインショップ) 2016年の夏に発売、数量限定とのこと。 ※2017/02/21現在、完売のようです…。 一度はスルーしたんですけども。 なんかもう気になってしょうがないなら買ったらいいじゃない? 今使わずしていつ使うのか! という声が天からですね。 冬空色 まさにその名のとおり、スモーキーで落ち着いた [続きを読む]
  • [手帳] ほぼ日手帳カズンに戻して1ヵ月、2017年はこんな感じで
  • 「万年筆ならやっぱりトモエリバー!」「たくさん書けるA5がいい!」ということで、2017年は再びほぼ日手帳カズンにしました。 広々とした紙面でお気に入りの万年筆を走らせ、うふふあはは状態の今日この頃です。 私にとっての手帳は、自宅でのみ使用する実用性不問のぬるいライフログ趣味日記、みたいなものです。スケジュール管理もしてないし、ビジネス要素もゼロ。 ▲システミックカバーにまたお世話になるよ 改めて1ヵ月使 [続きを読む]
  • [読書] たった1分ですっきりまとまる コクヨのシンプルノート術
  • コクヨ社員のノートの実例が100通り紹介されている本。 方眼ノート:50通り 横罫ノート:30通り 無地ノート:20通り と罫線別に3つに分類され、解説+写真の見開き2ページ構成。 とても読みやすかったです。 趣味用ノートに何か活かせないかと思い、手に取りました。 中身はビジネス一色でしたが、実用的かつ汎用的。奇抜なアイデアこそなかったものの、参考になりました。 たった1分ですっきりまとまる コクヨのシ [続きを読む]
  • [万年筆INK] 神戸インク物語 旧居留地セピア
  • 新年(と新しいインクの瓶も)あけまして、おめでとうございます。 神戸インク物語の旧居留地セピアを購入しました。 エルバンのココアブラウンをくっきり濃いめにしたような素敵な茶色です。気に入りました。 Kobe INK物語 No.3 旧居留地セピア Posted with Amakuri NAGASAWA 茶色3色比較:旧居留地セピア、ココアブラウン、山栗 所有インクの中で比較的似ていると思われる3色を比較してみました。 神戸インク物語 旧居 [続きを読む]
  • [映画] SHERLOCK 忌まわしき花嫁 再鑑賞(ネタバレあり)
  • 19世紀コスプレしたシャーロック&ジョンに会いたくて映画を再鑑賞するうちに、なんかごにょごにょと書きたくなってきたので、勢いで書き散らしますね。 第一印象はもやっとしたんだけど、観れば観るほど評価上がってきた。 SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 (特典付き2枚組) [DVD]posted with カエレバベネディクト・カンバーバッチ KADOKAWA / 角川書店 2016-08-05Amazon楽天市場 ぶわっと感想(ネタバレあり) ホームズ [続きを読む]