コウメイ さん プロフィール

  •  
コウメイさん: きちんとした医師国家試験の勉強法 コウメイ塾
ハンドル名コウメイ さん
ブログタイトルきちんとした医師国家試験の勉強法 コウメイ塾
ブログURLhttp://ishikokkashiken.com/
サイト紹介文医師国家試験100%合格を目指すためのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/07/07 16:17

コウメイ さんのブログ記事

  • 医師国家試験の「医学総論」は特別な対策が必要か?
  • コウメイ:医師国家試験の勉強法について質問をいただいたので回答します。読者からの質問 私は医学部の低学年です。図書館で、QBを見たところ「医学総論」という分野がありました。遺伝、加齢、身体検査等に関する問題のようです。これらはステップや病気が見える等の参考書でも補えないように思えます。医学総論分野の対策はどのようにすれば良いですか?教科書ならばどれを使えば良いのか、ネット講座等の補助教材があるのかに [続きを読む]
  • プレミアムサービス募集の締め切りのお知らせ。
  • プレミアムサービス締め切りについてのお知らせです。 ※優先回答サービスからプレミアムサービスに名前を変更しました。サービスの内容2017年8月6日にプレミアムサービスの募集を開始しました。プレミアムサービスのご案内ご質問に対し優先的に回答を行うのがメインのサービスです。しかし、それだけでは物足りないので、今後作成中の有料の電子書籍(PDF)も無料で配布しようと考えております。電子書籍の内容は今のところ大きく [続きを読む]
  • エフェドリンの作用についての詳細
  • コウメイ:「脊脊髄くも膜下麻酔(脊椎麻酔)で低血圧になる機序と対処」について質問をいただいたいので回答します。まずは質問を見てみましょう。該当に記事はこちら脊髄くも膜下麻酔(脊椎麻酔)で低血圧になる機序と対処法 読者からの質問 「エフェドリンはβ刺激で血管収縮させ血圧を上げる」と説明していますが、β2刺激では血管は拡張するので血圧が低下しそうです。エフェドリンはα1受容体に作用して血管収縮ことにより血圧を [続きを読む]
  • プレミアムサービスのご案内
  • 2017年9月3日で募集を締め切りました。コウメイ:今回はプレミアムサービスのご案内です。多くのご質問をいただいております本ブログは日々多くの方に読んでいただき、質問もたくさんいただいております。本当にありがとうございます。できれば全ての質問にお答えしたいのですが、中々時間がなく一部の質問にしかできていないのが現状です。有料でもよいので回答してほしい読者から「有料でもよいので優先的に回答してほしい」との [続きを読む]
  • 心音のⅢ音とⅣ音の機序。心房細動でⅣ音が聴こえない理由。
  • 最終確認日:2017/08/03 最終更新日:2017/08/03ポイントⅢ音は拡張早期に心室壁が振動する音Ⅳ音は心房が収縮し心室に血液が流入したときに心室壁が振動する音心房細動は心房が収縮していないのでⅣ音は聴こえない コウメイ:読者の方から心音について質問をいただきましたので回答します。まずは質問を見てみましょう。読者からの質問 Ⅲ音、Ⅳ音がどんな時になるのか教えて欲しい。心房細動だとⅣ音がない? Ⅲ音の機序Ⅲ音 [続きを読む]
  • 静脈還流量の増加で肥大型心筋症が改善する機序
  • 最終確認日:2017/07/22 最終更新日:2017/07/22コウメイ:読者の方から肥大型心筋症について質問をいただいたので解説します。まずは質問を見てみましょう。読者からの質問 肥大型心筋症では静脈還流量上昇により狭窄が改善するということですが、静脈還流量の増加はスターリングの法則により心収縮力増加をきたし狭窄が悪化すると考えられます。この矛盾はどのように解釈すればよろしいでしょうか。 お忙しいところ恐縮ですが、 [続きを読む]
  • サイトを変更中
  • コウメイ:現在、サイトを見やすくしています。記事は今まで通り見ることができます。テストテスト。テストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテストテスト。 [続きを読む]
  • 心静止と補充調律について
  • 最終確認日:2017/07/28 最終更新日:2017/07/28コウメイ:心静止の記事についてご質問をいただいたので回答します。まずは質問をご覧ください。※該当の記事はこちらです。 心静止の心電図読者からの質問心静止について質問です。洞結節の命令がない状態が心静止で、故に波形は平坦とあります。 私は洞結節がだめなら洞房結節が、洞房結節もだめならヒス束が、ヒス束もだめならプルキンエ線維が刺激を送ることができると学びま [続きを読む]
  • 2017年6月にリライトした記事一覧
  • コウメイ:2017年6月にリライトした記事一覧です。 アスピリン、ヘパリン、ワルファリンの使い分け。それぞれ写真を掲載しました。ヘパリンってどんな状態であるかご存知ですか? ブドウ糖液(5%、10%、20%、50%、70%)の使い分けブドウ糖には色々あります。普通に使うのは何%でしょうか? Wellens症候群〜第111回医師国家試験E63の超詳しい解説〜ACSの発症すぐに見られる陰性T波は心筋梗塞による冠性T波ではありません。 [続きを読む]
  • 過去記事のリライト
  • コウメイ:先日まで3冊目の本の執筆をしておりました。そのため、ブログの更新があまりできませんでした。現在、既に脱稿し時間に余裕がありますので、新記事の作成や過去記事のリライトを行っていく予定です。過去の記事について新しい記事には基本的に全て、過去の記事は見直しができ次第、最終確認日、最終更新日の記載をしていきます。 最終確認日は修正すべき点がないか確認した日で、最終更新日は何か書き直した日になります [続きを読む]
  • Wellens症候群〜第111回医師国家試験E63の超詳しい解説〜
  • (最終確認日:2017.6.11 | 最終更新日:2017.6.11)コウメイ:第111回医師国家試験に非常に勉強になる心電図の問題がありましたので解説したいと思います。第111回医師国家試験E63※かなり長いので大事な部分を抜粋しました。症例:46歳の男性。心窩部から左前胸部の痛みを主訴に来院。 現病歴:午前9時、会議中に心窩部から前胸部の締め付けられるような痛みが出現。 咽頭部と左肩にも痛みを感じた。15分で改善。 午前9時30分、 [続きを読む]
  • コウメイ塾、2017年度の方針。
  • コウメイ:すでに第111回医師国家試験から2か月が過ぎ2017年度になりました。今年度の方針について少し書いてみたいと思います。対話形式について本ブログの特徴として対話形式があります。このようなものです。 対話形式学生I:「低Na血症の鑑別について教えてください。」コウメイ:「分かりました。勉強していきましょう。」 これはストーリー性があり、初学者にとっては読みやすいものです。気に入ってくださっている方もたく [続きを読む]
  • 国家試験解答について
  • コウメイ:受験生の皆さん、3日間お疲れ様でした。同時期に私もMACの講師陣と解答を作成しました。当日中に暫定的な解答は作成しましたが、予備校として間違ったものを発表するわけにはいかないので、ミスがないか念入りにチェックしているところです。もう少しで発表になりますのでしばしお待ちください。→大変申し訳ないのですが、諸事情により今回は解答速報を公開しないことになりました。お待ちいただいた方本当にすみません [続きを読む]
  • ノートのまとめに時間がかかります!!
  • 最終確認日:2017/07/19 最終更新日:2017/07/19コウメイ:医学部3年生から勉強の仕方について質問をいただいたので回答します。まずは質問を見てみましょう。読者からの質問 現在、CBTレベルの総合試験を1週間後に控えています。 1度過去問3年分をざっと解いて、選択肢は選べるようになりましたので、次に1つ1つの問題について疾患をノートにまとめています。ですが、私はこの段階の作業が非常に苦手です。1問につき長いと1時間 [続きを読む]
  • 医師国家試験1週間前の勉強法
  • コウメイ:第111回医師国家試験もいよいよ1週間後に近づいてきました。この時期にどんな勉強をすればよいか説明していきます。まず、そもそもですがラスト1週間、頑張らない人は落ちます。頑張った人は受かります。ラスト1週間頑張った人が受かります!!模試の成績が良かった人、悪かった人のどちらもラスト1週間、意外とやる気がでなくなったりします。成績の良い人は「ほとんどの問題は見たことのあるやつだから、これ以上勉強 [続きを読む]
  • クレアチニン・クリアランスの分かりやすい話
  • コウメイ:今回はクレアチニン・クリアランスについて質問をいただいたので回答します。まずは質問を見てみましょう。読者からの質問 クレアチニン・クリアランス(以下Ccr)について質問があります。1.Ccrとは腎に流れる血漿量(mL/分)とのことですが、クレアチニンのクリアランスと言うのだから血漿量ではなく、尿のクレアチニンの量で表せば良いように思えます。なぜ、わざわざ血漿量に換算するのでしょうか?2.クレアチニン・クリ [続きを読む]
  • 国試の勉強は臨床の役に立たないのか?
  • コウメイ:国試まで後1か月位ですね。1か月前だとやる気がでる人と逆にやる気がでなくなる人に分かれるかもしれません。今日は、やる気がイマイチでない人に対してのメッセージです。やる気が起きない理由のひとつに「国試は臨床の役に立たない。こんな病気聞いたことがないぞ。重箱の隅をつつくような問題だしやがって!!」というのがあるかもしれません。まずはこのあたりについて考えてみたいと思います。国試は臨床の役に立た [続きを読む]
  • 回答予定のご質問
  • コウメイ:いつもブログを御覧いただきありがとうございます。現在、多くの質問をいただいております。できるだけ早めに回答したいと思います。以下、回答予定の質問です。ITPとTTPの治療の違い一次妄想と二次妄想についてエフェドリンについてちょっと古い教科書の購入について糖尿病は尿管結石の原因になるのか?眼圧測定について小さな無気肺で声音振盪はどうなるのか?高K、低K血症についてお勧めのビデオ講座についてゲスター [続きを読む]