おぢゃっこ倶楽部 さん プロフィール

  •  
おぢゃっこ倶楽部さん: おぢゃっこ日記帳
ハンドル名おぢゃっこ倶楽部 さん
ブログタイトルおぢゃっこ日記帳
ブログURLhttps://ameblo.jp/odyakko/
サイト紹介文変な介護福祉士がデイサービスを作った場合 他、死生観や人生観の備忘録
自由文上に言われるまま介護に従事してたら壊れますよね?
自分の介護を描くべく東日本大震災直後に脱サラ起業♪
完全独立にて通所介護「おぢゃっこ倶楽部http://odyakko.net/」を運営中〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2013/07/10 15:05

おぢゃっこ倶楽部 さんのブログ記事

  • 精神対話士
  • 在り方や生き方、その人の考え方ややり方を治すべき対象、正すべき対象としてケアするのが昔から僕は苦手で嫌いでした。 僕の中の誰かが囁くのです。 お前は治すだの正すだの「他人様」に言えるような奴なのか?何様のつもりだ? …と。 社会に合わせられず、自身や周囲を追い込んだり、傷付けたりして、確かにそのまま放っておくべきではない方は事実おられます。 しかし、「治療が必要」で、「指導が必要」で、「教え諭す必要」 [続きを読む]
  • PTUハンター序章
  • Hステーション及びlivelihood protectioセクション、並びにCMオフィスからの緊急要請を受診し、我々は直ちに現場に急行する。 現場は一般人が立ち入りを規制される瘴気渦巻く巣窟と言う事がすぐに予想が付く。 そう、我々は表向きは何の変哲もない民家回収型デイサービスに過ぎない。が、裏ではそうした現場を収拾する事を生業としている。それを知る僅かな人々はこう呼んでいる(かもしれない)「PTU(patch things up)ハンター [続きを読む]
  • インセンティブは良い言葉なんだろうか
  • はい。似非介護福祉士です。趣味は暴言です…あ、違ったような違わないような。 一般の方々には耳馴染みのないであろう社会保障審議会(介護給付費分科会)ってのが来週まで開かれてるんですけれども。 入ってくる情報的にあまり「♪」な話はないもんで決定してから酷hy…まとめてみようかとか思ってたんですけど、出てくる話題が結構「う〜ん…考えとしては分かるけど、それを導入したらどうなるかの想像力に乏しすぎないかな [続きを読む]
  • 忖度の亡国
  • いや〜、そう、さすが頭イイだけのことはあったわぁ… 改めて様々な改革案だの改正案だのをよく見ると、極めて一貫して一つのゴール目指して辿り着けるように提案され、粛々と成立していってるんです。 「介護保険制度を破綻させない」ためだけに忠実に。 まあ『制度は守られ、人は護れず』において、おぢゃっこ劇場で取り上げましたもう決まっちゃってる(が、「一部3割負担」以外まったく報道されることはなかった)重大な改定 [続きを読む]
  • 今年も秀逸ですよね
  • 『介護あるある川柳』今年も素晴らしい(…と、断言してしまうと後頭部にめがけて弓矢でも射られたりしそうですが)秀逸な作品が出そろいました。 詳しくはこちらをどうぞ。 介護の日『介護あるある川柳』最優秀賞を発表します(「NCCU」UAゼンセン日本介護クラフトユニオン) 著作権云々が書かれてあるのでどこまで引用していいのか分かりませんので直接書くのは控えますが、最優秀賞のおったまげーしょんママさんの作品なんて、 [続きを読む]
  • 思考力の狭窄
  • えー、たまには時事から離れないと暴げ…nが減らないので、強制的に日常の介護の方から僕の脳内散策をしたいと思います。 視野狭窄って言葉を聞いた事がありますでしょうか。視界の範囲が狭まってしまう視覚障害の一つですね。 同様に実は様々な「狭窄」が存在します。これらはなかなかどうして介護をするうえで厄介だったりします。 無論、プロの方々であれば十分に研修なり体験なりされているので分かっていて当z…欲しいとこ [続きを読む]
  • 保育所もかよっ⁉
  • 昨日もついついうっかり吐いちゃった訳ですけれども、暴言。 畑違いではございますが、ついでに一つ宜しいでしょうか。 介護に続き、保育所などの利益率について調べてみたら5〜9%で全産業平均(4.5%)を上回ることが判明したから、「公費抑制論」がまた出てるんですって? だーかーらー!利益率で見てどうすんのって話ですよ。人件費上げるって話じゃなかったの?だったら内部留保は大きく保ってないと給料なんて上げら [続きを読む]
  • 溺死事件から介護の現状をみる
  • またかよ、と、お思いの方も多いとは思いますが、また老人ホームで事件です。 敢えてリンクは張りませんけれども「老人ホーム 溺死 逮捕」とか検索すればすぐヒットしますし。 今後、詳しい事が出てくるとは思います。 言うまでもなく言語道断の行為であり、断じて許されるべきことではありません。 しかし、そこで「倫理教育だ」「指導だ」「研修だ」の方向性になることに懸念を示す上で個人的につづらせていただきますことを [続きを読む]
  • しばらくぶりに介護事業の現状とか
  • とりあえず、介護事業の現状はこんな感じです。 倒産件数は当然過去最悪ペース(をずーっと更新中)な訳ですけれども、それよりも増して素晴らしいのは比べようがないほどの負債総額の伸び。 統計が8月までなんですけど、とっくに去年は越えてる(笑)。それにしたって122億って。て○みくらぶを見た後だと大したことないように映るかもわかりませんけれども。 負債額が10億円を超える大型倒産が4件もあるって状況はちょっと僕の [続きを読む]
  • AIが加速させる確証バイアス
  • バイアスってのは「また明日」とは何の関係もありません。 え?あ、はい、およびでないですか。そうですか。 耳にはするけどどういう意味かまでは分かっていないという方のために「バイアス」を一言で説明しますと「パターン化した思考の偏向性」のことを言います。 私たちは様々なバイアスを持ってまして、ここから抜け出すのは容易ではないって話は…もう飽きたんでしません(笑)。 少なくとも「なんとなく」やってることはバイ [続きを読む]
  • 好きなことを仕事にするという事
  • 講師ネタばっかで失礼しますよ。だって書いとかないと自分のしゃべったこと忘れちゃうんですもの。おぢゃっこさんの忘却能力は「鶏ってすげぇな!」と思っちゃうレベルですからね。僕は二歩で忘れる。 学生さんから「好きなことを仕事にしたい」という質問というか相談というか独り言と言うか(笑)ありますが、僕はこう答えてますね。 「好きな事を仕事にするためには、好きでない仕事をその10倍くらいこなせなくては出来ないと思 [続きを読む]
  • 『変身』
  • カフカさんでも東野圭吾さんでもありませんけどね。 最近、やたらめったらあちこちで『講師』などと偉そうな肩書で漫才して歩いてるんですが、まー、聴く方々も結構な勢いで『講師なんだ』と騙…お聴きくださいます事に感謝致しております。 …(‐ω‐;) …僕のどの辺が講師なんだって話ですけれども。アゴのカタチだろうか。 それはさておき、自己肯定感を高めてほしい、自尊感情を高めてほしい、という話をいただいておりまし [続きを読む]
  • 本当の気持ちに耳を傾ける
  • 前回も触れましたが、自分の心に耳を傾けるという事はとても大切でしょう。自分の事は自分が一番知っている、分かっていると思いがちですが、それが相当なレベルで出来ている人で非凡でなかった方に会ったことがありません。セルフコントロールと一言で示せますが、それはつまり「自分の才能を引き出せる」事に直結するのでしょう。多くの場合、セルフイメージ(まー、思ってる自分)とソーシャルイメージ(いわゆる社会の側から見 [続きを読む]
  • 他人を許すために重要なただ一つの事
  • 優しく接するというただ一つの事がどうにも難しくなっているが故に、「介護は大変」という事態に陥ることは少なくありません。 それを困難にしているのは、突き詰めていくと原因は一つです。 「自分を許しているか否か」 これだけです。 正しい事をしよう、と努めることは悪い事ではありません。ただし、それが翻って良い事か、と言うと良し悪しを決めるのは必ず未来に存在します。 後悔先に立たずってヤツですね。 良かれと思っ [続きを読む]
  • 怒りと「ある症状」との類似性
  • 怒りに限ったことではありませんけれども。 本当の自分の捉え方で書いたように、「自分が自分だと感じている自分」と「周囲の人が感じる自分の様子」には大きな乖離があります。 ジョハリの窓のところでも書いた内容ではありますが、「自分」を覚知することの難しさと言ったら正確には実は不可能レベル(無理ゲー)なんです。 自分という「機体」から一生出ることはありませんし、しかもその振る舞いを24時間365日一生モニタリン [続きを読む]
  • 面倒がりな自分に打ち克つ方法
  • 自慢になりませんが、僕は恐ろしく面倒くさがり屋です(笑)。えー、従いましてお題にはご立派な事が書かれていますが、実はそんな方法知りません(笑)。 正しくは「面倒くさがりな自分を誑かす方法」です。 よく引き合いに出される夏休みの宿題は7割は惰性でどうにかできますが残り3割は前日にならないと手を付けたくない派です。 心理学的にも人間は基本的に「楽をしたい」し、「手を抜きたい」し、「先延ばししていたい」ものな [続きを読む]
  • 普通という少数派
  • あ。お久しぶりです。 床屋に行きました(笑)。髭やら髪やら身だしなみやらここんとこブログ以上に放置してたので。 床屋って「話をする派」と「話をしない派」に今の時代は結構分かれるんじゃないかと思いますが、僕は相変わらず「どっちつかず」です。 今日は前者でした。 でね、とっても気になったんです。もみあげの処理についての話題が。 僕はもみあげは耳の真ん中あたりで地上に対して水平にハサミでカットしてもらう派な [続きを読む]
  • 荒野を歩む
  • ここのところ、僕が何かを仕掛けるたびに思わず笑ってしまうほど同じ言葉が返ってきておりまして。 「前例がない」(笑)。 まぁ、そりゃそうなんでしょう。だって、僕は起業するにあたって「競争に打ち勝つ」 「チャンスを逃さない」 「多くの方に好かれる方法」 など、まったく習いませんでしたから(笑)。 何故なら、僕の師匠は『「ひとり会社」の起こし方・育て方』の著者である波多野卓司先生その人ですから(笑)。名著です(先 [続きを読む]
  • 本当の自分の捉え方
  • はい。おぢゃっこさん、生きてます。大丈夫です。 さて、前回は『怒の感情が生じるただ一つの原因』をアップしましたが、介護などで明らかになるのは、前々から申しております『そんなに自分は信頼がおける?』か、という問題をないがしろにしてきた、という事実です。 つまり、「自分が思っているような自分は存在しない」という問題ですね。 例えば、僕は職業柄「自分をメタ認知(まー、平たく言えば究極的な客観視とでも考え [続きを読む]
  • 怒の感情が生じるただ一つの原因
  • 幣所のある宮城県では驚きの湿っぽさと言いますか、33日連続の降水観測記録とやらで、このまま観測を続けますと1935年以来の記録になるとかなんとか。 その煽りを受けてか、身体がストライキを起こしましてどーにもなりませんです、ハイ。 それはさておき、アタマの方は自由なのでいろいろと考えてました。 今回はその中から、何度となく取り上げてきた「怒りの感情」の原因は何なのかを掘り下げたいと思います。 メディアもまた [続きを読む]
  • カミさまの憂鬱
  • 皆様は疑問に思われたことはないでしょうか。 トイレットペーパーのあのミシン目の間隔。 …と、思ったら、どうやら僕だけがそう感じている訳ではなかったようで、『トイレットペーパーのミシン目』でググると、出るわヒットするわ、「なぁんだ、書くの止めようかな」と思うほどでした。 それはそれとして、その皆様のご意見に一口便乗しようとここに書き込んでみたいと思います。お盆中の話題ではないかもしれませんが。カミさま [続きを読む]
  • 介護従事者確保策、あります♪
  • かき氷、あります♪ 冷やし中華、あります♪ 冷やしシャンプー、あります♪ …的感じで。 介護職員の不足感、さらに強まる 3年連続で悪化 7割超が「採用が困難」と回答(介護のニュースサイトJOINT官庁通信社) あらたまって書かれなくても分かっちゃいましたけども(-ω-) まー、実態を隠すよりは良い事ですし。 加藤新厚労相「効率化すべきところは当然ある。持続可能な社会保障を作っていく」(介護のニュースサイトJOINT官庁 [続きを読む]
  • 僕の年代はキレやすい
  • 警察庁の調べによると、2013年の暴行検挙者数は、なんと40〜49歳が最も多いという面白い記事を見かけたので。 "キレる大人"嫉妬・スマホ・睡眠の脳科学(PRESIDENTOnline) あー、わかるわかる、わかるなぁ…って、僕も40代だった!! 原因としては・睡眠不足による過剰反応・IT化によるセロトニンの低下・過剰ストレスによるオキシトシンの分泌の低下 などが挙げられていて 対策として・日光を浴びる・スキンシップを増やす・怒り [続きを読む]