ぶんぶ学院 さん プロフィール

  •  
ぶんぶ学院さん: ぶんぶ学院ブログ
ハンドル名ぶんぶ学院 さん
ブログタイトルぶんぶ学院ブログ
ブログURLhttp://tbacademy.blog.fc2.com/
サイト紹介文「思考力」を育てる当学習塾の子供たちや自分の子育ての中で、日々感じたことを書いていくブログ。
自由文現在「ぶんぶ学院」という塾を経営している私が日々の中で子供たちを見て感じたことや、自分の子育ての中で思ったこと。さらに「どんぐり式」についてのお話など、見ていただいたみなさんが笑顔になれることを祈って書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/07/11 16:51

ぶんぶ学院 さんのブログ記事

  • 子供の自然な成長と進化
  • 今年の春頃テレビの取材を受けた際 子供たちにこちらの問題を解いてもらいました。 <S4級-95>   ★★★今日は、鰐わにのアリゲタ君と蛇へびのスネーク君が弟を2人ずつ苺いちご狩がりに連れてきました。鰐は口が大きいので1口で蛇の4倍食べることが出来、それぞれの兄弟は同じ量ずつ食べることが出来るそうです。全員で120個食べたとするとアリゲタ君が食べたのは何個だったでしょうか。 動画をご覧になった [続きを読む]
  • 子育てで後悔しないために
  • 先日教室とは関係ない中1の保護者の方とお話ししていて、子育てとどんぐり理論の話題になりました。どんぐりの独特な子育て理論に興味を持ったその方は、今のお子さんの現状と照らし合わせて、「もっと早くどんぐりを知って、息子にやらせたかった…」と、かなり後悔されていました。これまでも小5~中3の親とこういう内容の話になったことは何度もあったのですが、その年代のお子さんがいる親には積極的に紹介することはしていませ [続きを読む]
  • 子育てと自然
  • 10月の秋晴れの日曜日に、地元のキャンプ場に行ってきました。連休の紅葉シーズンだったのでもしかしたら混んでるかな〜と思ったら案の定渋滞にハマりました。これがあるので今まで敬遠していたキャンプ場でしたが人気があるのもうなずけるほど、いい景色の中のキャンプ場でした。 このキャンプ場の端には川が流れておりテント張った後に、娘とその川で遊びました。深いところでは膝くらいまでの深さの川でしたがさすがにこの [続きを読む]
  • 思考停止の中学生にならないために
  • 以前中学生中心の塾をしていた時に子どもたちの学習に対する基本的な取り組み方をみていて常に気になっていたのが、「何も考えずにただ作業しているな…」ということです。もちろん勉強しているので頭は使っているのですが、創意工夫が一切ないのです。ただでさえ部活などで忙しいのに創意工夫のないやり方では、無駄に時間と労力とお金だけを浪費しテストが終わればすぐに忘れてしまうことが多いです。まぁお金は親が塾に払うから [続きを読む]
  • ホントの賢い子を育てたいなら
  • 私は自分の子供に「賢く」なってほしいと思っています。でも学校の勉強ができて、テストで満点取っていい高校に入っていい大学に入って立派な学歴を付けてほしいなど微塵にも思ったことはありません。なので、いきなり「どちらの大学を出てらっしゃるの〜?」と聞いてきたり我が子を高学歴にしようと必死になっている親を見ると、できれば関わりたくないな〜と思います。たぶんそういう方とは「幸せ」の価値観が全く違うので、話が [続きを読む]
  • 子供たちの思考と成長を邪魔するもの
  • しょうざんに入会して3か月ほどの小2の男の子お絵かき問題を解いて、私の所にもって来るたびに「どうせ間違っていると思うけど…」「よくわからないけどできたから…」などと、必ず一言添えながら解いた問題を持ってきます。結果としては8割ほどの正答率で、始めて間もない割には悪くありません。細かい内容としてはまだまだ修正の余地があるのですがいつも自己否定的な言動が気になる子です。別の最近流行りの言い方をすれば自己 [続きを読む]
  • 9歳までの学習で注意すべきこと
  • 小1の次女は学校で算数の1桁の引き算の勉強をしています。最初は描かれたイラストを見ながら「のこりは〜」を学習してその後で計算問題をやらされてます。具体的にはこんな感じ。 1. こびとが ( ) にん います。( ) にん かえりました。のこりは なんにんに なりましたか。描いてあるイラストをながめて、( )内に数字を入れて引き算の「のこりは」とは何かを理解します。この様な問題を様 [続きを読む]
  • 知ってほしい
  • 今年度に入ってゴールデンウイークが明けたくらいから小4の二人の男の子の様子がおかしいことに気が付きました。お絵かき問題が解けなくなり、「分からない」を口にすることが増えました。それぞれ全く性格の違う二人で小学校も別々です。共通するのはどちらも4年生ということ。一人はどんぐり歴2年ちょっとで、普段からやんちゃで元気な子。それでも丁寧で楽しい絵を描く子なのですが「考える」段階になると、描いた絵を使わずに [続きを読む]
  • 感じ、味わい、楽しむこと
  • 先日、恒例のしょうざん山歩きをしてきました。1か月前に下見で登った「飯綱山」ですが、今回は山頂にあった雪はすっかりなくなり天気が良く気温も涼しめで、絶好のコンディションでした♪去年に比べると大幅に標高が上がり(1,917m)、道中も岩場が多く、傾斜もキツイ本格的な登山なのですが多くの子供とその保護者が参加してくれました。初心者向けの山とは言え、大人でもかなりキツイ道中となりましたがそれぞれのペースで全員 [続きを読む]
  • ついに宿題マシーン稼働か!?
  • どんぐり理論で子育てをしていると、大きな問題(親の課題?)の一つに「学校の宿題」があります。最初はどの親も「宿題を子どもにさせない」ことに大きな抵抗があるようですが、親が実際にその宿題をやってみると、その無意味さと有害性がよくわかると思います。その後に「これやって賢くなると思いますか?」と尋ねると、ほとんどの親が「賢くはならないと思います。でも…」と答えます。ここでさらに深く調べて学んでください。 [続きを読む]
  • デンタくんのちから
  • この春から小1で数字を書く練習から始めている次女ですが実は年長さんのころからデンタくんの練習をたまにしていました。といっても月に1〜2回ほど指を使った数遊びをしていただけです。おままごとみたいな感じで、私が右手の人差し指を立てて「こんにちは!」から始まります。すると娘も自分の人差し指を立てて「こんにちは!」と返してくると指遊びのスタートです。それから私が「今日はお友達を2人連れてきたんだ」と言って左 [続きを読む]
  • 失敗はお宝
  • 先日私の教室が始まる5分前に、いつも元気に登場する小4の男の子がこの時はいつにも増して興奮気味に入ってきました。どうやら前日に見たテレビ番組で”ホワイトボードにマジックで描いた絵に水をかけると浮かび上がってくる”という実験を見たらしく、この教室にホワイトボードがあることを思い出したようで教室に入って来るや否や「ホワイトボードとマジックと水貸して!」と言って、さっそく実験開始!(笑)しかしいくらやって [続きを読む]
  • 危険なスポ少
  • このところ面談している家庭での問題として立て続けに「行き過ぎた運動系習い事」がありました。いわゆる「スポーツ少年団」というやつですが野球サッカードッジボールあたりが多いですね。土日は毎週練習か試合。小学生なのに、長期休みには県外まで遠征試合に行ってクタクタになって帰ってくるそうです。せっかくの休みにリフレッシュ&リラックス&リセットできずに休み明けの学校に行ったらどうなるでしょう。監督から怒声・罵 [続きを読む]
  • 本物を感じ味わえられるように
  • 数年前、教室の子供に「好きな食べ物は何?」と聞くと『カップラーメン!』と答えた子が数名いました。お察しかと思いますが、環境設定がほとんどできていない家庭の子でした。当時はこの答えに「はぁ!?」としか思えなかったのも環境設定の重要性を強く訴えてはいなかったという私自身の認識の甘さがあったと思います。もしかしたらこの子は本当に美味しいものを食べたことがないのかもしれませんがあのカップラーメンの油で揚げ [続きを読む]
  • 卒園式の練習
  • 先日、めずらしく次女(年長)が朝起きた時から機嫌が悪く「保育園に行きたくない」と言い出しました。いつもなら私よりも早く起きて、すぐに着替えて、保育園に行くまでの1時間半ほど、いろんなこと(お手伝い、お絵かき、工作、おもちゃのピアノなどなど)をして、本当に楽しそうに遊んでから元気に保育園に行く次女がこの日はいつまでもストーブの前でゴロゴロして、機嫌が悪かったのです。これは何かあってな〜と思って聞いて [続きを読む]
  • 3年でここまで成長
  • 小2からうちの教室に通っている子で、今は小5の男の子がいます。入ったころは親も様子見的な感じで、ゲームこそ持っていないものの、環境設定は完ぺきというワケでもなく週1問ペースでのんびりやっていました。とにかく最初はこんな感じで 使っているノートも普通のB5のノート(笑)私自身今ほど環境設定の重要性を強くは伝えていなかったし、強制もしていませんでした。ご両親は普通に共働きの公務員の家庭。忙しそうだな [続きを読む]
  • センス・オブ・ワンダー
  • 少し遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。本年も子供たちが健全に成長できるお手伝いができるよう頑張りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。さて、正月明けのいきなりの連休。娘を連れてスキー場に行ってきました。今年も暖冬の長野県は、どのスキー場も雪不足が深刻で一番近場のスキー場は、未だにオープンの目処が立っていません。お願いします雪の神様、スキー場だけでも雪を降らせてあげてくださ [続きを読む]
  • お手伝い
  • 本当に早いもので、もう2016年が終わろうとしています。今日は教室の大掃除で、嫁さんと次女(6歳)に手伝ってもらいました。各自掃除を分担してやるのですが、当然次女にも3つほど受け持ってもらいました。普段からお手伝いを楽しんでできるように気を付けているので今回も「じゃあ、コレお願いできるかな?」というと『うん、分かった!』と2つ返事で、ニコッと笑ってやってくれます。丁寧にやり方を説明しますが、ポイントだけ [続きを読む]
  • 子供の異常行動に気づくかどうか
  • 子供たちを見続けているとどうしても心の起伏、情緒の状態に目が行きます。日々、様々なストレスを受けている子たちは心が荒れ、それが言動となってわかりやすく現れます。特に親や先生といった、直接利害関係がある人の前以外では思いっきりそのストレスを発散しようと、頭と体が吠えまくります。無意識でひたすら大声で歌を歌う子イスに座っても常に体のどこかをずっと揺らしている子隣の子にしつこくちょっかいを出す子「死ね」 [続きを読む]
  • テスト勉強なんかする前に
  • 最近、中1の女の子のお母さんが、学校の懇談会での出来事を話してくれました。テスト数日後の懇談会で、多くのお母さんたちが「うちの子や、他の勉強が苦手な子に勉強(テスト勉強)のやり方を教えてください。できればトップの子の勉強法などを公開して、みんなで共有できるようにしてください!」と言ったそうです。勉強が苦手な子のお母さんたちの気持ちはわかりますが、たぶんできる子のやり方を真似しても、ほとんど満足いく [続きを読む]
  • 実りの秋
  • 週明けのしょうざん教室教室にやってくる子供たちの顔つきがいつになく良いというか雰囲気(情緒)が落ち着いているのを感じる。ざわざわしていない…いつもはどの子も最初の10分から15分は、心がざわざわして簡単には個々の思考の世界に入っていかない。時にはずっと集中できずにキョロキョロそわそわすることもある。でも今日は10分経たずに教室内が静まりかえってみな真剣に楽しんでいる様子がうかがえる。そして出来上がった絵 [続きを読む]
  • 勉強は楽しいもの
  • みなさんのお子さんは勉強を楽しんでいますか?小2くらいまでは楽しんでやっていたけど高学年になってからはイヤイヤ取り組んでいるように見える。宿題のことで親子げんかになる。なんていう方はかなり多いのではないでしょうか?私は本来、勉強は楽しくやるものだと思っています。もっと言えば、大人になってやる仕事でも、楽しんでやるべきだと思います。キレイごとに聞こえますか?理想論だと思いますか?私はそんなことはない [続きを読む]
  • あいさつを強制する前に
  • いろんな親子を見続けて、特に最近思うことがあります。それは”あいさつ”です。人間同士が関わって生きていく上でとても大切なことの一つだと思います。特に大人の世界ではこれができていないとコミュニケーションが円滑に進まないでしょう。おそらく保護者の方はそこらへんの重要性を十分理解されているだけに我が子にはしっかりと挨拶を身に着けてほしいと日々しつけをされているのではないでしょうか。もちろん学校でも”あい [続きを読む]
  • 親のゆとり
  • このところどんぐり学習が上手くいかない家庭を見ていて特に感じることがあります。それは「親に余裕がない」ということ。これにより子供の情緒が安定していないことが子供の笑顔を消し去りどうしても思考力養成の邪魔をするのです。家のローンをかかえ、幼い子を保育園や児童センターに預けて夫婦共に朝から働きづめ。家の中のことや子供のことだけでもお母さんは手一杯なのに仕事をかかえ、さらには親の介護までもしていたら精神 [続きを読む]
  • 残念な夏休みだったけど・・・
  • 毎年のことですが、お盆が過ぎてしまえば長野県内の小・中・高校は夏休みが終わります。そうすると何となく夏も終わりのような気分になり、毎年のことながら寂しい気分に浸るのですが、今年はそれがなお一層強く感じました。今年の我が家は自然体験を増やそうと思い、月1くらいでキャンプに出かけています。そして何と!今年のお盆は他のどんぐり教室の先生と合同でキャンプをする予定をしており、たぶん私が一番張り切っていたし [続きを読む]