ひでにい さん プロフィール

  •  
ひでにいさん: あのひのぼく
ハンドル名ひでにい さん
ブログタイトルあのひのぼく
ブログURLhttp://anohinoboku.blog.fc2.com/
サイト紹介文いろいろな写真を少しづつ掲載。絵画や音楽、バイクの話題なども。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/07/11 22:48

ひでにい さんのブログ記事

  • half of me 平井堅ってすごいねえ
  • あの日の君も、「じゃあね」と言って、自転車で、11月の電信柱の明かりが続く道路を帰っていった。君がいない世界が来るとは思っていなかったよ。今でも、僕が世界の何を見ても、君は見ることがないと思うと、せつないよ。僕が見ているものは、君もいつかは見ることができると人は思うことで、安心するのかな。今日も、ふと見た世界の片隅、君がいないことに心が苦しいよ。この平井堅のhalf of meは、even ifのアンサーソングらし [続きを読む]
  • 「ひとり」の習慣が幸せを呼ぶ
  • あまり、コンビニで雑誌を買ったことはないのですが、なぜか、気になってしまい購入。特に、気になったのは、この言葉。グレングールドの言葉が載っていた。これは、買うでしょ。なんか、最近、社会や学会、他の人間とは、自分が合っているような気がするけれども、会社では合わないような気がするんだよね。用は、人に従っているだけで、自分の考えがない人間、ひとりではない人間は、必ず、ダメになるということ。これは、自分を [続きを読む]
  • Rick SpringfieldとSuzi Quatro,Joan Jett
  • 最近、よく聴いています。最近のリックの方が、カッコイイですね。スージークアトロは、ボウイとデュエットしたので、びっくりしたのを覚えています。それで、ボウイが好きになったような気がします。ボウイと言っても、氷室京介ボーカルのボウイですよ。当時は、洋楽を主に聴いていたので、ボウイが邦楽を聴くきっかけになったのは確かですね。ついでに、見つけてしまった、かっこいい、お姉さま(笑)Joan Jett も、聴いてて、見て [続きを読む]
  • 70年代のボウイの集大成ライブCD
  • WELCOME TO THE BLACKOUTツアーのイギリスライブのCD。こういったものって、ブートでしかないと思っていたけど、あるのね。演奏順通りか、分からないけれど、すごく、私が納得の曲順です。これなら、ファンでも納得じゃないの。プロデュースがデビッドボウイで、トニーヴィスコンティやカルロスアロマー、エイドリアンブリュー、ロジャーパウエルなどが参加。演奏も申し分ない。まさか、80年代のあんなことになるとは・・・ [続きを読む]
  • In a Sentimental Mood
  • この時期になると、毎年、聴きたくなる曲。毎年、聴くたびに深くなる感じ。毎年、聴くたびに聴いている所が違う感じ。今年は、メロディアスなメロディの前のタメのところかな。魂が。愛ですよね。 [続きを読む]
  • 手塚治虫記念館に行ってきました 館内散策編
  • 館内散策と言っても、このカプセルがメインなんですけれどね(笑)中には、手塚先生の資料が年代順に入っています。特に、写生のノートには、びっくり。これ、写真じゃないんですよ。先生が描いているんです。しかも、10代の時に。他にも、アトムの人形が入っていたり、先生の手書きのイラストなど、貴重な資料がいっぱいです。これを見ているだけで、かるく一時間くらい、かかる。私が、アトムを見て、衝撃を受けた回は、「地上最大 [続きを読む]
  • 手塚治虫記念館に行ってきました。入り口編
  • やっと、入り口です(笑)これは、記念館に入ったところですね。絵を描いた後に入り直したところです(笑)マクロスのキャラクターも手塚風になっています。私は、リボンの騎士がお気に入りですけどね。これは、マクロスフロンティアに出てくる主人公機VF-25だと思います。横にいるのは、手塚風のヒロイン、ランカリー・・・だと思う。でも、アトムと並んだら、存在感としては、変わらないような・・・恐るべしアトム。横には、ステン [続きを読む]
  • Black tie white noise
  • 最近は、仕事を辞めた過ぎて、頭がおかしくなりそうな感じです。とりあえず、原点に戻ろうと思い、10代の時に聴いていた音楽を聴いています。特に、この憂鬱を抑えるには、当時、聴いていた音楽や映画などを見る方が良いだろうと思っています。あと、私が、今、43歳だから、アーティストが43歳くらいの時に作った音楽や映画、絵画などを見るのがいいかなと思っています。このBlack tie white noiseは、アルバムが93年の発売ですか [続きを読む]
  • さよなら現行プラネタリウム
  • 先週のことですけれど、倉敷科学センターの現行プラネタリウムが任務終了しました。名前は、GSS-HELIOS!これも、ひでにいさん、終わるから見に来てよって誘われました(笑)ちょっと、ボケていますけれど(〃´∪`〃)ゞ当日の最終のプラネタリウムチケットをゲット。最後なので、プラネタリウム内の客席番号プレートを頂きました!これは、貴重ですよ。だって、座席のプレートですよ。C-12を持っているのは、世界で私だけですよ!こ [続きを読む]
  • お月見コンサートの結婚式
  • 今日は、瀬戸内市の公民館で行われた結婚式に参加をしてきました。いや〜、あやかりたい?無理(笑)岡山アストロクラブの人が「結婚式をするから、ひでにいさんも来てよ」っていうから行ってみたら、単なる、ボランティア扱いだった(笑)お月見コンサートを行うので、サプライズイベントで結婚式をおこなったみたい。まあ、イベントなので、本格的なものではありませんが、新婦は、ウエディングドレスを着たことがないので、着せてや [続きを読む]
  • 手塚治虫記念館に行ってきました アトム製造工場?編
  • 地下には、アトム製造工場があります。いろいろ触って調べていると、私を呼ぶ声が。ちょっと、絵を描いていきません?ってスタッフの人に言われた。ので、絵を描いてみました。これは、二枚の絵をコンピュータで取り込んで、動画にできるようです。やっぱり、描くのはアトム。色鉛筆などは、借りることができます。腕が下がっている絵も、重ねて描きました。それを、スタッフの人に渡すと、画面上で、腕が上がったり、下がったり動 [続きを読む]
  • 手塚治虫記念館に行ってきました 到着編
  • 兵庫県宝塚市にある手塚治虫記念館に行ってきました。ちかくに割引のある駐車場があるので、調べていった方がいいかも。今回は、ちょっと、〜編が続くかも。飽きずに、お付き合いください(笑)けっこう、綺麗な建物です。あまり、考えずに行きましたけれど、意外にいい。お盆の連休中に行きました。車も空いていました。楽々。目的は、これ「MACROSS:ART」展。ポスターは、マクロスフロンティアに出てくるヒロイン達なのですが、私 [続きを読む]
  • ディズニーとSTU48
  • 8月も終わりそうなので、急いでアップ(笑)8月上旬、うらじゃ祭りが岡山でありました。その日にディズニーパレードがあったので見てきました。で、この写真見て。人が多い(゚Д゚;)もうね、びっくりですよ。岡山駅前で、こんなに人が多いのを見たの初めて。ここは、渋谷か!って、誰か、言ってた。えっ、渋谷ってこんなの、毎日?まあ、それはいいとして、とりあえず、鑑賞です。えっ?うらじゃ?いや・・・見てないですけれど(笑)ま [続きを読む]
  • 児島の学生服展
  • ちょっと、用事があったので、倉敷市立美術館に行ってきました。すると、児島の学生服の展覧会が。見るのは、無料です。会場をぶらっと、見ていると・・・ん?なんか、懐かしい学生服が・・・・しかも真ん中に!いや〜、なつかしい!短ランにボンタン!しかも、インナーが赤!私は紫や青でしたけれど(笑)でも、白のベルトは、ちょっと恥ずかしかった。だから、黒か、紐みたいなものとか、鎖とか(笑)今、見てもイケていない?ナウい [続きを読む]
  • 総社ドック
  • 友人がチャリティコンサートに行きたいというので、再び、手ぬぐいを購入。場所は、サンロード吉備路。総社ドックというものがあるそうなので、食べてみました。チリソースがこの時期は、合いますねえ。サンロード吉備路は、風呂や宿泊施設もあるので、ゆったりできますねえ。 [続きを読む]
  • あだち充本
  • やっぱり、世代としては買うよね〜。あだち充本。でも、意外に、私の場合、ナインから、あだちワールドに入りました。こっちのほうが、ストレートな恋の物語のような気がするんですよねえ。この曲に影響を受けたのは間違いない。芹澤廣明Verの方が私は、切ないですね。 [続きを読む]
  • シティハンターの映画は見に行くよね。
  • 来年の2月8日。必ず見に行くよね〜。たぶん、内容的には、どうか分からないけれど。リアルな44歳の一体感は、映画館で感じられると思うから(笑)どうも、落ち着かないのは、一体感を周りで感じられないからだと思うのよね。もう、ムビチケ買ったし。特典も、付いていたし(笑)で、北斗の拳が35周年でしょ。ジョジョの展覧会があるでしょ。ガンダムNTも、もう少しでしょ。私たちの時代だよねえ。ずっと。 [続きを読む]
  • しょうがねえなあ。
  • 友人のさみしいお知らせに動揺してるひでにいです。前を向いて生きるしかないんだ。止まれないこの世界で、胸を張って生きるしかないんだ。望みがあるならイチブトゼンブも聴いてみてね? [続きを読む]