ポカリ さん プロフィール

  •  
ポカリさん: 慶輪9×8×7 ポカリブログ
ハンドル名ポカリ さん
ブログタイトル慶輪9×8×7 ポカリブログ
ブログURLhttp://pocari987.blog.jp/
サイト紹介文前橋G1第2R 7−59・5−34
自由文日本全国どこかで毎日のように開催されてる競輪 狙えるレースは必ずあります。 そんなレースを厳選し、競輪戦術のスキルアップを目標に闘う競輪ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1144回 / 365日(平均21.9回/週) - 参加 2013/07/12 19:42

ポカリ さんのブログ記事

  • ミドルスピード
  • 熊本G3 火の国杯争奪戦(三日目) 第12R(S級準決勝) 初手?S③59・①78・②46 七番手確定も逃げているのが。。。 にほんブログ村 上記初手想定から三分線の様相は②松谷 秀幸のポジショニッグを活かして、主導権を取る小松崎 大地ラインの最終ホーム?①78−−②46−−③59 この局面で大本線はイメージ通りの七番手。そこで構えてしまえば、自分だけ届く、貯めての捲り追い込みが過去の傾向だが、逃げている [続きを読む]
  • 頑固もので反骨的な 。。。
  • 熊本G3 火の国杯争奪戦(三日目) 第11R(S級準決勝) 初手?S⑤38・④⑦1・⑨26 頑固もので反骨的な 。。。 にほんブログ村 前を任された④松川 高大が⑦中川 誠一郎と決めたろうと思うなら、これは流石に厳しい。彼が犠打を打てるか打てないか。。。 何も先行するだけが犠打ではない。昨日のような北津留 翼が魅せたポジショニッグ(結果的にそうなったのかも。。。)でも、十分に貢献できる [続きを読む]
  • 行くなと言っても。。。
  • 第10R(S級準決勝) 初手?S②96・⑤71・④③8 行くなと言っても。。。 にほんブログ村 上記初手想定から三分線の様相は、行くなと制止しても行ってまう山岸 佳大の主導権から番手武田 豊樹の番手発進が概ねの構図。 だが、その局面で武田 豊樹キラーの異名を取る ②古性 優作が、またも武田を葬るシーンは想定内に。。。 そして盲点は、駆けても番手発進のない北津留 翼が構えての一発だが、、、 [続きを読む]
  • 地元コンビで売れてるが狙いは此処だ!
  • 川崎F1 川崎フロンターレ杯・東スポ杯(初日) 第10R(S級予選) 初手?S⑦51・⑥29・④・⑧3 地元コンビで売れてるが狙いは此処だ! にほんブログ村 機動型の比較でも⑦堀内 俊介のスピードが群を抜く。それだけに警戒されての初手から打鐘、そして最終ホームは七番手に置かれる?⑧3−−④−−−⑥29−−⑦51 この局面で⑦が構えてしまうと、次の仕掛け所は、川崎バンクの特性を活かしたバックから仕掛 [続きを読む]
  • 気楽なもんだぜ
  • 熊本G3 火の国杯争奪戦(二日目) 第12R(S級優秀) 初手?S⑤①9・⑦②8・④③6 気楽なもんだぜ にほんブログ村 九州の作戦はミエミエの二段ロケット。地元に託された北津留 翼は平常心では戦えず。。。また参謀役が中川 誠一郎では安心とはいかない、だからと言って三番手6新井 秀明が舵取りかと言われても自分の事で精一杯だ。そして関東茨城師弟コンビは、今や⑦吉澤 純平くんのが師匠を完全に上回る脚力で、好 [続きを読む]
  • 意外にも器用な。。。
  • 熊本G3 火の国杯争奪戦(二日目) 第11R(S級二次予選) 初手?S⑨25・④16・⑦38 意外にも器用な。。。 にほんブログ村 上記初手想定から三分戦の様相は、オールマイティ男・古性 優作の独壇場に思えるが、地脚だけでなく意外にも器用な⑦山岸 佳太が⑨25を押さえての先行態勢、ここで⑨古性 優作を中団4番手に置き油断を誘い、④16ラインを出す?④16−−⑦38−−−⑨25の最終バック [続きを読む]
  • 破綻のナショナルチーム
  • 熊本G3 火の国杯争奪戦(初日)第12R(S級特選) 初手?S⑨①6・⑦②5・⑧④3 破綻のナショナルチーム にほんブログ村 激戦特選三個レースの中でも、このレースだけは大本線の中川 誠一郎・深谷 知広で決めて、ファンの皆さん気持ち良くお帰りくださいの意向が番組構成から伝わってくる。 然しながら作戦参謀がいない。三番手5オグリュウは、どちらかと言うなら余計な発言はしない、お任せタイプ故に前のナシ [続きを読む]
  • 推進力対決
  • 玉野F1デイリースポーツ杯&本田晴美杯(最終日) 第11R(S級決勝) 初手?S⑦3・①9・④②・⑤⑥8 推進力対決 にほんブログ村イメージ通り⑦佐藤 友和の前受から唯一3車の⑤68が斬って近畿④2が発進の?④−−②−−⑤68−−①9−−⑦3 または近畿の三番手は①松浦 悠士が譲らない?④−②−①9−−⑤68−−⑦3 以上の展開より。。。 [続きを読む]
  • オフザバンク
  • 千葉G3 第10回滝澤正光杯(最終日) 第12R(S級決勝) 初手?S⑦④25・①・⑥・⑨3・⑧ オフザバンク にほんブログ村千葉500バンクで最後となる記念。あの瀧澤先生が血の滲むような稽古するバンクに初めて訪れた時の「風・匂い・音」 そしてヒリつくような激闘が繰り広げられた感慨深さが今も蘇る。 その存続を巡って長く論争が続いてきたが、ようやく終止符が打たれ方向性が決まった。しかし課題は山積みにされ [続きを読む]
  • 叩かれた後。。。
  • 千葉G3 第10回滝澤正光杯(三日目) 第12R(S級準決勝)) 初手?S⑤①3・⑥・⑨4・⑧⑦2 叩かれた後。。。 にほんブログ村 近畿も南関も二段ロケット布陣で万全を期すが、果たして心底肚を括れるのはどちらのラインなのか、、、 昨日のレースを振り返っても近況村上 義弘の前を回る機動型は以前ほど、あからさまな犠打先行はしてこない。これは村上本人の脚の衰えにも影響してのことではないか、、、例え主導権を取 [続きを読む]
  • “競輪”ではなく“KEIRIN”
  • 千葉G3 第10回滝澤正光杯(三日目) 第11R(S級準決勝)) 初手?S⑦1・6・⑤39・②4・⑧ “競輪”ではなく“KEIRIN” にほんブログ村 長島 大介の初日特選の走りを見ていて、感じたのは、彼の走りは“競輪”ではなく“KEIRIN” 最終バックで前が詰まっているのを感じる神様は被るのを嫌って外からくる車を捌いて、長島の仕掛けを促すが、一向にアクションを起こそうとしない長島に痺れを切らした神様は [続きを読む]
  • 南関東地区プロ大会
  • 千葉G3 第10回滝澤正光杯(二日目) 第12R(S級優秀) 初手?S②8・④・①⑨7・⑤⑥3 南関東地区プロ大会 地元勢6人に神奈川2人と、まるで南関東地区プロ大会の様相を呈した千葉記念二日目の冠レースは、当然に南関の談合レース まずは⑤63が先に動いてのポジショニングを①⑨7が叩いて千葉6車がすんなりと連携の?①⑨7−−⑤⑥3−−②8−−④ この態勢より①山中 秀将がペースを上げな [続きを読む]
  • 談合レース
  • 千葉G3 第10回滝澤正光杯(二日目)第12R(S級優秀) 初手?S②8・④・①⑨7・⑤⑥3 南関東地区プロ大会 にほんブログ村 地元勢6人に神奈川2人と、まるで南関東地区プロ大会の様相を呈した千葉記念二日目の冠レースは、当然に南関の談合レース。まずは⑤63が先に動いてのポジショニングを①⑨7が叩いて千葉6車がすんなりと連携の?①⑨7−−⑤⑥3−−②8−−④ この態勢より①山中 秀将がペースを上げな [続きを読む]
  • “志願"
  • 千葉G3 第10回滝澤正光杯(二日目)第11R(S級二次予選) 初手?S②7・④①9・③8・⑥5 “志願"にほんブログ村これまでにも①村上 義弘を引き出してきた漢・水谷 好宏が久々の連携で使命感に燃えている。 当初は村上本人が前で遣るつもりも④水谷から直々に志願があっての前回りとあっては、失敗は許されず。。。 然しながら、こんな番組で臆することなく積極的に動いてくる。。。 [続きを読む]
  • 〇〇対決
  • 千葉G3 第10回滝澤正光杯(初日) 第11R(S級特選) 初手?S⑥1・⑨3・②85・⑨3・⑦4 〇〇対決 にほんブログ村 上記初手想定から細切れ戦の様相は、竹内 雄作の実質的先行1車であり、誰もが無理をしてまで叩きには行きたくなく、まずは⑨井上 昌己も②山中 秀将もポジショニングから。。。 そして竹内 雄作の番手は前よりも横の三谷 将太で置石的存在であることも竹内 雄作にとって有利に働きそうだ。 そんな [続きを読む]
  • 主役は俺だ!
  • 千葉G3 第10回滝澤正光杯(初日) 第10R(S級特選) 初手?S②8・⑨⑥・①75・③4 主役は俺だ! 主役級が揃ったが、やはり今回だけは千葉勢が主演を張ってこそ。その夢先案内人となるのが賞金ランキングでGPを目指す①郡司 浩平くんと、この辺りのしがらみが人間模様が絡み合う競輪競技に大きく左右してくるのではないか(本人は意識してはいないと言ってるが正直それはない)。。。 そんな、しがらみ混じる南関 [続きを読む]
  • 豪脚対決
  • 別府F1 第10回ヤクルト杯(最終日) 第11R(S級決勝) 初手?S①4・②6・③578・9 にほんブログ村 上記初手想定から細切れ戦の様相で、やはり格上は、昨日完全に飛んでるパターンを二の脚三の脚でクリアーしてしまった豪脚③吉澤純平くん。 彼が早めに上がって②高橋 和也の横でストップで蓋、その局面からジャン発進で①北津留 翼を抑えてペースダウン、その局面を透かさず巻き返す②6、吉澤は無理せず②6 [続きを読む]
  • 「何かする」
  • 別府F1 第10回ヤクルト杯(最終日) 第7R(S級一般) 初手?S①79・28・④・③56 「何かする」 にほんブログ村上記初手想定から細切れ戦の様相も概ねは前受①藤木 裕と本格先行型③片折 亮太の二分戦。 その展開は、先行封印した①藤木が前で受け、突っ張りフェイクの飛びつきで③の番手5小沼 良との番手戦、その局面でガッツマーカー2松尾 透が追い上げ③片折の箱は大渋滞。そこで、あっと驚かす。。。 [続きを読む]
  • 簡単にはいかない
  • 小松島F1 第2回サテライト徳島カップ(二日目) 第11R(S級準決勝) 初手?S①95・②76・③④8 簡単にはいかない 同県同世代の大スター渡辺 一成・新田 祐大の活躍で多いに刺激を受けている①飯野 祐太がモチベーションアップで大人気に応えてこそだが、ポジショニングの②藤田 勝也に斬られて③山下 一樹発進の最終バック?③④8−−②76−−①95 こうなっては、流石の飯野 祐太もそう簡単にはいかない。。。 [続きを読む]
  • ノーマーク
  • 小松島F1 第2回サテライト徳島カップ(二日目) 第10R(S級準決勝) 初手?S①9・5・6・④・⑦(28)・3 ノーマークにほんブログ村 昨日先行して3着に逃げ粘った⑦ナイスガイの箱が初手から競りの様相となり仕掛け辛くなった⑦は、①佐伯 辰哉にSを決められると一旦押さえるも後ろが気になってペースは緩む。その局面を①9でカマス?①9−5−−⑦(28)3−6−−④ この態勢より再度車が出れば⑦ナイスガイ [続きを読む]
  • あえて存在感を消す。。。
  • 別府F1 第10回ヤクルト杯(初日) 第8R(S級予選) 初手?S③96・15・8・⑦24 あえて存在感を消す。。。 にほんブログ村上記初手想定から細切れ戦の様相は、概ね③相川 永伍と⑦島川 将貴の二分戦。 そこで、どうしても両者の戦いに目が行くところをあえて存在感を消していた... [続きを読む]
  • ナイスガイに乗って。。。
  • 小松島F1 第2回サテライト徳島カップ(初日) 第11R(S級特選) 初手?S②1・⑥49・③(78)5 ナイスガイに乗って。。。 上記初手想定からの三分線は初手の位置取りにより展開が大きく左右。そこで2車ラインの前受から③飯野が上昇するが後ろが競りのため、仕掛け辛く、その緩んだ局面を中部が叩いて先行態勢。 しかしながら、ここで行かないのがスプリンター⑥森川 大輔、その上をさらに叩いて2車で快調に逃 [続きを読む]
  • ワンチャンス
  • 前橋G1 寛仁親王牌・世界選手権記念(最終日) 第10R(S級特選) 初手?S②4・⑦15・⑨3・⑥8 ワンチャンス にほんブログ村上記初手想定から枠負け⑥黒田 淳が早めに上がってのポジショニング、それを⑨根田 空史が当面の敵となる⑦稲垣 裕之に蓋を掛けながら発進を決める?⑨3−⑥8−−②4−−⑦15 この局面より後方に置かれた稲垣 裕之が透かさず村上 義弘を連れて叩きに。。。 [続きを読む]