roko さん プロフィール

  •  
rokoさん: みちこのスケッチノート
ハンドル名roko さん
ブログタイトルみちこのスケッチノート
ブログURLhttp://rokochan1101.blog.fc2.com
サイト紹介文旅先でスケッチしたり、好きな音楽を聴きながら、お花や果物を描くのが何より楽しく幸せな時間です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供237回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2013/07/14 13:24

roko さんのブログ記事

  • フランス人着衣〜ラクルールに参加♪
  • ウォーターフォードF8着衣のモデルさんは初めて〜♪可愛いフランス人のモデルさんです。いつものお気に入りの席が詰まっていたので、しかたなく真正面に座った。白内障の手術の後、視力が安定しないので眼鏡も作れず、モデルさんの顔がまだはっきりしない。適当に描いた顔、可愛かったモデルさんなのに残念ながらきつい感じになった。高い鼻も真正面からだと難しい。ソファに座る全体像を見上げる感じで描いた(絵は見上げていない!)一枚 [続きを読む]
  • ランプのある窓辺〜ファブリアーノ2019に参加
  • アルッシュF10変形FBでスペイン在住の星野敬子さんから声をかけていただき、イタリアのファブリアーノで開催の水彩展に参加。私にしては、少し大きいサイズだったので、迷うことなく、昨年の夏に旅行したイギリス・コッツウォルズの小さなホテルの一角にあったこのランプのある風景を描いた。薄暗い棚に並んだ静かな骨とう品と窓の向こうに見える明るい朝の景色の対比がおもしろかった。結果的にカタログ掲載だけだったので、6号 [続きを読む]
  • あべとしゆき大阪講座12月課題〜絶賛される!!
  • 横長です。 して見てください!ウォーターフォードF4枯木が流れ着き、紅葉した葉っぱが絡みつく感じを絵にしています。水面に浮かんだ葉っぱと沈んだ葉っぱ、マスキングを2回に分けて描く。枯木の浮かんだ部分と水に浸かった部分の描き分け〜水の深浅などテーマは奥深い。少し静物っぽくて好きな課題だった。特に問題もなく非常によいと先生から褒められた。今回も時間をかけないでサラッと描かれていますねと言われた。その辺りは [続きを読む]
  • サンキライとディキャンターを描く♪
  • アルッシュF6 三原色年賀状用に描いた山帰来を机の前に飾っていたが、ふと気が付くと白いデイキャンターの中にどさっと落ちていた。そのさまが、とても素敵に見えたので、そんまま絵にしてみた!みちこのスケッチノートを訪問くださってありがとうございます。にほんブログ村をポチッとしていただけると嬉しいです!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 北山の辺の道歩き〜お気に入りの風景を描く♪
  • ハガキサイズにボールペン描き参考までに北・山の辺の道MAPを添付です。1/10気温は低いが、まずまずのお天気なので友人と北・山の辺の道を歩く。今回はJR帯解駅〜JR天理駅までの予定だったが、乗っていた電車のドアが開かず(後ろの車両しか開かない!)降りられなかったので、逆のコース天理〜帯解コースになった。今までこの道は3回歩いたが、2回道に迷ってしまい途中のいちのもと駅までしか行けなかったり、山火事に出会い歩 [続きを読む]
  • 小野田行男個展案内〜世界一周の旅に出てみよう♪
  • 今年11月末にギャラリー香で2人展をする相棒小野田さんの初個展の案内です。94PB紀行展1/22(火)〜27(日)11〜18時(最終日17時まで)茶臼山画廊(天王寺)FB友だち小野田さんが一昨年スケッチ展に来てくださったとき、赤坂孝史さんのスケッチツアーに参加したいとおっしゃったことから、2人展をすることになりました。私もいつか個展を開催したいと思いますが、なかなか思い切れなくて、少しタイプの違う、だけどいいなと思え [続きを読む]
  • 母と娘(HANA&AI)
  • アルッシュF8変形息子家族が帰省していたので、孫の写真をいっぱい撮っていたが、母に抱かれる孫娘の様子がとてもいい雰囲気だったので、そちらも何枚か撮った。お嫁さんはなかなかの美人で絵に描きたくなる顔だ。1週間帰省していたときは、食事作りと孫の相手(坊主めくりにカルタ遊び、絵本読み、ままごと)などなど遊びは尽きない。結構ヘロヘロになったが、帰ってしまうと愛おしく思う。あれこれ思い出しながら絵を描いた。お [続きを読む]
  • 飛鳥ぶどう〜マレーシア国際水彩ビエンナーレに出品しました
  • アルッシュF10の変形です。三原色ではありません。青江先生の薦めで第1回マレーシア国際水彩ビエンナーレ2018に出品した。同時に青江先生も出品し、先生は「Elite Award」賞を受賞された。私たち画塾生は、画像審査で落とされなかっただけよしとしよう。i-phoneで撮った画像しかなく、原画と少し違うように思うが、作品がマレーシアにあるので撮り直しできません。とりあえずUPです。ちなみにこの飛鳥ぶどうは、第1回青江画塾展でモノ [続きを読む]
  • 山帰来を描く〜実りある一年でありますように〜
  • アルッシュF6三原色あけましておめでとうございます2019年実りあるいい年でありますように想いを込めて大好きな山帰来(サンキライ)を描きました。年末から忙しくしています。まだしばらく忙しいですが、とりあえずお正月らしい赤い実をUPです。2019年は、下記の作品展を予定しています。3/15〜20 ナルミヤ画廊 大阪水彩くらぶ作品展6/26〜7/1 品川区民ギャラリー 日台交流展10/2〜6  奈良文化会館 青江水彩画塾展 [続きを読む]
  • バラをwet in wetで描く〜2018年の締めくくり
  • アルッシュF3くらい 2018年もみちこのスケッチノートを訪問くださってありがとうございます。2018年最後の投稿は、三原色青江画塾の課題「すべてwet in wetで描くバラ」です。2019年の青江画塾展の課題にもなっています。最後の画塾で描いたバラの花をUPです。全てwetで描くのはどうしてなのかと意味不明だったが、描いているうちにその先にあるものが見えてきたように思います。今年もよく描きました。健康でまた家族の [続きを読む]
  • お家へかえろう〜♪
  • ウォーターフォード中目F6夕景のコスモス失敗かなと思っていたら、妹がこれいいわあ〜と言うので、気になっていた茎のマスキングの部分に加筆して作品とすることにした。妹はなかなかシビアな目で見てくれるのでそれを信じることにしよう!タイトルは「お家へかえろう」とする。写真も前回はi-phoneで撮ったものだったが、原画より暗い感じがしたので、今回はデジカメにした。今回は少し明るめになった。どちらも一長一短だな。とりあえず [続きを読む]
  • 淀川スケッチ2枚〜♪
  • 横長です!できれば して見てください!不明な古い水彩紙F4FB友だちKさんからお誘いを受け、淀川スケッチ&忘年会をした。淀川でスケッチは、橋桁などかなり不慣れなことで描けるかなあと思ったけれど、実際に現場へ行くとそれなりに描きたくなるものだ。上手くは描けないがダーマトと絵墨を使って楽しみながら描けたのが何よりよかった。その後の忘年会も美味しく楽しいひとときだった。Kさん他みなさんに感謝です(*^^)vみ [続きを読む]
  • 裸婦デッサンは楽しい〜ラクルールに参加♪
  • ウォーターフォードF8前回は白内障がピークで全く見えないままの裸婦デッサンだったが、白内障の手術をし、見え方もかなり良くなった。もう少し視力が落ち着いたら、眼鏡を作ろうと思う。陰の部分はできるだけwet in wetを心がけてみた。人物はなぜか三原色で描くのが好きだ(*^^)vみちこのスケッチノートを訪問くださってありがとうございます。にほんブログ村をポチッとしていただけると嬉しいです!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夕景の秋桜〜何度か描き直して終了です!
  • ウォーターフォードF6何度も描き直しているうちに、少しマスキングに慣れてきました。山の辺の道歩きで出会った夕景のコスモスです。写真とはかなり違っています。イメージでコスモスも景色も変えました。まだまだ気に入らない所があるが、どうしたらいいのかわからないのでこれにて終了です。ところで、1回目の夕景の秋桜をあべさんに見ていただいたとき「マスキング少し慣れてきました」とお伝えしたら、あべさんは「私は少しずつマスキ [続きを読む]
  • みちこのカレンダー2019年11・12月締めくくりは夕景で〜♪
  • カレンダーの締めくくりは、ピランの夕景です。夕焼け色に染まる空と海、そして海沿いに建つ教会をはじめホテルやレストランも美しいシルエットに〜♪2019年のカレンダーのUPは終わりますが、あと2週間で2019年みちこのカレンダーがスタートします(*^^)vみちこのスケッチノートを訪問くださってありがとうございます。にほんブログ村をポチッとしていただけると嬉しいです!にほんブログ村 [続きを読む]
  • ノブドウ〜飛鳥の里山歩きで出会った!
  • 談山神社〜飛鳥寺まで歩いたとき、ふと見つけたノブドウ。やや枯れ始めた葉っぱに埋もれるような美しい実に魅かれた!持ち帰ろうと思ったが、川に落ちそうになったので、写真だけに留めた(*^^)vウォーターフォードF4みちこのスケッチノートを訪問くださってありがとうございます。にほんブログ村をポチッとしていただけると嬉しいです!にほんブログ村 [続きを読む]
  • みちこのカレンダー2019年9・10月
  • スロベニアの港町ピランの中心部、タルティーニエフ広場の周囲に見えるカラフルな建物やカフェ、広場で遊ぶ子どもたちの姿が可愛らしくスケッチするのが楽しい〜♪ヴェネティアの一角にあるキオッジアでスケッチする。運河沿いにある蔦の絡みつく雰囲気が魅力だった〜♪みちこのスケッチノートを訪問くださってありがとうございます。にほんブログ村をポチッとしていただけると嬉しいです!にほんブログ村 [続きを読む]
  • あべとしゆき大阪講座11月課題〜まずまずでした!
  • あまり描きたいと思う課題ではなかったが、1枚目はグラデーションを失敗したので描き直した。講評は「あまり時間をかけてない絵ですね。淡い仕上がりだが、一部を除いて全体的にはいい感じにまとまっている」だった。私としては描き直したわけで、頑張ったと思ったが、隣の方は、何枚も描き直して一番いいのを選んだと言っていたので、それに比べれば時間を描けていないことになるのかも?!デモの絵を何枚も描き直す根気はない! [続きを読む]
  • みちこのカレンダー2019年7・8月
  • ピランの海沿いの古い教会と黄色いパラソルの対比がおもしろくて、向かいのカフェでカプチーノを飲みながらスケッチする♪5月なのに海沿いに立つホテルの前には、水着姿の人々がのんびり過ごす。私たち日本人は、日焼けのため長袖を着ているというアンバランス〜♪ヨーロッパの人にしてみれば、私たちの方が異質なんだろうなあ(*^^)vみちこのスケッチノートを訪問くださってありがとうございます。にほんブログ村をポチッとしてい [続きを読む]
  • みちこのカレンダー2019年5.6月
  • 窓辺の花と青い窓とポストが素敵だった〜グロジュニアンの1枚カフェのブドウ棚とティータイムする2人をスケッチ〜♪白内障手術のため目がチカチカして、集中して絵を描くこともPCを見ることもできません。今しばらくカレンダーが続きます!みちこのスケッチノートを訪問くださってありがとうございます。にほんブログ村をポチッとしていただけると嬉しいです!にほんブログ村 [続きを読む]
  • みちこのカレンダー2019.年3・4月
  • トンネル構図の好きな所は、やはり奥に明るい景色が見えるところ。迷わずスケッチする〜♪ピンクの建物と路面に落ちる影に魅かれてスケッチ〜いいタイミングで父と子が歩く♪どちらも色濃いけれど、原画はそうでもないのに印刷するとダメだなあ!みちこのスケッチノートを訪問くださってありがとうございます。にほんブログ村をポチッとしていただけると嬉しいです!にほんブログ村 [続きを読む]
  • みちこのカレンダー2019ができました〜♪
  • 2109年1月2019年2月娘と2人で行った海外スケッチ旅行の記念に作ったカレンダー2010がきっかけで今回10回目となる2019年のカレンダーができました。といっても手作りのお粗末なものだけど、気持ちだけこもってます。絵を描く方には失礼かと思い、最近は主に絵を描かない友人に送っている。今回は5月に参加したクロアチア・スロベニアの北アドリアスケッチ旅行で訪れた港町のスケッチ絵で作りました。みちこのスケッチノートを訪問く [続きを読む]
  • 孫の華ちゃん4歳3か月〜途中までいい感じだったけど♪
  • ここまでは良かったんだけど〜♪アルッシュF5 三原色息子が送ってきた画像の華ちゃんを描く。途中まで結構似ていてわれながらいい感じだなと思ったけれど、髪の毛を描いたり服を描いたり、影を入れたりしているうちに、本人からだんだん離れていく〜みたい。でも、今までの華ちゃんより少し似ているかもしれない(*^^)vみちこのスケッチノートを訪問くださってありがとうございます。にほんブログ村をポチッとしていただけると嬉し [続きを読む]
  • 夕景に輝くコスモスを描く〜♪
  • ウォーターフォードF6以前正方形カットで描いた夕景のコスモスを今回は縦長で描き直した。逆光のコスモスの感じが上手く描けなかったので、その辺を今回は考えながら描いたつもりだが、葉っぱにドライブラシを使いすぎたかもしれない。ドライブラシを減らして、滲みでもう一度描き直すかもしれないが、とりあえずUPです(*^^)vみちこのスケッチノートを訪問くださってありがとうございます。にほんブログ村をポチッとしていただける [続きを読む]
  • 談山神社〜東門の紅葉を描く
  • 多武峰・飛鳥の里を歩く友人のハッとするような談山神社の紅葉スケッチを見て、同郷の友人との山の辺の道歩きを変更して、談山神社東門〜万葉展望台〜東山・かなり急な下りが続く〜飛鳥寺辺りまで歩く。万歩計によれば12kmくらい歩いていた。友人は歴女、スケッチはしないので、写真から東門の紅葉を描く。風景を写真から描くのは性に合っていないのか途中で息絶えた!!アルッシュF6談山神社拝殿から見た紅葉万葉展望台からは金剛 [続きを読む]