ワカクサ さん プロフィール

  •  
ワカクサさん: 確勝競馬
ハンドル名ワカクサ さん
ブログタイトル確勝競馬
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/wakakusakeiba/
サイト紹介文mixiコミュニティ『確勝競馬』(20000人参加)、管理人『ワカクサ』の競馬ブログ。
自由文独自の予想メソッドでmixi競馬界を席巻!
コミュニティ『確勝競馬』(20000人参加)、管理人『ワカクサ』の競馬ブログ。
重賞予想を中心に、独自の馬券哲学・馬券論を公開していく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/07/17 09:31

ワカクサ さんのブログ記事

  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ〜【阪神JF】回顧
  • 【阪神JF】回顧朝日杯FSの穴馬はランキングに掲載中。中央競馬 ブログランキングへにほんブログ村↑ブログランキング参加中!応援 よろしくお願い致します。後方待機勢での決着。確かに前半時計は速かった。後方だったダノンファンタジーとクロノジェネシスは流石の末脚。ペースに合わせて後方待機したとも思える絶妙な手綱さばきはお見事。ルメール、デムーロ不在で白羽の矢が立ったC・デムーロ。短期免許ゆえに序列 [続きを読む]
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF2018無料予想】本命以下で最も期待している馬と一穴開けそうな馬名は…ランキングに掲載中。中央競馬 ブログランキングへにほんブログ村↑ブログランキング参加中!応援 よろしくお願い致します。ブエナビスタ、アパパネ、ウオッカ…名馬の登竜門。牝馬クラシックへと繋がる最重要レースの一つ阪神JF。今年は強い牝馬が躍動中。良いメンバーがそろった。ハイレベルな時計を持つ馬が勢ぞろい。例年なら勝ちに値する [続きを読む]
  • 【チャンピオンズC】結論
  • 【チャンピオンズC2018無料予想】↓チャンピオンズC注目馬はブログランキングに掲載中。中央競馬 ブログランキングへにほんブログ村↑ブログランキング参加中!応援 よろしくお願い致します。“速い上がりが問われる”というのがこのレースの傾向。前年のゴールドドリームは上がり35秒台。全体でも36秒台。凡そ、来年のフェブラリーSへと繋がるレースであることを考えれば必然的。緻密な時計勝負が物をいう。経験とスピード [続きを読む]
  • JC回顧と今後に関して〜チャンピオンズC注目馬発表
  • 『チャンピオンズC』今年の充実度、本物。まだまだ若い馬の前に立ちふさがる存在。↓チャンピオンズC注目馬はブログランキングに掲載中。中央競馬 ブログランキングへにほんブログ村↑ブログランキング参加中!応援 よろしくお願い致します。『寂寥感』JCはアーモンドアイ衝撃のレース。もう言葉にならない。表す言葉が見つからない。時計もさることながら、位置取りも、競馬の仕方も…全てが人智を超えたような感覚に出会 [続きを読む]
  • 【ジャパンカップ】結論
  • 【ジャパンカップ2018無料予想】“堂々真っ向勝負”、古馬王道最高のレースJCを表す一言はこれ。先行馬が不利でもなければ、差し馬が不利でもない。真実を映すクラシックディスタンス。日本最高峰のレースに偽りなし。近年ではロングスパートが主流。道中から徐々にペースアップしていき、最後まで緩まない。スタミナ色濃い展開で問われるのはスピード一辺倒ではない。ラスト3Fではなく、4Fのスピードが問われる持続力勝負。続き [続きを読む]
  • 【マイルCS】結論
  • 【マイルCS2018無料予想】府中の馬場に比べて今年の淀の馬場は時計が掛かっている。高速馬場に対して高い適性を見せていた春の実績各馬に対して、秋は巻き返し。淀独特のラップ構成、バランス重視の時計を要求。続きを読む [続きを読む]
  • 【天皇賞・秋】結論
  • 【天皇賞・秋2018無料予想】中距離路線最高峰の当レース。マイラーは一歩上の栄誉を、長距離馬はスピードの証明を。言うなればリクルートの場とも言うべきこのレースで問われるのはスピード。もう一歩上の栄冠がもたらすものはきっと大きい。『最重要レース』レースラップ自体は前半遅く、後半速い。近年ではスローがトレンドで後半勝負の色濃い。後半勝負で決めたいという馬は多く、それを一歩抜け出そうといういと、正直難しい。 [続きを読む]
  • 【アルテミスS】結論
  • 【アルテミスS2018予想】前半速いペースから中盤緩んで差し脚比べ。二歳牝馬らしいレースを展開するが、問われるのは上がり時計の速さ。差し脚に自信ありというタイプが優勢で、ポジショニングのうまさは問わない。大事なことは勝ちっぷりではなく、豪快さや破壊力。続きを読む [続きを読む]
  • 【菊花賞】結論
  • 【菊花賞】秋緒戦、ダービー馬ワグネリアンはこれぞGⅠホースという走り。皐月賞後、先行策で一変したダービーからこの秋緒戦で改めて、完成度と総合力の高さを伺わせた。スピードの違いはやはり顕著で、ポジショニングも問わなくなった点を踏まえると隙なし。そのワグネリアンは回避で色気を出す各陣営。ダービー馬不在はいつものことながら、これほど安定感のある馬を欠くことが恐らく予想の困難さを窮めさせる。前半ある程度の [続きを読む]
  • 【秋華賞】結論
  • 【秋華賞】京都内回り2000M。必ずしも、先行優位ではなく、最後に問われるのは決め手。牝馬特有の遅いペースからの瞬発力勝負。速い馬場に取り付けるのも最重要課題。中間ラップで12秒代後半。そこからラスト4F11秒台の速い流れ。ロングスパートにも対応できる末脚自慢が優位。続きを読む [続きを読む]
  • 【京都大賞典】結論
  • 【京都大賞典】『傾向』京都2400M。スローペースからの末脚比べ。高速馬場開幕週だが先行勢有利ということはなく、直線が長い分関係ない。末脚をここで活かしたい、というタイプこそ優位。春、内回りや条件が合わずに凡走した馬こそ狙いたい。外回りの条件で能力発揮。ゆったりしたペースからの末脚比べ優位。続きを読む [続きを読む]
  • 【宝塚記念】結論
  • 【宝塚記念】結論上半期を締めくくる夏のグランプリ。中長距離のスターホースが集結する決戦に精鋭16頭が集った。内回り、馬場、タフな設定が揃い必ずしも思い描いた絵にはならない。予想泣かせの設定揃いで、以下に的中に近づけるか。続きを読む [続きを読む]
  • 【ユニコーンS】結論
  • 【ユニコーンS】結論群雄割拠の3歳ダート界。王者を決める一つの指標ともなるべきこのユニコーンS。2歳王者の参戦もまだまだ雌雄決しておらずどの馬にもチャンスあり。府中マイル、高速ダート適性、スピード。紛れなしのコースで力比べ。時計、素質を見極めて本命を決めたい。続きを読む [続きを読む]
  • 【安田記念】結論
  • 【安田記念】結論前半速く、後半も速い。どこを取っても一流の時計が求められる。安田記念は高速決着濃厚で、問われるのはやはり時計の質。マイルCSが問われるのは総合力、バランスだとすれば、安田記念で問われるのは底力、一芸に秀でた何かがあるかどうか。改めて各馬の本質を読み解きながら本命馬を決めたい。続きを読む [続きを読む]
  • 【東京優駿】結論
  • 【東京優駿】結論競馬界の一年を締めくくる一つのレースがこの日本ダービー。優駿18頭が集結。同世代6000頭の頂点を決める戦いがいざ始まる。『傾向』ゆるいペースからの差し脚比べ。府中2400M、クラシックディスタンスの戦い。折り合い、スピード、スタミナ…どれが欠けても、この厳しい戦いを勝ち抜くのは難しい。無論、それはダービーだけではあるまい。どのGⅠレースでも一緒。とりわけダービーにだけ、その神聖な雰囲気 [続きを読む]
  • 【オークス】結論
  • 【オークス】結論ハイレベルな戦いを見せた今年の桜花賞。卒なく完璧な騎乗を見せたラッキーライラックを捕えたのは豪脚アーモンドアイ。仁川に衝撃をもたらしたクラシック牝馬一冠目桜花賞。“三冠”を意識するクリストフ・ルメールの前に立ちはだかるのは、再びラッキーライラックか。それとも桜花賞から距離延長で復権狙う馬か、はたまた別路線組か。アーモンドアイの存在を巡って府中2400Mの戦いを楽しみにしたい。『傾向』厳 [続きを読む]
  • 【ヴィクトリアマイル】結論
  • 【ヴィクトリアマイル】結論主役不在大混戦。オッズも混迷極める状況で本命選びも悩ましいもの。高速馬場で開催も、雨が気になる。馬場も読みにくい当レース。1000M通過58秒台が本線のレース。トライアル、前哨戦が軒並みスロー故に中々本番に直結しないために、大波乱も起きやすい。牝馬特有のレースで活躍した馬ではなく、牡馬と交えて戦ってきた馬が優位。厳しいペースに強いタイプを選びたい。続きを読む [続きを読む]
  • 【NHKマイルC】結論
  • 【NHKマイルC】結論大波乱の結果も多く、問われるのは必ずしも瞬発力ではない。瞬発力タイプが人気して流れに乗れず自滅。これが波乱のパターン。ポジショニング重視で、派手さはいらない。それすら覆す破壊力が必要であり、人気サイドは中身の精査が必要。派手なレースぶりが注目されるタイプこそ、改めてレースの内容を見つめなおしたい。続きを読む [続きを読む]
  • 天皇賞(春)結論
  • 【天皇賞(春)】展望二連覇を果たしたキタサンブラックは引退。王者不在の中、覇権を巡って多士済々。混沌とした今年の天皇賞。主役を巡って混沌とした空気。新興勢力と旧勢力の戦い、春の淀長距離戦。時計、スタミナ、展開、全てが問われる総力戦。続きを読む [続きを読む]
  • 【皐月賞】結論
  • 【皐月賞】結論王者ダノンプレミアムの離脱。それでも、今年の皐月賞のメンバーは多士済々。主役を張るつもりで王道ローテ。クラシックを意識したワグネリアン。すみれSからの直行、将来性あるキタノコマンドール。強烈な決め手武器ステルヴィオ。主役不在とあれば第二第三の馬がいる。今年のクラシックは一強ではないと印象付ける今年の皐月賞。クラシック第一弾、実に楽しみな一戦。続きを読む [続きを読む]