ワカクサ さん プロフィール

  •  
ワカクサさん: 確勝競馬
ハンドル名ワカクサ さん
ブログタイトル確勝競馬
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/wakakusakeiba/
サイト紹介文mixiコミュニティ『確勝競馬』(20000人参加)、管理人『ワカクサ』の競馬ブログ。
自由文独自の予想メソッドでmixi競馬界を席巻!
コミュニティ『確勝競馬』(20000人参加)、管理人『ワカクサ』の競馬ブログ。
重賞予想を中心に、独自の馬券哲学・馬券論を公開していく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/07/17 09:31

ワカクサ さんのブログ記事

  • 【皐月賞】結論
  • 【皐月賞】結論王者ダノンプレミアムの離脱。それでも、今年の皐月賞のメンバーは多士済々。主役を張るつもりで王道ローテ。クラシックを意識したワグネリアン。すみれSからの直行、将来性あるキタノコマンドール。強烈な決め手武器ステルヴィオ。主役不在とあれば第二第三の馬がいる。今年のクラシックは一強ではないと印象付ける今年の皐月賞。クラシック第一弾、実に楽しみな一戦。続きを読む [続きを読む]
  • 【桜花賞】結論
  • 【桜花賞】結論二歳女王ラッキーライラックは無敗でここまで駒を進めてきた。順調そのものなキャリアに待ったをかけるのはどの馬か、というのが焦点。強烈な決め手を武器にここに名乗りを上げたアーモンドアイ。雪辱誓うリリーノーブル、マウレアらJF好走組。ラッキーライラック以下は玉石混交。虎視眈々と女王の座を狙う阪神マイル、クラシック第一弾桜花賞。『傾向』2018 11.6 11.8 12.1 2017 11.6 12.2 11.4 2016 12 [続きを読む]
  • 【大阪杯】結論
  • 【大阪杯】結論『傾向』2017 11.8 12.0 11.8 2016 12.3 12.2 11.2 2015 12.2 12.3 12.4 2014 12.2 11.9 12.1 2013 12.2 12.2 11.2 2012 13.0 12.8 11.8 2011 11.9 11.7 11.8 逃げるヤマカツライデンの前半3Fは35秒台中盤想定。昨年並みのペースで推移するなら、後半は35秒台か。ヤマカツライデンが無理な逃げを仕掛けても後続は付いていかない。となれば、前半3F36秒台で推移して差しに回る馬 [続きを読む]
  • 【高松宮記念】結論
  • 【高松宮記念】毎年大混戦の当レース。スプリント王者レッドファルクスに人気が集まるも、この中京では高速決着でないと持ち味が活きない可能性ありで末脚不発の場面も…?馬場状態は回復傾向も、やや時計がかかる傾向。良馬場には違いないが、少し微妙な状態でレースは展開する。追い込みより先行勢有利。この馬場ではそう簡単には差せないと見た。続きを読む [続きを読む]
  • 【フィリーズレビュー】結論
  • 【フィリーズレビュー】『傾向』スプリンターVSマイラーが激突する桜花賞トライアル阪神1400M。基本的にはマイラー優勢で、距離短縮組優位の傾向。上がり34秒台の決着になるケースが多く、上り最速の時計を持っていれば言うことなし。先行勢はやや厳しいペースになりがちで差し優勢。続きを読む [続きを読む]
  • 【フェブラリーS】結論
  • 【フェブラリーS】連覇目指すゴールドドリーム。あと一歩が足りないテイエムジンソク、サンライズノヴァがそれに続く。悲願の中央GⅠ制覇へノンコノユメ、アウォーディー、ベストウォーリアが三番手。今年のフェブラリーSは玉砕混交。王者目指し、どの馬にもチャンスあり。『傾向』速い時計、速いペース。芝スタート。求められるのはやはりスピードだが、ハイペースに耐久出来るスタミナも要求される。中距離経験、芝経験。そう [続きを読む]
  • 【クイーンC】結論
  • 【クイーンC】ホエールキャプチャ、ヴィルシーナ、メジャーエンブレム…ここをステップにクラシックへ。そしてその先のGⅠへ。未来の展望も大きく開けるこのレース。期待の若駒の躍動に期待。『傾向』2017 01:33.2 34.8-34.12016 01:32.5 34.4-34.72015 01:34.0 35.1-35.12014 01:35.7 36.0-34.72013 01:34.6 36.0-34.333秒台の速い時計が問われる瞬発力勝負。後続を封じ込めるにも速い時計が求められるため、1F11秒台 [続きを読む]
  • 【共同通信杯】結論
  • 【共同通信杯】出世レースの一つこの共同通信杯。求められるのはスピード、瞬発力。現代の競走馬に必要な要素を要求される当レースは、数多くの名馬を輩出する出世レース。今年も素質十分の良いメンバーが揃った。2017 01:47.5 36.0-34.72016 01:47.4 35.8-35.62015 01:47.1 35.2-34.52014 01:48.1 36.7-33.42013 01:46.0 36.0-34.02012 01:48.3 37.3-33.62011 01:48.5 36.8-34.42010 01:48.2 36.2-34.22009 01:4 [続きを読む]
  • 【AJCC】結論
  • 【AJCC】結論2017 35.8-36.32016 36.3-35.42015 37.7-34.62014 36.5-36.42013 36.0-36.3過去の時計傾向は上記の通り。スローペースからの1000Mロングスパートが基本路線。上がり3Fに特化しているタイプよりかは、長く良い脚が使えるタイプが有利。菊花賞、有馬記念からの転戦成績が良い理由はやはりこれか。続きを読む [続きを読む]
  • 【シンザン記念】結論
  • 【シンザン記念】『傾向』2017 34.5 - 38.12016 34.8 - 362015 35.7 - 34.72014 35.5 - 34.12013 34.6 - 35.72012 35 - 35.52011 35.1 - 35.22010 35.1 - 34.92009 35.1 - 35.92008 34.1 - 37冬の京都マイルは内枠先行有利が定説。このシンザン記念も例外ではなく、内枠優勢の結果が例年の傾向。ペースは速くとも、前が止まらず末脚一点攻勢では分が悪い。ペース経験のない馬、時計を持たぬ馬はやは [続きを読む]
  • 【有馬記念】結論
  • 【有馬記念】結論『展望』新旧王者のマッチレース、そして有終の美。土曜日の競馬はオジュウチョウサン、イスラボニータがこれ以上ないぐらいの華を添えた。有馬記念はその年ラストの大一番、お祭り。今年最後のビッグゲーム、そしてビッグディール、有馬記念。今現在自分が出来る最高の予想を提供したい。『傾向』2016 12.0 12.4 12.0 60.9 60.7 2015 12.4 12.4 11.7 62.1 59.9 2014 12.5 12.8 11.5 63. [続きを読む]
  • 【朝日杯FS】
  • 【朝日杯FS】結論11.9 - 12.5 - 11.6 35.6 - 34.8 11.6 - 12.7 - 11.5 34.7 - 34.4 11.6 - 12.5 - 12.0 34.9 - 36.1 中間ラップの緩み、そこから一気に瞬発力勝負がこのレースに基本路線。前々で粘るよりかは瞬発力を活かして差し脚勝負故に前走の上がり時計、順位は非常に重要。重要ステップ、サウジアラビアロイヤルC、京王杯2歳S、デイリー杯2歳S。中山ではノーチャンスに近か [続きを読む]
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF】結論11.6 - 12.1 - 11.7 34.7 - 35.211.6 - 12.0 - 11.9 34.8 - 35.811.7 - 12.1 - 11.7 35 - 35.211.4 - 12.1 - 11.8 34.2 - 35.511.4 - 11.9 - 12.1 34.1 - 36.411.9 - 12.2 - 11.6 35.8 - 34.711.9 - 12.7 - 11.5 35.8 - 34.511.7 - 12.3 - 11.8 35.1 - 35.311.7 - 12.2 - 11.9 35.2 - 35.611.5 - [続きを読む]
  • 【チャンピオンズカップ】結論
  • 【チャンピオンズカップ】結論『傾向』2017 12.1 -12.0-12.6 36.3 -37.72016 11.8 -12.3-12.6 35.5 -37.92015 12.5 -12.3-12.2 37.5 -36.5中京開催から過去三年のラップタイム傾向は上記の通り。速い時計への対応力が一つの課題で、50秒台フラットへの時計勝負が焦点。近二年はペースも緩まず、前が厳しい展開。三年前こそペースは緩んで前が楽な展開になったが、そこからいよいよGⅠらしい流れに。今年も [続きを読む]
  • 【ジャパンカップ】結論
  • 【ジャパンカップ】結論2016 12.4 - 12.3 - 11.6 37.2 - 34.72015 11.7 - 12.4 - 11.8 35.2 - 35.32014 12.0 - 12.0 - 11.7 36 - 35.22013 12.3 - 12.5 - 11.4 37 - 34.12012 11.9 - 12.1 - 11.6 35.8 - 34.72011 12.4 - 12.1 - 11.5 37.1 - 34.52010 12.1 - 12.4 - 11.5 36.4 - 34.42009 11.7 - 12.0 - 11.7 35.2 - 35.12008 12.2 - 12.4 - [続きを読む]
  • 【マイルCS】結論
  • 【マイルCS】結論『傾向』2016 11.5 - 11.6 - 11.9 2015 11.5 - 12.2 - 11.3 2014 11.2 - 11.5 - 11.6 2013 11.7 - 11.6 - 11.4 2012 11.7 - 11.6 - 11.6 2011 11.5 - 12.1 - 11.8 2010 11.2 - 11.5 - 11.7 2009 11.6 - 12.0 - 11.5 2008 11.5 - 11.8 - 11.6 過去マイルCSの前半〜中間〜終いの平均ラップは上記の通り。どのラップも平均的で、一気にグッと速 [続きを読む]
  • 【アルゼンチン共和国杯】結論
  • 【アルゼンチン共和国杯】結論『傾向』2016 12.6 12.5 11.4 37.9-34.22015 12.5 12.7 11.4 37.4-34.22014 12.1 12.2 11.6 36.3-34.72013 12.1 12.2 11.7 36.2-35.22012 11.7 12.4 11.5 35.1-34.52011 12.1 12.2 11.9 36.2-35.72010 11.7 12.2 11.9 35 -35.8長距離戦さながらのスローペース。中間グッと緩んで前半62〜3秒台で推移していくのが近年の傾向。ここ三年間は緩いペースか [続きを読む]
  • 【京王杯2歳S】結論
  • 【京王杯2歳S】結論『傾向』2017 35.7-34.22016 36.5-33.52015 35.4-34.12014 36.7-34.32013 35.6-33.7例年スローペース。スプリント志向の馬が出走してくる割には…それほどペースも上がらない。スローからの瞬発力勝負が一つの答えだが、それだけではこのレースを制することはできない。先行力、瞬発力、機動力、程よいバランスで走れる馬がベスト。ある意味で総合力が問われる府中1400M。続きを読む [続きを読む]
  • 【天皇賞(秋)】結論
  • 【天皇賞(秋)】結論世界で最も権威あるレースが凱旋門賞だとしても、種牡馬選定レースはまた別。スタッドインしてその後の成功のカギを握るか否かもやはりスピードの証明。そのスピードの証明をするに絶好の舞台がこの2000M戦。英国のインターナショナルS、チャンピオンS、エクリプスS。種牡馬として成功するか否かを問う最重要レースとしての位置づけ。ここ日本においても、クラシックディスタンスよりもこの距離での成績 [続きを読む]
  • 【菊花賞】結論
  • 【菊花賞】結論『傾向』2016 11.8 12.6 11.6 2015 11.8 12.6 11.8 2014 12.3 12.1 11.6 2013 12.4 12.4 12.0 2012 12.4 12.2 12.0 2011 12.3 12.3 11.7 2010 12.2 12.7 11.9 2009 12.0 12.4 11.9 2008 12.0 12.7 11.8 2007 12.1 12.5 12.1 菊花賞の平均ラップは上記の通り。上りが掛るというのが一つのテーマで、その理由は全馬バテバテになるため。未知の距離、未知の領域を問 [続きを読む]
  • 【秋華賞】結論
  • 【秋華賞】結論ブラックエンブレムやティコティコタック、ブゼンキャンドルのイメージから大荒れが連想されるレースだが近年は人気も落ち着き気味。ローズSの信頼度から堅い決着が多いが、今年は混戦模様。新興勢力か、既存勢力か。春の実績馬の信頼感揺らぐ結果となったトライアル。何とも悩ましいメンバーが揃った今年の秋華賞。『傾向』2016 11.9 12.1 11.5 2015 11.3 12.0 11.8 2014 11.5 11.8 11.8 2013 11. [続きを読む]
  • 【府中牝馬S】結論
  • 【府中牝馬S】結論『傾向』高速馬場で後方待機勢の末脚云々はそれほど求められるものではない。先行力は一つのテーマで、そこからどれだけ足を使えるかが焦点。前半の時計、後半の時計それぞれバランス良く使える馬がこのレースでは強い。前半ゆったりしたペースから後半57秒台の勝負。前半60秒切るペースで後半57秒台、当レースではこの時計が一つの目安。続きを読む [続きを読む]
  • 【京都大賞典】結論〜勝負を分けるは時計
  • 【京都大賞典】結論『傾向』2016 12.1 12.6 11.2 2015 11.8 12.6 11.0 2014 12.1 12.1 11.7 2013 12.0 12.0 11.6 2012 11.6 12.2 11.8 2011 11.9 12.5 11.3 2010 11.4 12.4 12.3 2009 11.5 12.1 12.4 2008 11.8 12.9 11.5 2007 12.1 12.4 11.3 過去の前半3F-中間-後半3Fの平均1Fは上記の通り。京都のクラシックディスタンス、しかし以外にも前半のラップタイムは案外速いもの [続きを読む]
  • 【毎日王冠】結論〜歴史的名馬と双肩
  • 【毎日王冠】結論春を賑わせた主役の一頭ソウルスターリングの秋緒戦。同世代ではやはり別格とも言えるが、VS強力古馬陣との力関係は非常に気になるところ。ダービー馬レイデオロを押し退けて、厩舎のファーストホースがこのソウルスターリング。社台Gのファーストジョッキー、C・ルメールが現在最も最優先してスケジュールを立てるのがこの馬で、血統背景も踏まえるとその待遇の破格さも頷ける。まだまだ実績的には一介のオー [続きを読む]