イッセー さん プロフィール

  •  
イッセーさん: 幕末多摩・ひがしやまと
ハンドル名イッセー さん
ブログタイトル幕末多摩・ひがしやまと
ブログURLhttp://mikemiketenko.blog.fc2.com/
サイト紹介文東大和市を中心とした、幕末の多摩地域のお話をします。新選組漫画つきです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/07/17 21:10

イッセー さんのブログ記事

  • 新選組漫画 195 芹沢鴨と虎
  • お盆休み、みなさんいかがお過ごしですか?ワタクシは歌舞伎座で「東海道中膝栗毛」のお芝居を観てきました。お目当てはモチロン、カマキリ先生こと市川中車!釜桐左衛門の役名で出ておりました。伝統的な江戸歌舞伎はモチロンですが、この手の新作ギャグ歌舞伎も好きなワタクシです。「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」にほんブログ村にほんブログ村人気ブログランキングへ [続きを読む]
  • 横浜歴史博物館 「戊辰の横浜」展
  • Twitterのフォロワーさんからの情報で、横浜歴史博物館で幕末関連の企画展があることを知りました。題して「戊辰の横浜」。この中で横浜の農兵隊についての展示もあると知り、多摩の農兵隊を調べていく上で何か参考になることもあるのではないかと思い、先日の休みに行ってまいりました。サブタイトルの「名もなき民の慶応四年」とあるように、民衆の側から見た戊辰戦争や明治維新前後の様子を知ることができるワケです。こ [続きを読む]
  • 江戸楽アカデミー「世間を騒がせた江戸の女性たち」
  • 先日、東大和市内の公民館グループのご依頼で、「東大和市の農兵」の講座を行いました。市民向けの講座で、あまり市外への告知もしていなかったのですが、どこで聞きつけたのか都内からいらっしゃった方もいたり、またTwitterで日にちを知りませんでしたというフォロワーさんがいたりで、感謝するやら心苦しいやらでした。というわけで、この先、ワタクシが講師を務めさせていただきます講座やまち歩きガイドで、一般参加者 [続きを読む]
  • オレデミー大賞 2018年中間発表 4月期
  • 4月期は、コメディタッチのドラマに佳作が多かったように思います。10位 デイジー・ラック NHK 金 22:00 9位 あなたには帰る家がある TBS 金 22:0 8位 モンテ・クリスト伯 華麗なる復讐 フジ 木 22:00 7位 ヘッドハンター テレ東 月 22:00 6位 シグナル フジ 火 21:00 5位 ブラックペアン TBS 日 21:00 4位 崖っぷちホテル 日テレ 日 22:30「デイ [続きを読む]
  • 世界遺産記念特集 都内の「潜伏キリシタン史跡」
  • 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産が、このほど世界遺産に登録されました。世界遺産登録に向けて活動してきた方々、本当におめでとうございます。ところで「潜伏キリシタン」てナニ?「隠れキリシタン」とどう違うの?という素朴な疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。実はワタクシもその一人でした。ていうか、そもそも潜伏キリシタンなんて言葉、最近になって初めて聞いたくらいです。ということで、この二 [続きを読む]
  • 新選組漫画 194 半端ない
  • サッカーワールドカップ、グループリーグ第3戦目。日本VSポーランドの一戦、もうすぐ始まります!先日コロンビア戦のあと、スタンドのごみを拾っている日本人サポーターの中に新選組のダンダラ羽織を着ている人がいて(Twitterのフォロワーさんがアップしてた)、ちょっと笑ったwwまぁ、確かに「サムライ・ブルー」。「なんだー。このボタンちょっと押してみるんだな。うーん、なんだー。」にほんブログ村にほんブログ村人気ブロ [続きを読む]
  • 羽生家と近藤勇書簡
  • 今回もイベント参加のお話。日野市に「佐藤彦五郎新選組資料館」がありますが、先日、そこの副館長さんから日の出町の羽生(はぶ)家を見学するのだけど、ご一緒にいかがですかとのお誘いをいただきました。これは資料館のファンクラブの会員向けの企画だったのですが、欠員が出たため、たまたま資料館に顔を出したワタクシにお声がかかったようでした。彦五郎資料館さんは、ワタクシが日野の新選組関係ガイドをするときに、団体貸 [続きを読む]
  • 新選組漫画 193 朝涼忌と伊庭八郎
  • 前回記事の最期にもチョコッと触れましたが、5月に行ったもう一つのイベントのお話。それは27日に行きました朝涼忌です。朝涼忌とは、戊辰戦争で活躍した佐幕側の幕臣・伊庭八郎の法要であります。なんて、よく知っているような口ぶりですが、実はワタクシ朝涼忌なるものがあることも今年になるまで全く知りませんでした。5月13日のひの新選組まつりで、Twitterのフォロワーさんに会い「こういうのがあるよ」と教えて [続きを読む]
  • 新選組漫画 192 ひの歳三みやげ
  • すっかりご無沙汰。今月はいろいろとバタバタしていたもので、すっかりブログがおろそかになってしまいましたとさ。今月は12、13日と、日野市では恒例の「ひの新選組まつり」が開催されました。12日土曜日は石田寺で歳三忌があり、ワタクシも昨年体調不良で参列できなかったものだから、今年は馳せ参じたかったのですが都合がつかなくなり、また今年も行けませんでした。というのも、こちらもまた恒例の文京学院大学生涯学習 [続きを読む]
  • オレデミー大賞 2018年中間発表 1月期
  • 早くも5月になってしまいました。5月ってこんなに暑かったっけ?と思ったりもしますが、皆さまご機嫌いかがでしょう?遅くなりました1月期のオレデミー大賞の中間発表です。10位 FINAL CUT フジ 火 21:00 9位 わろてんか NHK 月〜土 08:00 8位 ホリデイラブ テレ朝 金 23:15 7位 リピート 運命を変える10ヶ月 日テレ 木 23:59 6位 隣の家族は青く見える フジ 木 22:0 [続きを読む]
  • 戸田・プチャーチン史跡廻り
  • 伊豆の史跡廻り最終回です。Oさんにワガママを言いまして西伊豆の戸田に連れていってもらいました。戸田は「トダ」ではなく「ヘダ」です。戸田は修善寺から1時間近くも車で行かなければならない場所。東京から行くとなると、かなり交通が不便なトコロです。今回の旅行は歴史仲間が集まったということで、このチャンスを逃してはならぬ!ってことで、Oさんにお願いした次第です。山の上の見晴台から見た戸田の港。海岸線まで山の稜 [続きを読む]
  • 石丁場を見てきました。
  • 江川太郎左衛門史跡を中心にした今回の伊豆旅行でしたが、ココからは江川代官以外の史跡もご案内です。こんなトコロにも行って参りました!我々がお世話になった江戸検1級同期のOさんの別荘は、東伊豆の富戸にあるのですが、その東伊豆の海岸を散策していますとこんなモノがゴロゴロしております。高さ180cm、幅150cmほどのデカイ石。そしていかにも人の手による小さな四角い穴が一列にあいております。これは江戸城を [続きを読む]
  • 韮山・本立寺と反射炉を訪ねる
  • 前回の続き。江川代官屋敷のすぐ近くに大成山本立寺があります。江川家の墓所がある、日蓮宗のお寺です。この日は土曜日で、代官屋敷の方はそこそこ観光客・見学者がいましたが、お寺の方は我々以外全く墓参者がいませんでした。まぁ、マニア以外、ほとんどの人はお墓には興味がないのかな?但庵先生の石造も待ってくれています!(注! これはお墓ではありません!)日野などに行くと、土方歳三資料館(実家)とお墓(石田寺)は [続きを読む]
  • 韮山・江川代官屋敷を訪ねる
  • 前回の記事から1ヶ月近くが経ってしまいました。江戸楽アカデミーの講座があったりして、なかなかブログに手が回らなかったのですが、ようやく落ち着きましたので再開することにいたします。私と江戸検一級同期で、伊豆に別荘を持っていてほぼそちらに生活の拠点を移しているOさんという方がいるのですが、「こっちに遊びにきて史跡廻りでもしないかい?」というお誘いをうけました。そこで先日、他の一級同期の仲間たち数人と伊 [続きを読む]
  • 御林の丸太でお台場作り!②
  • 丸々1ヶ月以上もブッ飛んでしまいましたが、お台場建設のために中藤村御林の松材が使われたという話です。ちなみにお台場といってもフジテレビの社屋を建設したときの話ではなくて、幕末の砲台の話ですので。念のため。前回、嘉永6年(1853)と同7年(安政元年 1854)の2回、伐り出しが行われたことを書きましたが、実際にどれくらいの木材が伐りだされたのでしょうか。「嘉永6丑年9月12日より中藤村御林山伐り出 [続きを読む]
  • 新選組漫画 191 
  • 開会式前までは、北の問題とか、チケットが全然売れてないとかで、「マジで開催できるのか?」なんて思ってた平昌オリンピックですが、いざフタを開けてみれば日本選手も大活躍して、ワタクシもけっこうテレビにかじりついてます。やはり一番「スゲーわ、こりゃ」と思ったのは、男子フィギュアの羽生結弦選手ですね。実はワタクシ、それほどフィギュアに興味がある方ではないので、羽生選手の演技をキチンと見たことってなかったん [続きを読む]
  • 八王子千人同心史跡を廻る②
  • 了法寺の前で甲州街道を渡ると、その先にお寺があります。興岳寺です。千人頭の石坂家が開基した曹洞宗の寺院です。石坂弥次右衛門(1809〜1868)のお墓があります。石坂弥次右衛門義礼墓弥次右衛門は千人頭の石坂家11代目。第二次長州征伐に従軍し、大坂や九州へ転戦するなど活躍します。慶応4年(1868)日光火の番を務めているときに戊辰戦争が勃発。日光へ進軍した板垣退助率いる新政府軍の対応に迫られます。弥 [続きを読む]
  • 八王子千人同心史跡を廻る①
  • 先日、江戸検1級同期の方に誘われ、八王子の千人同心史跡廻りに行ってきました。八王子千人同心は、元々甲斐・武田家の長柄(槍)隊だった武士を、主家滅亡のあと、徳川家康が家臣として迎え、甲州道中の守りとして八王子に配置したものです。当初は千人頭、同心合わせて500人でしたが、関ヶ原の戦い直前にさらに500人を増員し1000人の軍団になっています。このとき、武田遺臣だけでなく、北条遺臣や牢人、有力富農層な [続きを読む]
  • 御林の丸太でお台場作り①
  • 今回「里正日誌」からご紹介する記事の内容は、このブログを開設したばかりの頃にも一度触れたネタですが、幕末多摩史においては重要な出来事ですので、「安政編」でも書いておこうと思います。    「中藤村御林山再び伐り出しの件」内海の御台場御普請用の丸太を、中藤村の御林よりなおまた伐り出すことになった。特にお急ぎのことにつき、人足等を雇うことも必要なので、右の節は同村役人より通達が有り次第すぐに助勢し、御 [続きを読む]
  • 新選組漫画 190 没後150年 井上源三郎
  • 年末の話になりますが、日野市の「新選組のふるさと歴史館」で新選組の副長助勤だった井上源三郎の没後150年の記念展示をしているというので、見に行ってきました。井上源三郎は日野宿の村役人で八王子千人同心を務めた井上家の三男。天然理心流の免許皆伝。文久3年(1863)に近藤勇や土方歳三らと共に京都に上り、新選組を結成、その幹部を務めました。しかし、慶応4年(1868)1月3日から始まった鳥羽・伏見の戦い [続きを読む]
  • 2018年 謹賀新年 & オレデミー大賞
  • ネコがなんか言ってますが、今年もぜひご訪問くださいませ!ではでは、昨年末に予告しましたように、2017年 オレデミー大賞 発表です!作品賞10位 リバース TBS 金 22:00 4月期 9位 ひよっこ NHK 月〜金 08:00 4、7月期 8位 監獄のお姫さま TBS 火 22:00 10月期 7位 コード・ブルー フジ 月 21:00 7月期 6位 スーパーサラリーマン左江内氏 日テレ 土 21:0 [続きを読む]
  • 新選組漫画 189 「西郷どん」
  • この3人に、成田三樹夫の山南敬助、今井健二の永倉新八、山本昌平の原田左之助が加われば、鈴木亮平の西郷どんや瑛太の大久保利通の薩摩など、素手で壊滅できそうな気がします。この記事を書いている時点で、「西郷どん」での新選組のキャスト発表はありません。彼らが出てくるのかどうかもわかりませんが、まぁ、出演シーンはあるとは思います。勝海舟や坂本龍馬といった方々のキャストも発表されてないので、ドラマがスタートし [続きを読む]
  • 異国船渡来と治安の悪化③ 盗品売買を防げ!
  • 黒船来航以来の治安悪化で、江戸近郊の村々でも盗難・強盗の犯罪が増えてきたことを、書き出してみました。これらの盗品は質屋や古物商などに売られる傾向があったようです。現代でも万引きされたコミック本が、古本屋に買い取られるという問題が一時ありましたが、それと同じようなものですね。幕末の農村には、そういった質屋や古物商があって、十分に人々の生活の一部として機能していたことになります。そこで幕府は、盗品が売 [続きを読む]
  • 新選組漫画 188 力士乱闘事件
  • 12月に入って、ようやく漫画も描ける時間ができました。ワタクシ、大相撲の世界はよくわからないのですが、「モンゴル会」というのだけは門外漢としても理解できません。異国の地でともに頑張っている同胞同志で繋がっていこう、という趣旨はわかりますが、本場所前にこれから戦おうという異なる部屋の力士たちが、仲良く飲み会をするというのはイカガなものかと思います。たとえば、巨人対阪神の試合の前日に、マギーとメッセンジ [続きを読む]