イッセー さん プロフィール

  •  
イッセーさん: 幕末多摩・ひがしやまと
ハンドル名イッセー さん
ブログタイトル幕末多摩・ひがしやまと
ブログURLhttp://mikemiketenko.blog.fc2.com/
サイト紹介文東大和市を中心とした、幕末の多摩地域のお話をします。新選組漫画つきです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/07/17 21:10

イッセー さんのブログ記事

  • 石丁場を見てきました。
  • 江川太郎左衛門史跡を中心にした今回の伊豆旅行でしたが、ココからは江川代官以外の史跡もご案内です。こんなトコロにも行って参りました!我々がお世話になった江戸検1級同期のOさんの別荘は、東伊豆の富戸にあるのですが、その東伊豆の海岸を散策していますとこんなモノがゴロゴロしております。高さ180cm、幅150cmほどのデカイ石。そしていかにも人の手による小さな四角い穴が一列にあいております。これは江戸城を [続きを読む]
  • 韮山・本立寺と反射炉を訪ねる
  • 前回の続き。江川代官屋敷のすぐ近くに大成山本立寺があります。江川家の墓所がある、日蓮宗のお寺です。この日は土曜日で、代官屋敷の方はそこそこ観光客・見学者がいましたが、お寺の方は我々以外全く墓参者がいませんでした。まぁ、マニア以外、ほとんどの人はお墓には興味がないのかな?但庵先生の石造も待ってくれています!(注! これはお墓ではありません!)日野などに行くと、土方歳三資料館(実家)とお墓(石田寺)は [続きを読む]
  • 韮山・江川代官屋敷を訪ねる
  • 前回の記事から1ヶ月近くが経ってしまいました。江戸楽アカデミーの講座があったりして、なかなかブログに手が回らなかったのですが、ようやく落ち着きましたので再開することにいたします。私と江戸検一級同期で、伊豆に別荘を持っていてほぼそちらに生活の拠点を移しているOさんという方がいるのですが、「こっちに遊びにきて史跡廻りでもしないかい?」というお誘いをうけました。そこで先日、他の一級同期の仲間たち数人と伊 [続きを読む]
  • 御林の丸太でお台場作り!②
  • 丸々1ヶ月以上もブッ飛んでしまいましたが、お台場建設のために中藤村御林の松材が使われたという話です。ちなみにお台場といってもフジテレビの社屋を建設したときの話ではなくて、幕末の砲台の話ですので。念のため。前回、嘉永6年(1853)と同7年(安政元年 1854)の2回、伐り出しが行われたことを書きましたが、実際にどれくらいの木材が伐りだされたのでしょうか。「嘉永6丑年9月12日より中藤村御林山伐り出 [続きを読む]
  • 新選組漫画 191 
  • 開会式前までは、北の問題とか、チケットが全然売れてないとかで、「マジで開催できるのか?」なんて思ってた平昌オリンピックですが、いざフタを開けてみれば日本選手も大活躍して、ワタクシもけっこうテレビにかじりついてます。やはり一番「スゲーわ、こりゃ」と思ったのは、男子フィギュアの羽生結弦選手ですね。実はワタクシ、それほどフィギュアに興味がある方ではないので、羽生選手の演技をキチンと見たことってなかったん [続きを読む]
  • 八王子千人同心史跡を廻る②
  • 了法寺の前で甲州街道を渡ると、その先にお寺があります。興岳寺です。千人頭の石坂家が開基した曹洞宗の寺院です。石坂弥次右衛門(1809〜1868)のお墓があります。石坂弥次右衛門義礼墓弥次右衛門は千人頭の石坂家11代目。第二次長州征伐に従軍し、大坂や九州へ転戦するなど活躍します。慶応4年(1868)日光火の番を務めているときに戊辰戦争が勃発。日光へ進軍した板垣退助率いる新政府軍の対応に迫られます。弥 [続きを読む]
  • 八王子千人同心史跡を廻る①
  • 先日、江戸検1級同期の方に誘われ、八王子の千人同心史跡廻りに行ってきました。八王子千人同心は、元々甲斐・武田家の長柄(槍)隊だった武士を、主家滅亡のあと、徳川家康が家臣として迎え、甲州道中の守りとして八王子に配置したものです。当初は千人頭、同心合わせて500人でしたが、関ヶ原の戦い直前にさらに500人を増員し1000人の軍団になっています。このとき、武田遺臣だけでなく、北条遺臣や牢人、有力富農層な [続きを読む]
  • 御林の丸太でお台場作り①
  • 今回「里正日誌」からご紹介する記事の内容は、このブログを開設したばかりの頃にも一度触れたネタですが、幕末多摩史においては重要な出来事ですので、「安政編」でも書いておこうと思います。    「中藤村御林山再び伐り出しの件」内海の御台場御普請用の丸太を、中藤村の御林よりなおまた伐り出すことになった。特にお急ぎのことにつき、人足等を雇うことも必要なので、右の節は同村役人より通達が有り次第すぐに助勢し、御 [続きを読む]
  • 新選組漫画 190 没後150年 井上源三郎
  • 年末の話になりますが、日野市の「新選組のふるさと歴史館」で新選組の副長助勤だった井上源三郎の没後150年の記念展示をしているというので、見に行ってきました。井上源三郎は日野宿の村役人で八王子千人同心を務めた井上家の三男。天然理心流の免許皆伝。文久3年(1863)に近藤勇や土方歳三らと共に京都に上り、新選組を結成、その幹部を務めました。しかし、慶応4年(1868)1月3日から始まった鳥羽・伏見の戦い [続きを読む]
  • 2018年 謹賀新年 & オレデミー大賞
  • ネコがなんか言ってますが、今年もぜひご訪問くださいませ!ではでは、昨年末に予告しましたように、2017年 オレデミー大賞 発表です!作品賞10位 リバース TBS 金 22:00 4月期 9位 ひよっこ NHK 月〜金 08:00 4、7月期 8位 監獄のお姫さま TBS 火 22:00 10月期 7位 コード・ブルー フジ 月 21:00 7月期 6位 スーパーサラリーマン左江内氏 日テレ 土 21:0 [続きを読む]
  • 新選組漫画 189 「西郷どん」
  • この3人に、成田三樹夫の山南敬助、今井健二の永倉新八、山本昌平の原田左之助が加われば、鈴木亮平の西郷どんや瑛太の大久保利通の薩摩など、素手で壊滅できそうな気がします。この記事を書いている時点で、「西郷どん」での新選組のキャスト発表はありません。彼らが出てくるのかどうかもわかりませんが、まぁ、出演シーンはあるとは思います。勝海舟や坂本龍馬といった方々のキャストも発表されてないので、ドラマがスタートし [続きを読む]
  • 異国船渡来と治安の悪化③ 盗品売買を防げ!
  • 黒船来航以来の治安悪化で、江戸近郊の村々でも盗難・強盗の犯罪が増えてきたことを、書き出してみました。これらの盗品は質屋や古物商などに売られる傾向があったようです。現代でも万引きされたコミック本が、古本屋に買い取られるという問題が一時ありましたが、それと同じようなものですね。幕末の農村には、そういった質屋や古物商があって、十分に人々の生活の一部として機能していたことになります。そこで幕府は、盗品が売 [続きを読む]
  • 新選組漫画 188 力士乱闘事件
  • 12月に入って、ようやく漫画も描ける時間ができました。ワタクシ、大相撲の世界はよくわからないのですが、「モンゴル会」というのだけは門外漢としても理解できません。異国の地でともに頑張っている同胞同志で繋がっていこう、という趣旨はわかりますが、本場所前にこれから戦おうという異なる部屋の力士たちが、仲良く飲み会をするというのはイカガなものかと思います。たとえば、巨人対阪神の試合の前日に、マギーとメッセンジ [続きを読む]
  • 異国船渡来と治安の悪化② 
  • 前回は黒船来航以来、治安が悪化してきた一つの事件例を「里正日誌」の中から上げてみましたが、今回はもう1例をご紹介します。「拝借鉄炮紛失に付き御奉行所より御触書」一 鉄炮1挺  玉目3匁2分右は江川太郎左衛門御代官所配下の武州多摩郡百草村に住む百姓、源次郎が拝借している四季打鉄炮を当月9日夜に紛失してしまった。右の鉄炮を所持している者を見聞きしたならば、鉄炮はもちろんのこと、その者とも取り逃がさない [続きを読む]
  • 異国船渡来と治安の悪化① と「江戸散歩」
  • 「里正日誌」安政編、ようやく始まったと思ったら前回からすでに1ヶ月以上経ってしまいました。スマンこってすタイ。黒船がやってきてこの方、悪党や無宿人たちが村々を襲ってくるかもしれないので、各街道の宿場や脇往還の入口の村々では十分な警戒をするように、とのお上からのお達しがありました。すると、実際に、悪党が押し入って被害を受けた村があったようで、「里正日誌」にはその事件について関東取締出役から出された廻 [続きを読む]
  • 「里正日誌」安政編 
  • 市内に流れる夕方のチャイムが、17:30から16:30に変わっていました。もう、10月になってしまいました。忙しさもあって、すっかりグログの更新もおろそかになってしまいましたが、リスタートしてまいります。「里正日誌」は文久年間から少し遡りまして、安政年間の記述を読んでいきたいと思います。安政元年は西暦1854年。ペリーが浦賀に来航した翌年になりますね。つまり、このあたりの年から幕末という時代がスタ [続きを読む]
  • 新選組漫画 187 行軍録
  • 京都での新選組は、一種の警察部隊のようなもので、市中での不逞浪士や反幕過激派の逮捕が主な任務でした。狭い路地や屋内での戦いが中心だったので、刀や鎗で戦う方が効率が良かったワケです。ところが幕府が長州征伐の計画を立てると、新選組も幕府方の1部隊として出陣させられるかもしれません・・・となると、警察隊ではなく軍隊としての組織化が必要になってきます。というコトで立案された新選組の「軍隊としての編成」、コ [続きを読む]
  • 8月も終わりですが・・・
  • 今月のはじめから持病の「群発頭痛」が始まりまして、なかなか仕事もブログも思うようにいかないひと月でありました。頭痛の発作が起きますとPCの画面はもちろん、本の活字など見るのも辛くなってしまうので「里正日記」など古文書の類も、今月は全く読めておりません。ていうか、本自体読めてない。とはいうものの、発作が起きてないときは至って正常でいられるワケで、そこそこ遊んではいられましたので、今回の記事は今年の夏を [続きを読む]
  • 新選組漫画 186 夏の侵入者③
  • 先日福島県で、野外活動をしていた小学生の集団がハチに刺されたというニュースがテレビで流れました。刺したのはアシナガバチ。コイツですね。「なーんだ、アシナガバチか。スズメバチじゃないのね。」と軽く見るなかれ。こやつ、確かにスズメバチよりは小型なれど、同じ種族のハチなのです。実はワタクシ、30歳くらいの頃ですがこのアシナガバチに刺されたことがありまして、そのとき医者から「アナフィラキシーショックを起こ [続きを読む]
  • 「駄右衛門花御所異聞」で勸玄くんを観る
  • 「里正日誌」も文久編が終わりまして、すでに元治、慶応、明治初年頃も見終わっております。さて、今後このブログの展開をどうしようかな、と考えているところです。というわけで、今回はワンポイント継投記事です。先月、歌舞伎座に行ってまいりました。お目当ては夜の部、通し狂言の「駄右衛門花御所異聞」であります。市川海老蔵が大盗賊の日本駄右衛門に扮して、お家騒動を利用して暗躍し、大詰めでは秘術を使って死者をよみが [続きを読む]
  • 新選組漫画 185 夏の侵入者②
  • この夏に入って世間を賑わせているヒアリ。刺されると熱さをともなうモーレツな痛みを感じるんだとか。恐いですよねぇ。ワタクシ、子供の頃にイラガの幼虫。20代の頃にスズメバチに刺されたことがあるもので、毒虫に刺されるのはホント恐いんです。今のところ何とか水際で侵出を食い止めてるようですが、車などで運ばれる危険性もあるわけですし、油断は禁物。まぁ、一時の過剰な危険情報はいくらか緩和されて、「刺されても死ぬ [続きを読む]
  • オレデミー大賞 2017年中間発表 4月期
  • 4月期の地上波連続ドラマは31本(当社調べ)。面白いドラマが多く、好調のシーズンだったように感じました。その中からワタクシが選んだ作品賞10本がコチラです!10位 ツバキ文具店 鎌倉代書屋物語 NHK 金 22:009位  フランケンシュタインの恋 日テレ 日 22:308位  4号警備 NHK 土 20:157位  火花 NHK 日 23:006位  母になる 日テレ 水 22:005位  犯罪症候群 s [続きを読む]
  • 農兵訓練の栞⑥
  • なかなか更新ができずスミマセン。今年は戊辰戦争から150年なんですよね。で、こんなブログ書いていることと、江戸文化歴史検定の1級を持っていることから、今年はいろんな所から講座のご依頼が多くありまして、ちょっとバタバタしておりました。遅れておりました「農兵の栞」ですが、いよいよ今回が最後になります。前回は銃剣・銃槍の扱い方が書いてありましたが、最後の項目となる今回ご紹介する部分は、はたして何が書いて [続きを読む]