こに さん プロフィール

  •  
こにさん: 読書と映画とガーデニング
ハンドル名こに さん
ブログタイトル読書と映画とガーデニング
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mikawinny
サイト紹介文ほとんどが読書記事。ジャンルは様々、乱読です。残りは映画や旅行、美術館など。気ままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2013/07/17 22:59

こに さんのブログ記事

  • おうち映画(海外)を5本
  • 「グッバイ、サマー」原題 MICROBE ET GASOIL英題 MICROBE & GASOLINE2015年 フランス【Netflix】14歳の少年2人、ダニエルとテオが窮屈な日常から抜け出そうと、自分たちで作った「車」で夏休みに旅をするロードムービー母親の愛が重いダニエル父親に邪険にされているテオそんな2人の大冒険は始めのうちは楽しくワクワクすることばかりですが、トラブルが続くとそこはやはりまだ幼さも残る年代の子供とうとう喧嘩別れしてし [続きを読む]
  • 荻原浩「金魚姫」
  • 角川文庫2018年6月 初版発行解説・豊崎由美454頁ノルマばかりを要求されるブラック企業で仏壇販売の営業マンとして働く潤毎日上司のパワハラ暴言に耐えて何とかやっていましたが、結婚を考えていた恋人に振られ、薬とアルコールが無ければ眠れなくなってしまいます夏のある日、近所の神社から聞こえてくる祭囃子に誘われて出かけてみる気になった潤は金魚すくいに目を留めます「すくえなかったら、あのビルの屋上から飛び降り [続きを読む]
  • 映画・泣き虫しょったんの奇跡
  • 2018年【伏見ミリオン座】35歳でアマチュアから異例のプロ入りを果たし、将棋界の歴史を変えた棋士・瀬川昌司=しょったんの実話を主演・松田龍平で描きます昨年よりの藤井聡太七段の活躍もあり注目度アップの将棋界ですが、ワタクシ将棋は日曜の将棋番組を録画している主人に付き合ってたまに見るくらいで駒の動きも何もほとんど知りません主演の松田龍平さんと豪華な共演者に惹かれて観てきました国村隼、野田洋次郎、永山 [続きを読む]
  • おうち映画(海外)を5本
  • 「エル・クラン」原題 EL CLAN2015年 アルゼンチン【シネフィルWOWOW】アルゼンチンで実際に起こった身代金誘拐事件を映画化両親と5人の子どもたちが暮らす一家一見幸せそうなブッチオ家ですが、ある日、次男が通う高校の友人が誘拐され姿を消したことから不穏な空気が漂い始めます以降、金持ちを狙った身代金誘拐事件が多発し世間を騒がせます背景にあるのは軍事政権から民主政権への交代劇ブッチオ家の主、アルキメデス( [続きを読む]
  • TVドラマ・深夜食堂−Tokyo Stories−
  • 【Netflix】2016年 Netflixオリジナル脚本繁華街の路地裏にひっそりと佇むめしや営業時間は深夜0時から朝の7時頃まで人は「深夜食堂」って言ってるよ全10話「タンメン」「アメリカンドッグ」「トンテキ」「オムライス」「たまご豆腐」「梅干しと梅酒」「白菜と豚バラの一人鍋」「長芋のソテー」「ハムカツ」「年越しそば、再び」これまでのドラマと映画は全て視聴すみ変わらぬ店の佇まいと常連さんたちに、“久しぶりに [続きを読む]
  • 梨木香歩「海うそ」
  • 岩波現代文庫2018年4月 第1刷発行2018年5月 第3刷発行書評・井坂洋子解説・山内志朗194頁昭和の初め、人文地理学の研究者、秋野は南九州の遅島へ赴くかつて修験道の霊山があったその島は、豊かで変化に富んだ自然の中に、無残にかき消された人々の祈りの跡を抱いて、彼の心を捉えて離さないそして、地図に残された「海うそ」という言葉50年後、再び遅島を訪れた秋野が見たものは―――遥か昔に島へ逃げ延びてきた平家の [続きを読む]
  • 葉室麟「散り椿」
  • 角川文庫2014年12月 初版発行2018年 4月 22刷発行解説・中江有里418頁18年前、勘定方だった瓜生新兵衛はかつて上役の不正を訴えますが認められず藩を追われました一緒に藩を出た妻・篠が病死後、篠の最後の願いを叶えるため帰藩した新兵衛は、篠の妹・里美の屋敷に居候を決めますもう一人の主人公が里美の息子・坂下藤吾勘定方だった里美の夫=藤吾の父は家老から使途不明金を糾問され、無実と反論したものの突然自害してい [続きを読む]
  • アンソロジー「秋」
  • ポプラ社百年文庫42010年 10月 第1刷発行2012年 1月 第3刷171頁志賀直哉「流行感冒」最初の子を亡くし臆病になっている父親子どもが風邪を引くだけで死にはしないかと不安に襲われます彼が暮らす町に流行性の感冒がやって来たと聞き、それをどうかして家に入れないよう苦心算段するのでした神経を尖らせる父親と雇われ女中とのやりとりが可笑しくも温かい作品でした正岡容「置土産」世評名高い「猫」の芸を伝授して [続きを読む]
  • おうち映画(日本)を5本
  • 「アゲイン 28年目の甲子園」2015年【BSプレミアム】原作 重松清元高校球児たちが再び甲子園を目指す「マスターズ甲子園」を題材に描いたもの46歳になる晴彦(中井貴一)のもとに高校時代のチームメイトの娘・美枝(波瑠)が訪ねてきます東日本大震災で亡くなった父の遺品から、出されなかった27年分の年賀状の束を見つけ、その宛先である晴彦に会いに来たのでした美枝がボランティアとして働いている「マスターズ甲子園 [続きを読む]
  • 吉田修一「路(ルウ)」
  • 文春文庫2015年 5月 第1刷475頁台湾に日本の新幹線が走る商社の台湾支局に勤める春香と、日本へ留学後東京で働く建築家・人豪の出会いと別れと再会台湾で生れ、戦後日本に引き揚げた勝一郎の後悔今を明るく生きる台湾人、陳威志の日常新幹線事業を背景に日台の人々の、国を越え時間を越えて繋がる思いを色鮮やかに描きます登場人物たちの緩い繋がりと先を急がない展開が心地よく、また描かれる台湾人気質が気持ち良かった [続きを読む]
  • おうち映画(海外)を5本
  • 最近BS、CS以外にもNetflixやAmazonプライムビデオで映画やドラマを観るようになったのでタイトルの表現を変えました映画館ではなく家で観賞した作品の紹介という点では変わりありません♪「ターミナル」原題 THE TERMINAL2004年 アメリカ【シネフィルWOWOW】東ヨーロッパの小国からニューヨークのJFK空港に着いたナボルスキー(トム・ハンクス)は、祖国で起きたクーデターのためパスポートが無効になり入国を拒否 [続きを読む]
  • 映画・輝ける人生
  • 原題 FINDING YOUR FEET2017年 イギリス【名演小劇場】結婚して35年夫がナイトの称号を授与され、自身もレディとなったサンドラ(イメルダ・スタウントン)自宅で開かれたお祝いのパーティで夫と親友の浮気現場を目撃してしまい姉のビフ(セリア・リムリー)のアパートに転がり込みますビフのお金や名誉とは無縁の生き方とは全く違う人生を歩んできたサンドラ始めのうちは口喧嘩ばかりでしたが、やはり姉妹少しずつ姉の言葉 [続きを読む]
  • 常光徹「うわさと俗信 民俗学の手帖から」
  • 河出書房新社2016年 5月 初版発行216頁1996年9月2日から11月1日まで高知新聞の学芸欄に「民俗学の手帖から――うわさと俗信――」と題して連載されたものに若干の加筆、訂正を行い刊行怪談・ふしぎ話・言い伝え…現代の町なかの「遠野物語」「学校の怪談」について考えるきっかけとなった、都市伝説の数々しみついた心のくせから、人々の心意を解き明かすⅠ うわさ 現代の世間話 学校の怪談、口さけ女、人面犬など伝 [続きを読む]
  • TV(BS・CS)で観た映画(海外)を5本
  • 「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」原題 EVERYBODY WANTS SOME!!2016年 アメリカ1980年、新学期まであと3日大学野球部の仲間たちが織りなす人間模様を描きます野球に惹かれて観たのですが…女、酒、ドラッグ、何が面白いのか分らない会話ばかりで共感できるもの皆無1980年頃の若者ファッションってこんなにダサかったっけ?お金を払って観るほどのものではないかと…「君への誓い」 [続きを読む]
  • 映画・タリーと私の秘密の時間
  • 2018年 アメリカ原題 TULLY仕事も家事も育児も完璧にこなしてきたマーロ(シャーリーズ・セロン)40歳を過ぎて授かった3人目の子供が生まれて睡眠不足が続く中、仕事に忙しい夫は頼りにならず、長男が学校から落ち着きが無いなどの指摘を受け転校を薦められるとついに心が折れてしまいます兄に出産祝いとしてもらったベビーシッターの電話番号が書かれたメモをバッグから取り出すマーロ夜だけのベビーシッターとしてやっ [続きを読む]
  • 8/22 名古屋市博物館 海たび
  • 海たび尾張・知多の海とひとびと名古屋市博物館2018年7月14日(土)〜9月17日(月祝) 2000年の海辺の歴史さんぽ地元の歴史も知っておこうと出かけてきました入口にはくだけた感じの海の家?夏休みの子ども向けかと思いきや、充分に大人も満足の内容でした古代氏族「尾張氏」の海民伝承古来の原像を追求する考古学近世以降の生活の中に文化的特色を見い出す民俗学知多半島と島々、名古屋周辺まで広がる海の世界を紹 [続きを読む]
  • 映画・追想
  • 2017年 イギリス原題 ON CHESIL BEACH原作 イアン・マキューアン「初夜」1962年夏カルテットの一員としてロンドンの舞台でコンサートを開くことを夢見る音楽大学の学生・フローレンス(シアーシャ・ローナン)歴史学者を目指すエドワード(ビリー・ハウル)偶然出会った二人はたちまちのうちに恋に落ち、互いの家庭環境の違いを乗り越え結婚に漕ぎつけますところが、新婚旅行で向かったチェジル・ビーチのホテルでの二人は [続きを読む]
  • 吉田篤弘「雲と鉛筆」
  • ちくまプリマー新書2018年 6月 初版第1刷発行127頁ぼくは屋根裏部屋に住み、鉛筆工場で働いている大きなことが書かれた小さな本を読み遠い街に出かけて、友人とコーヒーを飲む鉛筆を削って、雲を描き、姉に手紙を書いて、人生を考える短いお話の中にキラキラ光る言葉がたくさん出てきます例えばものは自分の外にしかないが、『気づいた』ものの多くは自分の中にあるこんな嬉しいことはなかなかない本というのは、大きな [続きを読む]
  • 8/19 花形狂言2018 真夏の狂言大作戦!
  • 花形狂言2018真夏の狂言大作戦!茂山千五郎家春日井市東部市民センター狂言?芝居?コント?花形狂言会は若手の実験的な公演の場として位置づけられている、とのこと逸平さんの解説によれば最初の演目「蝸牛」以外は、狂言っぽい、狂言風(*^。^*)古典「蝸牛」創作「伝統はたえた」最新作「すなの、しろ」創作「守り神」最新作「山伏と死にかけ」合間に挟まれた千五郎さんの小噺にも笑い大変楽しい時間を過ごしま [続きを読む]
  • 山本周五郎「柳橋物語」
  • 角川文庫2018年 3月 初版発行解説・諸田玲子268頁悲惨な境遇におかれた女性を主人公に描く2編「柳橋物語」恋に恋していた17歳の時“待っていて欲しい”の言葉を信じてしまったが故、真実を見る目を曇らせてしまったおせん本当に自分を愛してくれていた男を見失ってしまい、四面楚歌の苦しみの中、闘って闘って、最後には正々堂々と生きる道を選んだのでした「しじみ河岸」犯してもいない罪で入牢し、処刑を待つお絹直感 [続きを読む]
  • TVアニメ・昭和元禄落語心中
  • 原作 雲田はるこNetflixにて視聴10月にNHKで実写版(主演・岡田将生)の放送があるとのことで観てみましたシーズン1 全13話シーズン2 全12話戦前からバブル以降まで、落語に人生をかけた男たちを描きますムショ帰りのチンピラ・与太郎は、所内の慰問落語会で聴いた昭和最後の大名人と言われた八代目有楽亭八雲の「死神」が忘れられず、出所後、まっすぐ八雲の元へ押しかけ無理やり弟子入りしますずっと弟子を取って [続きを読む]