足立獣医改め風の動物病院 さん プロフィール

  •  
足立獣医改め風の動物病院さん: 足立獣医改め風の動物病院のブログ
ハンドル名足立獣医改め風の動物病院 さん
ブログタイトル足立獣医改め風の動物病院のブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mirco_vet/
サイト紹介文沖縄県豊見城市の動物病院です。日々の診療、獣医師として、一人の人間としての情報を発信していきます。
自由文沖縄県豊見城市の動物病院です。地域密着型のジェネラリストを目指し日々精進しておりますが、遠方から来院されるかたも大勢いらっしゃいます。高度医療機器に頼るのではなく、病気だけを見るのではなく、病人を診るという人間医療の格言を動物医療でも実践すべく、動物達はもちろんのこと、飼い主さんにもやさしい医療を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供358回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/07/19 00:55

足立獣医改め風の動物病院 さんのブログ記事

  • 自己満足
  • パキスタンちょっと重苦しい雰囲気が残ったので気晴らしの写真。こういうところに行っていた時代もその後も「なんで?」とはよく言われる。でもみんなどこかしら旅行には行くわけだし、その目的はさまざま。観光地巡りもあれば、食べることが目的であったり、温泉であったり、とにかく日常から離れたいだけだったり。なのでなぜ?と言われても明確な答えはなかなか難しい。まあ言うなれば自己満足を満たすため、かな。自己満足がな [続きを読む]
  • 現状と今後
  • さて・・・・ある程度想定内の反感を買っているようです。こういった問題提起をしたときにある一定数出てくる意見ではあるのは間違いない。なかなか完璧なモノは世の中にはないわけですが、その不完全な部分を指摘や否定することと、全体を否定することは全く違う訳なのですが、なぜかこういったことを書くと自分たちが肯定しているものを全否定されている気になってしまう人たちもいるわけです。私は単にベルトコンベア式にするの [続きを読む]
  • 実はその原因は・・・ 〜会陰ヘルニアと呼吸器疾患〜
  • さて、昨日の会院ヘルニアの子。じゃあその原因はなんなのかということになるわけです。この子は呼吸がおかしい。そしてレントゲンでみると舌骨と呼ばれる骨が伸展している。普通では「くの字」に曲がっているもの。これは慢性的にずっと呼吸困難を起こしていた、いわゆる短頭種気道症候群と同じことが起こっていたわけです。そのために一生懸命呼吸はするし、咳はするしで腹圧が常に上がる状態にさらされていた、ということになる [続きを読む]
  • 変わってきた病気 〜会陰ヘルニアと考え方〜
  • 今日と明日はちょっと難しい話。本来であれば獣医師が知っておくべき新しい知見。会陰ヘルニアという珍しくはない病気があります。いわゆる脱腸。こんなやつ過去の記事はコチラ →会陰ヘルニア 〜準備と想定と手術と〜ただ、最近どうやら単なる会陰ヘルニアというのが減ってきているらしい。というよりかは他の疾患があって、それで会陰ヘルニアになることの方が多いことがわかってきたらしい。以前は未去勢のオスがなりやすい、 [続きを読む]
  • バカヤロー 〜猫は回転寿司ではない!〜
  • とあるネットニュース。リンクしてあります。一歩先の『殺処分ゼロ』活動これがまかり通っているのがまずおかしい。手術しているのに男性の方は手術用グローブをしていない。女性は手術用キャップをかぶっていない。手前の猫は手術が終わっているのかもしれないけれど、麻酔からの覚醒を誰も監視していない。奥の猫はこれから手術なのかもしれないけれど誰も麻酔の状況を監視していない。麻酔モニターなんてしていない。この状況で [続きを読む]
  • 突然の終焉
  • 「バン!」その時は突然やってきた。診察終了時間のその直後。突然聞こえたその音。最初はそれがまさか終わりを告げる音になるとは思わなかった。いずれその時がやって来るのはわかっていたことだけれど、それがいつなのかということを予想するのは非常に困難。それが突然やってきた。終わりは必ず来るけれど、そんな予兆は全くなかった。いや、あったのかもしれないけれど、全く気づけなかった。確かにかなりの負担はあったんだろ [続きを読む]
  • 逃げた→見つかった→帰還 〜橈尺骨骨折〜
  • 大事にしていても完璧ではない。そりゃそうだ。私もブログで偉そうなことを言いつつも、我が家の犬や猫に「あっ・・・・」なんて失敗は未だにあるわけだし。ただ、立場上偉そうに言っているだけで、私も完璧な飼い主ではないわけです。ということで今日はある大事にされているわんちゃん。結構やんちゃではあるけれど、飼い主さんも予防はしっかりするし、少しでも心配なことがあればすぐに病院いらっしゃるくらい大事にされている [続きを読む]
  • 無関係
  • エチオピア絶対この車は彼らには無関係なはず。日本でこれをやられたら、大抵の日本人は嫌だろうな・・・・きっと私も良い気分はしない。そういったところが狭量というか、現代社会なんだろうな・病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/ facebook、インスタもよろしくです   ↓ [続きを読む]
  • 耳の痒み≠外耳道炎 〜場所と状態を特定しよう〜
  • 外耳炎のセカンドオピニオンが増えてきている。何度もこのブログでは書いているけれど、外耳炎は完全には治してあげられない進行性の病気です。 過去の記事はコチラ→手間と外耳炎と機能回復じゃあどうするかというと、できる限り良い状態を長く続けてあげること。そしてそれを説明しないといつまで経っても治らないということになる。でもちゃんとした治療をしないと良い状態も続けてあげられないこともまた事実。そういった治療 [続きを読む]
  • 落ち着いた?
  • 確か11月の終わりくらいに「ヒマだ」なんて記事を書いていたわけですが・・・ここ数日は怒濤のような数日間。寝る時間がなかったり、シャワーすら浴びられない日があったり。がんばってくれた子もいれば、残念ながら亡くなってしまった子も。助けられなかった子がいると怒濤の日々がさらに怒濤の日々と感じさせられるわけです。そして今日は・・・なぜか急にまったりの1日でした。昨日までの怒濤の日々が嘘のよう。中々平均的にと [続きを読む]
  • 麻酔と鎮静 〜コメントより〜
  • 今日は以前いただいたコメントの質問に答える形で記事にしようと思います。以前から、鎮静と麻酔の差がよくわからないのですが、鎮静でもシャンプー 等しても起きないのですか?麻酔だとご飯等を絶たなくていけないですが、 鎮静の場合はどうなんですか?当方、5番目の猫がアウドドア出身で (全員ノラ出身ですが)かなりさわれるし甘えてもくれるのですが もし、治療が必要になったときに獣医さんで治療が受けられるのか心配なん [続きを読む]
  • 食道異物と豚の鼻
  • 午前の診察も終わりの間際。突然あわてた声でお電話をいただきました。「緊急で見てもらえますか!」いつもは違う病院に行っている方なので。で、お話を聞くおやつを喉に詰まらせてチアノーゼを起こしている。何を飲み込んだかというと、乾物。おやつとしてあげていたみたい。いつもは小さくなる前に取り上げて飲み込まないようにしていたらしいけれど、今回は気づいたら飲み込んでた・・・それを口から取り出そうとして飼い主さん [続きを読む]
  • 内側、外側
  • 今日は那覇マラソン。那覇マラソンといいつつコースのほとんどは豊見城を含む南部がほとんど。そして豊見城はそのコースに囲まれ・・・ということでコース側、コースの外側の飼い主さんは来院に大苦労。申し訳ないやら、どうしようもないやらで・・・・病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/ facebook、インスタもよろしくです   ↓ [続きを読む]
  • 手際よく
  • 時々こんなネコちゃんがやって来る。ねずみとりもちにやられた子。取りきれない!ということで来院することが多いのですが、そりゃあ簡単に取れるのならネズミもすぐに逃げることができるはずだよね。ということで沈静をかけて、ネズミ捕りモチ取りスタート。まあ不謹慎ではあるのですが、この処置をするときには何故か頭の中には3分クッキングの音楽が流れてしまいます・・・・オリーブオイルをたっぷり塗りつけて。オリーブオイ [続きを読む]
  • 完成&配布中!
  • 当院のロゴが入った来年のカレンダー完成!ただいま受付にて無料で配布中です!「是非欲しい!」という方はもちろん、「別に特別欲しい訳じゃないけどそこまで言うならもらってやってもいいけど」という方も是非受け取りに来てください!病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/ facebook、インスタもよろしくです   ↓ [続きを読む]
  • 色合い
  • カンボジア随分日が暮れるのが早くなった。ふと気が付けばその時期はもう空は暗い。この日没前後の微妙な色合いになる時間に空を見ていないなあ。その前に寒さにやられているわけではありますが。明日から12月じゃないか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/ facebook、インスタもよろしくです   ↓ [続きを読む]
  • 中止 〜説得と同意と説明と決定権と〜
  • 今晩は別の病院からの依頼でとあるオペの予定だったんだけど・・・・中止になりました。少し元気になったからということで飼い主さんがオペを拒否されたらしい。もちろん選択権は飼い主さんにある。個人的には必要なオペだとは思うけれど、でも飼い主さんが納得しないオペを強行する権利は我々にはないし、絶対安全なオペというのもない。納得できないままオペをして、リスクが上回ってしまった場合、飼い主さんはやはりわだかまり [続きを読む]
  • 貧血です! 〜その原因は?編〜
  • さて、昨日の記事のわんちゃん。貧血があったわけですが、その原因を突き止めなければいけません。昨日の記事でこの子の貧血が再生性貧血ということは突き止めました。さて、再生性の貧血っていうのは血液(赤血球)が作られてはいるけれど、貧血になってしまっている状態。ではなぜ貧血になるのか。失われる赤血球>作られている赤血球の状態になっているわけです。体は頑張って赤血球を作っているけれど、間に合わない、失われて [続きを読む]
  • 貧血です! 〜どちらの貧血?編〜
  • 今日は少しお勉強しましょうか?ってどれだけ上から目線なんだよって感じですが。しかもちょっと上級編。みなさん貧血ってわかりますよね?そう、血液、特に赤血球が足りなくなっている状態と思ってもらって結構です。問題はそこから。じゃあなんで貧血になったのか?立ちくらみのような起立性貧血ではなく、実際に赤血球が少なくなってしまった貧血です。病院で血液検査をすると貧血の子ってちょいちょいいる。定期的に再検査が必 [続きを読む]
  • 助成金活用 in 沖縄
  • 避妊手術・去勢手術は多くの方がされていると思います。もちろん絶対ではないし、繁殖を望まれている方もいるだろうし、それ以外の考え方もあるとは思う。その是非を今日は書くつもりはありません。だったら思わせぶりな冒頭にするなっていう話ではありますが(笑)で、本題。沖縄県獣医師会では犬や猫の避妊手術の助成金制度というのがあるわけです。これはもちろんペットであろうが、ノラであろうがいいのですが。各個人で申し込 [続きを読む]
  • 最近の傾向 〜兄弟そろって〜
  • 最近このパターンが多い。兄弟そろってワクチンとか兄弟そろって去勢・避妊手術とか。この日は兄弟そろっての去勢手術。両方とも男の子。ちょっと緊張してる感じ。二人とも術前の痛み止めもして、全身麻酔もして。 もちろん精巣への局所浸潤麻酔もしっかりして、痛みが無いように、痛みが無いように。そして二人とも無事終了!兄弟で保護されて、そして兄弟で迎え入れられる。産まれたときから一緒だから相性や喧嘩というのはあま [続きを読む]
  • 実はスタートです! 〜口腔内処置とオーラルケア〜
  • さて、久しぶりに歯科の記事。散々書いてきたから目新しいことは何もない(汗)この子は少し年をとってから家族として迎え入れられた子。だからというわけでもないけれど、かなり口の中はボロボロ。そして当院のHPを見て相談に来てくださった。臭いもキツイし、ネットで見ても・・・ということで歯科処置となりました。歯肉に血がついているのはブロック麻酔で針を刺したから・・・ちょっと見苦しい写真になって申し訳ないです。し [続きを読む]
  • 嫌な季節がやってきた 〜尿閉、膀胱炎、ストルバイト結晶〜
  • いよいよ寒くなってきた。そして寒くなってきて増えてきたのが猫の尿路系の子達。膀胱炎や尿閉。そしてこの日も立て続けに尿閉の猫たちがやってきた。この子は尿閉もすぐに解除できて、一般状態も悪くない。しばらくは通院で点滴で尿量を増やして、膀胱炎の治療も行ってという感じかな・・・以前も書いたけれど、獣医療の最近の傾向としてストルバイトが激減してシュウ酸カルシウムが増えているらしい。でも以前として私のところに [続きを読む]
  • 寿命 〜結果として、そして彼らにも〜
  • ネットニュースではあるけれど。犬を飼うと寿命が延びるなんて研究結果があるらしい。特に散歩なんかで生活の中での活動性があがるから心血管系での死亡リスクが下がるって。ずっと昔から動物達と暮らしてきた人間からすれば「まあ、そうだよね」って感じにはなる。活動性だけじゃなくて、そして犬だけじゃなくて、動物を飼うことで苦労も多いけれど、それは気持ちに張りがでてくるということもあると思う。もちろん癒しなんかもね [続きを読む]