風の動物病院 さん プロフィール

  •  
風の動物病院さん: 風の動物病院のブログ
ハンドル名風の動物病院 さん
ブログタイトル風の動物病院のブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mirco_vet/
サイト紹介文沖縄県豊見城市の動物病院です。日々の診療、獣医師として、一人の人間としての情報を発信していきます。
自由文沖縄県豊見城市の動物病院です。地域密着型のジェネラリストを目指し日々精進しておりますが、遠方から来院されるかたも大勢いらっしゃいます。高度医療機器に頼るのではなく、病気だけを見るのではなく、病人を診るという人間医療の格言を動物医療でも実践すべく、動物達はもちろんのこと、飼い主さんにもやさしい医療を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供322回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2013/07/19 00:55

風の動物病院 さんのブログ記事

  • 世界の窓から
  • エチオピア外に出て思いっきり景色を見るのが好きだけれど、実は窓からの風景もとても好きなのだ。それが部屋からなのか、廊下からなのか色々あるけれど、その宿の窓から見える風景もまた楽しみなのです。絶景が見えることもあれば、表通りからはわからないスラムのような町並みもあったりと様々な風景が実は宿から見えることもある。そしてその町の人たちに窓から覗いていることを気づかれることも(笑)そしてそれも彼らとの交流 [続きを読む]
  • 1週間の代償 〜会陰尿道瘻形成〜
  • 昨日の記事に少しだけ書いた保護ネコちゃん。おしっこが出なくて1週間膀胱穿刺で尿を出すという方法で引っ張られた。改善がない(当たり前)から手術と言われ、当院にやってきました。確かにペニスの尖端が潰れてる。これではおそらく出せない、もしくはちょびちょびとしか出ないと思う。となると尿道を広げる手術が必要。でも体重1.2kg。しかも栄養状態は最悪。尿毒症も出ているけれど、その改善には手術しかないやるしかないの [続きを読む]
  • 落としどころ 〜永遠の悩み〜
  • いつも偉そうなことを言っているけれど、実は自分自身でも「落としどころ」というのは悩み中なのです。でもその悩みは一生解決することはない。なんのことかというとやっぱり「医療費」。いつもは動物を飼うにはお金がかかる、医療にはお金がかかるということを言っているわけだけれども、だからといってあまりにも費用がかさむというのも問題でもあるわけです。あまりにも費用がかさんでしまえば動物を飼うことができる人も減るだ [続きを読む]
  • てんこ盛り
  • 日々色々な飼い主さんからありがたいことに差し入れをいただいています。その都度ブログやインスタなどで書ければいいのですが、なかなか・・・お弁当からお総菜、ピザやパン、もちろんお菓子もたっぷり。本当に感謝感謝です。ここのところは何故かフルーツが盛りだくさん!フルーツも大好きなので嬉しい!梨もたくさんいただき、スタッフとも時間を見つけて食しています!みずみずしい!おいしい!近頃話題のシャインマスカット。 [続きを読む]
  • 重なったけれど 〜歯科処置とブロック麻酔〜
  • なぜか続いた歯科処置。内地にいるときは予防シーズンに身体検査の一環で歯科検診まで行って、指摘して。で7月くらいに歯科処置のピークが来てって感じだったけれど、予防シーズンがない(フィラリアが通年予防なので)沖縄ではなかなかそういったことはなく、ある意味穏やかにばらけて予約が入るのだけれど。まあ、なぜかこういったものも重なるときは重なるわけで。もちろんきちんとした処置を行う訳なので全身麻酔で。全身麻酔 [続きを読む]
  • 高齢の猫って 〜慢性腎臓病と甲状腺機能亢進症〜
  • 沖縄には夜間専門病院がない。隣県と隣接していないというのもその理由になるかも。だって、県内の救急だけで成り立たない可能性も大きい。なので沖縄では獣医師会所属の病院の一部雄志で当番制で夜間救急対応をしているわけです。もちろん中には救急案件ではないものもあるけれど、それで飼い主さんが安心してくれるのであれば存在意義はあると思っています。ただ、その中で普段の診療でもう少し踏み込んでればと思うことも。何回 [続きを読む]
  • ピーク到達
  • カンボジアどちらかといえば疲れ知らず、異常体力と思ってはいるけれど、それでも年齢には勝てないのか・・・疲れがピークに達すると逃避思考が頭をよぎる。何も考えず過ごせる日があればいいのだけれど、性格的にあれやこれやと考えてしまってしまうんだよなぁ・・・・病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/ facebook、インスタもよろしくです   ↓ [続きを読む]
  • 本年度の助成金申し込みスタート!
  • 今年も沖縄県獣医師会での犬・猫の避妊・去勢手術の助成金の申し込みが始まりました。もちろんノラだけじゃなくて一般のペットとしての子達も大丈夫です。抽選にはなりますが、こういった制度も是非活用してください。申込用紙や詳しくは当院までお越しください。病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/ facebook、インスタもよろしくです   ↓ [続きを読む]
  • 血が通っているということ 〜膀胱結石と繊維化〜
  • 昨日の記事で実は出血は大事な生き物の反応だということを書きました。そして昨日はしっかり出血してくれた子のお話でした。さて、今日は・・・・とある膀胱結石にネコちゃん。真っ白で血管がほとんどないですよね。いわゆる繊維化が起こってしまっている状態。ん?よくわからない?これが正常な膀胱。透明感があって、薄くて、適度に全体に血管が見えていて。これなら切開しても適度に出血するし、血管がしっかりしているから治り [続きを読む]
  • 悪いこと?いいこと? 〜出血〜
  • みなさんは「出血」に対してどう思っていますか?きっとマイナスのイメージが強いのではないでしょうか。医療ドラマでも「どこかで出血しているぞ!」とか「出血で何も見えない!」なんて台詞聞いたことあると思います。確かに出血させてはいけない出血が多いのですが、実は出血ってとっても大事なことでもあるんです。さて、いつもの(笑)歯科処置です。以前から言っている通り、当院では美観目的に歯石取りはしていなくて、治療 [続きを読む]
  • またいつかね
  • とある理由で長期入院していた子が先日無事退院。これだけ長くいるとね、やっぱりね・・・・看護師さんは駐車場までお見送りに行ったけれど、私は行かない。また会えるさーね。どうして猫って私のこの鞄でくつろごうとするんだろ。今のところくつろぎ率100%(笑)がんばったね!病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/ facebook、インスタもよろしくです   ↓ [続きを読む]
  • 早く日常を
  • 随分過ごしやすくなったとは言え、朝の散歩では途中で休憩をいれながら。台風、地震と立て続けに自然災害。みなさまが1日でも早く日常を取り戻せますように。病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/ facebook、インスタもよろしくです   ↓ [続きを読む]
  • 理想と過剰 〜犬の乳腺腫瘍〜
  • セカンドオピニオンはおそらくどこの病院にもある。もちろん当院も。その中で多い一つが「費用」の問題。別の病院で手術と言われ、その費用に驚愕して当院にも尋ねてこられるというもの。確かに常々私も獣医療だってお金がかかるということは言ってはいるけれど・・・・・今日はそのうちの一つ。乳腺腫瘍のオペの相談にこられた例で。犬の乳腺腫瘍と言っても良性から悪性まで色々あるし、どこの乳腺に出来たかによっても術式は変わ [続きを読む]
  • 見た目と保護猫と疥癬と
  • 保護してくださる方には頭が下がる。毎度のことだけれど。しかもそれが外観がひどい状態にもかかわらず連れてきてくださる方は少なくない。怪我とかではない分マシなのかもしれないけれど、でもこんな状態だとね・・・知識が無くてもあっても触りたくないと思っても不思議ではない。この方は知識はあった。そう、疥癬の疑いが強い。耳もこんな感じ。まあ間違いないよね。家には犬とかもいて、自分もやられるかもしれないのに連れて [続きを読む]
  • 犬の尿閉塞と尿道切開 〜尿道結石・膀胱結石〜
  • ここの所尿路系のトラブルが多かった。今日はそのうちの一つ。「おしっこが出ません!」ネコちゃんで多いけれど、今回はわんちゃん。昔に椎間板ヘルニアをやっていて自力排尿ができないから飼い主さんが圧迫排尿を続けているわんちゃん。で、そうなると膀胱炎を慢性的にもっているわけです。ペニスの尖端からカテーテルを挿入すると確かに尿道にガリッとした感触。尿道結石による尿閉で間違いなさそう。頑張って押し戻そうとするけ [続きを読む]
  • 初歩中の初歩 〜猫の嘔吐と消化管異物 その2〜
  • 昨日の続きのネコちゃん。消化管異物を疑いながら緊急の開腹手術です。が・・・・・麻酔をかけるときにとある重大な、初歩中の初歩を見落としていたことに気がつく・・・・口からヒモが・・・・そう、消化管異物ではあるけれど、ひも状異物。あのエコー像はやっぱりそうだったのかと焦る私。結果としてエコーでの診断が当たっていたわけだけれど、きちんと身体の隅々まで観察していれば速効で診断できた・・・・我ながら情けない。 [続きを読む]
  • 初歩中の初歩 〜猫の嘔吐と消化管異物 その1〜
  • 猫の嘔吐はよくある来院理由ではあるけれど、それが問題ないものなのか重篤なものなのかの判断が難しいことは往々にしてあること。もちろんぐったりしていたりとか、吐いたものが毛玉だったりとかでなら判断はしやすいけれど。その中間というのが判断が難しいことがあって、頭を悩ますこともあるわけです。でも隅々まで観察すればわかることもあったりするはずなんだけれど・・・・さて、嘔吐で来院されたネコちゃん。問題なさそう [続きを読む]
  • やばい?大丈夫? 〜ダリエ兆候と肥満細胞腫〜
  • もちろんみなさんご存じだとは思いますが、「腫瘍」と言っても色々なものがあって最たるものが「悪性」「良性」だったりするわけです。そしてその腫瘍の種類もそうだし、場所でもやっかいだったり、そうでもなかったりとその子その子で対処が違ってきます。そのなかでやっかいなものの一つが先日も書いた「肥満細胞腫」。悪性だわ、他の腫瘍以上に切除範囲を広げないといけないわで結構苦労することも。 先日の記事はコチラ→落と [続きを読む]
  • 猫禁止!? 〜これから先〜
  • 怒濤のような8月が終わりました。通常動物病院は8月というのはヒマな時期ではあるのですが、なぜか今年はキツかった〜〜〜!看護学生の実習もあり、獣医学生の実習もあり、忙しかった分少しは色々経験させてあげられたかなとも思いつつ。生物の多様性や独自性という観点からオーストラリアは世界でも屈指の厳しさがあるお国ですが、何やら一部地域では「猫の飼育禁止」となるニュースをちらりと見ました。一瞬「アホか?」とも思 [続きを読む]
  • 1日1件 〜麻酔とその理由〜
  • ちょっとだけ昨日の続き(笑)この子は昨日の記事の同居犬。昨日の記事を覚えていますか?飼い主さんが「最短で!」と予約を取られた方の子の記事でした。で、最短の日にちを予約で抑えるわけですが、飼い主さんの希望は「2匹同日に!」というものでした。が、それは当院は基本的にはお断りしています。なぜって?当院は今のところスタッフを少人数(少数精鋭笑)で行っています。となると麻酔を切っても実際に覚醒するまでの時間 [続きを読む]
  • 久々だけど重なる 〜歯科処置〜
  • 最近歯科処置が無いな〜〜〜〜なんて思っていたら、ここのところ立て続けに歯科処置の相談での来院が増えました。まあどんなものでも重なるときは重なるのではありますが。それでゆっくり考えるという方もいれば、大急ぎで!という方もいて三者三様なのであります。この子は急ぎで!最短で日程組んでください!との要望でしたので最短で予約をとることに。実は・・・・の話もあるのですが、それは明日(笑)なので全身麻酔であるこ [続きを読む]
  • それでいいの? 〜慢性腎臓病・腎盂腎炎・腎臓癌・リンパ腫〜
  • 一つの検査結果だけをもって診断が決まるというのは中々なくて、その他の検査も合わせて判断していく必要がある、というのは何度となく書いてきました。が、やっぱり典型的な検査結果だとついその病名を言ってしまうこともあるので気をつけないといけない。で、とあるネコちゃん。他院でBUNとクレアチニンが高くていわゆる猫の慢性腎臓病(CKD)と判断された。何度かの点滴と療法食の指示のみ。でもどんどん痩せてくるとのことで救 [続きを読む]
  • 謎のまま
  • バングラデシュ沖縄は旧盆最終日(ウークイ)+あいにくの天候で病院内はまったりとした時間が過ぎております。バングラデシュのダッカでの常宿の裏手にはちょっと怪しい路地があって、夜は露天が並ぶ場所。ちょっとツーリストには立ち入りにくいような雰囲気ではあったけれど、そして当時は電力供給もかなり悪い状態だったので結構暗くて露天の内容もよくわからない状態(笑)それでも結構地元の人たちでにぎわう場所でした。が、 [続きを読む]
  • 置きみやげ 〜ダニ症と駆除と予防と〜
  • 昨日の記事のダニを大量にくっつけた子。こんな置きみやげを置いてってくれた・・・・その子の診察が終わり、次の子を診察室に呼ぼうとすると壁に何やらもぞもぞと。そう、ダニが壁をよじ登ってた・・・これがしっかりと予防をして欲しい理由のもう一つ。感染症はその子だけではなく、他の子に拡大するのが困る。それが病院内でとなるとなおさら。人間でもやっぱり院内感染は大きなニュースにもなるし、やっぱり何としても防ぎたい [続きを読む]