乙 さん プロフィール

  •  
乙さん: 御朱印手帳
ハンドル名乙 さん
ブログタイトル御朱印手帳
ブログURLhttp://goshuinnote.blog.fc2.com/
サイト紹介文神社探訪 参拝した神社、拝受した御朱印を紹介してまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供657回 / 309日(平均14.9回/週) - 参加 2013/07/20 13:35

乙 さんのブログ記事

  • 堀川戎神社
  • 【堀川戎神社】大阪府大阪市北区西天満5-4-17村社大阪市北区の堀川戎神社(ほりかわえびす神社)です。蛭児大神(蛭子大神)をお祀りし、堀川のえべっさんとして有名です。大阪のミナミの今宮えびすとキタの堀川えびすが十日えびすを代表するようになったそうです。今宮戎、西宮戎と並び三大戎に数えられています。御朱印は境内社務所にて拝受出来ます。《カテゴリー:都道府県別リスト》都道府県別リストはこちらへ↓↓ポチッとお [続きを読む]
  • 難波八阪神社
  • 【難波八阪神社】大阪府大阪市浪速区元町2-9-19郷社大阪市浪速区の難波八阪神社(なんばやさか神社)です。獅子舞台という大きな獅子の頭の形をした舞台で有名な神社です。古くは「難波下の宮」とも呼ばれていました。ご祭神は素盞嗚尊、奇稲田姫命、八柱御子命です。御朱印は境内社務所にて拝受出来ます。《カテゴリー:都道府県別リスト》都道府県別リストはこちらへ↓↓ポチッとお願いします。↓↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 難波神社
  • 【難波神社】大阪府大阪市中央区博労町4-1-3府社大阪市中央区の難波神社(なんば神社)です。摂津國総社として難波大宮とも呼ばれていました。ご祭神は仁徳天皇です。反正天皇が柴籬宮(松原市)を開かれた時、父帝の仁徳天皇をご祭神として創建されたと伝えられています。その後、天王寺区上本町を経て御堂筋に面した現在地に遷座されました。近代的な社殿ですが、元の社殿は第二次大戦中の空襲で焼失したそうです。現在の社殿は [続きを読む]
  • 比売古曽神社
  • 【比売古曽神社】大阪市中央区高津1-1-29式内社(名神大社)、高津宮摂社大阪市中央区の比売古曽神社(ひめこそ神社)です。延喜式神名帳に於ける摂津國東生郡 比賣許曾神社の論社です。ご祭神は下照比売命で、高津宮の境内に鎮座されています。当地には元々は比売古曽神社がお祀りされていましたが、大阪城築城の為に高津宮がここに遷座されました。その時に高津宮が本社とされ比売古曽神社が摂社となったそうです。《カテゴリー: [続きを読む]
  • 比賣許曾神社
  • 【比賣許曾神社】大阪府大阪市東成区東小橋3-8-14式内社(名神大社)、村社大阪市東成区の比賣許曾神社(ひめこそ神社)です。延喜式神名帳に於いては摂津國東生郡 比賣許曾神社(下照比賣社)と記載の名神大社の論社です。論社としては同市中央区の高津宮摂社 比売古曽神社も伝えられています。ご祭神は下照比売命です。古事記では新羅の天之日矛(あめのひぼこ)が妻を追って日本に来たと記載がありますが、その妻が下照比売命( [続きを読む]
  • 鐸比古鐸比賣神社
  • 【鐸比古鐸比賣神社】大阪府柏原市大県4-6-1式内社(小)、郷社大阪府柏原市の鐸比古鐸比賣神社(ぬでひこ ぬでひめ神社)です。延喜式神名帳に於ける河内國大縣郡 鐸比古神社 鐸比賣神社に比定される神社です。ご祭神は鐸比古命、鐸比売命です。奈良と大阪の県境には金剛生駒山地が南北に連なります。その中の高安山が御神体となっています。元は鐸比古神社と鐸比賣神社は別々の神社で鐸比古神社は高安山の山頂に祀られていたそう [続きを読む]
  • 飛鳥戸神社
  • 【飛鳥戸神社】大阪府羽曳野市飛鳥1023式内社(名神大社)、村社大阪府羽曳野市の飛鳥戸神社(あすかべ神社)です。延喜式神名帳に於ける河内國安宿郡 飛鳥戸神社と記載のある名神大社です。ご祭神は素盞嗚命です。江戸時代以前は牛頭天王がご祭神で神仏分離の際に素盞嗚命に改められたそうです。創建の年代は不詳たそうですが、奈良時代よりも前とみられています。当地は渡来人 百済王族・昆伎王の子孫である飛鳥戸造氏族の居住地 [続きを読む]
  • 高賣布神社
  • 【高賣布神社】兵庫県三田市酒井50式内社(小)、郷社兵庫県三田市の高賣布神社(たかめふ神社)です。延喜式神名帳に於ける摂津國川辺郡 高売布神社と記載のある古社です。ご祭神は下照比売命です。創立年代は不明ですが、推古天皇時代(7世紀頃)の創建と伝えられています。同時期に創建されたとされている宝塚市の賣布神社(摂津國川辺郡)の創建と関係があるとも言われています(高賣布神社と賣布神社はご祭神が同じです)。本 [続きを読む]
  • 乎疑原神社
  • 【乎疑原神社(繁昌町)】兵庫県加西市繁昌町529式内社(小)、郷社兵庫県加西市の乎疑原神社(おぎはら神社)です。延喜式神名帳に於ける播磨國賀茂郡 乎疑原神社と記載の神社です。ご祭神は諸説あり、少彦名命、菅原道真、大国主命、大物主神とされています。少彦名命を奉ずる氏族が奉斎したものと考えらていますが、隣接する当社の別当寺である百代寺を菅原道真が左遷の折に訪れたそうです。その後、天神宮・総社天神宮と呼ばれ [続きを読む]
  • 上鴨川住吉神社
  • 【上鴨川住吉神社】兵庫県加東市上鴨川571式内社(小)、村社兵庫県加東市の住吉神社です。延喜式神名帳に於ける播磨國賀茂郡 住吉神社です。ご祭神は住吉三神(上筒之男命・中筒男命・底筒男命)、息長足姫命です。神社の創建は不詳とのことですが、室町時代中期の明応二年(1493年)に再建された本殿は古い神社形式を留めており、国の重要文化財に指定されています。また、秋の例大祭て行われる上鴨川住吉神社神事舞は重要無形民 [続きを読む]
  • 有子山稲荷神社
  • 【有子山稲荷神社】兵庫県豊岡市出石町内町兵庫県豊岡市の有子山稲荷神社(ありこやま稲荷神社)です。出石城の本丸の上に鎮座されている鎮守社です。石川五右衛門を捕まえたと言われている出石藩主仙石氏の祖権兵衛秀久を祀りしています。慶長九年(1604年)の出石城築城当時から鎮座されていたそうです。参道には37基の鳥居が並び、157段の石段を上ったところに稲荷郭があり、拝殿と奥に本殿があります。境内からは出石の街並み [続きを読む]
  • 諸杉神社
  • 【諸杉神社】兵庫県豊岡市出石町内町28式内社(小)、県社兵庫県豊岡市の諸杉神社(もろすぎ神社)です。延喜式神名帳に於いては但馬國出石郡 諸杉神社/諸枌神社と記載のある古社です。ご祭神は多遲摩母呂須玖神(たじまもろすくのかみ)で、出石開拓神の天日槍(天之日矛)の子とされています。元は水上村に鎮座されていましたが、江戸時代になって出石城の山里曲輪北方に遷座されお祀りされるようになったそうです。出石中心部の [続きを読む]
  • 安牟加神社
  • 【安牟加神社】兵庫県豊岡市但東町虫生2式内社(小)、村社兵庫県豊岡市の安牟加神社(あむか神社)です。延喜式神名帳に於ける但馬國出石郡 阿牟加神社の論社です。同市森尾の阿牟加神社も論社とされています。安牟加神社の農村歌舞伎舞台は江戸時代末期から明治時代にかけ地方廻りの役者一座や農民自身が歌舞伎などを上演して大人気を博していたとのことで、現在では兵庫県指定文化財になっています。《カテゴリー:都道府県別リ [続きを読む]
  • 藤白神社
  • 【藤白神社】和歌山県海南市藤白466県社和歌山県海南市の藤白神社(ふじしろ神社)です。熊野参詣道(熊野古道)沿いに在する九十九王子の一社です。その中でも別格とされた五体王子のひとつ藤白王子跡で、熊野一の鳥居(熊野の入り口)と言われています。ご祭神は饒速日命です。饒速日命を祖神とする藤白鈴木氏が代々神職を務められ、全国に約200万人以上と言われる鈴木さんの発祥の地と言われています。御朱印は境内授与所にて拝 [続きを読む]
  • 飛瀧神社
  • 【飛瀧神社】和歌山県那智勝浦町那智山熊野那智大社別宮和歌山県那智勝浦町の飛瀧神社(ひろう神社)です。熊野那智大社の別宮であり、ご祭神は大己貴神です。本殿は無く那智滝を御神体としています。授与所から先に進めば那智の滝を間近に見ることが出来ます。御朱印は境内授与所にて拝受出来ます。《カテゴリー:都道府県別リスト》都道府県別リストはこちらへ↓↓ポチッとお願いします。↓↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 粉河産土神社
  • 【粉河産土神社】和歌山県紀の川市粉河2788和歌山県紀の川市の粉河産土神社(こかわうぶすな神社)です。西国三十三所第三番札所 粉河寺の境内に鎮座され、粉河村の総鎮守であると同時に粉河寺の鎮守でもあります。ご祭神は丹生都姫命と天忍穂耳命です。粉河寺の開基とされる大伴孔子古の子の船主が宝亀年間に上丹生谷村の丹生神社を勧請し建立したのが始まりとされています。産土神社の夏の祭礼である粉河祭りは紀州三大祭りとし [続きを読む]
  • 寶來山神社
  • 【寶來山神社】和歌山県伊都郡かつらぎ町萩原56和歌山県かつらぎ町の寶來山神社(ほうらいさん神社)です。創建は宝亀四年(773年)和気清麻呂公が八幡宮を勧請し八幡山と称したことに始まるそうです。ご祭神は八幡大神、菅原大神、猿田彦大神、大山祗大神です。本殿四社は一間社春日造で重要文化財に指定されています。ご朱印は境内授与所にて拝受出来ます。《カテゴリー:都道府県別リスト》都道府県別リストはこちらへ↓↓ポチッ [続きを読む]
  • 蟻通神社
  • 【蟻通神社】和歌山県伊都郡かつらぎ町東渋田790和歌山県かつらぎ町の蟻通神社(ありとおし神社)です。ご祭神は思兼命です。蟻通神社とは変わった社名だと思って調べたところ、和歌山県神社庁のページに次の記載が有りました。「天武天皇の時代、唐の高宗から七曲りの玉を献じられ、これに糸を通して返せと難題をかけられたとき、1人の老人が現れ、蟻に糸を結びつけ、玉の穴の一端に蜂蜜を塗り、一端から蟻を通した。蟻は蜜の香り [続きを読む]
  • 学文路天満宮
  • 【学文路天満宮】和歌山県橋本市南馬場821−1村社和歌山県橋本市の学文路天満宮(かむろ天満宮)です。天治元年(1124年)に創建されました。菅原道真公を主祭神とし北野天満宮の分霊をお祀りしています。本殿は北野天満宮に向かって建てられているそうです。南海電鉄学文路駅の入場券は「学問(文)の路に入る」という読み方ができることから受験生の縁起かつぎに人気があります。学文路天満宮で祈祷された入場券には、急勾配の線 [続きを読む]
  • 隅田八幡神社
  • 【隅田八幡神社】和歌山県橋本市隅田町垂井622県社和歌山県橋本市の隅田八幡神社(すだはちまん神社)です。誉田別尊、足仲彦尊、息長足姫尊をお祀りされています。石清水八幡宮から勧請された八幡神社とのことです。日本最古の金石文として国宝に指定されている人物画象鏡(5-6世紀頃製作の銅鏡)が有名ですね。御朱印は境内社務所にて拝受出来ます。《カテゴリー:都道府県別リスト》都道府県別リストはこちらへ↓↓ポチッとお願 [続きを読む]
  • 鹽竈神社
  • 【鹽竈神社】和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-25和歌山市和歌浦の鹽竈神社です。ご祭神は鹽槌翁尊(しおづちのおじのみこと)です。古事記「海幸彦・山幸彦」の神話で釣り針をなくした山幸彦に海神のところに行くようにと言う鹽稚神です。和歌の浦の入江にある「輿の窟」と呼ばれた岩穴に鎮座されており、元は玉津島神社の祓い所だったそうです。御朱印は玉津島神社の授与所にて拝受出来ます。《カテゴリー:都道府県別リスト》都道府 [続きを読む]
  • 玉津島神社
  • 【玉津島神社】和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26国史見在社、村社和歌山市和歌浦の玉津島神社(たまつしま神社)です。住吉大社、柿本神社と並ぶ「和歌三神」の社として、古来より和歌の上達を願う人々の崇敬を集めてきた和歌の神様を祀る神社です。ご祭神は稚日女尊(天照大御神の妹神、丹生都比売神)、息長足姫尊(神功皇后)、衣通姫尊(允恭天皇の后)です。衣通姫尊は和歌に秀でた絶世の美女と言われ和歌三神の一柱であります [続きを読む]
  • 濱宮(濱宮神社)
  • 【濱宮(濱宮神社)】和歌山県和歌山市毛見1303村社、日前國懸神宮元摂社和歌山市毛見の濱宮(はまのみや)です。濱宮神社、奈久佐浜宮とも呼ばれています。和歌山市秋月の日前神宮・國懸神宮の元摂社であり、両神宮の旧鎮座地であるとされています。本殿は二殿あり、第一殿には天照皇大神を、第二殿には天懸大神 (日前神宮祭神の日前大神にあたる) と国懸大神をお祀りしています。「倭姫命世記」によれば、豊鋤入姫命が天照皇大 [続きを読む]
  • 竈山神社
  • 【竈山神社】和歌山県和歌山市和田438式内社(小)、官幣大社、別表神社和歌山市和田の竈山神社(かまやま神社)です。延喜式神名帳に於いては紀伊國名草郡 竈山神社と記載があります。ご祭神は彦五瀬命(五瀬命)です。神武天皇の兄で東征に行軍されました。長髄彦との交戦中に長髄彦の放った流矢にあたり負傷されましたが、紀伊國 竈山で崩御されました。竈山には竈山墓が築かれ、その南麓に彦五瀬命の神霊をお祀りする神社とし [続きを読む]
  • 志磨神社
  • 【志磨神社】和歌山県和歌山市中之島677式内社(名神大社)、県社和歌山市中之島の志磨神社(しま神社)です。延喜式神名帳の於いては紀伊國名草郡 志磨神社と記載の名神大社です。こ祭神は中津島姫命(市杵島姫命)です。伊達神社、静火神社とともに「紀三所社」と言われています。御朱印は境内社務所にて拝受出来ます。大通り(北大通り)に面していますので車の駐車には難儀しました。《カテゴリー:都道府県別リスト》都道府県 [続きを読む]