院長^^ さん プロフィール

  •  
院長^^さん: 院長^^のブログ中国医学講座
ハンドル名院長^^ さん
ブログタイトル院長^^のブログ中国医学講座
ブログURLhttps://ameblo.jp/dojin-koudai/
サイト紹介文本場の中医師による中国医学をブログ講座にてお伝え。初心者からも楽しめます。本物の中国医学をどうぞ。
自由文数少ない日本人中医師による中国医学講座。
似て異なる中国医学と東洋医学。
なぜ違うのかは、その学習カリキュラムに原因があります。少しでも、中国医学を正しくお伝えできればいいなと思っています。
今は、神戸で中医学を使った整体(推拿、按摩)を行っています。ちゃんと四診も使った弁証論治も体験できます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/07/21 08:30

院長^^ さんのブログ記事

  • 中薬学〜利水?湿薬17〜
  • 中薬学〜利水?湿薬17〜 赤小豆(シャクショウズ) 平、甘、酸。帰心、小腸経効能 利水消腫、解毒肺膿用量用法 10〜30g。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講座 [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬16〜
  • 中薬学〜利水?湿薬16〜 葫芦(コロ) 平、甘。帰肺、小腸経 効能 利水消腫 用量用法 15〜30g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講座 始まりました。スクーリングと通信 [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬15〜
  • 中薬学〜利水?湿薬15〜 冬瓜皮(トウガヒ) 微寒、甘。帰肺、小腸経  効能 利水消腫 ①清熱 ②化痰 ③利湿 用量用法 15〜30g。  ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成 [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬14〜
  • 中薬学〜利水?湿薬14〜 地膚子(ジフシ) 寒、苦。帰膀胱経 効能 清熱利水、止痒 用量用法 10〜15g。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講座 始まりました。ス [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬13〜
  • 中薬学〜利水?湿薬13〜 茵蔯蒿(インチンコウ) 微寒、苦。帰脾、胃、肝、胆経 効能 清利湿熱、退黄疸  ①清熱利湿  ②止痒 用量用法 10〜30g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中 [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬12〜
  • 中薬学〜利水?湿薬12〜 萆薢(ヒカイ) 平、苦。帰肝、胃、膀胱経 効能 利湿濁、袪風湿 用量用法 10〜15g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講座 始まりました。スクー [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬11〜
  • 中薬学〜利水?湿薬11〜 石韋(セキイ) 微寒、苦、甘。帰肺、膀胱経 効能 利水通林、止咳 用量用法 5〜10g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講座 始まりました。スク [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬10〜
  • 中薬学〜利水?湿薬10〜 海金沙(カイキンシャ) 寒、甘。帰膀胱、小腸経 効能 利水通林 用量用法 6〜12g。布に包んで、入煎します。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講 [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬9〜
  • 中薬学〜利水?湿薬9〜 金銭草(キンセンソウ) 平、甘、淡。帰肝、胆、腎、膀胱経 効能 利水通林、除湿退黄、解毒消腫 用量用法 30〜60g 干していないものは倍量で。外用は適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコ [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬8〜
  • 中薬学〜利水?湿薬8〜 通草(ツウソウ) 微寒、甘、淡。帰肺、胃経効能 清熱利水、通乳 用量用法 2〜5g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講座 始まりました。スクーリ [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬7〜
  • 中薬学〜利水?湿薬7〜 木通(モクツウ) 寒、苦。帰心、小腸、膀胱経 効能 利水通淋、泄熱、通乳 ①利湿 ②清熱 用量用法 3〜6g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講 [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬6〜
  • 中薬学〜利水?湿薬6〜 滑石(カッセキ) 寒、甘、淡。帰胃、膀胱経 効能 利水通淋、清解暑熱 ①利湿 ②清熱 ③袪暑 用量用法 10〜15g。外用は適量。________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬5〜
  • 中薬学〜利水?湿薬5〜 車前子(シャゼンシ) 寒、甘。帰肝、腎、肺経 効能 利水通淋、止瀉、清肝明目、清肺化痰 ①利湿 ②清熱 ③明目 ④化痰 用量用法 5〜10g。布包入湯剤。________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラ [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬4〜
  • 中薬学〜利水?湿薬4〜 薏苡仁(ヨクイニン) 微寒、甘、淡。帰脾、胃、肺経効能 利水?湿、健脾、除痹、清熱肺膿 ①清熱利湿 ②健脾 用量用法 10〜30g。薏苡仁はそんなに効能は強くないので、緩やかに服用し長くかけて行く方が良いです。おかゆにしたり、食として用いる方が一般的です。________________________                                        [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬3〜
  • 中薬学〜利水?湿薬3〜 沢瀉(タクシャ) 寒、甘、淡。帰腎、膀胱経効能 利水?湿、泄熱  ①利湿  ②清熱 用量用法 5〜10g。________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講座 始まり [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬2〜
  • 中薬学〜利水?湿薬2〜 猪苓(チョレイ) 平、甘、淡。帰腎、膀胱経 効能 利水?湿  ①利湿 用量用法 5〜10g。________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講座 始まりました。スク [続きを読む]
  • 中薬学〜利水?湿薬1〜
  • 中薬学〜利水?湿薬1〜 茯苓(ブクリョウ) 平、甘、淡。帰心、脾、腎経 効能 利水?湿、健脾、安神 ①利湿 ②健脾 ③安神 用量用法 10〜15g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医 [続きを読む]
  • 中薬学〜芳香化湿薬8〜
  • 中薬学〜芳香化湿薬8〜 草果(ソウカ) 温、辛。帰脾、胃経 効能 燥湿、温中、截瘧 用量用法 3〜6g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講座 始まりました。スクーリング [続きを読む]
  • 新年明けましておめでとうございます
  • 新年明けましておめでとうございます。暖かく穏やかなお正月でした。今年は中国医学の講座をあちこちで開催していきます。学びたい方が多くなってきていること。患者さん側からの需要も多くなっていること。ともに良いタイミングです。皆さんが笑顔で過ごせる様に今年も頑張ってまいります。 今中健二 ________________________                                    [続きを読む]
  • 中薬学〜芳香化湿薬7〜
  • 中薬学〜芳香化湿薬7〜 草豆蔲(ソウズク) 温、辛。帰脾、胃経 効能 燥湿、温中、行気 用量用法 3〜6g。煎じて火を止めてから入れます。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養 [続きを読む]
  • 中薬学〜芳香化湿薬6〜
  • 中薬学〜芳香化湿薬6〜 白豆蔲(ビャクズク) 温、辛。帰肺、脾、胃経 効能 化湿、行気、温中、止嘔 用量用法 3〜6g。 湯剤には後から入れます。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医 [続きを読む]
  • 中薬学〜芳香化湿薬5〜
  • 中薬学〜芳香化湿薬5〜 砂仁(シャニン)別名 縮砂  温、辛。帰脾、胃経 効能 化湿、行気、温中、安胎 ①健脾 ②理気 ③消食 用量用法 3〜6g。入湯剤宜後下。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています [続きを読む]
  • 中薬学〜芳香化湿薬4〜
  • 中薬学〜芳香化湿薬4〜 佩蘭(ハイラン) 平、辛。帰脾、胃経 効能 化湿、解暑 用量用法 5〜10g 鮮品加倍。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講座 始まりました。スクーリ [続きを読む]
  • 中薬学〜芳香化湿薬3〜
  • 中薬学〜芳香化湿薬3〜 藿香(カッコウ) 微温、辛。帰脾、胃、肺経 効能 化湿、解暑、止嘔 用量用法 5〜10g ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医整体師養成講座 始まりました。スクー [続きを読む]
  • 中薬学〜芳香化湿薬2〜
  • 中薬学〜芳香化湿薬2〜 厚朴(コウボク) 温、辛、苦。帰脾、胃、肺、大腸経 効能 行気、燥湿、消積、平喘  ①降気  ②燥湿  ③化痰 用量用法 3〜10g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こ [続きを読む]