雲坂紘巳 さん プロフィール

  •  
雲坂紘巳さん: スタジオづるり
ハンドル名雲坂紘巳 さん
ブログタイトルスタジオづるり
ブログURLhttp://dururi.com/
サイト紹介文イラストレーターとして鳥取で活動中!雲坂紘巳のコミカルな世界「づるり王国」をお楽しみください
自由文鳥取で活動中の雲坂紘巳が描くシュールでコミカルな世界「づるり王国」。納豆つる王女を始め様々なキャラクターが登場します。また、づるり王国からは想像できないようなイラストも和紙などに描いています。ぜひ独特の世界観をお楽しみ下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/07/21 21:57

雲坂紘巳 さんのブログ記事

  • 書籍「小林先生に学ぶ 動物行動学」のイラストを担当しました。
  • もうすぐ夏休みの子どもたちが読むと、この世界がもっと楽しくなる! イラストを担当させていただいた、小林朋道先生の新刊「小林先生に学ぶ動物行動学-攻撃するシマリス、子育てするタヌキ-」が発売になりました(全国の学校に掲示されている『写真ニュース』でおなじみの少年写真新聞社より、ちしきのもりシリーズ16として発行)。 本を読んでみて、その魅力についてまとめました。ぜひご覧ください。 動物行動学って何だろう [続きを読む]
  • マルコラすごろくを制作しました。
  • 「ここでしか味わえない、ここでしか体験できない!!」スーパーローカル・フード・フェス『2018とっとり GOOD FOOD MARKET MARUCOLLA』(主催:サンインマルイ、NPO法人マルイ・エンゲージメントキャピタル)が、6月2日、3日鳥取砂丘こどもの国で開かれ、出店ブースのスタンプラリーになる、すごろくを作らせていただきました。 スタンプマークのあるブースを全て回って、ゴールに持っていくと、お買い物に使えるクーポン [続きを読む]
  • くらよしフィギュアミュージアム周辺散策マップの制作
  • 「円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム」(倉吉市鍛治町1-2971-2)の周辺散策マップを制作し、ミュージアムのエントランス壁面に使っていただきました。 グーグルマップを舐めるように見たり、現場を歩いたりしながら、家を一軒ずつ描きました。お隣の三朝町に住んでいた時期もあり、倉吉はよく通っていましたが、今回改めて地図にしてみると、細い路地や水路がたくさんあり面白いです。歩きながら、その細道を探検すること [続きを読む]
  • イラストルポ ジオラマ作り体験
  • 前回プレオープン時、一人で訪れた「円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム」。今回は、母の日に合わせてマザーズと子どもと一緒に行きました。3階の体験教室コーナーで、親子で「ジオラマ作り体験」をしてみました。見た感じ時間がかかりそうだし、難しそうだなと思いましたが、小さい子でも夢中で創造できる楽しい体験でした。その様子をイラストルポにまとめました。ぜひご覧ください。 [続きを読む]
  • イヌどん!今年もよろしくお願いします。
  • 本年も何卒よろしくお願いします。 イヌ年ということで、年女です。この世に生まれて大分経ったなぁ。日々の積み重ねと一歩ずつ前へ踏み出す踏ん張りを胸に1年生きていきたいと思います。 NHKの大河ドラマは「西郷どん」ということですので、「イヌどん」とAIBO似の「TUNN」を2018年のイメージキャラクターにしております。 [続きを読む]
  • イラストルポ「棟札に見る戦国武将の寺社造営」
  • 蔵を開けたらボロボロの紙に墨文字が・・・こ、これは貴重な史料に違いない!公文書館に持って行ってみよう!とはなかなか思いつかないものである。 さる12月3日に鳥取県立博物館で開かれた講演「古記録で読み解く古代中世の鳥取」の中で、岡村吉彦鳥取県公文書館県史編さん室長による「棟札に見る戦国武将の寺社造営-尼子氏の大山寺造営を中心に-」を聴講しました。これは2017年3月に刊行された「新鳥取史 資料編 古代 [続きを読む]
  • イラストルポ「地球外知的生命の話」
  • 「宇宙人はいるのか、そしてどんな形をしているのか!?」地球人ならきっと考えたことがあるこの好奇心。 そのテーマをなんと科学者にわかりやすく教えていただけるという、サイエンスカフェ「いる?いない?地球外知的生命の話〜世界探査プロジェクトの総括者が語ります〜」を聴講しました。根拠に基づいた宇宙人の姿についてや科学はなんのためにあるのかなど、「恒星?ってなんだったけ・・・」というレベルでも何度も頷きなが [続きを読む]
  • イラストルポ「池田光政展」
  • 鳥取県立博物館にて開催の『鳥取入府400年「池田光政展」-殿、国替えにござります-』を観に行きました。鳥取城や池田家について、正直全く知識がない状態で、最近子どもが「どうしてあのお城は壊れちゃってるの?」など、城や武士に興味があるらしく、いろいろ質問してくるけど、知らないので応えようがない。それは悔しいなと思い、入館することにしました。展示を見てイラストルポを描いてみました。私なりのおすすめポイント [続きを読む]
  • 「てぬぐいひらひら」に参加しました。
  • 「境港手拭」誕生記念。11月3日〜5日、伯州綿と秋を楽しむ3日間として、131種の手ぬぐいが空を舞うイベント「てぬぐいひらひら」が、境港市にある「海と暮らしの史料館」にて開かれました。私も4種類参加させていただきました。 奥から「スズメオコメテヌグイ」「うんmy!とっとりてぬぐい(鳥取カレー色)」「うんmy!とっとりてぬぐい(二十世紀梨色)」「フクヨコイコイテヌグイ」です。 秋晴れの空に舞う色とりどりの手 [続きを読む]
  • この木 なんの木?!きりえプリントワークショップ
  • 「この木 なんの木?!きりえプリントバッグ作り」のワークショップを開きます。 キャンバス地のトートバッグに、あらかじめ「はだかの木」がプリントされています。アイロンでプリントできるカラフルなシートを切り絵して、その木を自由に飾ります。鳥を留まらせたり、いろいろな形の葉っぱをつけたりしてオリジナルバッグに仕上げるというものです。 【この木 なんの木?!きりえプリントバッグ作り】 日時:2017年10月 [続きを読む]
  • 宇宙パラソルを作ろう!ワークショップ
  • 「晴れてる日にも開きたくなる!宇宙パラソルを作ろう!」ワークショップを開きます。 無色透明なビニール傘に、赤・青・黄の透明シートを貼り付けたり、マジックでイラストを描いたりして、オリジナルパラソルを作ります。 よく晴れている日に開くと、3色の透明シートの形やマジックで描いたラインが地面に写し出され、下を向いて歩くのもまた、楽しくなる傘です。また、透明シートは3色ですが、重ね合わせれば、新たな色にも出 [続きを読む]
  • かぼちゃマスクワークショップ
  • 「あいサポート・アートとっとり祭」のワークショップ「ハロウィンかぼちゃマスク作り」を無事終えました。 たくさんの個性的な表情をしたかぼちゃが出来上がり、それをかぶって会場を歩いてくださる様子が嬉しかったです。 また、ワークショップの現場では居合わせた初対面の人同士が作り方や道具などのやり取りを通して、自然と優しいコミュニケーションを交わしていて、とっても良いと思いました。 このかぼちゃマスクワークシ [続きを読む]
  • あいサポート・アートとっとり祭にてワークショップ
  • 7日(土)にハロウィンカボチャマスクを作るワークショップを開きます!帯状の紙でカボチャの形を作る工作、無料です。 10月7日(土)、8日(日) とりぎん文化会館にて開催の「あいサポート・アートとっとり祭」に参加します。10:00−17:00まで。みんなで頭にカボチャを載せましょう。 会場では音楽、演劇、ダンス、ワークショップなどイベント盛りだくさん! http://www.aisupport-matsuri2017.jp/index.html [続きを読む]
  • きりえプリントワークショップを開きました。
  • 夏休みに突入の小学生を対象に「まるが何に見えてくる?!きりえプリントワークショップ」を松保地区公民館で開きました。 布にアイロンでプリントできるカラフルなシートを使って、キャンバストートに絵を描きます。今回のテーマは「まるが何に見えるかな」ということにして、あらかじめバッグに線画の丸をプリントしておき、その「まる」をうまく使ってプリントする絵柄を考えてもらいます。 こちらが考えたサンプル①まるを潜水 [続きを読む]
  • 2時間だけの東京国立博物館の旅
  • 少し前に東京へ用事があり、2時間の自由行動を東京国立博物館で過ごすことにしました。足を踏み入れたのは実に15年ぶり!前回の記憶では本館を走るように観たということ。今回は東洋館へ行ってみることにしました。タイムリミット2時間でどれだけのお宝に出合えるか!その時のことをまとめました。 「三彩鎮墓獣」という顔がおじさんで、耳が象で、足が馬という珍獣?に笑撃を受けました。このグッズが売店に並んでいたら飛び [続きを読む]