たぼね さん プロフィール

  •  
たぼねさん: たぼねのブログ
ハンドル名たぼね さん
ブログタイトルたぼねのブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/maplewmw
サイト紹介文2008年式のFIカブと1987年式のキャブカブのカスタム記録やらメモ代わりのなにか
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2013/07/22 20:12

たぼね さんのブログ記事

  • メーター球のLED化
  • 日中に撮った写真だとバックライトの存在はよく分かりませんが(夜撮るのを忘れた)、テールランプはLEDにしてたし、交流回路を直流化してヘッドライトもLEDにしたし、せっかくだからスピードメーターのバックライトもLEDにしてみようと思いました。ちなみにメーター球のLED化ですが、キャブ仕様のカブの場合は直流化しなくても行けるとは思いますが、FIカブの場合は交流のままやるとLEDに交換しても光らないか壊れるので直流化し [続きを読む]
  • 電圧測定 その2
  • 前に電圧測って値おかしかったり、レギュレーター交換しても電圧おかしいので、配線に何かあるのか測り方の問題なのかハッキリさせるためにサービスマニュアルの測り方を試します。ライディングカットリレーのカプラの端子に当てて測定するらしい。  ヘッドライトのリレーへの配線を外し、ライディングカットリレーを外し準備OK。本来はこのカプラの黒赤の配線部分の端子にテスター当てて測るらしい。うむ、知ってた。やっぱり値 [続きを読む]
  • 配線修正とか(雑)
  • レギュレーター交換時に同時にやっていった作業とかです。まずは配線の修正。右サイドカバー内は一時期カオスとなってましたが、今は黒電源を取る配線のみ。元々あったダブルギボシを無くしてヒューズを割り込ませ、そこからY字ケーブルで分岐させました。写真は作業終わった後の物ですが、作業前はヒューズの配線がサイドカバーのネジで潰れてました。同じところから電源取ってる電圧計動いてたし、フレームにショートしたりヒュ [続きを読む]
  • レギュレーター交換
  • 出力電圧がおかしいのでレギュレーター交換を実施します。とりあえずタンクを外した状態。  配線のテスターによる確認。左が導通確認で、右がフレーム(アース)に落ちていないかのチェック。どちらも問題なし。となるとやっぱレギュレーターが怪しいという事になるのだが…?  左のヤフオクで落札したレギュレーター(中古)に交換して直るか否か。果たして結果は…?・・・!?レギュレーター交換前とほぼ全く変わってません [続きを読む]
  • 電圧計取り付けとヘッドライト交流化
  • 電圧測定時に同時にやった作業だったり。電圧計を取り付けようと思ったのは、レギュレーターからの電圧出力が変だから観測するためではなく、LEDヘッドライトを直流で使用することによりバッテリーの電圧がどの位影響があるのか常に見たかったので。ヘッドライト交流化の方は、せっかく直流化してLEDヘッドライト取り付けたのに戻すという訳ではなく、ハンドル側のヘッドライトは安物とはいえハロゲンバルブを使用しており消費電力 [続きを読む]
  • 電圧測定
  • LEDヘッドライト化したはいいけど、想定通り動かなくてよく分からないので電圧測定して原因を探っていきます。  うまく動作しなかった時の配線に戻し、リレーとの接続を外した状態でキーONしてダイオードの入力前を測定。ダイオードから先の電圧はカットされ、レギュレーターから電圧はまだ来てないはずなのに電圧がある…。この状態でリレーに繋いでもヘッドライトは点かず。この時点で「?」になってますが続行。  次はダイ [続きを読む]
  • (とりあえず)ヘッドライトの直流化・LED化
  •   ヘッドライトの直流化及びLED化を実施していきます。写真は実施前のヘッドライトの明るさ確認用。しかし周りが明るすぎてめっちゃ暗く見えます…。ハンドル側のライトはLEDに交換しない上にこっちだけ交流電源使う予定なのでついでに撮っただけです。  タンク外して、ギボシ接続部がはみ出ていたのでカバー交換したり配線変更したり。テールランプの黄線はLED化した際、交流電源だとLEDが壊れるので黒電源に繋いでいましたが [続きを読む]
  • ヘッドライト周りの直流化の準備
  • 「カブ直流化&ヘッドライトHID化完了!!」さ か つ ばのブログ | 走ればイイノサ! - みんカラリトルカブ全波整流化計画 その2 | ホンダ リトルカブ by hope007 - みんカラFIカブの直流化については上記サイトを見て、大体やり方を把握しました。キャブ仕様のカブだとジェネレーターの改造も必要なのですが、FIカブの場合は不要っぽい。レギュレーターからの黄色の線をカットして、黒/赤の線から電源貰えば直流化終わりらしい [続きを読む]
  • リアボックスのLEDテープ
  • 1週間前にリアボックスに仕込んだLEDテープですが、今の所問題なく動いています。ただここ最近雨がひどく、リフレクター部に普通に雨水が入り込み、それなりに水浸しになってます。フラッシュ撮影すると割と水浸し。結露もする感じなので雨降った後は水に接触しやすい感じ。ハンダ部は雑に熱収縮チューブ被せただけなので防水処置はクソ甘い感じです。なので水によるショートの可能性やら腐食やら起こりそう。そのうち壊れる可能性 [続きを読む]
  • LEDヘッドライトの準備・加工
  • Amazonで買ったRAYDのHi/Lo 15W/8WのタイプのLEDヘッドライト。レビュー見た感じだとFIカブに取り付けた場合はすぐぶっ壊れるらしい・・・。多分交流そのまんまで使うとダメと思われるので直流化してしまえば問題はないはず。直流化に関しては調べが付いてるんでその内容の記事は後日。自分のカブはサブランプキット付いてるので、ハンドルのヘッドライトに取り付けずにサブランプに付けるのでスペース的な問題はなさそうです。  [続きを読む]
  • サービスチェックカプラと配線変更
  •   キタコの電源取り出しハーネス(756-9000100)使用したけど、うまく行かなかったのは何が悪いのか。早速原因を探っていきたいと思ってましたが・・・。説明書を読まないのが悪い、以上です。・・・これで終わってもいいのですがそれだとアレなので解説していきます。サービスチェックカプラに最初のハーネスを繋ぐと・・・。1.白のACC+配線は「黒/青」の線に繋がります。これはキーONするとエンジン周りに繋がる電源。黒電源 [続きを読む]
  • リアボックスに電装品を仕込んだ +α
  • 昨日の続きで、なんかうまく動作しない電装品を何とかしていこうと思います。既存の配線に割り込みできるようにY型の接続ケーブルを作成。めっちゃゴチャゴチャしてるし、バッテリー引き出して配線するのはめんどいのでうまくやっていきます。バッテリーから伸びてるアースの黒線があるんでアースはその線を使って繋ぎます。確かこの黒線は増設したウインカーリレーのアースに繋がってたはずと思いつつ反対側へ。久々に開けたんで [続きを読む]
  • リアボックスに電装品を仕込んでいく
  • 前回の記事の続きです。  LEDテープにハンダ付けをしていきます。わりかし雑です。  ハンダ付けが終わったら上から熱収縮チューブを被せます。60連タイプの方はさすがに雑過ぎてショートしそうだったのでハンダ付けをやり直しました。  リアボックスに穴を開け配線通したり、リフレクターに穴開けて配線通したりLEDテープを張り付けたり。LEDテープには元から両面テープが付いてるのですが、これは剥がれやすく使いづらいの [続きを読む]
  • リアボックスに電装品を仕込む準備
  • リアボックス内にUSB電源あれば便利、という事で特に難しい事を考えずにUSB1口型の電源を購入。以前取り付けたUSB電源とはまた違う形状で、USB接続部に変圧器が付いてなく配線の途中に付いてる感じ。600mmの線をカットしても中にプラスとマイナスの線があるだけなので加工は楽だけど、700mmの線をカットすると中はUSB配線なので5本くらいの細線があるはず。加工が手間になりそう。なので変圧器から先はボックス内にうまく仕込んで [続きを読む]
  • ヘルメット スキップフォグシート取り付け
  • 前回の記事で紹介したYF-7 Roll Bahnのヘルメットですが、雨の日使用したらやはりめっちゃ曇りました。これから梅雨の季節となり、雨の日が続いてずっと曇ってると前が見づらく危険なので対策をすることに。Amazonで「スキップフォグシート」というものを購入。Amazonにある画像だとなんかスモーク掛かってる感じでしたが、実際の物は透明でした。最初フィルムみたいなのを想像してたのですが、シールドとシートの間に隙間を生じさ [続きを読む]
  • ヘルメット
  •   今まで使っていた「A-672II」という台湾製のヘルメット。輸入年月が2013年9月なのでそれ以降に購入したはずだけどいつ買ったかは正確には覚えてないです。それなりに年数が経ちボロボロになってきていて、内装のパッドとかも割と汚いしボロボロに。シールドは濁ったような感じになってきてて買い替えればいいんですけどZOAで調べてみたらスモークしかない。内装は外して洗えるのですが内装は新品で買えたりできないっぽいので [続きを読む]
  • スマホホルダーの使用感
  • 1か月前に取り付けたスマホホルダーに、iPhone 6sと100均の防水ケースと充電ケーブル。防水ケースは雨水防止というよりも防塵メインです。このiPhone 6sにはSIMカードが挿さっていないのでそのままだと通信できません。普段使いのスマホにテザリングで接続してネット繋ぐなりSIM挿し込むなりしてネット接続する必要があります。とりあえず、手持ちのWiMAXルーターにWiFi接続でネットに繋いでみました。走行中WiFi接続とか安定する [続きを読む]
  • FIカブにサブタンク取り付け
  • ガソリンタンク加工時にうまく行ってなかったサブタンク取り付けを実施していきます。蝶ナットやら使えば取り外し楽だろうという軽い感じでやっていこうと思ってました。早速蝶ナットがフレームに当たってダメっぽい事が発覚。その上普通のナット使って締め込んだ所で、ステーとキャリアを挟むようにしてもちゃんと固定されない模様。これは早速終了の予感。  とりあえずちゃんとした固定方法を思い浮かぶまで、ステーとキャリア [続きを読む]
  • 地味に干渉
  • タンク加工時、特に干渉が無いと思っていました。  赤丸部分がクランプのツメに当たってたらしくシートのカバーは破れ、シート本体には擦った跡が残ってました。シートに座った時に沈む分を考慮してないとこうなります。水色の丸部分はバンジョーボルトに当たっていた感じですが、こっちはカバーにしか当たらないので放置で。クランプの位置をずらすなり何かしらの対策が要ります。この位置にクランプを止めないでニップルの段差 [続きを読む]
  • FIカブのガソリンタンク加工
  • サブタンクからメインのガソリンタンクにガソリン供給できるようにするため、ガソリンタンクを加工していきます。取り付けるサブタンクやらタンクの加工予定やらは前回の記事辺りを参照で。  とりあえず大雑把に穴を開ける位置を決めます。タンクやポンプの外し方やらは過去にもやってるのでそちらを参照・・・してもあんま参考にならなかったり。今回は給油ランプ点いた後での作業だったのでガソリンは900ml位しかなかったので [続きを読む]
  • サブタンク計画
  • サブタンク取り付けに使うのは、ステンレスのUボルトとステーとトヨロンホース。こういう風にして、UボルトのU部分とステーを挟み込んで締め付ける感じ。トヨロンホースはステンレスとアルミのタンクが直接接触しないようにしクッション的な役割。Uボルトの左右側が隙間あるけど上下さえ当たってれば別に問題はないはず。  実際に組み合わせるとこんな感じ。ステー側のトヨロンホースは長すぎたものをカットして取り敢えず付けた [続きを読む]
  • サブタンク再び
  • サブタンク!?2年前に諦めたはずでは・・・タンク下にコックが付かないタイプのサブタンクです。なのでうまくリアキャリアに付けれそうな気がする。ちなみにiPhone8 plusで撮影したので画質は良いです。床がきたない。以前作ったこの部品使ってガソリンタンクに供給するようにはする予定。でもこの部品は正直いまいち感があるので、いずれはタンク自体に穴開けて継手取り付けたい。しかしFIカブにサブタンク付けてる例はあんまり無 [続きを読む]
  • iPhone
  • 上がiPhone6s(2015年10月に機種変更)、下がiPhone6s Plus。撮影に使用したのはいつか登場していたiPhone4なので画質はよくないです。普段使いのiPhone6sはおいといてiPhone6s Plusの方ですが、主にデレステで3Dリッチモードの高画質モードをやる為だけに去年ヤフオクで中古で購入しました。容量が16GBしかないのでSIMは挿さずに使い、通信はWiFiでのみ使う感じでした。iPhone6sと比べると少し大きいですが使うのには特に不便なく [続きを読む]
  • USB電源とスマホホルダー取り付け
  •   Amazonで買ったNEWINGのバイク用電源とMINOURAのスマホホルダー(iH-220-S)を取り付けていきます。取り付けようと思ったのは、やっぱ遠くへ行くとナビが無いとめっちゃ迷うから必要だと思った。・・・そう思うのならもっと早く取り付けろという感じもしないでもない。この二つはハンドルのバーに取り付けるタイプの物なので、そのままだとカブには付けられません。  なのでミラーに取り付けるタイプのクランプバーも用意し [続きを読む]
  • パンク修理 + ちょっとした純正部品取り付け
  •   タイヤ交換時に新品のチューブに穴開けてしまい、古いチューブを入れ直したが翌日空気が抜ける状況に。雑な応急処置をし、夜に200kPa空気入れても朝には10kPa減るという感じでしたが1週間耐えれました。  穴開けてしまったチューブのパンク修理を実施していきます。修理キットはよくあるワンパッチタイプの物を用意しました。穴開いた周辺をやすり掛け。どの位やればいいかよく分かってませんでしたが少し白っぽくなる程度で [続きを読む]