森の分校 さん プロフィール

  •  
森の分校さん: 廃校を巡る
ハンドル名森の分校 さん
ブログタイトル廃校を巡る
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/morinobunkou/
サイト紹介文栃木県を中心に、茨城・群馬・福島の木造校舎や廃校を巡っています。
自由文風雪に耐えた木造校舎の美しさ。小さな空き地にポツンと二宮金次郎。錆びたブランコに、朽ちかけの百葉箱。子どもの声が消えた校庭に、在りし日の思い出を探しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/07/25 10:25

森の分校 さんのブログ記事

  • 那須町 逃室小学校
  • 栃木県を南北に走る一桁国道である4号線。交通量が多い国道沿いにあるにもかかわらず、昭和47年にはすでに廃校になった逃室小学校。読み方は「にがしむろ」。廃校記念碑の表記は「逃室」だが近くの交差点の表記は「迯室」になっています。現在は「逃室農村公園」となっていて新しく建物もできています。校庭跡には幾つかの遊具類がありますが、全て後から設置されたものでしょう。広い敷地にそれを囲む木々で学校跡の雰囲気は感じ [続きを読む]
  • さくら市 金鹿小学校
  • ここしばらく廃校巡りから遠ざかっています。8月から続いた体調不良で休日の遠出もままならず、モヤモヤとした日々が続いています。お盆休みは蕎麦を食べに行った山奥でのクルマの故障から始まった。今振り返るとここから負の連鎖が始まったようだ。クルマの修理に20マンの出費でショックを受けていたところに、3年ぶり4度目の尿管結石。身悶えする痛みが引いたと思ったら、久々の痛風発作。この痛風発作が長引きそろそろ1ヶ月にな [続きを読む]
  • さくら市 穗積小学校
  • 最近はやりの廃校を利用した地域活性プロジェクト。現在は 「喜連川丘陵の里 杉インテリア木工館」として自然あふれる工房&SHOPになっています。杉材を使った木製品の製作が学べる「木工塾」はなかなか面白そうです。時間的な自由度があるので自分にあったスタイルで学べるのがいいですね。訪れた時も代表者の方が色々と説明をしてくださり、木工への興味がぐぐっと湧いてきました。販売もしているのでその場で買うこともできる [続きを読む]
  • 馬頭町 馬頭中学校 武茂分校
  • 1975年当時の航空写真を見ると立派な2棟の校舎を確認できる。現在のグーグルの写真ではただの空き地のようだが何かしらの遺構は残っているかもしれない。目指すは馬頭町 馬頭中学校 武茂分校跡地だが、調べてもいまひとつ沿革が不明。統合先の馬頭中学校のHPの沿革には昭和46. 4. 1 馬頭町立馬頭中学校、馬頭、武茂、小砂分室となる 昭和48. 3.25 馬頭、武茂、小砂分室廃校となる 昭和48. 4. 1 馬頭町立馬頭中学校開 [続きを読む]
  • 群馬県 旧赤城村 棚下小学校
  • 群馬県沼田種周辺の廃校巡り。最後は旧赤城村、合併後の現在は渋川市にある棚下小学校を訪ねました。1998年の閉校後は赤城工房として木工などのクラフト作家の作業場として余生を送っているようです。訪れた日は日曜日でしたが工房の方がいらっしゃいました。声をかけると中の見学も可能とのことで見せていただきました。木工をやられている方の話では来年3月で赤城工房は閉鎖され解体することが決まっているとのことでした。地元 [続きを読む]
  • 群馬県 沼田市 川田小学校 岩本分校
  • 沼田市川田小学校の3つの分校の最後は岩本分校。利根川の流れのすぐ横にありました。先に訪れた上川田分校や屋形原分校よりも規模は小さいものの立派な石の門柱には「川田尋常高等小学校」「第三分教場」の文字が刻まれています。岩本分校というより第三分教場として創立されたようです。今でも集会場として利用されているようです。校舎はサイディングで覆われていますが当時は木造の下見張りだったようです。分校時代からはかな [続きを読む]
  • 群馬県 沼田市 川田小学校 屋形原分校
  • 群馬県 沼田市 川田小学校 屋形原分校現在は屋形原町農村婦人の家として余生を送っているようだ。明治41年3月に川田小学校の屋形原分教場になっています。本校の川田小学校は明治7年に開校。明治17年に利根20小学校と改称していますが、明治期は小さな学校がたくさんあったのかもしれません。屋形原分教場以前も利根????小学校として存在し、その後川田小学校の屋形原分教場となった可能性もあります。昭和52年岩本分校 [続きを読む]
  • 群馬県 沼田市 川田小学校 上川田分校
  • 沼田市周辺の廃校巡り。続いては3つの分校を持っていた川田小学校の分校跡を続けて訪れます。古い地形図とグーグルの写真を見比べると3校とも当時の校舎が残っている可能性があります。しかし、河岸段丘の町は地図上ではわずかな距離で並行して走る道路が、実際にははるか崖の下なんてことがざら。意外に目的の場所まで時間がかかりますね。坂も多いので自転車に乗る人は少なそうです。沼田女子高の生徒が作ったイラストマップにも [続きを読む]
  • 群馬県 利根村 東小学校 穴原分校
  • この記録的な猛暑の中、群馬県沼田市周辺の木造校舎の残る廃校を訪ねてきました。沼田市といえば日本屈指の河岸段丘の町。あのタモリ氏もブラタモリの全国ロケで一番初めに選んだ町。地形好きから地図好きまで唸らせる絶景の河岸段丘の町に、果たしてノスタルジックな木造校舎はあるのか。沼田市は2005年に白沢村と利根村を編入合併していますが、旧利根村にあった東小学校穴原分校を探します。分校のある穴原集落は旧利根村の中心 [続きを読む]
  • 群馬県 旧黒保根村 上田沢小学校
  • 最近テレビで面白いなーと思っている番組に所さんがやっている「ポツンと一軒家」がある。山の中にある一軒家を目指して住んでいる人を取材する番組だけれど、空き家だったりする場合も相当多そうだが、グーグルあっての番組。地図好きにとっては、昔の地形図を眺めながら空想するのも楽しいが、グーグルの写真を眺めるのもまた楽しいものだ。そんなグーグルの写真と過去の地形図を見比べることのできるサイト、「今昔マップ」を見 [続きを読む]
  • 福島県 玉川村 須釜小学校 四辻分校
  • 平田村の隣、玉川村に残る須釜小学校四辻分校を訪れる。先に訪れた蓬田小学校乙空釜分校から細い山道で10分弱で到着。集落から一段高くなった敷地は見晴らしが良く素晴らしいロケーション。坂を登りきった場所には未だ分校名が残る門柱に閉校記念碑が出迎えてくれました。植栽もきれいに剪定され校庭にも雑草も生えておらずきれいに管理されているようです。須釜小学校四辻分校は明治43年10月、四辻分教場として創立。2004年休校、 [続きを読む]
  • 福島県 平田村 蓬田小学校 乙空釜分校
  • 梅雨入り前の最後の晴天の週末、最近ご無沙汰の廃校巡りを再開。福島にある木造校舎の残る分校を見てきました。平田村 蓬田小学校 乙空釜分校は、昭和22年(1945年)に民間の家を借りて乙空釜季節分教場として開設されました。翌年には乙空釜常設分校となり、昭和25年(1954年)には、校舎落成、 昭和29年(1954年)には平田村立蓬田小学校乙空釜分校となっています。乙空釜(おつそらがま)はもともと明治になってから開拓され [続きを読む]
  • 那珂川町 馬頭西小学校
  • 今年の3月に廃校になった馬頭西小学校。平成13年4月に小口小学校と小砂小学校が統合し、那須郡馬頭町立馬頭西小学校となってわずか17年で再び統廃合で閉校してしまいました。平成になってからの開校なので新しいRC構造の校舎かと思っていましたが、訪れると木造の校舎が出迎えてくれました。最近はやりの地元木材を使った温もりある校舎を新たに建てたわけではなさそうです。昭和の時代を色濃く残す懐かしい作りの校舎です。どうや [続きを読む]
  • 茨城県 旧牛久町 岡田小学校 女化分校
  • 今年は桜の開花も早い上、寒の戻りもなさそうなのであっという間に満開になって散ってしまいそうです。廃校桜を目指して訪れたのは茨城県牛久市。牛久市のイメージといえば100人中90人ぐらいは大仏とワインだと思われますが、前々から気になっていた「女化」という地名にもそそられます。分校跡の近くにある「女化稲荷神社」も何やらいわくありげな伝承があるようですよ。そんな女化分校ですが、戦前に建てられたという木造校舎が [続きを読む]
  • 益子町 大羽小学校
  • 久しぶりのアップになりました。寒さ厳しい中、積雪も多そうな福島会津エリアや群馬エリアの遠征もままならぬ状態。近場の未訪問の廃校でもと調べてリストアップしたのが益子町大羽小学校。何度か訪れてはみたものの、障がい者福祉施設の作業所として再利用されていて撮影の機会がなかった廃校でした。今回訪れたのは日曜日とあって人影はありませんでした。2007年閉校の大羽小学校ですが、木造平屋建ての校舎はこじんまりとまとま [続きを読む]
  • 塩谷町 熊ノ木小学校
  • 栃木県塩谷町にある熊ノ木小学校。1999年3月31日をもって廃校になったあと、宿泊もできる体験学習の施設、星ふる学校「くまの木」となっています。星ふる学校の由来は、平成12年度冬季の全国星空継続観察において全国1位になったことが理由の様です。実際校庭には天体ドームに、口径35cmの望遠鏡が据えられています。今までアップしていなかった理由ははきちんと管理された施設であり、いつ行っても人がいて、なんとなく騒がしい [続きを読む]
  • 新潟県 旧角田浜村 角田尋常小学校
  • 土日にかかる仕事が増えて、このところ廃校巡りはおあずけ状態。ネットには喰丸小学校の改修保存が決まったとの情報もあり、秋の紅葉シーズン行きたい廃校もたくさんあるのだが行けそうにもありません。そんなわけで久々の蔵出し物件。訪れたのは2年も前なので当時とは変わっているかもしれません。2年間もアップしていなかった理由は情報が少なく、創立も分からなければ閉校時期も不明だったせいでもあります。ネット上の情報も少 [続きを読む]
  • 茨城県 常総市 菅生小学校 大塚戸分校(仮) 
  • 茨城県常総市菅生小学校。ホームページの沿革を見てもいまひとつはっきりしません。明治37年に大塚戸小学校を菅生小学校の大塚戸分教場にしたとの記述がありますが、いつ統合されたとか、閉校になったとかの記述は見つけられませんでした。便宜上菅生小学校大塚戸分校としますが間違っている可能性もあります。もともと大塚戸村と菅生村が合併し北相馬郡菅生村となり水海道市を経て常総市になっていますので、創立は大塚戸小学校と [続きを読む]
  • 福島県 塙町 常豊小学校 西河内分校
  • 先に訪れた東河内分校からクルマで10分ほどで西河内分校に到着。東河内分校が閉校になる2年前の1969年の閉校。当時の遺構は立派な門柱以外は見当たりません。集会所や新しい遊具類がありましたが二宮像や記念碑は確認できませんでした。ただ、門柱には校名板があった場所に「常豊小学校西河内分校 明治9年より昭和44年まで」と刻された石板がはめ込まれていました。門柱は昭和3年に建てられたもののようです。集会所にはお年寄り [続きを読む]
  • 福島県 塙町 常豊小学校 東河内分校
  • 福島県塙町 常豊小学校は東河内分校と西河内分校の東西二つの分校を持っていたようです。まずは東河内分校を訪ねてみました。明治6年創立の長い歴史を持つ学校ですが1971年に本校の常豊小学校に統合されています。道路からアクセスする細い坂道はなかなかいい雰囲気です。登りきった先には広い広場に消防団関係の建物がありました。分校跡の割には広い校庭ですが、こちらは閉校後運動場として新たに整備されたもののようです。朝 [続きを読む]
  • さくら市 河戸小学校
  • 2005年に氏家町と喜連川町が合併してできたさくら市。氏家・喜連川と歴史と由緒ある地名を捨ててひらがなのさくら市を選んだセンスの無さのせいか、合併して干支がひとまわりしたのにもかかわらず今ひとつ馴染めない名前だ。河戸小学校の閉校は2010年。同じく旧喜連川町の鷲宿小学校、金鹿小学校、穂積小学校と共に喜連川小学校へ統合。閉校から7年が過ぎてすっかり子供達の声も聞くこともなくなった学校は、少しづつ痛みが出始め [続きを読む]
  • 福島県 矢祭町 内川小学校 茗荷分校
  • 福島県 矢祭町 内川小学校 茗荷分校矢祭町の見逃している分校跡を訪ねてみました。グーグルの航空写真を見ても校舎が残っている様子はなく、新たに集会所らしきものが建てられているようです。遊具や二宮像が残っていればいいほうでしょう。最近はかなり遠出をしなくては木造校舎に出会うこともままなりません。日帰り圏内での木造廃校を探すのはかなり難しくなっています。そんなわけで出かけた福島県矢祭町。福島・茨城・栃木 [続きを読む]
  • 茨城県 岩瀬町 坂戸小学校 大泉分校
  • 天候不順な夏だった。梅雨明け後何日か続いた猛暑日の後は雨ばかり。お盆休みもお葬式があったり、家人がケガをしたり、パソコンが完全に壊れたりと災難続き。パソコンは仕事でも使っているんで、環境を回復させるのに大変な時間を費やしてしまった。バックアップは取ってあったが古い写真データはなくなってしまった。日頃のデータ管理をおろそかにしていた罰だね。でも、スマホが壊れたりして電話番号などがぶっ飛んでしまうこと [続きを読む]
  • 福島県 昭和村 昭和小学校 小野川分校
  • 2002年に休校になり1013年に廃校になった昭和小学校小野川分校。休校期間は11年にわたりますがその間も再開を願い管理されていたのでしょう、校舎をはじめ荒れた感じはまったくしません。1975年当時の航空写真には他にも2棟の校舎が確認できます。取り壊された校舎は木造だったようです。昭和小学校小野川分校は中学校の分校〈2002年閉校〉も併設されていたようで、門柱は小中二校の名前が掲げられていました。山間の分校ですが開 [続きを読む]
  • 福島県 柳津町 西山小学校 琵琶首分校
  • 前々から訪れてみたかった琵琶首分校。一度聞いたら忘れられないその印象的な名前「琵琶首」。平家の落人か何やら謂われがありそうな名前がずっと気になっていました。WEBで調べると校舎も残っているようです。訪れた先には真新しい琵琶首公民館が建っていました。見た感じはごく最近建てられたようです。残念。工事の途中なのかブルーシートも目につきます。帰ってグーグルの航空写真を見ると2017年撮影の写真に基礎工事中の写真 [続きを読む]