院長^^ さん プロフィール

  •  
院長^^さん: つれづれ養生訓
ハンドル名院長^^ さん
ブログタイトルつれづれ養生訓
ブログURLhttps://ameblo.jp/dojin-imanaka/
サイト紹介文日常生活に関する様々な健康の知恵を中国医学の神戸の整体療法院同仁広大から、お届けします。
自由文健康であるためには、自然であることが一番です。
そのためにいろいろ試されたりしていると思います。
そのひとつに中国医学の智慧をお届けします。
中国医学は、素晴らしい医学です。その中の生活に密接した部分の智慧をお届けします。
中医師の今中院長がお届けです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/07/26 16:13

院長^^ さんのブログ記事

  • 冬は腎臓と東洋医学は言うが。。。
  • フーフーです。東洋医学で冬は腎臓と言いますが、腎臓が弱くなるのですか? 春は肝臓、夏は心臓、秋は肺、冬は腎臓と中医学の五行学説のところで言います。これは、春に肝臓疾患が多いですよ〜と言う意味ではありません。このそれぞれのペアの性質が似てるでしょ♪と言う意味です。 肝臓はゆっくり伸びやかに成長する。ほら春に芽が出るでしょ。夏は、熱さで血行も良くなる。心臓の血を流すのと同じだ。肺は、身体のエネルギーと老 [続きを読む]
  • ムカデって漢方?
  • フーフーです。ムカデが出た!ん?これって漢方になりますか? なります。なんとリウマチの薬になります。行経通絡の働きがあり、顔面麻痺にも効果あります。世の中にいらない物はありません。必ず役目はあります。サソリも、ミミズも漢方薬です。 ________________________ もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちらお身体や心の悩みの相談は、同仁広 [続きを読む]
  • こむら返り
  • フーフーです。足つってます。。。 こむら返りですね。ふくらはぎのことをこむらと言います。この原因は、寒邪と湿邪。気滞血瘀。血虚。です。一番この時期に多いのは、寒邪と湿邪です。冷えと浮腫が血行不良を呼んで固い引きつる痛みが出ます。足を暖めておくこと。マッサージして浮腫をとってあげると起こりにくくなります。お風呂でよくマッサージすることが重要です。 ________________________ もっ [続きを読む]
  • ツボって、効くの?
  • フーフーです。鍼灸や整体でツボ療法って使うと思いますが、効くのですか? よく雑誌にも出てますよね。○○に効くツボって。おしても効かないですよね。あれは実は圧し方があるんです。 温通補瀉汗和散清と言う、8個の圧し方があります。八法と言います。 例えば温法。身体の陽気を増やしてくれます。腎臓のツボをこの圧し方で圧すと冷えから来る生理痛や不妊症に効果があります。 通法は、流れが止まっている場所を流します。 こ [続きを読む]
  • みかんを中医学的にバラバラにする。
  • フーフーです。みかんの季節になりました。効能をお教えください。 みかんは中医学の漢方教材として用いやすい生薬です。面白いですよ。 まず、果肉。生津作用で、喉の渇きと身体の水分を潤わせます。 おなじみ陳皮。みかんの皮を天日干しして乾燥させたもの。これは理気健脾、燥湿化痰。煎じ方と合わせる他の生薬で少し効能が変わりますが、気の流れを調節整理し、消化を安定させます。身体を温めて浮腫をとり、痰をなくします [続きを読む]
  • それならば羊肉はどうなんだろう
  • フーフーです。シシ肉はわかりました。羊は? 羊肉は、ラム、マトンともになかなか身体には良い作用があります。 肉は、冷えを身体から追い出し、気血を作ります。冬の寒さには効果的です。 心は、精神安定と心臓病予防に最適。 レバーは、貧血予防。 胃もいいですね。消化を良くして、身体を元気にします。 基本的に温める働きは強いですね。 角。肝臓の熱をとります。偏頭痛。眼圧が高くて起こる緑内障にも効果的。 ___ [続きを読む]
  • そろそろぼたん鍋の季節
  • フーフーです。シシ肉はどんな効能があります?なんか暖まりそう。 猪ですね。豚肉と同じ効能ですが、野生の物は基本的にみな効能は強いとされています。と言っても現実はその個体によっても差はあると思いますけど。シシ肉は部位によって効能が違います。 肉は、腎精を補い、血を増やします。病後や出産後に凄く良いです。 心は不眠や精神不安を改善します。 肝臓は、視力回復と血を増やします。 腎臓は足腰を強くし、浮腫の改 [続きを読む]
  • お風呂の効果
  • フーフーです。寒くなってきましたね。外が冷えると暖かいお風呂。最高です。お風呂はどんな風に身体に良いのでしょう。 お風呂の効果は、日本人が健康でいられる秘訣かもしれませんね。 まず、温度。当然、暖かくなると血行が良くなります。人の身体は血液が循環することで、健康を維持できます。運動したのと同じような効果が得られます。ですから、ご自身に適した温度を見つけてください。体力的に低下している方は、あまり高 [続きを読む]
  • 温泉じゃないけど菖蒲湯は?
  • フーフーです。菖蒲をお風呂に入れるとどんな効能があります? 菖蒲湯ですね。菖蒲には、煎じて飲むと除痰開竅作用があります。外用するとすなわちお風呂に入れて皮膚から吸収させると醒神健脳作用と言い、意識がはっきりとし、脳を活性化させると言う働きです。あとは、身体の浮腫をとり胃を健康にする働きもあります。いつまでも美味しくいただき、脳を活性化するには良いですね。菖蒲湯。 _________________ [続きを読む]
  • 石灰を含む温泉の効能は?
  • フーフーです。温泉シリーズ第3弾。石灰泉です。この効能は何ですか? 石灰泉はトルコのヒエラポリスの大浴場ですね。石灰棚がある白い大きな自然温泉です。日本では北海道の長万部にあります。さて効能は、炭酸カルシウムですが。解毒療傷作用と止血、打ち身のあざに効果があります。外科手術の後の回復期には最適ですね。 ________________________ もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら整体に [続きを読む]
  • 温泉について教えてください。次はナトリウム泉。
  • フーフーです。温泉の成分で、ナトリウム泉について効能を教えてください。 ナトリウム泉は、塩化物の含まれた泉質ですね。早い話が塩水。いや塩湯。塩もみしていると思ってください。キュウリを塩もみするとキュウリから水が出てきます。この効能があります。 身体に水が多いと発生する疾患。むくみ浮腫からくる肩こり、冷え。下腹ぽっこり浮腫からの筋腫や泌尿器疾患。肝臓に水が多くあるための脂肪肝。体内の浮腫が血管を圧迫 [続きを読む]
  • 温泉について教えてください。まずは硫黄泉。
  • フーフーです。温泉シリーズお願いします。硫黄泉の効能は? 有馬温泉の金泉も硫黄泉ですね。全国あちこちにあります。硫黄の効能は、便通をよくすることと助陽益火の効能があります。腎臓の中に入り、冷えを追い出します。ですから、年齢とともに陽気不足になってこられた方。そのために芯から冷える。無力、頻尿、婦人科疾患がよく見られます。 ざっくりというと、硫黄は腎臓を温めてくれます。 冷えから来る月経疾患に非常に効 [続きを読む]
  • 冬虫夏草って何なの?
  • フーフーです。冬虫夏草が身体に良いって聞きました。何に良いの? 冬虫夏草は、コウモリガの幼虫に寄生して生える草ですね。草と言うよりキノコという感じでしょうか。 基本的には補益の働きです。身体の全てのエネルギーも補いますが、一番大きくは腎気を補います。腎気は、年齢とともに気力不足になったり。病気と戦った後には損傷していることが多いです。 その腎気を補い、肺を潤し咳を止めます。日本でも中国でも、高価な漢 [続きを読む]
  • 秋口の元気になる秘訣
  • フーフーです。秋もそろそろ本格的。朝晩が冷えてきました。秋の養生を教えてください。 秋は収穫の季節で、いろいろ蓄える時でもあります。冬に備えて、しっかりと栄養をとっておきましょう。。。と言うのは昔の話。基本、皆さん夏もしっかり食べ過ぎていますので、栄養過多にならない様に。 古典の書物では、秋の味覚をしっかりと摂取する様に書かれることが多いです。あとは、秋は乾燥の季節。潤いをしっかりとなんてことを書 [続きを読む]
  • 恐竜は漢方薬?
  • フーフーです。映画を見ていて思いました。恐竜の効能は? 恐竜の骨には漢方としての効能ありますよ。それは竜骨と言います。鎮心安神といい心の乱れを安定させます。不眠や動悸にも効果があります。 高血圧にも煎じて飲むと良いですね。肝臓からの高血圧限定ですが。 皮膚の潰瘍にも効果があるので、その場合は粉末にして塗ってください。 何でも漢方薬。これ中国の知恵。 ________________________ [続きを読む]
  • ヤモリが出た。こいつには何か効能があるのか?
  • フーフーです。雨のせいか、ヤモリが出ました。これも漢方薬ですか? ヤモリは蛤蚧と言って、漢方薬です。肺と腎臓を強くします。老人性の喘息とか咳を治します。後は精と血を補い、腎臓の陽気を強くします。男性不妊とかに良いですよ。 内臓を取って、開いて乾燥させます。頭や手足は食べません。頭に毒があるので注意です。乾燥させて粉末にして飲んでください。あとはお酒に漬けてても良いです。 うーん、なんか微妙なコラム [続きを読む]
  • 夏の疲れをとるために
  • フーフーです。秋になると季節の変わり目か、体調を崩すことありますよね。なんか良い方法ありますか? 春分と秋分の時は、体調が変化する時なんで、崩しやすいかもしれませんね。秋分は、夏のエネルギー、すなわち陽気がいっぱいの時期から変化します。エネルギーのベクトルも陽から陰へと変化します。外向き、上向き、運動性、熱いっぱいのエネルギーが陰になるのです。すると内向き、下向き、停滞に外的環境エネルギーは変化し [続きを読む]
  • 中国医学とサプリメント
  • フーフーです。サプリメントでとったら良いものってありますか? 中国医学というのは、水穀の精微より脾臓で気と津液を作ります。簡単に言うと飲食物から、元気をつくるんです。この命の源である元気は食べ物からできています。食べ物という意味で、水穀。精微は精というのは、物質のもととなっている陰陽が合わさったもの。すなわち天然の生命エネルギーです。微は、サプリと同様の栄養素です。ですからこの精と言われる生命エネ [続きを読む]
  • お見舞いの時に持って行って良いものって、なんか注意ありますか?
  • フーフーです。入院患者さんにお見舞いを持って行きたいのですが、食べ物で身体に良い悪いありますよね。持って行って良いものと良くない物を教えてください。 マナーや作法ではなく、中医学的にと言うことですね。基本、その患者さんの疾患を理解することが必要です。例えば、果物。手軽に持って行きやすいですが、柑橘系の物は浮腫を作りやすいです。排尿に問題のある方にはやめておいた方が良いでしょうね。その方にでしたら、 [続きを読む]
  • 昆布って、何にいいの?
  • フーフーです。昆布やワカメって、何にいいの?髪の毛生えるの? 昆布やワカメは、消痰散結作用があります。消痰散結とは。各種腫瘍をなくしてくれます。昆布丸という漢方もあります。もうひとつ。利水消腫作用。こちらは体内の余分な水分をなくしてくれて、浮腫をとります。昆布とワカメを合わせて煎じるとより効果が増します。 毛はあまり関係ありません。 ________________________ もっと詳しい ブ [続きを読む]
  • サイの角も漢方?
  • フーフーです。動物園にいるサイ。その角も漢方なんですか? 犀角と言ってインドサイの角のことですね。熱を冷ます働きが多い漢方です。熱による高熱、出血や意識障害、うわごとなどに効果があります。 サイのいる様な環境のところの蚊などによる伝染病にも効果がありますね。現在は動物の漢方はいろいろ問題があって入手困難でしょうけど。 ________________________ もっと詳しい ブログ中国医学講座 [続きを読む]
  • ぎっくり腰の方へ
  • フーフーです。ぎっくり腰ってなぜなるの? お盆も過ぎて油断をしているとぎっくり腰がおこることもあります。どんなメカニズムでなるのでしょうか。 通常、ぎっくり腰と言われる症状は中医学では急性腰肌労損と言います。腰部の筋、肌肉が風寒湿の邪によって流れが阻害され、触れると拘急する症状と痛みを伴います。この場合、紓筋活血を行い痛みとこわばりをとります。寒邪、湿邪が腰にたまっている時におきやすいのです。夏場で [続きを読む]
  • かんぴょうって、効能は何でしょう。
  • フーフーです。かんぴょうってユウガオの実ですよね。栃木県の名産でもあります。で、効能は? かんぴょうは葫芦と書きます。読み方はころ。ウリ科のユウガオの果実です。余分な熱を冷まして水分代謝を促進します。ほてりや渇きを抑える働きもあります。注意事項として、熱エネルギー不足や消化器系が冷えている場合はとってはいけません。 ________________________ もっと詳しい ブログ中国医学講座は [続きを読む]
  • 中国医学の痩せるツボとは
  • フーフーです。夏なのに痩せないよ。ツボで痩せないですか? 「ツボで痩せないの」「痩せるツボおして!」施術をしているとよく言われます。努力せんと痩せるかぁ!と言いたくなりますが、実はあります。 ただし、このツボをおしたからめきめき体重が減るというものではないです。体質改善をし、健康に消化吸収を促進させ、新陳代謝を良くしていこうという考えです。そのためには、胃と脾臓を強くすることが必要です。胃と脾臓の働 [続きを読む]
  • 夏の食養生でのお米の食べ方。
  • フーフーです。夏は食欲がわかない時があります。どうすればいいのでしょう。 夏は、四季の中で「成長」の季節と言われます。熱気のために色々な物が流れやすくなります。血や汗などは、その最たる物です。ですから、本来は食したものも同様に流れやすくなるはずなんです。 しかし、水分過多で胃の中で停滞することも多くみられます。これは自然の流れと逆らっています。夏は、流暢に流れなくてはいけません。ですから、夏は麺類だけ [続きを読む]