院長^^ さん プロフィール

  •  
院長^^さん: つれづれ養生訓
ハンドル名院長^^ さん
ブログタイトルつれづれ養生訓
ブログURLhttps://ameblo.jp/dojin-imanaka/
サイト紹介文日常生活に関する様々な健康の知恵を中国医学の神戸の整体療法院同仁広大から、お届けします。
自由文健康であるためには、自然であることが一番です。
そのためにいろいろ試されたりしていると思います。
そのひとつに中国医学の智慧をお届けします。
中国医学は、素晴らしい医学です。その中の生活に密接した部分の智慧をお届けします。
中医師の今中院長がお届けです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/07/26 16:13

院長^^ さんのブログ記事

  • そろそろ冷え対策しておきましょうか
  • フーフーです。夏の疲れが出るころですね。気をつけるポイントを教えてください。 お盆を過ぎると若干気温にも変動がみられます。日中の最高気温は変わらなくても、朝晩少し涼しくなるとか。最高気温の時間が短くなるとか。日差しが少し角度が出てきて、影が増えるとか。微妙な変化です。1℃か2℃くらいの。 しかし、この1℃、2℃の変化が体に影響を及ぼします。エアコンやお風呂の温度が1℃変わるとすぐわかりますよね。そんなも [続きを読む]
  • 肝臓病って、中医学でどう考えます?
  • フーフーです。肝硬変とか、脂肪肝とか、肝炎って、成人病の中でも生活習慣病に入りますよね。何をどう気をつけたらいいですか? 肝臓は寝ると血が肝臓に帰ると中医学では言われます。全身に栄養を配達し、老廃物や生成物を集めた血液が肝臓に帰ってきます。では、肝臓疾患の説明をします。 1.食べ過ぎて血が熱くなったり、作りすぎた場合。胃の湿熱証と言うのですが、肝臓に帰す血が多すぎて、しかも熱いと肝炎になります。量が [続きを読む]
  • 高血圧の薬はやめたらまずい?
  • フーフーです。高血圧の薬って、一生飲み続けるものって本当ですか? 高血圧の薬もいろいろな方法で、血圧を下げます。血管を広げるもの、ポンプの働きを弱めるもの、血液量を減らすもの。それぞれの対処法はまたの機会でご説明しますが。そもそも高血圧を治せば、薬もやめれますね。 高血圧の場合、熱と浮腫で発生します。それぞれの原因と対処法を合わせてご説明します。 熱の場合肺の熱:ウイルス性の邪が入って、そのため一時 [続きを読む]
  • 糖尿病の原因は
  • フーフーです。糖尿病は食べ過ぎでなるんですか? 食べ過ぎだけで無いですよ。そうですね糖尿病のメカニズムをお話ししましょう。血液中の血糖値が高い状態を糖尿病と言います。この血糖を吸収するのにインスリンが出ます。この分泌が出てない時に糖尿病と言いそうですが。もう少しいろいろあります。 身体に熱が多すぎて、血液がドロドロしてしまい、血糖値が上がる場合。これも糖尿病。熱性の食べ物や糖質が多い方ですね。 冷え [続きを読む]
  • 自然はいつも教えてくれます。
  • フーフーです。暑いですね。自然の力はすごいです。 そうですね。人間も自然の一部です。うまく、自然に溶け込むと楽に生活できます。自然はいろいろ教えてくれますよ。 今年は集中豪雨もありましたが、基本雨の日は少ないです。こんな時は、大地の水を吸ってくれるキュウリが育たないです。逆を言うとキュウリが育たないのは、水を吸う必要が無いから育たないのですね。そういえば、庭のキュウリにもあまり実がなっていません。で [続きを読む]
  • 胃はとても大切なんですよ
  • フーフーです。腸のことってよく言われます。胃も大切ですよね。胃は健康を考える際の中心となる臓腑です。各臓腑に繋がっていて、ここからそれぞれにエネルギーを供給していきます。胃は漢字で書いても、にくつきの田です。田は米だけでなく、農地を表します。身体の中で、土台となって全ての臓腑のエネルギ-を作ります。作ったエネルギーは、胃の表裏関係にある脾臓が運搬します。田と同じなんで、種を蒔いたら、勝手に芽を出し [続きを読む]
  • 不眠症について
  • フーフーです。不眠症について、相談されました。改善方法ありますか?不眠症っているのは、ざっくり言ってしまうと血行不良からおきます。寝ると血は肝臓に帰るというのがあります。夜に肝臓に血が集まるとそこで血を綺麗にして、翌日の活力になります。この時に血行不良になると問題が生じます。それが不眠にもつながります。 心臓が弱くて血行不良でも、不眠になります。→鬱っぽい症状を伴います。コレステロールが高くて、血 [続きを読む]
  • いつも元気に暮らすには。
  • フーフーです。いつも元気に暮らすには、何か秘訣がありますか? 自然とともに暮らすこと。これが一番の極意ですね。 三因原則というのが中国医学にあります。因時因地因人の3つで三因原則。 人の体は、時の影響を受けます。時とは気候や天候。人の体は、地の影響を受けます。海沿いの暮らしと山の暮らしは違います。人の体は、人によって体質が違います。同じ暑さでも平気な人、つらい人。これらを全て理解して、無理をしないで自 [続きを読む]
  • 食べ過ぎ注意ですよ
  • フーフーです。腹八分目と言いますが、食べ過ぎるとどうなります。 食べ過ぎると胃気が上逆します。胃気とは、胃の気力で、それが上に昇ることを上逆と言います。簡単には、胸焼けや吐き気になります。それが経絡というエネルギー線を通って上にあふれ出ます。 特に顔にその胃の経絡はあるので、アトピーの様な顔の赤み、肌荒れ。歯が浮いたり、口内炎。顎関節症や、耳鳴り。偏頭痛といろいろ顔に出てきます。 まだ、外にあふれて [続きを読む]
  • 全てに有効、陰陽学説
  • フーフーです。陰陽学説って、中国医学の基礎と聞きました。どんな内容ですか? 陰陽学説は、全ての事柄が陰陽の両面から成り立っているという考え方です。身体と心女性と男性静と動寒と熱こうやって二極に分類できます。 身体の中でもそうなんです。 血液循環でも、流れるという陽のエネルギーと止まるという陰のエネルギー。これがあるから、全ての細胞を血液で潤わせることが出来ます。血液が、拍動の止まるという行為が無く、 [続きを読む]
  • 中国医学の何でもお悩み相談セミナー
  • 中国医学の何でもお悩み相談セミナーフーフーです。先日、みんな元気になろうセミナーを開催しました。〜中国医学で何でもお悩み相談セミナー in大阪〜https://youtu.be/vmuzVdF9sSQご覧になってください。________________________ もっと詳しい ブログ中国医学講座は こちら整体に興味のある方は同仁広大へ それは こちらお身体や心の悩みの相談は、同仁広大 へどうぞ整体療法院 同仁広大 http:// [続きを読む]
  • 湿気について書いてみます
  • フーフーです。毎年、梅雨なると湿気について書いてくださいとお願いします。今年ももれず、お願いします。 雨が降ると湿気が多くなります。この湿気ですが、夏と冬によって違うんですよ。 湿気が多いと身体に入って、だるくなるところまでは同じです。夏場は、ここに熱邪が入ります。すると身体の中で水蒸気になります。水蒸気になると上に昇り、頭がぼーっとします。眠くなる、腫れる様になったり、重くだるくなります。喉も浮 [続きを読む]
  • 中国医学と東洋医学の違い
  • フーフーです。東洋医学と中国医学は違うのですか。 そうですね。もともと奈良時代に遣唐使などを通じて、中国から伝わってきた医学があります。これを後に中国医学と言います。それをみなで学んだものが、日本の医学の基礎になっています。しかし、明治維新の際に西洋医学が普及し、西洋医学に対して東洋医学と言われたので今も東洋医学と言われます。東洋医学でも、鍼灸や漢方を治療として用いています。 しかし、両者は似ては [続きを読む]
  • めぶくろの相談
  • フーフーです。目袋を相談されました。くすみも気になる様で。 目元美人でお悩みの症状は、よく目の下の目袋が出来た、と相談されます。確かに、腿とパッチリにはまぶたの下もスッキリしたいです。これは、中医美容学では解決できます。 中国医学では、この症状を目袋と言い原因は大きく分けて2種あります。 1つは脾虚虚弱 2つめは腎気虚衰 1つめの症状では、目の下は浮腫、疲れた感じで、お腹が張ったり、便が軟らかかったりし [続きを読む]
  • 姿勢は体に影響を与えるのか。
  • フーフーです。猫背なんで、よく肩が凝ります。ってよく聞きますが、姿勢は病気に関係ありますか? 姿勢が悪いと病気になるかと言うことですね。 よく背骨がゆがんでいると、病気が起こるとか言われてます。無いわけでもないし、絶対そうだと言うことも無いし。半々と言うところでしょうか。 脊柱から臓腑に神経が流れていますので、姿勢が悪く、そこがシャットアウトされると臓腑に影響をあることもあります。 しかし、現実は [続きを読む]
  • その健康にいい食べ物、本当?
  • フーフーです。よくこれを食べると身体にいいとか。元気になるとか、いろいろありますよね。本当でしょうか? ありますね。このサプリは万能薬みたいなもんだから、飲んでた方が良いよとか。サプリだけでもないですよ。玄米食べた方が良いとか。お肉も必要とか。 もっと具体的に言うとレバー食べると貧血にいいとかって思っていません?貧血にもいろいろあって、胃が悪くて消化できていないからの貧血肝臓が悪くて血をためれてい [続きを読む]
  • 梅雨前の養生法
  • フーフーです。梅雨がそろそろ近づいてきますよね。今年こそはその湿気対策をしておかないと。 そうですね。日本の夏も暑さ大変ですが、梅雨も体調を崩しやすいです。 どの様に大変か、外からの湿邪によって身体の気血の巡りが停滞することです。血の巡りが悪いと、あちこちに栄養不足が出たりします。 メカニズム的には、皮膚から湿邪が入り、経絡や血脈を圧迫するからです。 対策としては、汗をかくことで湿邪を追い出すこと。 [続きを読む]
  • 中国医学でよく言う、脾臓って何ですか
  • フーフーです。中国医学で、脾臓ってよく登場しますが、これはあまりなじみが無いのですが。 西洋医学では、あまり登場しない脾臓ですね。しかし、しっかり五臓六腑の五臓の中に含まれる臓腑なんですよ。 胃とセットで身体の中で働いています。 主な働きは、元気と血を作ります。そして栄養分を全身に送ります。だから、ここが弱くなると、全身の無力、機能低下、末端には栄養不足がおきます。貧血の原因にもなります。あと、栄 [続きを読む]
  • マッサージやエステの効果
  • フーフーです。オイルトリートメントやリンパマッサージ。他にもいろいろマッサージはあります。中医学的に見て、効果はどうなんでしょう。 いろいろなマッサージありますね。流す方向がこうとか。強さがどうこう。その目的も自律神経がどうだの。いろいろ言われていますが、気持ちよければいいんじゃ内でしょうか。ざーっくりした考えですが、血行が良くなっていたら、基本元気です。骨をぐりぐりするのは、血行には関係ありませ [続きを読む]
  • 世の中に良いも悪いも無いのよ。今回は白砂糖。
  • フーフーです。よくこれは、肝臓にいいとか。これは体にとって必要だからとか。いろいろな健康情報があります。どれがいいんだろう。そうですね。全ての人が元気になるものって、ありそうで無いんですよね。逆に悪いものも無いんです。あ、摂り過ぎたりすると悪いものはあります。例えば砂糖。 白砂糖は体を冷やすとか。糖はガンの餌だとか。現代人なら誰もが、口にしたことあるでしょ白砂糖。まぁ、そういう不安をあおることで過 [続きを読む]
  • 鳴門ワカメさいこー
  • フーフーです。鳴門のワカメいただきました。効能を教えてください 美味しいです。この時期のワカメ。最高です。ワカメには気を下げる効能があります。 熱が体にこもった方。例えば高血圧には凄くいいですね。熱性のアトピーとかにもいいですよ。 特に鳴門のワカメ。鳴門の周辺海域では渦潮が出来るくらい海流が早く。それになさがされない様に下に向かって力が働きます。 イメージは筋トレをこなしたワカメです。鳴門のワカメ。 [続きを読む]
  • 豆腐の有効的な活用法。
  • フーフーです。豆腐の身体にいい食べ方教えてください。 豆腐は腸の潤いを作ります。陰陽の陰の働きです。陰ですから、寒、下、内、静止の性質のエネルギーを持ちます。よくこれで体を冷やす食べ物だとか言われますが、そんなこと無いです。体を冷やしたくないなら湯豆腐にしてください。 豆腐は胃から腸を潤わせる働きがあります。お肉やカロリーの高いものを食べて、胃に熱がある方。大根と食べるといいですね。 赤いアトピーの [続きを読む]
  • 中国医学の医聖 張仲景を簡単に紹介してみます。
  • フーフーです。張仲景という方は、凄い方だったのですか。 今から1800年くらい前の医師です。傷寒雑病論という様々な疾病に対する治療法をまとめた書を書かれたんです。その時代の医学とは、口伝を主としていましたので、ここまで細かく書かれることはありませんでした。症状ごとの漢方の処方が書かれており、それで治らない場合の次の漢方まで記されているんです。 さらに何が凄いかというと、1800年以上経っても、その処方で治 [続きを読む]
  • タンポポも生えてきた。
  • フーフーです。ドクダミが生えてきたと思ったら、タンポポも生えてきました。どうにか使えませんか。 タンポポも面白いですよ。根が効能があります。タンポポの根は、まっすぐ真下にぐんぐん伸びています。この働きが身体の中におこります。体の底の方にある水を探し当て、上に引っ張り上げて利尿します。自然界のままです。 この利尿作用を下に降ろすので陰の働きなんですが。中国医学というのは陰陽のバランスがきちんととれて [続きを読む]
  • ドクダミが生えてきた
  • フーフーです。桜も咲きかけています。足下見るとドクダミが。なんか使えますか。ドクダミは根を使います。その効能は、解毒、潤腸通便作用です。若干の養血作用もあります。生のもので煎じると潤腸作用と解毒の働きがあります。わかりやすく言うとお腹を下して体内のものを出します。毒も出すし、栄養分も出します。 なんか名前のイメージ通りですね。 乾燥すると効能は落ちます。落ちてもいっぱい入れて煎じたら、いいんですけ [続きを読む]