太平洋戦争秘話・悲話 さん プロフィール

  •  
太平洋戦争秘話・悲話さん: パプアの戦い
ハンドル名太平洋戦争秘話・悲話 さん
ブログタイトルパプアの戦い
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/bfg000662
サイト紹介文パプア戦の紹介と語り継ぐ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/07/25 13:56

太平洋戦争秘話・悲話 さんのブログ記事

  • ウエワク戦(7月)の戦没部隊・時期・場所!(未完成)
  •  パプアが知る7月のウエワク戦の概要2日 東南山占領される3日 松虎山占領される14日シブラング占領される22日アンブロリ占領される23日サスイヤの青津部隊、第51師団長の指揮下に入る29日第51師団、戦闘指揮所をクツサムに移動 ウエワク地区はどの程度の広さでしょうか?5月4日から始まり、7月になつても日本軍は抵抗していたんです。抵抗場所は田崎山、東南山、クワイド、馬場台等でした。戦没部隊は独立自 [続きを読む]
  • パプア戦!百聞は一見に如かず!!
  •  キャンベラにあるオ−ストラリア戦争記念館,噂は聞いことが有りましたが、今日、war memorial canberra wewak と書きこんでみましたら下記の映像に遭遇しました。上の日章旗がもしも、我が身内のものでしたら?・・・・・でしょう!日本のありさか ライフル?とドラム缶と水筒ココダの豪軍記念碑!ウエワク・ポイントとwewak airfield(wiruri)=中飛行場1943年の状況! [続きを読む]
  • 東部ニュ−ギニア・ウエワク戦情報について1歩前進!
  • ウエワク戦!飢えワク戦!初めは白紙!今では少しの前進か? ウエワク戦については日本人関係図書は殆ど調べましたが、豪州・キャンべラの戦争記念館の資料・AUSTRALiAN WAR memorial about theについては英語という壁で、殆ど読んでいませんでしたが、その一部の日本語訳の一部に出会いました。下の写真です。身内は故佐藤首相から戦死ということで勲8等という勲章を頂いていますが、このよう [続きを読む]
  • 沖縄戦戦没者に祈る!
  •  今日6月23日は沖縄戦の組織的な戦闘が終わつた日です。が、残存現地指揮官が降伏する9月7日まで沖縄戦は続いていました。沖縄県民が軍に協力して軍以上の死傷者が出てしまいました。海軍の太田実中将の言葉・遺言書が、それを証明しています!平和ボケの日本人さまはご不在だと思いますが、失礼ですが御存じですか?今の平和は数多くの犠牲者の上にあります!沖縄守備隊の第32軍軍司令官・牛島 満大将と同参謀長・長 勇 [続きを読む]
  • 決号作戦準備があつたとは!?
  • 太平洋戦争史で6月といえば、よく思い出すのは、矢張り1942年のミツドウエイ−の惨敗、43年の東部ニュ−ギニア・サラモアの苦戦、44年のインパ−ル敗走、45年の沖縄戦等ですが、今年の5月上旬に訪れた鹿児島県志布志市の本土決戦用の陣地跡が忘れられません。陣地は決号作戦準備の為に造られていたんです。ところで、 決号作戦準備とは?(1945年4月以降の本土の作戦準備の事)興味のあるお方はネツトで詳しく [続きを読む]
  • アッツ島守備隊ほぼ全滅の日!
  •  パプアの住む町の今の空は梅雨の雨ですよ。パプアの心は湿りがち!今日5月29日でアッツ島守備隊無念の敗北から早や、75年になります。何故?アッツ島の悲劇は起きたのか?当時の東條首相は悲報を聞いて涙したとか!あのミツドウエイ−海戦での大敗北が大きな原因でしょう!アリュウシャン作戦は中止すべきでした。ガタルカナル島に米軍が上陸時に撤退をさせるべきでした!極寒の寒さ!不満足な補給!娯楽の皆無!空襲や艦砲 [続きを読む]
  • 鹿屋航空基地資料館訪問!
  •  2018年5月7日大雨の日・土砂降りの雨にも負けずに?一度は行きたかつた鹿屋航空基地資料館に初めて参りました。館内は零戦の写真撮影以外は駄目でした。同館内に特別攻撃で沖縄方面へ出撃された数多くの遺影が展示されていました。パプアの戦いに御訪問される方に質問!1 太平洋戦当時の鹿屋市に、いくつの飛行場が有りましたか?2 日本の特攻基地で、もつとも多くの出撃基地は何処でしたか?零戦の操縦席には乗れませ [続きを読む]
  • 第1航空移動修理班のウエワク戦以後の戦死公報の正確度は?!
  •  東部ニュ−ギニア戦の戦死公報をご覧になられたことが有りますか?パプアは第1航空移動修理班の身内の公報と、班所属全員の戦没時期と場所を厚生労働省から入手して、見たことになります。 パプアは最初は公報の信頼度は低い!と思つていましたが、今現在では正確度は高いものと認識を変えました。 その理由は公刊戦史と戦没時期場所が妥当だと思われるからです。ウエワク戦開始(1945年5月4日)から2日目で8名の方が戦 [続きを読む]
  • 5月の太平洋戦史と言えば?!
  •  5月の太平洋戦史と言えば、貴方・貴女様は先ず一番の御関心の戦史は?という戦史でしょうか?パプアの予想:1 沖縄地上戦・1945年5月1日から6月23日、一部は敗戦時まで。2 神風特別攻撃隊・1945年5月1日から敗戦時まで3 珊瑚海海戦・1942年5月7日から8日4 アッツ島の戦い・1943年5月12日から29日。戦死者は全員2階級特進。5 特殊潜航艇シド二−軍港攻撃・1942年5月31日。同上 [続きを読む]
  • 部隊履歴簿1年間の空白は何を意味するのでしょうか?
  •  今年も早くも5月になりましたね。5月で「パプアの戦いのブログ」に御訪問頂く皆様に「暑中お見舞い申し上げます」と言う季節!異常な季節が当たり前になりました。変わらないのはパプアの身内部隊への関心!同班の履歴簿が1944年5月1日から1945年5月3日まで空白になつて居るんですよ!パプアの知識:同時期の戦況はアイタぺ攻撃が1944年7月10日から8月4日、1944年11月末から豪軍がアイタぺ方面から [続きを読む]
  • 今日4月22日という日は在ニュ−ギニア陸軍航空隊最悪の日!
  •  ホランジャヤ、アイタぺ、ウエワク、ブ−ツ,ダグア、アレキシスハ−フェン、ハンサ、マダン、ラエ等と地名を上げても平成生まれの御遺族以外の日本人には馴染みがないでしょう!今では楽園になつていますよ!是非、ネツトでご確認を!さて、今年も4月22日が来ましたが、1944年4月22日ニュ−ギニア戦線で何が起きていたのかを伝えるマスコミを知りません。 当然です!戦時中の大本営が故意に消して居た陸軍航空隊の敗 [続きを読む]
  • 東京初空襲の責任で東部ニュ−ギニアへ飛ばされた中隊長あり!
  •  今から76年前の今日、太平洋戦争緒戦の勝利の美酒に酔いしれていた東京を、 1942年4月18日米空母・ホ−ネツトより発艦した米陸軍機B25が東京を初空襲し、調布飛行場対空監視哨の警報が遅れた責任を取らされたW陸軍大尉が第22飛行場中隊長として東部ニュ−ギニアのウエワク東飛行場に送られていました。(捕虜になつたドウーリットル飛行士の一番責任ある3人を銃殺、その他は無罪に)パプアが、そのことを知り得 [続きを読む]
  • 今日は沖縄海上特攻・戦艦大和等乗組員等の慰霊の日!
  •  昭和時代の神話!大日本帝国の守り神!世界最強・不沈戦艦・戦艦大和!勇壮な軍艦マ−チ!パプアの子供時代の憧れの戦艦でした!その大和が1945年4月7日菊水1号作戦参加中、鹿児島県坊ノ岬沖で米軍機の為に撃沈させられていました。 大和護衛艦にも多数の戦死者が出ました。映画連合艦隊の場面が思い出されます。意識が消えるまでの苦痛はいかばかりであつたか!今もなお、海底で眠られています!第2艦隊(旗艦戦艦大和 [続きを読む]
  • 東部ニュ−ギニア戦死公報クワイド探しの思い出(9)!
  • 毎年4月1日になりますとパプアが思い出しますのはやはり、在ニュ−ギニア陸軍航空部隊の事です。身内の部隊=1FiS=第1航空移動修理班=洋9323部隊は1944年4月1日何処に位置していたのか?その答えは厚生労働省情報開示の部隊歴にウォム岬=オーム岬警備とあり、初めは何の疑問も感じませんでした。(知識零でした!)しかし、調べれば調べるほどに、何故?同班はそうなつたのかという疑問に変わりました。そし [続きを読む]
  • 今日は1945年3月10日東京大空襲犠牲者の慰霊の日!
  •  1945年3月10日頃の太平洋戦線の状況と当時の内閣の顔触れについて過去の歴史を調べたいですね!そういうことを提起したパプアには完全・完璧な知識はありません、何と言う無責任な者・平和ボケ者でございます!パプアの知識1 硫黄島守備隊は善戦敢闘しながら米軍の大火力・空から爆弾の雨、地上からは火炎放射機による火炎地獄等で残兵約800名で苦戦・死闘していました。2 ビルマ戦線ではビルマ方面軍が敗退中。3 [続きを読む]
  • 東部ニュ−ギニア戦死公報クワイド探しの思い出(8)!
  •  東部ニュ−ギニアのクワイドは何処にあるのか?此の疑問解明の為に長い年月が流れました。カタカナのクワイドだけの通知で何が解るのでしょうか?身近に東部ニュ−ギニア戦・ウエワク及び山南戦を語る方はいないし、詳しい地図もなし、お役所に聞いても解りませんという回答の連続でした。 敗戦後70数年も経過しますと公報を出したお役所もクワイドの位置が益々、解らずに教えてもらえませんでした。聞くところによりますと、 [続きを読む]
  • 東部ニュ−ギニア戦死公報クワイド探しの思い出!(7)
  •  第1航空移動修理班に関する公式記録の留守名簿や略式部隊歴によりますと同班は1943年2月1日からウエワク飛行場に展開し・・・・・。とありますが、何をしていたのか未だに解明できません。 特に知りたいことは第14戦隊支援の為にラバウルやアレキシス飛行場に行つたのかとか、指揮系統・命令は何処から来ていたのか等なのです。現在までに判明していることは公刊戦史や生還者の著作等によリ、同年2月中旬にウエワク東 [続きを読む]
  • 東部ニュ−ギニア戦死公報クワイド探しの思い出(6)!
  •  「戦死公報」で、パプアの身内に通知された・戦没地クワイドを調べるために「身内・故人の個人兵歴簿」というものを決められた手続・故人とパプアの関係を証明する戸籍謄本等を入手・送付して本籍地の福岡県庁から入手して確認したことがありましたが、驚きましたよ!身内・故人は東部ニュ−ギニア勤務と明記されていませんでした。 それに、クワイドで戦死ということもその他・重要な事は何も記載されていませんでした。記載さ [続きを読む]
  • 今日は南海支隊・ブナ守備隊の命日!
  •  2018年の戌年、明けましておめでとうございます!今年も「パプアの戦いのブログ」を宜しくお願い致します!パプアの初夢は「 ? 」でした。「?」は今までのパプアの戦いが知る「パプア戦の真相は本当だつたのか?」ということでした。今まで真相だ!と確信していたことが真相だつたのか?と、再、確認すべきだと思いました。 そこで、今年の抱負は矢張り、パプア戦の本当の真相を語り継ぎた−いと言うことです。パプアが [続きを読む]
  • 今日は南海支隊・バサブア守備隊の御命日!
  •  毎年々、師走ともなれば、赤穂義士の事が語られ日本全国に知れわたつていますが、南海支隊所属の各道・都・府・県等ではバサブア守備隊のことは語られて、慰霊祭等は行われているのでしょうか?パプアは南海支隊とは何ーの関係も有りませんが、バサブア守備隊の御命日には南の方を向いて今の日本の平和に感謝して、御冥福をお祈りしています! さて、1942年12月8日バサブア守備隊は殆ど全滅しました。何故?そうなつたの [続きを読む]
  • パプア戦史!第8方面軍、第18軍司令部新設の意味したもの!
  •  第8方面軍、第18軍司令部の新設と、それへの任務付与は太平洋戦争勝敗の分かれ目でした。時は1942年11月16日、ガタルカナル島戦最悪時の大日本帝国首脳部の決断=大誤判断=講和条約不可能化=惨めな敗戦への道のりということでした。 当時の東條首相、杉山参謀総長、大本営陸軍部作戦部長・田中新一中将、同作戦課長・服部卓志郎大佐、同作戦班長・辻 政信中佐等の情勢判断で新設され、其の後、東部ニュ−ギニア等 [続きを読む]
  • 東部ニュ−ギニア戦死公報クワイド探しの思い出!(5)
  •  今日のパプアが住む町は午前中、冷たい雨が降り、「クワイド探し」の思い出を語りたくなりました。初めて見たセピック河の景観!パプアの当初の座席は進行方向の左側でしたが、セピック河上空で右側に移動して撮りました。飛行場からすぐそばにある宿へ移動後に撮りました、ヤシの木です。ヤシの実が落ちてきたら大変なことになつていました。宿からすぐそばにある平和公園の様子です。36名という遺族戦友会のメンバ−でした。 [続きを読む]
  • 最初の神風特別攻撃開始日に最後の特別攻撃隊の悲話を知りました!
  •  今日の太平洋戦史を思い浮かべていましたら、最初の神風特別攻撃隊・敷島隊の輝かしい戦果が思い出されましたが、恥ずかしながら今日、ブログ投降のほんの少し前に「知恵袋」で知りました。「1945年8月15日玉音放送後に宇垣中将機にお供して沖縄の空に散華された中津留辰雄少佐他21名の彗星乗組員の方々の悲劇を!」中津留少佐は出撃当時、若い奥さまと娘さんを残して逝かれたそうです。大分県津久見市の御出身とか!宇垣 [続きを読む]
  • 東部ニュ−ギニア戦没地クワイド探しの思い出(4)
  •  今日の太平洋戦争史を振り返えれば、1943年10月21日に学徒出陣式が有りましたね、早や、74年になります!時の首相は東條首相でした。其れから僅か、9カ月で総辞職し、戦場に送られた数多くの前途有為な青年たちがかけがえのない命を落とされた史実を忘れたらいけないと思います!この時点で「一撃講和」は不可能と判断できなかつた総理大臣がいた大日本帝国の臣民は地獄でした。話しはそれましたが、クワイドを探すた [続きを読む]
  • 東部ニュ−ギニア戦没地クワイド探しの思い出(3)
  • クワイドを探し求めて、早や半世紀! 如何して「クワイド」つて遺族に解らないような地名を付けたのかと!腹が立つてきました。そういう時期に第41飛行場大隊勤務の福岡市在住のI氏の存在を知り、第27回ラバウル・ニュ−ギニア陸軍航空部隊戦没者合同慰霊祭の資料を頂きました。期待して資料を開きましたが身内関係部隊の世話人は第2と第6移動修理班しかありませんでした。平成14年と言えば、2002年。敗戦後、早や、 [続きを読む]