みく さん プロフィール

  •  
みくさん: みくのブログ
ハンドル名みく さん
ブログタイトルみくのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/icecreamjet
サイト紹介文テレビで聞けないお話
自由文新聞、テレビからは聞かれない。
『幸福実現党』[HRPニュースファイル](ほぼ)毎日更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/07/26 01:09

みく さんのブログ記事

  • イエス・キリストが伝える、ドイツとEUの未来へのアドバイス
  • 《本記事のポイント》・混乱が続くEU。トランプ大統領はイギリスやフランスに新たな貿易協定を勧める・一方、ドイツは最大の貿易相手国である中国と密接な関係を築き続けている・イエス・キリストが霊言で語った、ドイツやEUの未来についての提言とは移民やシリアからの難民問題、財政危機など、問題が山積するEU(欧州連合)。イギリスのEU離脱が半年後に迫る中、交渉が難航するなど、混乱が続いている。イギリスのEU離脱については [続きを読む]
  • 今、ハマってる。
  • 爺が今 強烈に怒ってる んじゃなくて・・・ ハマっておるこの秋おススメの動画をご紹介します。 セレーナ・ゴメスじゃぁぁぁぁ!!!(●´ェ`●)ポッ もうかれこれ5年くらい前の動画かの?セレーナが21歳かそこらじゃろか・・・ かわいい!(? >ω完璧。 完璧です! 完璧なパフォーマンスじゃぁ このほど新曲をだしたとか 噂によると、元彼のシャスティン・ビーバーのことを歌ったのではないかと・・・。 [続きを読む]
  • モスクやキリスト地下教会が弾圧される傍らで・・・<中国>
  • 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成30年(2018年)9月11日(火曜日)弐        通巻第5824号  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜モスクやキリスト地下教会が弾圧される傍らで崇山少林寺(禅宗)は五星紅旗を高く掲げた政治宗教集団化********************************* 河南省開封から南へバスで二時間強。宏大な山のなかに出現 [続きを読む]
  • 清水富美加が語っていた「ちっ」と言わない仕事術
  • 「さすがにビビりましたよ。でも、いろんな人生を歩んできた人たちが、こうやって一カ所に集まって同じ時間を過ごしているということに、猛烈に感動しました」 本誌にこう語ったのは、2017年2月に宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(法名・ 千眼美子)。 8月2日、東京ドームでの大川隆法総裁の講演会イベントに登場し、5万人の前で、自身がヒロインとして出演する2018年公開の映画『さらば青春、されど青春。 [続きを読む]
  • 「グーグルは全体主義者に魂を売り飛ばすのか」
  • 「グーグルは全体主義者に魂を売り飛ばすのか」  中国の巨大マーケットは金儲けの場だから、とグーグルは前向きだが************************************ 数年前に一度、グーグルは中国の検閲制度になじめず、撤退している。言論の自由を抑圧する検索、データ管理による人民支配という全体主義の専制政治に協力するわけにはいかない、「われわれは悪魔とは取引しない」と言明した筈だった [続きを読む]
  • 「あの国からアメリカに来る学生は全員がスパイだ」
  • 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成30年(2018年)8月9日(木曜日)弐        通巻第5784号   「あの国からアメリカに来る学生は全員がスパイだ」とトランプ   私的な夕食会で、おもわずホンネ? 中国は日本に異様な擂りより**************************************** 慰安婦に関してのシンポジウム(8日、上海で予定されていた)を突如、中国は中止し [続きを読む]
  • 劉暁波とポーランド革命をつなぐもの
  • https://the-liberty.com/article.php?item_id=14666 《本記事のポイント》ポーランドの民主化革命の中心人物ヨハネ・パウロ2世が語る自由とは?教皇の1979年のポーランド訪問がもたらした2つのもの人々の心に教会を建てた教皇 ノーベル平和賞を受賞した劉暁波氏の1周忌を前にして、中国政府は、妻・劉霞氏を解放しました。中国の共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、欧米諸国は劉霞氏が「人権闘志」となるよう迫ってはならない [続きを読む]
  • さらば青春去れど?青春
  • 5月12日に公開された 『さらば青春、されど青春』まだまだ公開中です! 上映劇場 いまや日本一の あの宗教団体その教祖である あの方 の生い立ちと、青春の軌跡を描いたノンフィクション青春ストーリー。 そしてなんと主役は あの方 のご長男ですお父さんを息子さんが演じているわけですね。 それでなんとなぁくふとした表情が若かりし頃の あの方 に似ているのではないかと上映中 ガン見してました。 内容は主に [続きを読む]
  • みく爺の日常の霊的な気分
  • このところお気に入りにしている幸福の科学信者さんのブログには・・・・スピリチュアルローズさんの世界の奇妙な動画とかOPHEALIS GARDENさんの霊能力のお話など霊的な内容が多く、刺激を受けている。 なにしろ、幸福実現党が立党して衆院選に立候補して以来、政治や世界情勢に目覚めてしまい、実現党こそが奇跡を起こすべく立党されたのだということも忘れ、奇跡やスピリチュアルからは全然遠ざかっている自分がいる。 最近、信 [続きを読む]
  • 羽生選手、高木選手 一流の人に学ぶ「自分を信じる力」
  • 《本記事のポイント》・羽生結弦選手は「絶対に勝てる自信がある」と自分を信じた・高木菜那選手は「思いや練習量は絶対に勝っている」とチームを信じた・本当の勝利は、自分との闘いに勝利することにある よりどころとすべきは自分自身であり、最も大切なのは自己信頼である――。19世紀を代表するアメリカの思想家、ラルフ・ウォルドー・エマソンは、著書『自己信頼』の中でこう述べた。バラク・オバマ前米大統領も、この著書 [続きを読む]
  • NHKは生き残れるか―受信料は合憲という最高裁判決を受けて
  • ━━━━━━━━━━━━━━江夏正敏の「闘魂一喝!」「NHKは生き残れるか―受信料は合憲という最高裁判決を受けて」━━━━━━━━━━━━━━ 「NHKの受信料はテレビを設置したら支払い義務が生じる」。12月6日に最高裁大法廷は、これを「合憲」とする初判断をしました。具体的には、テレビがあるのに受信契約を拒んだ男性に、NHKが受信料を請求できるかが争われました。『契約の自由』などを保障した憲法に違反するとした [続きを読む]
  • 電車内で演奏 あり や なし や?
  • 外国人のプロ楽団が日本の電車でゲリラ演奏して賛否両論「海外では好意的に受けいられるので…」 http://www.all-nationz.com/archives/1068403869.html …pic.twitter.com/YibeLASWKw 以前、幸福の科学のご法話で歌を歌う事自体は善でも、電車の中で歌えば悪になることがある・・・というお話を大川総裁がされていたことを思い出した。悪の発生原因みたいなお話だったと思うのですが、うろ覚えです。それ自体は悪い行為ではなくて [続きを読む]
  • 食べて一晩中トイレから出られなかった中国産「ヘドロアサリ」の恐怖
  • https://img-s-msn-com.akamaized.net/tenant/amp/entityid/AAuwmte.img?h=768&w=1366&m=6&q=60&o=f&l=f↑(上URL)写真は何の変哲もないアサリに見えるかもしれないが、私はこれを食べた後、ひどい下痢に苦しみ、一晩中トイレから出られなくなってしまった。今でもアサリをほとんど食べない。というより食べられない。国産だとわかっていても、あのときのヘドロ臭と悪夢のような記憶がよみがえり、気持ち悪くなってしまうからだ。 [続きを読む]
  • 少しは「武士の国」らしくしてみようよ
  • 「武士の国なのに理解できない」 トランプ初来日から「自分の国を自分で守る」日本に 《本記事のポイント》・トランプ大統領が横田基地の演説で北朝鮮に警告・来日に先立ち、トランプ氏は日本の北朝鮮への対応を疑問視していた・ミサイル迎撃も在韓邦人の救出もままならない状態から、「自分の国を自分で守る国」にドナルド・トランプ米大統領は5日午前、大統領専用機で横田基地(東京都)に到着し、およそ2000人の米軍兵士に向けて [続きを読む]
  • 干され、抹殺されるべきは芸能事務所とその社長。
  • 「日刊サイゾー」と言えば、芸能人をコケ落とすことで有名な大衆誌サイトだ。新ドラマの視聴率が10%を切れば、待ってました!とばかりに主演女優を叩き落とす記事を連発。上り調子と見える芸能人でも、ほんの少しのほころびを見つければ針小棒大に書き立ててディスる。記者が自分の名を上げるため、芸能人を利用しているのだ。 アリ地獄のアリのような輩の集まりがサイゾーの正体だ。そんな日刊サイゾー記事で、ん?と思うとこ [続きを読む]
  • 「文春」と「中国食品」の違いは?
  • 「文春」はダメだ。 もし、これが日本の代表的週刊誌とされているのだとしたら、日本も三流ということだろう。もちろん買って読んだこともない。けど、ちゃんとした記事じゃないことくらいはわかる。もう電車や売店先にぶら下がっている中刷り広告でわかる。日本の記者はこんなんで給料もらえるのかぁ?政治の記事は、どれも財務省辺りからの指示で書いていそうなもの、全く正しい政治が伝わってこない。政治家の汚職や素行を暴く [続きを読む]
  • 創価信者が幸福実現党公認候補者へ暴力
  • 衆院神奈川3区から立候補している、幸福実現党公認のいき愛子陣営の運動員を棒でたたくなどして、公職選挙法違反(自由妨害)の容疑で現行犯逮捕された、亀岡隆三容疑者(30歳)が、宗教法人「創価学会」に所属していることを名乗り、犯行に及んでいたことが、13日新たに判明した。亀岡容疑者は、いき氏の演説中に、「ふざけるな!」と叫び、長さ約50センチの棒で殴りかかろうとした。これを止めに入った運動員の男性(56歳)が、右腕を棒 [続きを読む]
  • 「日本記者クラブ」が日本を潰す。
  • 世界中のジャーナリストやマスコミから馬鹿にされている『日本記者クラブ』が主催した、日本史上最も党首として愚者であろう面々の討論会が行われた。見てもいませんが、内容がどんなもんか想像できます。 おバカが揃いも揃って、自分たちを主張しながら、「日本はこんなもんだ〜」という空気で、視聴者を汚染する。 選挙戦が始まろうという最中での各党の党首討論会なのだから、本来は候補として出ている党全部を出すべきではな [続きを読む]
  • 中国党大会の最中に米朝会談なるか。
  • 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成29年(2017)10月2日(月曜日)宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/ ・米国は「北朝鮮と直接対話するチェンネルがある」  ティラーソン、何もしない中国に苛立ち。制裁はザル ついに中国が北朝鮮懲罰に乗り出したように錯覚しそうだった。銀行取引を停止し、石油の輸出を制限した。日米の外交的圧力がとうとう北京を動かした等とメディアの印象操作を信じると真相を [続きを読む]
  • 人知れず進む中国の「日本領土買収計画」
  •  今、日本では北は北海道から南は沖縄まで、多くの土地が中国政府によって買収されている。 日本では漏れなく外国人が観光ビザだけで簡単に領土が買えてしまいます。日本に観光旅行に行って、お土産は日本の領土というわけです。これまで家電製品を爆買いしていた中国人観光客の陰で、中国政府はこっそり、日本を爆買いしていたのだ。 先にはっきり言っておきたいことは、悪いのは中国政府。現中国政府は「悪魔」といっていい。 [続きを読む]