出雲国総社(六所神社) さん プロフィール

  •  
出雲国総社(六所神社)さん: 神国出雲の覚
ハンドル名出雲国総社(六所神社) さん
ブログタイトル神国出雲の覚
ブログURLhttps://ameblo.jp/kikkoumon/
サイト紹介文神有(在)月に全国の神々が最初にお集まりになる神社。出雲国の総社。出雲国造所縁。特殊神饌。勅使参向。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/07/26 04:04

出雲国総社(六所神社) さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 子供天神の夏祭
  • 昨日は、夕刻から、六所神社の境内社「天満宮」(通称:子供天神)の夏祭でした。(写真はH27撮影)小学校1年生〜中学校3年生が、学年に応じて、菅原道真公ゆかりの言葉・和歌を書き、献書します。 一昔前までは、夕方になると、拝殿の前庭に茣蓙を敷いて、お祖父さん・お祖母さん達と子供夫婦や孫たちが一緒にオヤツを食べ、みんなで楽しく、お喋りしながら、時代劇やマンガ、怪獣モノなどの映画を観ましたねェ。 この日だけは、 [続きを読む]
  • 意宇六社とは?
  • プロフィールでの紹介リンクが使えなくなりましたので、改めてコチラ「意宇六社めぐり」で紹介させていただきます。 [続きを読む]
  • 今日は、端午の節句 §^.^§
  • 明治維新とともに新暦が導入されて以降、出雲では、諸々の行事を季節に合わせて、「一月遅れ」で行います。 「端午の節句」もその一つで、神社や家庭での色々な行事があるのですが、 一月遅れにするのは、新暦の5月5日では、行事に必要な「菖蒲」や「蓬」も未成長で使えず、「チマキ」の葉も揃いませんし、何と言っても、大気の状態を含めて気候・景観から享ける「季節感」が伴わず、かと言って、旧暦5月5日にすると毎年日にちが [続きを読む]
  • 【速報】出雲で最大級の円墳が発掘調査されました。
  • 古墳時代の出雲を知る上で貴重な発見がありました。 場所は、六所神社の前を流れる意宇川を挟んだ向こう側、真南の丘陵上にある古墳です。 【位置図】コチラ(Yahoo地図)をご覧ください。 島根県下で最大級の「大草丘陵古墳群」のうち「西百塚山古墳群」の一角にある円墳で、この丘陵で最も高い所に位置し、大きさも、出雲で最大級(直径約49m)の円墳です。 この丘陵の裾に拡がる意宇平野に律令政府によって出雲の国府が設置 [続きを読む]
  • 社名碑の建立(奉献)
  • この度、氏子の伊藤造園さんが社名碑を奉献して下さることになり、今日は、その建立でした。\(^_^)/ 地元産の自然石で、石材屋さんも褒めてくださる硬くて重い石。江戸時代、松江藩主が所望して城に運ぼうとしても、大橋川を越えられなかったとの伝承をもつ「大庭石」という石材です。流石に大型クレーンでないと持ち上がりませんでした。伊藤造園さんには今、社家の庭と参道の石組を施工して頂いており、その御縁で御奉納くだ [続きを読む]
  • 平成28年神有月の月次祭に舞散る黄葉
  • 今日15日は神有月の月次祭(つきなみさい)。毎年、境内のイチョウ2本 が黄葉の最中となります。今日は曇り空でしたが、イチョウは金色に光っています。今月に入った頃から色着き始め、神迎え(旧暦10月10日)の頃が黄葉の盛り。七五三の頃には、ハラハラと舞い落ちて、絨毯の様になります。そして、神送り「神等去出(カラサデ)」が斎行される旧暦10月25日の頃には、「お忌み荒れ」の北風が吹き、全ての枝から黄葉が落葉し [続きを読む]
  • 平成28年の秋祭
  • 昨日は、当社の秋祭でした。§^。^§今年始めて朝靄が周囲を包み、秋晴れのもと、清々しい気持ちで祭典を斎行いたしました。祭員には、慣例で、意宇六社の神魂神社・真名井神社・八重垣神社から助勤を頂き、奏楽には、親戚の神職に就いてもらいました。また、意宇六社中の大庭地内の神社からは、これも慣例で、総代さん方にも参列頂き、当社の総代・神社委員共々賑々しく祭典を奉仕する事ができ、まさに報恩感謝のお祭でした。退 [続きを読む]
  • 島根県神社関係者大会in益田(H28.9.7〜8)
  • 島根県神社関係者大会が益田市で開催されました。島根県は横に長〜い。 東部の松江⇒西部の益田は、やはり遠〜い。 (´・ω・`) 初日の7日は、研修会。講師 : 国学院大学の新谷尚紀先生。(民俗学)演題 : 「神楽とは何か〜宮中御神楽の沿革〜」 翌8日は式典と神楽上演 遥拝 庁長挨拶 神楽を演ずるのは、石見神楽保存会 久城社中演目 : 「八岐の大蛇」 降神の儀 八岐の大蛇奏楽はコチラをどうぞ。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …