hattori さん プロフィール

  •  
hattoriさん: 有機EL照明の情報
ハンドル名hattori さん
ブログタイトル有機EL照明の情報
ブログURLhttp://multitask1.seesaa.net/
サイト紹介文有機EL照明や有機ELプロセス分野での情報ブログです。技術、製品、企業、海外動向などについて。
自由文海外との競争が激しい、有機EL照明や有機ELプロセス分野での情報ブログです。技術、製品、企業、海外動向などについてご紹介します。コスト削減がこれからの大きな課題です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供588回 / 365日(平均11.3回/週) - 参加 2013/07/26 09:50

hattori さんのブログ記事

  • 中国スマホ市場、出荷台数の減少幅が縮小
  • 〇2018.8.9 JB Press 米国の市場調査会社IDCが、このほど公表したレポートによると、今年(2018年)4〜6月期における中国のスマートフォン出荷台数は1億500万台となり、1年前から5.9%減少した。中国スマホ市場に明るい材料 IDCは先のレポートで、世界最大のスマートフォン市場である中国の低迷により、世界全体の出荷台数が減少したと報告していた。中国の出荷台数は、今年1〜3月期に1億台を下回った。これは、2013年10〜12月 [続きを読む]
  • 「iPhone X」不振、有機ELは本当に儲かるのか
  • 〇印南 志帆 : 東洋経済 記者  2018/07/30サムスンが投資にブレーキ、日本勢も茨の道スマートフォンのディスプレーパネルは、液晶から有機ELへと急速に入れ替わる──。米アップルが昨年発売した「iPhone X(テン)」への有機EL採用が決まってから業界が期待したシナリオが、早くも崩れつつある。最大の誤算は、市場拡大の起爆剤と期待されたiPhone Xの販売不振だ。取引メーカー関係者によれば、今年1〜3月の生産台数は計画の半分 [続きを読む]
  • BOE、サムスンディスプレイ続きVR・AR用の「超小型OLED」を生産
  • 〇2018.08.08 ET News中国のBOEがサムスンのディスプレイに続き、バーチャルリアリティ(VR)・拡張現実(AR)の超小型有機発光ダイオード(OLED)を生産する。まだ試験生産水準だが、技術力を補強して、今後の成長市場に先行して対応する。 8日、業界によると、BOEは、雲南省昆明に位置する超小型マイクロOLED生産ラインの投資を行っている。昨年8月に雲南省政府と共同で11億5000万元(約200億円)を投資して「昆明BOEディスプレ [続きを読む]
  • 九大発のキューラックス、有機ELの新材料
  • 2018/8/9 日本経済新聞  有機ELディスプレーに使う新たな発光材料を開発する九州大学発ベンチャー、Kyulux(キューラックス、福岡市)。従来より原材料コストを10分の1程度に抑えられるほか、発光しにくかった青色にも対応できる。韓国の大手メーカーなどから高評価を得ており、テレビやスマートフォン(スマホ)などの画面に使われる日も近そうだ。 「このままいけばものになると思うよ」。6月上旬、韓国にあるサム [続きを読む]
  • アップル 2019年のiPhoneでも液晶採用か
  • 8/8(水) アスキー アップルが2019年に発売するiPhoneにも液晶ディスプレーモデルが存在する。韓国メディア「the bell」が8月2日に報じた。  the bellは業界関係者からの話として、アップルが来年のiPhoneに搭載する液晶ディスプレーの開発をLGディスプレイに対して要請したと伝えている。  アップルは来年からiPhoneは有機ELディスプレーモデルのみを販売するとうわさされていたが、その計画が修正されたことになる。  iPh [続きを読む]
  • JDI、中計見直しへ
  • 8/8(水) 時事通信 中小型液晶大手ジャパンディスプレイ(JDI) は8日、中期経営計画を見直すと発表した。同日記者会見した大島隆宣CFO(最高財務責任者)は2019年度を目指していた有機EL(エレクトロルミネッセンス)について、「液晶は想像していたより(スマホなどへの)搭載量が減っていない」と話し、先送りの可能性を示唆した。  [続きを読む]
  • 台湾のAUO、有機ELでインクジェット印刷プロセスを開発
  • 2018.08.02 ET News台湾のディスプレイパネルメーカのAUOが蒸着方式有機EL(OLED)の生産をスキップし、次世代インクジェット印刷でOLEDパネルを生産する見込みである。モニター、自動車用ディスプレイなどIT製品の市場を優先目標に、次世代の技術製品を供給する。 2日、業界によると、台湾AUOは最近に4.5世代規格でインクジェット印刷方式OLEDを製造する案を推進している。具体的装置の性能と投資規模などを決定し、第4.5世代規 [続きを読む]
  • アップル4〜6月期最高益、32%増、スマホ高級化寄与
  • 2018/8/1 〓一般社団法人共同通信社 【ニューヨーク共同】米アップルが7月31日発表した2018年4〜6月期決算は、純利益が前年同期比32%増の115億1900万ドル(約1兆2900億円)と6四半期連続の増益だった。売上高は17%増の532億6500万ドル。両方とも4〜6月期として過去最高を更新した。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の高級モデル「X」が好調で、収益に寄与した。 アイフォーン販売台数は1%増の4130万台だったが20%増 [続きを読む]
  • サムスン電子、未来のTVとしてQD-OLEDを開発
  • 2018-08-01  The Bellサムスン電子がQD-OLED(量子ドット-有機EL・Quantum Dot OLED)技術を中心に、高度化されたディスプレイの研究開発を継続する予定であることを明らかにした。さらに、この技術を活用して、次世代TV市場を攻略することを明らかにした。31日、サムスン電子の第2四半期の実績カンファレンスコールでチェグォンヨウンサムスンディスプレイ常務は「短期的には超大型、量子ドット、8K、フレームレスなど、差別化製 [続きを読む]
  • 三菱電の4─6月は営業減益、常務「有機EL回復は19年度以降」
  • 7/30(月) ロイター[東京 30日 ロイター] - 三菱電機<6503.T>は30日、2018年4─6月期の営業利益は前年比18.4%減の615億円にとどまったと発表した。銅など素材価格の上昇や自動車の電動化に伴う先行開発費用などが利益を圧迫した。売上高は前年比1.6%増の1兆0509億円と堅調だった。自動車機器事業や家庭電器事業などが好調に推移、4─6月期として過去最高を更新した。ただ、FA(工場の自動化 [続きを読む]
  • 「iPhone X」不振、有機ELは本当に儲かるのか
  • 7/30(月) 東洋経済オンライン スマートフォンのディスプレーパネルは、液晶から有機ELへと急速に入れ替わる──。米アップルが昨年発売した「iPhone X(テン)」への有機EL採用が決まってから業界が期待したシナリオが、早くも崩れつつある。 最大の誤算は、市場拡大の起爆剤と期待されたiPhone Xの販売不振だ。取引メーカー関係者によれば、今年1〜3月の生産台数は計画の半分程度。不振の原因は、11万円超(税別国内価格、一括払 [続きを読む]
  • 住友化学 有機EL部材 中国でモジュール生産
  • 2018年7月6日 化学工業日報 住友化学は、中国で有機エレクトロルミネッセンス(EL)パネル部材のモジュール生産に乗り出す。トップシェアを有するタッチセンサーパネル(TSP)、偏光板、ウィンドーフィルムの3部材を統合したモジュールをパネルメーカーに現地供給する準備を整えるもので、新工場を建設し2019年初までに完成・稼働させる計画だ。これまでモジュール生産は外部委託しているが、一部を自社生産に切り替え [続きを読む]
  • 有機EL照明、LGディスプレイとコイズミ照明が協業
  • 2018年7月26日 化学工業日報  LGディスプレイとコイズミ照明は、有機EL(エレクトロルミネッセンス)照明器具の用途開拓を推進する。LG側が量産する有機EL照明パネルをコイズミ側が照明器具化し、商品化を目指す。0・4ミリメートルという極薄、軽量、ポリイミド基板による柔軟性を生かせる用途を探る。照明器具としては量産にいたっていないものの、2018年度中に1件、施設向けに実績化する見込み。医療用、家電 [続きを読む]
  • サムスン、新有機ELの商標登録 VR向けパネル開発か?
  • 2018年07月27日 文● Mogura VR サムスンは、欧州連合知的財産庁へ「Anti SDE AMOLED(対スクリーンドアエフェクトAMOLED)」の商標登録を行った。同商標からは、VR向けの新しい有機ELパネルを開発していることが伺える。 オランダのGalaxyClub.nlの報道によれば、サムスンは今月「Anti SDE AMOLED(対スクリーンドアエフェクトのAMOLED)」という商標を提出。具体的な関連商品は明らかにされていないものの、VRヘッドセットでた [続きを読む]
  • キヤノンが業績予想を下方修正、有機ELの調整入りなど受け
  • 7/26(木) ロイター[東京 26日 ロイター] - キヤノン<7751.T>は26日、2018年12月期の連結業績予想(米国会計基準)を下方修正した。 有機ELパネル向け投資が調整局面に入ったことや、複合機とレンズ交換式カメラで販売単価が下がっていることなどを反映させた。売上高予想は前年比1.0%増の4兆1200億円(前回予想4兆3000億円)に、営業利益は同17.7%増の3785億円(同4040億円)に、そ [続きを読む]